遺族厚生年金 早見表。 遺族共済年金とは?金額の目安と手続上の基礎知識

国民年金、厚生年金、遺族年金など年金早見表の種類と見方とは?

遺族厚生年金 早見表

夫が亡くなり、無事葬儀も終了し、どことなく落ち着きを取り戻しつつある中、後の生活のことを考え、遺族年金について色々と調べられているのではないでしょうか。 しかし、どのサイトも詳しく説明はされているが、よく分かりませんよね。 そこで、この記事では専門家でない私がネット情報や書籍などを調査して遺族年金について、分かりやすくまとめてみました。 ぜひ参考にしてみてください。 遺族年金の種類は大きく分けて3つある この項目では、多くの人が受取ることができるであろう代表的な3つの遺族年金について、その概要をお伝えします。 つまり子育て世代の子がいなければ、支給されないのが遺族基礎年金です。 言い換えれば「遺族年金=子育て年金」とも言えます。 遺族厚生年金=会社員が死亡した場合 会社員などの厚生年金加入者が死亡した時または厚生年金の加入中に初診日のある傷病で初診日から5年以内に死亡した時、その加入者によって生活基盤を維持されていた遺族に対して支給されるが遺族厚生年金です。 遺族厚生年金は、前出の遺族基礎年金の金額に加算されて支給されます。 またその遺族の範囲も遺族基礎年金より広く「18歳未満の子がいない配偶者」と「その他の人に支給」もプラスされて支給されます。 つまり子がいなくても配偶者に支給されるのが遺族厚生年金です。 言い換えれば「遺族厚生年金=夫婦年金」とも言えます。 遺族共済年金=公務員が死亡した場合 遺族共済年金は上記の遺族厚生年金と支給金額が異なるだけですので、割愛させていただきます。 支給条件等は上記 遺族厚生年金の支給条件を参考にしてください。 遺族年金の種類一覧表 死亡者 対象者 支給種類 自営業 18歳未満の 子のある妻 遺族基礎年金 子の無い妻 死亡一時金 寡婦年金 会社員 18歳未満の 子のある妻 遺族基礎年金 遺族厚生年金 子の無い妻 (40歳未満) 遺族厚生年金 子の無い妻 (40歳〜65歳) 遺族厚生年金 中高年齢寡婦加算 公務員 18歳未満の 子のある妻 遺族基礎年金 遺族共済年金 子の無い妻 (40歳未満) 遺族共済年金 子の無い妻 (40歳〜65歳) 遺族共済年金 中高年齢寡婦 参考URL: 受取れる遺族年金の金額目安 ここでは、ほとんどの人に当てはまる自営業と会社員、公務員等の受取れる遺族年金の金額目安を表にしてお伝えします。 遺族基礎年金の金額(自営業等) 遺族厚生年金の金額(会社員等) 遺族共済年金の金額(公務員等) 上記金額はあくまでも目安です。 遺族年金の金額は加入期間や給与額等に大きく異なります。 自分が受取れる正確な遺族年金の金額は必要書類を揃えて直接 日本年金機構または専門家に相談の上、確認してください。 日本年金機構相談窓口: 遺族年金に関する専門家 名称 電話番号 0120-994-915 所在地 大分県大分市東津留2-17-16 池ビル1F 名称 電話番号 0570-078374 所在地 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー8F 名称 電話番号 0120-365-366 所在地 大阪市中央区高麗橋4-5-2 高麗橋ウエストビル2階 遺族年金には他に2つの遺族給付制度がある 保険料を払ったのに全く年金を支給されないような場合に、第1号被保険者限定の救済策として「寡婦年金」と「死亡一時金」の2つの制度があります。 しかし両方を受取ることができないので、どちらか1つを選ばなければなりません。 第1号被保険者とは、主に自営業者などの国民年金のみに加入されている被保険者のことです。 では、比較検討するために両制度の概要をお伝えします。 