言葉 だけ じゃ 伝え きれ ない。 「ありがとう」じゃ伝えきれない

言葉だけじゃ、伝えきれないよ

言葉 だけ じゃ 伝え きれ ない

本日営業車でラジオを聴きながら移動していると歌手が「言葉では伝えられない思いや気持なんかを音楽に云々」という意味合いの話をしていた。 よく聞くフレーズだよなあ、まあそうかもなあって思いながら流しながら聞いていたら携帯が鳴ったので車を止めて応対した。 お客さん 商社 からだった。 お客「〇日に試供品を貸出する件ですが」 私「それでしたら製品の納期が〇日に早められたので当日は納入品を持っていけますから、予定通り〇日に訪問します。 貴社へは今朝そのようにお伝えしていたと思いますが。 」 お客「ああ、そうだったんですね。 実は、私はてっきり〇日は貸出品で対応するとばっかり思っていたものですからウンヌンカンヌン。 」 私「ええ、ええ。 (お前のその認識を私に伝える必要ある?)〇日に予定通り私が訪問して納品できますよ。 この電話のやり取りで私が得た教訓は、人は自分の話したいことだけを話し、相手からの言葉は求めていないということ。 私の声は相手の鼓膜を震わせたはずだ。 しかし相手の脳内で適切に処理されなかったのだろう。 私の滑舌が悪かっただろうか?いや、少なくとも私は日時程度を伝えることが困難なほど滑舌悪くないはず。 がんばえー俺。 訪問日は〇日、と2回は相手に伝えたはず。 あと1回言うべきだったか?いや、回数の問題じゃないような気がする。 口語で話すから駄目だったのか、古文調で話したらよかったのか?そうすれば多少耳に残って意味を頭で考えるから伝わるか?「〇日、予定通り我がとぶらひて納品せらる」とか?バカか。 などなどと詮無いことを考えて車を再始動させて走り出す。 そして表題の件に疑問を感じたわけだ。 ラジオの言いたいことは分かる。 すごく共感できる。 限られた言葉の中では、微妙なニュアンスは伝えきれない、だとか、言葉にすると感動や勢いといった瑞々しさが損なわれるといったことだよね。 わかるよ、うん。 でもさ、言葉では伝えられない、という言葉を便利に使いすぎて無いだろうか。 今回の私の仕事の電話なんか、事実をただ伝えるだけ、であり解釈の余地もない業務的な内容であった。 それさえ言葉が伝わらなかったわけだ。 あれ?、だったら表題のとおり、言葉では伝えられないってことじゃないの?って思ったあなた、ちょいと違う。 最終的には伝わっている。 伝わるのに時間がかかっただけ。 「〇日」という2文字を私が根気強く一生懸命に相手に伝えたからね! だから、伝えたい、でも伝わらない、言葉では伝えられないよねー、っていうのは早計でしょう。 あきらめ早すぎでしょう。 伝えたい「発信者」と、伝えられる「受信者」の双方が存在して「伝わる」わけだ。 言葉では伝えられない、っていう言葉は発信者側の勝手な言い分だし、受信者側の理解力を舐めてもらっては困るわけ。 伝わらないってどうしてそう思った? ラジオでは楽曲の内容を、言葉、音楽、ライブでの表情や雰囲気作り等をトータルして「言葉だけでは伝わらないから八方手を尽くしてファンに伝える」という内容だった。 非言語イメージをファンに伝えるというのなら、上記の手段はいいのかもしれないけど、言葉では伝えられない思いや気持ちって割と言語イメージじゃないの? いやそれはおいておいたとしても、その伝えたいものを、音楽やライブの雰囲気と言った解釈がどうにでもなるものにしてしまったら、イメージが分散しすぎてファンは勝手な解釈をしてしまうんじゃない?そうなるとますます伝わらないんじゃない? そういうことがグルグルと頭の中を駆け巡った。 そして気が付いたわけ。 ああ俺は、こういうことを言う奴が大っ嫌いなんだなって。 伝えたいことなんてないんじゃないの?ははーん?さては伝えるつもり無いな?ライブやりたいだけちゃうんか。 だから適切にこう言え「我は言葉をうまく伝へられざるため、案を音楽や雰囲気に表現して皆様に伝えたいと思ひたり。 また、さることに我自身の歌いたしといふ欲求も満たさるればなり。 つきてはご興を持ちてたまへし皆様にはいかにもライブにご参加たまへられば幸いなり。 」潔いなあ。 ライブ絶対行くよ俺。 でも絶対女にはモテないよな、こんな奴。 ryoinoway.

