ギャラドス 育成 論 剣 盾。 【ポケモン剣盾】ギャラドスの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【育成論】自信過剰きのみ持ちギャラドス【ポケモン剣盾】

ギャラドス 育成 論 剣 盾

【ポケモン剣盾】キュウコンの育成論と対策【火焔九尾!ギャラドスキラー?】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はその見た目から初代ポケモンから根強い人気がありつつも、ランクバトルではいまいち使い方がわからずほとんど見かけないキュウコン(炎)について育成論と対策を考えていきたいと思います。 も解禁されたのでアローラキュウコン(氷)も剣盾に来ましたが、今回は炎キュウコンの方になります。 ところで色違いキュウコンってキレイでいいですよね。 キュウコンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【キュウコンの特徴1】そこそこ高い素早さ キュウコンは素早さ種族値100となっていて、リザードン・フライゴン・マッスグマと同速のポケモンです。 このくらいの素早さになると炎タイプの弱点となる岩・地面・水タイプの技を使ってくるポケモンがほとんどいないため意外と多くの場面で1回は行動できます。 この1回の行動により攻撃や特攻を下げれば、1回耐えた上で2回以上の行動が可能となりますから相手を弱体化して起点化した上で後続のポケモンにつなぐというような動きができるでしょう。 【キュウコンの特徴2】夢特性ひでり キュウコンの夢特性はひでりです。 御存知の通りこの特性は場に出た瞬間に天気が晴れになって、炎技の威力が1. 5倍になると同時に水技の威力が半分になります。 (他にもかみなりや暴風の命中率が下がる、ソーラービームが1ターンで打てる、せいちょうが攻撃特攻2段階UPになるなどの効果があります。 ) 特攻種族値81とそのままでは心もとないキュウコンの火力ですが、ひでりの効果を合わせることで十分殴り合える火力になります。 ちなみに通常特性もらいびは炎技を受けたら以降の炎技の威力が1. 5倍になるというものでひでりのように天候5ターンの制限はないものの、ナットレイへの炎技読みで交換して発動させるなど発動に一工夫が必要な特性です。 ひでりはキュウコン以外には鈍足のコータスしか覚えないため、晴れパの起動要員兼初手の場荒らしを役割として戦うことが多いかもしれません。 今作ではダイバーンによって自前で晴れにすることができる&相手のダイマックス技で簡単に天候が書き換えられるため相対的に弱体化したといえますが、使い方によってはまだまだ活躍の機会はあるでしょう。 キュウコンの育成論と戦い方 キュウコンは初代からいるポケモンなのでたくさんの育成論が作られてきました。 ひでり起点作成型、みがしば型、わるだくみ型、空振り保険さいみん型などなど。。。 ちなみに僕はこの前オーバーヒートパワースワップ型キュウコンに当たってシャンデラが潰されました。 ほんと型が多いですね。。。 その中でも記事執筆時点の環境で強いキュウコンを紹介します。 【キュウコンの育成論1】ギャラドスキラーキュウコン• 特性:ひでり• 個体値:A抜け5V• もちもの:こうかくレンズ・いのちのたま・もくたん• わざ:おにび・だいもんじ・ソーラービーム・わるだくみ 特徴・戦い方: こちらの構築のキュウコンで、実際に結果を出せています。 ギルガルド・アーマーガア・ドリュウズ・ガマゲロゲといったトップメタに強く、交代で出てくる物理アタッカーを読んで鬼火を入れることでアドを取ります。 スキさえつくれれば自らもわるだくみを積んで特攻2段階上昇+ひでりにより超火力だいもんじをうてるでしょう。 こうかくレンズをもたせることによって命中不安の鬼火・大文字の両方をほぼ外さなくなり、勝率の安定に貢献できます。 下記ダメージ計算のようにいじっぱりいのちのたまギャラドスのたきのぼりでも耐久無振りで確定3発、ダイストリームも最大で76. 鬼火が入ればギャラドスは機能停止に追い込めますね。 記事執筆時点は命の珠ギャラドスが多いですが、再びラムのみギャラドスが復権してきたら状況が変わってくるでしょう。 性格・個体値・努力値: 上から鬼火を入れられること、ギルガルド・アーマーガアなどの役割対象に十分なダメージを入れるためにCSぶっぱ確定ですね。 