納豆白い粒。 よく寄せられる質問 | おかめ納豆 タカノフーズ株式会社

納豆の表面に白いものがありますが、なんですか?

納豆白い粒

納豆はたくさんの栄養がつまった健康維持食品ですね。 ダイエットにも効果があるということで巷でも話題です。 独特の粘りと発酵食品ならではの臭みとで苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、 最近ではにおいを控えめにした商品や、 付属のタレやパックに工夫を凝らしたものも増えてきており、 より馴染みやすくなったのではないでしょうか。 テレビで健康に良いと紹介された商品がスーパーから消えるといわれる時代、 納豆もぜひ冷蔵庫に常備しておきたい一品ですね。 ですが、この納豆の賞味期限は意外にも短く、7~10日ほどしかもちません。 しかも賞味期限が切れる頃に現れる表面の白い粒々!あれはいったい何なのでしょう? そこで今回は、長期保存におすすめな冷凍保存の仕方と、 白い粒々の正体を探っていきたいと思います。 白い粒々の正体とは 賞味期限を過ぎる頃、納豆の表面に白い粒々したものが現れることがあります。 これらは 【チロシン】と呼ばれるアミノ酸の結晶です。 チロシンは毒性がないので食べても安全なのですが、 水に溶けにくく、食感がジャリジャリとしていてあまり美味しいとはいえないのですね。 ちなみにひきわり納豆の方が大豆を割っている分、発酵の進みが早く、 冷蔵庫内で保存していても賞味期限内にチロシンが発生することがあるそうです。 いずれにしても食べても大丈夫なものなので、安心してお召し上がり頂きたいと思います。 実は体に良い!優れたチロシンの効能 納豆は発酵すればするほど栄養が増すともいわれますが、 そうした発酵によって発生したのがチロシンです。 そんなチロシンの意外な効能がこちらです。 うつ病、ストレスの改善• 脳機能を活性化させ、集中力を高める• 慢性疲労症候群の改善• 成長ホルモンの生成を促す可能性アリ ホルモンのドーパミンや、アドレナリンの元となる成分で、 成長や代謝を促すため、成長期の子供には欠かせないものなのです。 納豆の他にもチーズや味噌、タケノコにもチロシンは含まれています。 若いタケノコの切り口に見られる白いアクが、チロシンというわけですね。 こんなに栄養があるならジャリジャリになるまで納豆を発酵させた方がいいんじゃないの? と思われるかもしれませんが、ただあまり美味しくないのが実状です。 あまり発酵が進みすぎると、 逆に雑菌が繁殖して本当の意味で腐ってしまうこともありますのでご注意下さい。 スポンサードリンク 長期保存には冷凍がおすすめ!鍵は納豆菌にアリ 賞味期限内に食べきれないという場合に有効なのが、冷凍保存です。 自分が生きていけなくなる環境内では、 活動を停止して環境が変わるのを待つというわけです。 実に賢い! 冷凍保存した納豆は1~3カ月は美味しく食べられますが、 なんと保存期間だけなら6カ月ももつのだとか! 保存の仕方と解凍のすすめ 保存方法はいたって簡単。 密閉して冷凍庫に入れるだけです。 密閉容器に入れ替えたり、 パックのままでしたらビニールなどに入れて封をしておくと良いですね。 ただ忘れてはいけないのは、保存した日付をきちんと記しておくこと。 うっかり冷凍庫の中で迷子にならないように、準備は怠らないようにしましょう。 解凍は自然解凍がおすすめです。 常温ならば6~8時間くらいですが、 あまり長時間常温に置きすぎると発酵が進みすぎてしまい、 風味が落ちることもあるので注意が必要です。 食べる前の日に冷蔵庫へ移して、ゆっくり解凍すれば発酵しすぎを防げますね。 電子レンジならば解凍機能を使うことをおすすめします。 これは加熱しすぎを防ぐためです。 納豆は加熱しすぎると、 血液サラサラなどの効果のあるナットウキナーゼという成分が壊されてしまいます。 また、アンモニア臭が増して非常にくさくなるというのも気になりますね。 解凍機能のない場合は、様子を見つつ温めていただきたいと思います。 まとめ いかがでしたか? 意外にも役に立つ白い粒々、チロシン。 もっと美味しければいいのですけれどね。 ですが期限を過ぎて、より発酵が進み、 臭いがきつくなったものを好まれる方も世の中にはいらっしゃるのです。 また、冷凍保存は長期保存が可能ですが、 解凍する時に水溶性ビタミンであるビタミンB群の数が減るといわれています。 こちらは卵や青のりと一緒に食べることで栄養を補うことができるので、ぜひお試しください。 美味しく食べるにはコツも必要、保存方法を賢く選んで、納豆で楽しく健康生活を送りましょうね。

次の

納豆の賞味期限切れ1週間、10日いつまで大丈夫?白い粒は?冷凍も可能?