寡婦(かふ)年金 主に自営業者として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が25年以上ある夫が亡くなった時に10年以上継続して婚姻関係にあり、亡くなった夫によって生計が維持されていた妻に対して60歳~65歳になるまでの間に支給されるのが寡婦年金です。 もしもキチンと国民年金保険料を30年間納付していたと仮定すると約45万円程度になります。 死亡一時金 死亡一時金とは、25年以上保険料を納めたにも関わらず全く年金を支給されないような場合に第1号被保険者が死亡した際に、文字通り1回のみ妻に支給されるものです。 死亡一時金の金額 保険料納付済期間の長短により、12万円~32万円です。 どちらを選ぶべきかの答え 金額だけを見ると死亡一時金は最大で32万円で、寡婦年金は30年間の納付で約45万円なので、寡婦年金を選ぶべきですが、1つだけ注意点があります。 それは寡婦年金を受取るには、受取る側の妻が老齢基礎年金を繰上げ受給していないことが必要だということです。 死亡一時金は老齢基礎年金を繰上げの有無に関わらず、受取ることができます。 そのためどうしても自分の老齢基礎年金を繰上げで受給しようとする場合や寡婦年金の金額と死亡一時金の金額の差よりも繰上げた老齢基礎年金の方が、総額が多いと見込める場合はあえて死亡一時金を受取るという方法もあります。 遺族年金金額のモデルケース ここでは、自営業者の夫死亡の場合と会社員の夫死亡の場合でそれぞれの遺族(妻と子二人)が受取れる遺族年金金額のモデルケースをお伝えします。 夫が自営業者の場合 出典 労災保険の遺族補償年金も受取れる可能性がある ほとんどの人が見落としがちなのですが、国民年金と厚生年金以外にも多くの人が受取れる可能性がある公的年金があります。 それは労働者災害補償保険(労災)の遺族補償年金です。 労災保険の遺族補償年金 人が亡くなる原因は老衰や病気、ドライブ中の交通事故だけではありませんよね。 例えば仕事中の交通事故や不慮の事故など仕事が原因で死に至ることもあります。 その場合は国民年金と厚生年金の遺族年金にプラスして労災保険の遺族補償年金、遺族特別支給金、遺族特別年金が支給されることがあります。 もっと詳しく労災保険の遺族補償年金について知りたい人は、でご確認ください。 遺族補償年金等の支給条件 労働者の死亡の当時その方の収入によって生計を維持していた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹です。 ただし妻以外の遺族にあっては、一定の高齢又は年少であるか、あるいは一定の障害の状態にあることが必要です。 さらに詳細な支給条件等を知りたい人は、 をご覧ください。 受取れる遺族補償年金と一時金の金額(労災) ここでは、労災の遺族補償年金と一時金の具体的にいくら受取ることができるのかをお伝えします。 だたし内容が定期的に変更されているようなので、正確な金額は公益財団法人 労災保険情報センター 03-5684-5516にお問合せください。 遺族補償年金 遺族補償年金の受給額は、遺族の数(受給権者と生計を同じくする受給権者の数)によって、以下のようになります。 月給30万円の方の場合、給付基礎日額は1万円ということになります。 一時金 仮に、妻と子ども2人が死亡した夫に生計を維持されていなかった場合、年金対象でない遺族ということになります。 年金対象となる遺族がいない場合には一時金が支給されます。 まとめ 一般の人にも分かりやすい様に、遺族年金についてお伝えしたつもりですが、分かりやすかったでしょうか。 もしもそうでなければお手数ですが、やはり専門家に直接問い合わせされるようお願いいたします。