もちもの: 命中不安による負けを引かないためにこうかくレンズを採用しますが、木炭や命の珠をもたせることでミミッキュを確定1発で倒せるようになるのでこちらを重く見る場合は木炭や命の珠が良さそうです。 わざ: 実際に結果を残すに至ったキュウコンの技構成が鬼火・大文字・ソーラービーム・悪巧みなのでこれでほぼほぼ確定だといっていいでしょう。 ただ、サブウェポンのソーラービームは環境次第では入れ替えるのもありかもしれません。 ・サイコショック・じんつうりき:ドヒドイデ対策 ・シャドーボール:サニーゴやドラパルトなどゴースト ・あくのはどう:シャドーボールと弱点範囲が同じだが怯みを狙える ・イカサマ:はらだいこカビゴン ・ほのおのうず:鬼火で起点化した相手を逃さない こうかくレンズキュウコンを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【キュウコンの育成論2】ラムだくみ受けポケキラーキュウコン• 特性:ひでり• 個体値:A抜け5V• もちもの:ラムのみ・命の珠・たつじんのおび• わざ:じんつうりき・だいもんじ・ソーラービーム・わるだくみ 特徴・戦い方: さんのキュウコンを参考にした型です。 こちらもしっかりと結果を残している型なので強力ですね。 サニーゴ・ドヒドイデ・アーマーガア・ヌオーといった受けポケモンを1体で見れてついでにミミッキュも見れるようになっていて、これらのポケモンに対して出していきます。 ドヒドイデはどくどくをうってくるのでラムのみを盾に悪巧みを積んでダイサイコで飛ばします。 他にもあくびで流してくるポケモンはたくさんいるので役立つ場面も多いです。 あくびカバルドン・カビゴン・ブラッキー・コータス・ニンフィア・トリトドンなどなどがいるのでこれらに突っ張る場合はラムのみが優秀ですが、トリトドンはソーラービームで上から落とせる上に他のポケモンは役割対象外なのでパーティによって要検討です。 一応電磁波撒きにも対策となります。 わざ: ドヒドイデに役割をもてるじんつうりき タイプ一致でアーマーガアやナットレイに役割をもてるだいもんじ ヌオーやトリトドンに役割をもてるソーラービーム ドヒドイデやサニーゴを突破するために必要な悪巧み ということでコンセプト的にはこの技構成で完結しています。 キュウコンの対策 高速で岩・地面を打てるポケモンはキュウコンに動かれる前に対策ができます。 スカーフドリュウズ• ロックブラストスキルリンクチラチーノ• ダグトリオ• スカーフフライゴン• スカーフオノノクス• etc… 主な対策は中速以上のスカーフじしん使いがおすすめです。 キュウコンは今回紹介した型以外にもさまざまな型がいる割に環境にそこまで多く存在するわけではなく、当たってしまったら1ターンは相手の思うつぼで動くことになる可能性がありますが、そのディスアドはダイマックスで切りかえせるでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】キュウコンの育成論と対策【火焔九尾!ギャラドスキラー?】 いかがでしたでしょうか。 特に色違いキュウコンが好きですがみなさんはどうでしょう。 あまり環境にいない分、うまく使いこなせれば相手の対策も不十分なためこちらの戦術を通しやすいポケモンだと思います。 流行りまくっている命の珠ギャラドスを意表をついて機能停止させることもできるため、キュウコン好きなトレーナーは使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】ギャラドスの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ギャラドス 育成 論 剣 盾