納豆白い粒

納豆の賞味期限は通常1週間くらいです。 冷蔵庫の奥の方へしまっていてついつい忘れてしまった納豆はどうなってしまうのでしょう。 調べてみました。 納豆は賞味期限がすぎるとどうなる? 納豆は賞味期限がすぎて放っておくと、外観が茶色っぽくなり、ドロっと溶けたような状態になります。 また、鼻につくきつい臭いが発生し、食べるとしゃりしゃりとした食感になります。 味は苦くなっていきます。 また表面には白い粒々ができます。 これはアミノ酸の結晶です。 これらは、発酵が進みすぎてしまった状態で、 風味や舌触りが悪くなります。 できればこうならないうちに食したいものです。 スポンサードリンク 賞味期限をすぎてしまったものを食べたらどうなる? 発酵食品は、発酵を起こす微生物の働きによって、カビ菌などの有害な菌の繁殖を抑えるため、他の食品と比べて腐りにくいのです。 ですから、 風味や舌触りが悪くなってしまった納豆を食べても、健康的には害はないそうです。 ただし、冷蔵保存していたものということが条件です。 先ほどもあげた通り、夏の暑い時期や雨季などに常温保存したものになると、2〜3週間ですぐにカビが生えてしまいます。 これは、発酵を起こした微生物の有益な働きよりも、有害な菌の勢力が強くなってしまった状態です。 カビが生えてしまったものは食べられませんので要注意です。 ちなみに、賞味期限とは、その食品を美味しく食べられる期限のことです。 ですから、賞味期限をすぎてもいきなり食べられなくなるというわけではありません。 まとめ 冷蔵保存されていて、カビが生えていないものであれば、健康的には問題がなさそうです。 しかし、せっかくの健康食材ですので、できるだけ美味しく、無駄のないように食したいですね。 納豆は冷凍保存により、賞味期限を最大で半年伸ばすことが可能と言われています。 その方法も実に簡単で、購入してきた納豆をそのままパックごと冷凍庫へ保存するだけでよいので、食べきれない時や大量購入をしたときなどは、是非この方法を使いましょう。

次の

手作り味噌にカビ!食べて平気?白いのは?納豆の臭いは?

納豆白い粒

私たちが苦手なものがあるように、納豆菌にも、負けてしまうカビ菌は存在するということです。 賞味期限が1週間程度の納豆に対して、約3週間程度の期間冷蔵庫で保管せずに常温保存してしまうとカビが生えてくることがあります。 特に夏場は部屋の温度も上がりますし、食材が腐りやすい季節でもあるので、カビが生えやすいです。 しかし、スーパー等で販売されている納豆は、雑菌などがない工場を使って作られているのでこのケースはまれです。 ただし、手作りの納豆や、藁を使って作る場合藁に雑菌が付着することも考えられます。 そのため、その藁カビが納豆に付着してしまうこともあります。 特に賞味期限を過ぎたあたりから出やすいと言われているので、カビじゃないか・・・と不安になる人も多いと思いますが大丈夫です。 これはチロシンと呼ばれるものです。 このチロシンは水に溶けにくい性質を持っているので、納豆菌の発酵が進んだ際に溶けきれなかったチロシンは結晶化します。 見た目通り食べてみるとじゃりじゃりとした感触で、苦手な人が多いのですが、食べても体に害はないので安心して食べてください。 これらの部分のみが黒っぽい色に変色していたり、ピンク色になっている分には問題なく食べられます。 カビではなく変色と呼ばれるもので、通常の大豆と同じ成分です。 食べても問題のない納豆はきちんと糸を引きます。 なので、糸を引かなかったり、アンモニア臭がしている納豆は食べないようにして下さい。 中には茶色っぽいカビが生えることもあるので、納豆の元々の色と区別がつかないこともあるので気を付けてください。

次の