次の

遺族共済年金とは?金額の目安と手続上の基礎知識

遺族厚生年金 早見表

加入期間については、「会社員の期間」とイコールなので簡単なのですが、問題は「平均給与」です。 自分の入社から退社までの給与額を全て覚えている人はほとんどいないでしょう。 また給与を単純に平均するだけでもダメで、現在価値に置き換える作業も必要なため、平均給与の正確な金額については年金事務所等で確認するしかありません。 <目次>• 厚生年金の計算式は平成15年4月前後で大きく変更に 計算式をさらに複雑にしているのが、平成15年4月に行われた 「総報酬制の導入」です。 例えば、月給30万円、ボーナス60万円(2回)という人がいるとすると、• 平成15年3月までは、月給の30万円• 平均給与が多くなったら、年金が増える!とは、残念ながらなりません。 総報酬制導入の前と後で計算式も変わり、• スライド率は省略。 乗率については生年月日等で多少の差がある) となりました。 乗率は7. 5から5. 769になっています。 平均給与が上がった分、乗率を減らして帳尻を合わせたということでしょうか。 平成15年4月をまたいで加入期間がある場合は、それぞれ計算しなければならないことになりますので、計算が面倒ですね。 そこで、年金受給額の早見表を作ってみました。 厚生年金の受給額、早見表をチェック! 上が平成15年3月まで、下が平成15年4月以降の期間用となります。 平均給与について、試算してもらったものがない場合は、平均に近いといわれている38歳時の給与(年収)で考えてみるのも手です。 また、転職経験がある場合は、それぞれの期間を合算することになります。 金額はあくまでも概算。 参考程度に なお、働きながら(厚生年金に加入しながら)年金を貰う場合には、給料と年金額の合計に応じ、厚生年金の全部又は一部がカットされることもあります(「在職老齢年金制度」)。 厚生年金は加入期間が20年以上あると「加給年金」が上乗せに 厚生年金の加入期間は、同時に国民年金にも加入していることになるため、その期間の国民年金を受け取ることができます。 もチェックしてみてください。 また、次の条件を満たす場合 、「 」という家族手当のようなものが加算されます。 厚生年金の加入期間が20年以上(一定の場合15年以上)ある• 65歳未満の配偶者、または18歳到達年度の末日までの間の子がいる 65歳未満の配偶者がいる場合は、生年月日にもよりますが、年間約40万円ほどが加算されます。 けっこう大きな金額ですね。 加入期間の19年と20年では大きな「格差」があることに注意したいですね。 【国民年金の受給額早見表はコチラ】 【国民年金と厚生年金の満額について動画でわかりやすく解説します】 【関連記事】•

次の

遺族年金は3種類?対象者、受給要件、勤務形態別の受給額は?

