み すじこ ちょ ー。 【昼かれーナカハラ】居酒屋ちょーちょむすびがお昼はカレー屋さんに!!絶品カレーをテイクアウト♪~青葉区上杉~

【初心者向け】テラリア講座vol.9 ~プラットフォームとハンマーでデザイン向上~

み すじこ ちょ ー

platform ~足場を作る~ workbenchすら不要な数少ないクラフティングで、各種 木材1つから2つのplatform プラットフォーム が作れます。 ガラスやマッシュルーム! 、その他特殊な素材から作ることも出来ます。 数量に変わりは無い模様。 また 5月のアップデート v1. 4 からなのかもしれませんが、 stone製のプラットフォームを作ることも出来るようになりました。 wikiのレシピに無く、リリースノートにも書いて無さそうなので詳細は不明です 設置の要領は通常のブロックと同じなのですが、違いは ・見た目が薄い板っぽい ・ 下から通り抜けられる ・上に乗った状態で Sキー を押すと、 下にすり抜けられる。 という、まさしく足場そのものの機能を持っています。 Wood Platform で階段を作ってみる まずは Platformの設置 話は変わりますが、今プレイしているワールドで、池のような水場の先がそこそこ高い崖になっていて、通行にちょっと不便な場所があります。 2段ジャンプとグラップリングフックでごまかしていますが、移動が少しメンドイ… と、言うわけで崖の上から左下に向かって、まずplatfromを1個ずつ設置していきます。 このカーソル位置だと空中へ離れているように見えますが、ちゃんと設置できます。 そうそう、通常ブロックと1つ違う点として、platformは 斜めの状態…つまり 上下に隣接して無くても設置ができます。 画像だと斜めになってますよね。 どんどん足していきます。 もし違うところに置いちゃったら、ツルハシで壊します。 ちゃんと回収できるので大丈夫です。 水面ギリギリまで降りてきましたので、そのまま左へつなげていきます。 隣に置いていくと、自動的に繋がります。 先ほどの説明の通り、この状態で Sキー を押せば、下の水場に降りられます。 とりあえず端まで繋げてみました。 これで完成!といきたいのですが、階段部分の見た目が良くないですよね。 実は見た目だけでは無く、このまま足場を登ろうと Dキーだけで移動すると、画像のように落ちてしまいます。 同時に Wキー で上方向を押しっぱなしにすれば、一応登れるのですが… 板の積み重ねを階段に変形する そこで、以前 ハウジングで壁を壊すときに使った ハンマーの出番です。 Platform を叩くと様々な形に変形します。 いくつか種類があるので、画像のような状態にしましょう! 変形が1周すると元の形に戻ります。 うっかり変えても安心。 どんどん階段にしていきましょう! 最初に設置した部分と地面の部分が微妙に繋がりません。 そんなときは地面を掘って Platform を設置します。 何度かハンマーで叩くとあら不思議!ほどよい形になりました。 いわゆる 角が取れた状態になります。 これが本日時点の 拠点全容です! 画像がちっちゃくて見にくいのですが、 床や屋根の端などブロックが斜めになっている部分が分かるでしょうか? 右にある階段はNPCが登り降りできるように…と工夫してみましたが、機能しません 泣 一応自分が移動する分には使えます。 でも 面倒なのでジャンプしてしまいますが! 一点注意。 ハンマーは壁の取り壊しとブロック変形両方の作用があります。 ブロック変形の目的で、 家の中でハンマーを振り回すときは気をつけましょう。 うっかり壁をクリックすると、 自分で設置した背景壁を壊してしまいます たまにやる ついでにハウジングのお話し もはや家なのか基地なのか分からない規模になってきました。 以前ハウジングの回で説明したように、NPCが居住可能な部屋を作っておくと、ある条件を満たしたときに新しいNPCが入ってくることがあります。 また、NPCが3人 以上 いることが、恐らく最初に対峙することになるであろう Eye of なんちゃらという 目ん玉お化けの ボス の出現条件にもなっていたりします。 もう2つ条件が必要ですが、恐らく自然に達成しているかもしれません。 ボスのお話もそろそろやっていきたいですね! それでは今回はここまで。 また次回をお楽しみに!.