こんにちは、ワジです。 今回紹介するのは、使用していて使い勝手の良かった「 オボンのみ持ちのHAベースいかくギャラドス 」になります。 紹介する型のコンセプト 現在ギャラドスは、ダイジェットをタイプ一致で使えるポケモンとして主に抜きエースでの運用が主流だと言えます。 特性「 じしんかじょう」を活かして相手を倒して攻撃力を上げるというコンセプトは、ダイジェットとの相性も良く、ダイマックスを用いたエースポケモンとして非常に人気が高いです。 使い勝手がいいという点も評価が高いですね。 しかし、ギャラドスは 持ち前の技威力の低さ(メインウェポンの「たきのぼり」など)から、抜きエースとして運用するためにはダイマックスを切ることが前提条件となることが多く、ダイマックスをギャラドスに扱えない場合に選出時の汎用性が大きく欠けてしまうという弱点があります。 そこで今回は、 特性「 いかく」を活かした サイクル戦も戦えるタイプのギャラドスを紹介したいと思います。 ・特性「いかく」 誰もが認める強特性で、 場に出すだけで相手の攻撃ランク(A)を1段階下げることが出来ます。 ギャラドスといえばまずはこれです。 ギャラドスは一見高耐久高火力のポケモンと思われがちですが、特防は高いものの、防御方面の耐久値は一概にも高いとは言えません。 (種族値H95B79は無振りFCロトムよりも少し高い程度) そこで、特性「いかく」を用いることにより、相手の攻撃を下げ、 防御方面の耐久を疑似的に上げることが出来ます。 これによって相手の物理・特殊技に対してもある程度の効力を持つことができ、サイクル戦に参加することが出来るようになります。 ・オボンのみ( ) ギャラドスは上記の通り、サイクル戦に参加できる性能を持っているのですが、自身で高速回復できる技(はねやすめ、じこさいせいなど)を持ち合わせていないため、サイクル戦を続けるとギャラドス側がジリ貧になってしまいます。 そこで、オボンのみを持つことによって HPを疑似的に上昇させてサイクル戦に参加できる回数を増やしています。 たべのこしではなくオボンのみである理由は、相手との撃ち合いに強くなれるからです。 このギャラドスは相手のダイマックスエースである「ギャラドス」や「トゲキッス」と後投げから撃ち合うことも想定しているため、瞬間的なHP回復の方が役に立つ場面が多いと考えているからです(オボンで相手の攻撃の確定数をずらせる)。 ・「りゅうのまい」と「ダイジェット」 ここまでサイクル戦においてのギャラドスについて説明してきましたが、もちろんダイジェットを駆使した抜きエース運用もできます。 それでは型の詳しい紹介に入ります。 なんと S1段階上昇後は最速ガブリアスと同速の調整です。 技構成 ・ たきのぼり ギャラドスのタイプ一致メインウェポン。 技威力が80と控え目ですが命中安定で怯みの追加効果も狙えるので扱いはしやすいと思います。 ・ とびはねる 基本的にはダイジェットを扱うために入っている技なので、素で打つことは少ないです。 ラスイチ対面では使ったりすることもありますが、命中85と不安定なので積極的に打つことはないでしょう。 もちろん必須。 ・ パワーウィップ ここは選択技ですが、サイクル戦になった時に対峙しやすいウォッシュロトム(ミトム)や、ラプラス、アシレーヌ、ヌオーなどをはじめ、この技を入れていると入れていないとでは見れる相手の範囲が大きく変わってきます。 優先度高め。 ・ りゅうのまい 特性「いかく」によって物理方面の相手も「りゅうのまい」の起点にすることが出来ます。 コンセプトとの相性も良く、「りゅうのまい」を使用する機会も多いので必須です。 選択技 ・ ちょうはつ 相手のカビゴンの「あくび」や「のろい」、カバルドンの「あくび」「ふきとばし」、ナットレイの「やどりきのタネ」「てっぺき」などを防いで起点にすることが出来ます。 ギャラドス対策を変化技で行っているポケモンも多いので、挑発から全抜きを狙える展開も多いです。 パワーウィップと選択。 その他にも、パッチラゴンやウオノラゴンに刺さる「げきりん」や、パッチラゴンなどのデンキに刺さる「じしん」などの技も候補には上がりますが、基本的には挙げたこれらの技から選択してあげるといいと思います。 「パワーウィップ」と「ちょうはつ」の枠はどちらも強力な4枠目となり得るので、構築と相談して決めるといいかと思います。 ダメージ計算 ・ たきのぼり B4振りドリュウズ:117. 8%~ (確定1発) H4振りトゲキッス:47. 2~56. 8~104. 4% (低乱数1発) ・ ダイストリーム(たきのぼりベース) H252ミミッキュ:87. 6%~ (化けの皮ダメージ込みで確定) HB特化カビゴン:41. 5~49. 4% (次の雨ダイストリームで確定) ・ ダイジェット(とびはねるベース) B4ドラパルト:90. 7~107. 3% (中乱数1発) H4トゲキッス:77. 