遺族厚生年金 早見表

一家の大黒柱をはじめとした家族に万が一のことがあったとき、遺族年金を頼りにしている人が多いでしょう。 しかし、遺族年金は制度が複雑で、いったい自分の場合いくら受給できるのかよく分からないという人がほとんどです。 そこで、この記事では 「遺族年金の受給額の計算式と試算およびシミュレーション」について、• 遺族年金制度とは• 遺族基礎年金の計算式および計算例• 遺族厚生年金の計算式および計算例• 遺族年金受給者が65歳以上になった時に受給できる年金の変化• どの遺族年金も受け取ることが出来ない場合について• 遺族厚生年金を受給する妻に対する2つの加算制度 以上のことを中心に解説していきます。 この記事を読んでいただければ、遺族年金で自分がいくらもらえるのかを知ることができ、生命保険や将来のマネープランの設計に役立てていただけます。 是非最後までご覧ください。 最初にご紹介する遺族年金は遺族基礎年金です。 国民年金への加入が条件となっていますが、国民年金は加入義務があるため、大半の方が受給資格のある遺族年金となります。 しかし、残された配偶者と子供のための年金となるため、• 18歳未満の子供がいること が大きなポイントとなっています。 18歳未満の子供がいない場合、受給資格は無くなってしまうのです。 受給期間は子供が 18歳を迎える年の3月31日までとなっています。 詳しい受給条件は以下でご紹介していきます。 また、一体いくら貰えるのか気になる方も多いと思います。 支給額は子供の人数によって違いがあります。 子供が多いと受け取る額も増えていく仕組みとなっているのです。 ここでは、• 遺族基礎年金の計算方法• 受給資格 について詳しくご紹介していきます。 次にご紹介するのが遺族厚生年金です。 厚生年金に加入していた場合に支給されますが、受給資格などはどうなっているのでしょうか? 注目ポイントは、 子供がいなくても支給される場合がある、ということです。 また、両方の受給条件を満たしている場合、どうなるのか気になると思います。 このような場合、 両方が支給されることになっています。 どちらかを選ぶ必要はありません。 支給対象は限られていますが、• 55歳以上の夫• 祖父母 となっています。 支給される金額は人によって違い、厚生年金への 加入期間などによって決まります。 さらに詳しく、• 遺族厚生年金の支給額• 受給資格 を解説していきたいと思います。 細かい計算方法や、受給資格についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 遺族厚生年金は、亡くなった方が厚生年金に加入していた際の収入額、さらに正しく言えば標準報酬月額によって金額が変わってきます。 遺族厚生年金の計算式は、下記の計算の仕方のとおりです。 また、次の計算式によって導き出される金額も確認をします。 998」(従前額改定率)を掛けたものが支給額となります。 ただし昭和13年4月1日以前生まれの人の従前額改定率は1. 000になります。 この2つの金額を比較し、金額の大きなほうが遺族厚生年金受給年額となります。 ただし平成15年4月以後の加入月数 ・在職中に亡くなった場合、被保険者期間が300月に満たない場合は、300月として計算します。 またここで言う 平均標準報酬額とは、平成15年4月以後に被保険者期間であった計算の基礎となる各月の標準報酬月額と標準賞与額の合計金額を、平成15年4月以後に被保険者期間であった月数で割った額です。 これらの計算のときは、過去の標準報酬月額と標準賞与額には、最近の賃金水準や物価水準でを考慮するために「再評価率」という率を掛けて計算します。 平均標準報酬月額 妻のみ 妻と子一人 妻と子二人 妻と子三人 20万円 0 84,000円 103,258円 109,542円 25万円 0 84,000円 103,258円 109,542円 30万円 0 84,000円 103,258円 109,542円 35万円 0 84,000円 103,258円 109,542円 40万円 0 84,000円 103,258円 109,542円 45万円 0 84,000円 103,258円 109,542円 50万円 0 84,000円 103,258円 109,542円 55万円 0 84,000円 103,258円 109,542円 60万円 0 84,000円 103,258円 109,542円 62万円 0 84,000円 103,258円 109,542円 遺族基礎年金の場合、 標準報酬月額に関わらず、子どもの人数によって受給できる金額が変わります。 平均標準報酬月額 遺族厚生年金 妻のみ 妻と子一人 妻と子二人 妻と子三人 20万円 27,076円 27,076円 111,476円 130,334円 136,618円 25万円 33,845円 33,845円 118,245円 137,103円 143,387円 30万円 40,614円 40,614円 125,014円 1801,866円 150,156円 35万円 568,594円 47,383円 131,783円 150,641円 156,925円 40万円 54,152円 54,152円 138,552円 157,410円 163,693円 45万円 60,921円 60,921円 145,321円 164,179円 170,462円 50万円 67,690円 67,690円 152,090円 170,948円 177,231円 55万円 74,459円 74,459円 158,859円 177,717円 184,000円 60万円 81,228円 81,228円 165,628円 184,486円 190,769円 62万円 83,935円 83,935円 168,335円 187,194円 193,477円 遺族厚生年金も、遺族基礎年金と同様平均標準報酬月額によって受給金額が異なります。 