次の

今月のふくてんちょー とは

み すじこ ちょ ー

platform ~足場を作る~ workbenchすら不要な数少ないクラフティングで、各種 木材1つから2つのplatform プラットフォーム が作れます。 ガラスやマッシュルーム! 、その他特殊な素材から作ることも出来ます。 数量に変わりは無い模様。 また 5月のアップデート v1. 4 からなのかもしれませんが、 stone製のプラットフォームを作ることも出来るようになりました。 wikiのレシピに無く、リリースノートにも書いて無さそうなので詳細は不明です 設置の要領は通常のブロックと同じなのですが、違いは ・見た目が薄い板っぽい ・ 下から通り抜けられる ・上に乗った状態で Sキー を押すと、 下にすり抜けられる。 という、まさしく足場そのものの機能を持っています。 Wood Platform で階段を作ってみる まずは Platformの設置 話は変わりますが、今プレイしているワールドで、池のような水場の先がそこそこ高い崖になっていて、通行にちょっと不便な場所があります。 2段ジャンプとグラップリングフックでごまかしていますが、移動が少しメンドイ… と、言うわけで崖の上から左下に向かって、まずplatfromを1個ずつ設置していきます。 このカーソル位置だと空中へ離れているように見えますが、ちゃんと設置できます。 そうそう、通常ブロックと1つ違う点として、platformは 斜めの状態…つまり 上下に隣接して無くても設置ができます。 画像だと斜めになってますよね。 どんどん足していきます。 もし違うところに置いちゃったら、ツルハシで壊します。 ちゃんと回収できるので大丈夫です。 水面ギリギリまで降りてきましたので、そのまま左へつなげていきます。 隣に置いていくと、自動的に繋がります。 先ほどの説明の通り、この状態で Sキー を押せば、下の水場に降りられます。 とりあえず端まで繋げてみました。 これで完成!といきたいのですが、階段部分の見た目が良くないですよね。 実は見た目だけでは無く、このまま足場を登ろうと Dキーだけで移動すると、画像のように落ちてしまいます。 同時に Wキー で上方向を押しっぱなしにすれば、一応登れるのですが… 板の積み重ねを階段に変形する そこで、以前 ハウジングで壁を壊すときに使った ハンマーの出番です。 Platform を叩くと様々な形に変形します。 いくつか種類があるので、画像のような状態にしましょう! 変形が1周すると元の形に戻ります。 うっかり変えても安心。 どんどん階段にしていきましょう! 最初に設置した部分と地面の部分が微妙に繋がりません。 そんなときは地面を掘って Platform を設置します。 何度かハンマーで叩くとあら不思議!ほどよい形になりました。 いわゆる 角が取れた状態になります。 これが本日時点の 拠点全容です! 画像がちっちゃくて見にくいのですが、 床や屋根の端などブロックが斜めになっている部分が分かるでしょうか? 右にある階段はNPCが登り降りできるように…と工夫してみましたが、機能しません 泣 一応自分が移動する分には使えます。 でも 面倒なのでジャンプしてしまいますが! 一点注意。 ハンマーは壁の取り壊しとブロック変形両方の作用があります。 ブロック変形の目的で、 家の中でハンマーを振り回すときは気をつけましょう。 うっかり壁をクリックすると、 自分で設置した背景壁を壊してしまいます たまにやる ついでにハウジングのお話し もはや家なのか基地なのか分からない規模になってきました。 以前ハウジングの回で説明したように、NPCが居住可能な部屋を作っておくと、ある条件を満たしたときに新しいNPCが入ってくることがあります。 また、NPCが3人 以上 いることが、恐らく最初に対峙することになるであろう Eye of なんちゃらという 目ん玉お化けの ボス の出現条件にもなっていたりします。 もう2つ条件が必要ですが、恐らく自然に達成しているかもしれません。 ボスのお話もそろそろやっていきたいですね! それでは今回はここまで。 また次回をお楽しみに!.

次の

【初心者向け】テラリア講座vol.9 ~プラットフォームとハンマーでデザイン向上~

み すじこ ちょ ー

求ム ふくてんちょー! 本の愉しさを一緒に伝えてくれる 「今月のふくてんちょー」。 ポスター以外でせんでんに使いたいもの、やりたいことは、すきなだけトライしてみよう! — — — — — — — — — — — — — — — — <おうちの方へ> 絵本から読みものへ。 成長に伴い、子どもたちの手にする本も変わっていきます。 骨太の名作が揃う、岩波少年文庫。 「懐かしい」 「子どもの頃、何度も読んだ」 と、大人から声があがる一方で、「どれから読んだらいいの?」 「敷居が高い」 そんな声も聞かれます。 そんな時、お友達の「これ、おもしろいよ」を教えてもらったらどうだろう? 子どもたちは、おもしろい本を見分ける鋭いアンテナを持っています。 大人からの一方的な「読みなさい」より、 同年代のだれかの「おもしろいよ」の方が、 断然読みたくなるんじゃなかろうか。 そんな発想から生まれた「今月のふくてんちょー」。 毎月一冊、ふくてんちょーオススメの岩波少年文庫を、手づくりのポスターと共にご紹介いたします。 ふくてんちょーとして、オススメ本を紹介してください。 本を売る醍醐味、大変なことも愉しいことも含め、体験してみましょう。 スロウな本屋の一隅にみんなで作る本の売場、それが「今月のふくてんちょー」です。 — — — — — — — — — — — — — — — — <よくあるご質問> 「ふくてんちょーは、何年生から応募できますか?」 「今月のふくてんちょー」で大切にしたいポイントは、自分の力で読みきれるかどうか、です。 ・自力で読めて、かつ内容を理解できること。 ・子どもが子どもに文庫の良さを伝えることが、自分の力でできること。 この条件を満たしているお子さんであれば、何年生でも応募可能です。 「親のサポートは、どこまで許されますか?」 子どものこうしたいというカタチがあって、親がサポートするのは可。 でも、子どもがどう表現していいかわからず、親が導くレベルは不可。 読書体験を通じて、誰かに自分の意思で伝えることができる子どもになること。 それが「今月のふくてんちょー」の目的です。 ご了承ください) 2) 折り返し、詳細をお送りします。 締切日までに、ポスターをスロウな本屋まで持参、もしくは郵送をお願いいたします。 3) 参加費:無料 4) これまでの「ふくてんちょー」の活動の様子は、こちらにてご紹介しています。

次の