次の

シクラメン「僕の宝物」

言葉 だけ じゃ 伝え きれ ない

言葉だけじゃ伝えきれない… for love, for a child その想いを空に繋いでこう… for love, for a child 今日はさんの新曲「愛のために」を見ていこうと思います。 とても素敵なタイトルなので、どんな感動が待っているのか、楽しみです! いつか準備ができてから 始めようって決めてたけど 今 君が笑顔になれるなら その準備はあとまわし 出だしからセリフが最高過ぎて。。 「今君に笑顔でいてほしい」から、「笑顔にさせるための準備」という自分を安心させるための時間を「あとまわし」にするという、こんなこと言われたらもうどうしようもないですよね。 「あとまわし」っていうチョイスが最高ですね。 二人の距離感とか恋愛のかたちが見えて、初手から感動しております。 ときにはワガママに 自分を貫いても それが誰かのためになるのなら きっと間違いじゃない 自分ののために自分を犠牲にしたり、との時間を守り続けようとする姿勢は、きっと誰かの幸せにつながっている。 そう信じて、人々は「愛のために」いろんな決断をする。 さんの有名な言葉があります。 戦争がいつまでもなくならないのは「愛」があるからだと。 誰かが誰かのために、愛を育むために戦っている。 そうやって世界は今日も回っている。 言葉だけじゃ伝えきれない その想いを空に繋いだら こんなにも大きな輪になって 幸せの中に君がいたよ 「大きな輪」というのは地球のことを言っているのでしょう。 この大きな地球に自分がいるのは、のため。 もしかしたら、この地球は自分との2人のためにあるのかもしれないだなんて思い始める。 そんな幸せの中に、「君」を見つけ、愛を育んでいる。 いやぁ、素敵すぎる。 君との 思い出 離さない 二度とない この瞬間 忘れない ここまであまり見慣れないような世界観を広げてきて、ようやくラブソングの定番フレーズが入ってきました。 ここまでこういったフレーズを使わずに素晴らしい世界観を表現できているこの曲は、まさに名曲ですね! 生まれながらに苦しくて 夢を見れない子どもたちがいて 日々の生活に疲れ果てて 空を見れない大人もいる ここであれれ、となるわけです。 ただのラブソングじゃなかったの、と。 違ったんですね。 この曲が見ているのは「世界」であって「平和」である。 そんな解釈が適切なのかもしれません。 世界に「愛」が溢れるように、まずは僕らは「愛」を受け取れていないその存在に気付かなくちゃいけない。 苦しみの尺度は それぞれ違うけれど 少しずつでも希望はみえるはず そう信じていようよ… 「希望」を捨てたら「世界平和」は訪れない。 「愛」を持ち続けて、「愛」を分け合えるような世界を一人一人が思い描くことができたら、きっと「希望」は見えてくる。 そう信じて生きていくんだ。 とても考えさせられる歌詞で、とても味わい深いですね。 最初から自信がある人なんていないから 進みながらでいいんだ for love, for a child, for me, for you… 僕らは初めから「愛」が何であるかを知っていたわけじゃないし、その存在に気付けないまま寂しい思いをしてきた人たちも多くいる。 そもそも「愛」で溢れていないような世界だってある。 僕らができること。 目の前の人を笑顔にすることだったり。 少しずつ少しずつ、前に進んでいこう。 とても勇気づけられる歌詞ですね。 言葉だけじゃ伝えきれない 全ての想いを今ここに 空高く強く掲げよう 何かが動き出すはず… みんなが自分の「愛」を世界に広げて、この地球をいっぱいの「愛」で優しく包み込む。 それが大切で、大事なこと。 ラブソングだと思いきやまったく違う見え方に変わって、壮大なスケールで多くの人を勇気づけてくれるような、とても素敵で頼もしい一曲だと思います! Source: muttiro.

