君がいない世界マンガ。 マンガ評 君死シニタマフ事ナカレ 第1巻 超能力を持った高校生の戦場

マンガ評 君死シニタマフ事ナカレ 第1巻 超能力を持った高校生の戦場

君がいない世界マンガ

週末に足を運んだ本屋さんで、PVが流れていました。 全く知らないマンガだったのですが、このPVに惹かれて購入しました。 超能力を持った高校生の戦場 最初に思ったのは、ありそうでありえない世界観の設定、でした。 石油資源が枯渇した世界。 世界的規模に広がる紛争。 武力介入を求められる国際的な圧力。 で銃砲の使用を禁じられた日本。 大人になると消える超能力。 結果的に超能力を持った高校生達が戦場に送り込まれます。 超能力を使って敵と戦い、戦場で生き残る、というのが大筋なのですが・・・PVの内容そのままに、登場人物が割りとあっさりと死んでいきます。 主役級だろう、と思っていたキャラでさえ、すぐにお亡くなりになるので、良い言い方をすれば、展開が読めない、ということになるでしょうか。 逆に悪い言い方をすれば、読後感が良くない、という言葉になってしまうのですが。 銃砲は携帯してはいけない、というのはいかにも日本らしい発想ですね。 でも、近接戦闘を担当する生徒が日本刀を持っているのは、突っ込んではいけないポイントなのでしょうね。 絵とセンスは抜群に良い キャラクターの服が軍服ではなく、学生服プラス戦闘装備で、センスの良さを感じます。 女子生徒がミニスカで日本刀を振り回すのは絵的に映えるものがあります。 センスが良いのは、原作者と作画担当が分かれているからだろうな、と思っていたのですが、この記事を書くにあたり調べていると、制服デザイン原案の方も別におられるようです。 最近のマンガは凄いですねー。 まだ1巻を読んだだけなので、この後の展開が分からないのですが、このまま戦場を舞台に展開していくのでしょうか。 それとも、日本に戻って普通の学園モノに路線変更・・・はないかな。 1巻のラストでヒロインと思われるキャラも大きな怪我をするので、2巻の展開が気になります。 このまま死んじゃったら・・・次の展開はどうするのだろう? コミックス派の私は1巻だけ買って、おもしろくなければ、それ以降を買わないマンガも多いのですが、「君死シニタマフ事ナカレ」は2巻も必ず購入する予定です。 ヒロインの娘が生き残ることを祈りつつ、今日はこの辺で。

次の

GARIYA

君がいない世界マンガ

マンガの設定としてないので良心のかけらもない感じの拷問は結構怖かった。 パク・ウォンサンさんの演技すごかったです。 このマンガの中で暴走するキャラクターの一人です。 このシーン怖かったな… ロマンス編「W」 チョルがヨンジュに恋人らしいことをするシーン。 彼氏に髪の毛を結ってもらうって、ん~想像できないな~。 男性ってやってみたいものですか?私は…触られるのはイヤかも。 なでる。 までかな。 ジョンソクならやってもらってもいいけど 笑 とっても不器用そうにやっていて、笑ってしまいました。 チョルの元々の設定がこういうことをする人ではないので、本を読んで勉強した。 このシーンは本当に胸が締め付けられるようなキスシーンでした。 確かに、マンガの中の名無しのキャラクターの心情を妄想するとこんな感じなのかもしれません。 このドラマの作者は本当にすごいと思います! 韓流ドラマとマンガが大好きで、妄想も多い私としては、このドラマはかなりツボでした。 本当は、ハードボイルド系があまり好きではないので、目をそらしてしまうシーンも多かったのは事実です。

次の

漫画「四月は君の嘘」の感想。涙なしでは読めない感動のマンガ作品|魂を揺さぶるヨ!

君がいない世界マンガ

そんなオリィ研究所を牽引するのが、 鳳凰院凶真…ではなく 吉藤オリィさんである。 いや、まさに自分の発想を実現していく姿は正しき発明家と言える。 そんなオリィさんが心血を注ぎ産み出した「 OriHime」が今、注目を集めている。 孤独を解消する分身ロボット「OriHime」を開発するオリィ研究所、ひいては吉藤オリィさんは、どんな未来を想像しているのだろうか。 個人的には非常に難しい問題だと思っています。 Googleに「孤独 とは」って聞いても上手い答えは返ってこなくて、 かと言って哲学的な問答がしたいのかというと、そうではない。 そもそも、オリィさんの考える孤独ってなんだろうか。 「もう少し言うと、孤独とはストレスを感じる状況です」 オリィさんは、このストレスを味わってきたという。 例えば身体が動かなかったり、外とのつながりがなかったりする状態は、 わかりやすい孤独状態なのかも知れない。 そういった状況でどんなことにストレスを感じるのか。 居場所がない。 役割がない。 …自分なんて必要ない。 そう思うことが孤独状態を引き起こすストレスの源泉なのかも知れないと、オリィさん自身が強く感じているそうだ。 高校時代に、身体が不自由だったこともあり便利な車いすを作ろう!と思い立つ。 その車いすが賞を取り、アメリカで発表をすることになり、今までとは違う世界へ飛び出していくきっかけになったと言う。 そこで出会った、生きがいを持ちキラキラしていた同年代の研究者たちに 衝撃を受けることになる。 生きることが辛かったオリィさんにとって、 「自分はこの研究のために生まれてきた」 と言い切れる彼らに強い憧れを抱くのは当然のことだった。 老若男女問わず、困りごとを持ってくる人々を見て、 「自分なら世の中の困っている人たちを助けられるかも知れない」 と感じたオリィさんは、研究者の道へ進もうと決心したのだという。 サッカーが嫌いなのに、サッカー部にいるような気分と一緒だ。 じゃあサッカー部に入らなければいい? それだけで孤独が解消されることはない。 選択肢がないという状況こそが、孤独を生み出す根本原因である。 オリィさんは自身の経験上、 「人と出会い、憧れた」 ことで、選択肢を得て孤独から脱出できたように、新たな孤独を生み出さないための道行きを歩いているのだ。 精神的、身体的な制限に囚われることなく、自由に選択ができる世界に孤独解消の鍵が眠っているのだ。 へつづく.

次の