平均標準報酬月額 遺族厚生年金 妻のみ 妻と子一人 妻と子二人 妻と子三人 20万円 31,433円 31,433円 115,833円 134,691円 140,974円 25万円 32,291円 32,291円 123,691円 142,549円 148,832円 30万円 47,149円 47,149円 131,549円 150,407円 156,691円 35万円 55,007円 55,007円 139,407円 158,265円 164,549円 40万円 62,865円 62,865円 147,265円 166,124円 172,407円 45万円 70,723円 70,723円 155,123円 173,982円 180,265円 50万円 78,582円 78,582円 162,982円 181,840円 188,123 55万円 86,440円 86,440円 170,840円 189,698円 195,981円 60万円 94,298円 94,298円 178,698円 197,556円 203,840円 62万円 97,441円 97,441円 181,841円 200,700円 206,983円 ぜひチェックしてみてください。 それぞれに条件があるため、 どちらも受け取ることができない、という場合もあるかと思います。 特に自営業で遺族基礎年金だけの場合、子供がいないと遺族年金は支給されません。 このような場合は払ってきた保険料は無駄になってしまうのでしょうか? どちらも受け取れなかった場合、第一号被保険者という条件のもと、• 寡婦年金制度• 死亡一時金制度 というものを利用することができます。 2つの制度を利用することができますが、これらの制度を 両方利用することはできません。 寡婦年金制度を利用する場合は死亡一時金制度は利用できない、ということです。 どちらの制度を利用するのかを決めなくてはいけません。 それぞれの制度について詳しくご紹介していきます。 国民年金を払うことで、 老後に年金が支給されます。 老齢基礎年金です。 年金を受け取る前に夫に万一のことがあった場合、払ってきた保険料は無駄になってしまうのでしょうか? このような場合に支給されるのが 寡婦年金です。 支給対象は 妻のみとなるため、夫には支給されません。 支給されるのは 60歳から65歳までの5年間となります。 受給できる条件としては、• 夫が第一号被保険者として10年以上保険料を納めていた• 夫と10年以上継続して婚姻関係にある• 夫と生計を一にしていた などが挙げられます。 ただし受け取れない場合もあり、• 障害基礎年金を受給していた(夫)• 老齢年金を受け取ったことがある(夫)• 老齢年金を繰り上げ受給していた(妻) などの場合、支給対象外となってしまいます。 遺族厚生年金を受給していても、子供がいない、18歳以上の場合、支給額も低く不安が残ります。 このような妻に対して• 中高齢寡婦加算• 経過的寡婦加算 の2つの 加算制度があります。 遺族基礎年金では子供のいない妻や、子供が18歳を過ぎている妻には支給されません。 それを補うための制度が 中高齢寡婦加算です。 条件としては、• 夫の死亡時に40歳以上• 子供がいない、または18歳以上 で加算対象となります。 金額は2019年度で 585,100円となっています。 中高齢寡婦加算は65歳までとなっており、 65歳からは老齢基礎年金を受け取ることになります。 しかし、昭和31年4月1日以前に生まれた人は、中高齢寡婦加算よりも、老齢年金の支給額が低くなってしまうという問題がありました。 この問題を解決するための制度が 経過的寡婦加算で、生まれた年によって19,527円~585,100円まで設定されています。 遺族年金の計算方法およびシミュレーションについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは、• 遺族年金には遺族基礎年金と遺族厚生年金があり、計算式はそれぞれ異なる• 遺族基礎年金は子ども何人いるかで受給金額が変動する• 遺族厚生年金および遺族共済年金は平均標準報酬月額によって受給金額が変動する• 遺族年金と老齢年金は重複して受給することはできない です。 遺族年金は遺族の方にとって金銭面での大きな支えとなり、同時に生命保険などの必要保障額を下げてくれる国の貴重な制度でもあります。 しかし遺族年金の計算式や受給額の算出は複雑なため、詳しく知りたい方は年金事務所や市役所の窓口で相談するか、年金計算アプリやエクセルなどのソフトを使うことをおすすめします。 自分が受給できる遺族年金の金額を知ることで、生命保険などの保障額を今よりも下げることもできますので、当記事を参考にぜひ今のうちから試算してみてください。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

次の