次の

「感謝してもしきれない」の意味・使い方と例文・敬語表現

言葉 だけ じゃ 伝え きれ ない

吉田 幸弘 よしだ・ゆきひろ リフレッシュコミュニケーションズ代表 コミュニケーションデザイナー・人材育成コンサルタント・リーダー向けコーチ 成城大学卒業後、大手旅行会社を経て学校法人へ転職。 1年間で70件以上の新規開拓をし、広報リーダーになるも、「怒ってばかりの不器用なコミュニケーション」でチームをガタガタにしてしまう。 その結果、職場を去らなければならない羽目になり、外資系専門商社に転職。 転職後も、周囲のメンバーとうまくコミュニケーションが取れず、降格人事を経験し、クビ寸前の状態になる。 その後、異動先で出会った上司より「伝え方」の大切さを教わり、ポイントを絞ってわかりやすく伝える方法を駆使し、営業成績を劇的に改善。 5ヵ月連続営業成績トップになり、マネジャーに再昇格。 コーチングの手法を用いた「部下を承認するマネジメント」及び中国古典をベースにした「ストレス耐性力アップ術」により、離職率をそれまでの10分の1にし、売上も前年比20%増を続け、3年連続MVPに選ばれる。 そして、社外でもコンサルタントとして活動し、クライアント数が増えてきたため、2011年1月に独立。 現在は経営者・中間管理職向けに、人材育成、チームビルディング、売上改善の方法を中心としたコンサルティング活動を行ない、累計受講者数は3万人を超える。 「管理職研修」をはじめ、「営業力アップセミナー」「褒め方・叱り方・伝え方をベースにしたコミュニケーションセミナー」「モチベーションアップセミナー」「アンガーマネジメントの理論をベースにした感情マネジメントセミナー」「リーダーの総合力をアップするリーダー塾」などを主催。 著書に、ロングセラーとなっている『リーダーの一流、二流、三流』(明日香出版社)などがある。 どう伝えればわかってもらえるのか? 部下に届く 言葉がけの正解 実際に現場で起きているケースから厳選して「リーダーの悩み」をピックアップ。 本連載で取り上げる「言葉がけ」は、部下の本音をくみ取り、部下の行動を後押しするための言い方。 「仕事が遅い」「ミスが多い」「仕事を止める」などシーン別にNG言動とOK言動を対比させながらどのように接するのがいいかを解説していきます。 年間100回以上、受講者数3万人を教えてきた企業研修や講演の中から、リーダーの悩みをピックアップ。 内容によっては、「本当にこんなことが起きているの?」「ウチの会社ではこんなレベルの低いことは起きていないよ」と思うこともあるかもしれません。 しかし、これらはすべて、実際に現場のリーダーが抱えている問題なのです。 自分の意識を変えるのでさえ難しいのですから、部下の意識を変えさせるのはもっと難しいもの。 そこで、新刊 『 』から、シーン別にNG行動・発言とOK行動・発言を対比させながらどのような言動で接したらいいかを紹介していきます。 リーダーの不正解:結論ありきの聞き方をする リーダーの正解:困っていることを前提とした聞き方をする リーダーの悩み:「大丈夫」と言うがそうではなかった……。 部下が本当のことを話してくれない場合、どうすれば? 大手化学品メーカーでリーダーに昇格して3年目のAさんから、次のような相談を受けました。 「仕事を止める部下にどう指導したらいいか」 先日も会議に必要なデータの作成を頼んだそうですが、期限が1時間過ぎても上がってきません。 部下のCさんは「はい、大丈夫です」と言ったものの、その後2時間が過ぎても上がってきません。 終業時間間近になってしまい、結局Aさんは、Cさんに頼んだ仕事を持ち帰って自分でする羽目になってしまいました。 後でほかの部下に聞いたところ、急にお客様からの依頼が入って、対応をしていたそうです。 しかし、Aさんには「どっちが大切なのか!」と叱られそうで言わなかったようです。 このケースの問題は、「仕事を止める」だけではありません。 他に問題が隠れています。 部下が「本音を言えない」ことです。 原因はリーダー側にあります。 リーダーは部下からすると立場が上です。 リーダーが思っている以上に、部下はリーダーに脅威をいだいています。 「大丈夫?」と聞かれたら、「大丈夫じゃない」とは言いにくいのです。 チームの心理的安全性とは、「チームメンバーが、安心して対人リスクを取れるという共通認識を持っている状態であり……ありのままでいることに心地よさを感じられるようなチームの風土である」(『1兆ドルコーチ』 エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ、アラン・イーグル著、櫻井祐子訳、ダイヤモンド社)。 グーグルが行ったチームを成功に導くカギに関する調査でも、心理的安全性は筆頭に挙がっているそうです。 心理的安全性の高いチームは、安心してリーダーや同僚に意見を言います。 「言ったら怒られる」「評価が下がるかもしれない」というネガティブな要素を感じないからです。 逆に、心理的安全性の低いチームでは、意見を言うと怒られたり、評価が下げられたりすると思ったら、部下は何も言わなくなります。 先のAさんのチームは心理的安全性が確保されていないのです。 ただし、心理的安全性の高い組織は、風通しや仲がいいだけの組織ではありません。 「ぬるい」組織にするのとは違います。 不要なプレッシャーをなくし、困ったことを相談しやすい環境にするのです。 言いたいことをはっきり言えない部下には、言える雰囲気をつくる必要があるのです。 「NO」と答えることもできますが、たいてい上司からの依頼には「NO」とは言いづらいものです。 なかには、はっきり「NO」と答えられる部下もいますが、期限ぎりぎりに状況を話しにくるでしょう。 この聞き方は「オープンクエスチョン」であり、「YES」「NO」以外で応えるオープンクエスチョンです。 2時間で仕上げるのを邪魔する要素、困っていることがあるのを前提に聞いているので、部下も困っている場合、正直に言いやすくなります。 本当の状況を知ることで、誰かに手伝ってもらうなど調整ができます。 決して部下の仕事のスピードが上がるわけではありませんが、安心です。 このように、 部下の「心理的安全性」を確保することで、部下が本音を言いやすくなります。 表面に見えている問題だけでなく、その裏にある問題も顕在化します。 結果、部下にとっての根本的な問題を把握できるようになるので、指導も的確なものになるのです。 【ポイント】 「大丈夫かな?」では「はい」しか返ってこない。 不要なプレッシャーをなくし、困ったときの助け舟になるように聞いてみる.

次の