0~91. 3% (ダイマ状態に対して確定3発) ・ ダイソウゲン(パワーウィップベース) B4ラプラス:99. 5~117. 0% (最低乱数以外1発) ・被ダメ(物理技はすべていかくによるA1段階下降込み) A252いのちのたま持ちギャラドスのダイジェット:59. 6~71. 7% A252いのちのたま持ちミミッキュのダイフェアリー:47. 6~57. 0% A252ドラパルトのダイホロウ:44. 5~53. 4% C252トゲキッスのダイジェット:54. 9~64. 9% (こちらもダイマックスで確定4発) C特化ラプラスのダイサンダー(かみなりベース):140. 3~165. 4%(こちらもダイマックスで確定耐え) C特化FCロトムの10まんボルト:152. 8~182. 1% (ダイマックスで確定耐え) C特化ドラパルトの10まんボルト:92. 1~108. 9% さすがにダイマックス技に後出しからは厳しいですが、対面でのダイマックスであれば抜群を突かれない限りかなり強気に撃ち合うことが出来ます。 この型のデメリット ここまでサイクル戦への適応力と、抜きエース運用も可能な器用さを取り上げてきました。 一見この型が非常に優秀なように見えますが、もちろん話はそう簡単ではありません。 器用なゆえに、 器用貧乏な点が少し見受けられてしまいます。 サイクル適正ではHBに寄せた方が優秀ですし、抜きエース運用であればASの自信過剰型に「いのちのたま」や「ラムのみ」などを持たせた方が優秀です。 これはしょうがないですね…。 そのため、このポケモンをフルに活かすためには、周りを相性のいいポケモンで固めてあげることがオススメです。 それに関してはこの後の項目にて記述していきたいと思います。 運用方法 基本的にはサイクル内で有利な相手に繰り出していきます。 刺さっていれば初手に投げても強いポケモンです。 サイクルを回しつつ相手のポケモンの型を見極めていき、ギャラドスが刺さっていると分かればダイマックスから全抜きを狙っていきましょう。 逆に、選出したがギャラドスでは全抜きを狙えないと判断した場合は少し雑に扱っても大丈夫です。 ただ、特性「いかく」はHPが1でも残っていれば発動できる強特性なので、クッションとして残しておくといったプレイングも時には重要になります。 相性のいいポケモン ナットレイ いわゆるギャラナットと言われる並びです。 ギャラドスが抜群を取られてしまう電気、岩技をナットレイで受け、ナットレイが苦手な炎格闘をギャラドスで受けます。 ナットレイの技「やどりきのタネ」によってギャラドスの繰り出し性能も上昇するため回復技を持ち合わせていないギャラドスとの縦関係は抜群です。 ヒートロトム(ヒトム) ギャラドスが苦手な電気技を受けることが出来る電気枠です。 このポケモンはトゲキッスのメイン技を軒並み半減にできるため、トゲキッスに強いという点が非常に評価が高いです。 相手のウォッシュロトムに一貫を取られてしまうので気を付けましょう。 それこそ上記のナットレイとの組み合わせも非常に強力です。 いわゆるヒトムナットと言われるサイクル構築ですね。 おわりに 今回はHAベースのオボンギャラドスを紹介させていただきました。 抜きエース運用だけでなくサイクル戦にも適応したこの型は使い方は若干難しいものの、非常に汎用性が高く強いと思っています。 Sをもう少し早くしたり、あるいはAを削ってもう少し耐久に回したりと色々と器用に調整もできると思いますので、構築によって数値をいじって採用を検討してみてください。

次の

【ポケモン剣盾】ギャラドスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ギャラドス 育成 論 剣 盾

Contents• ギャラドスの育成論と対策 ギャラドスに困っていませんか? 毎回環境のトップメタを走り続けるギャラドス。 今回もダイマックス環境でギャラドスが暴れまくっています。 発売したばかりで対戦環境が目まぐるしく変化するこの状況で、既に安定した地位を獲得したギャラドス。 今回はこのギャラドスを倒す方法をギャラドスのメジャーな型と共に伝えます! ギャラドスの種族値 種族値 HP 95 攻撃 125 防御 79 特攻 60 特防 100 素早さ 81 合計種族値 540 ギャラドスは、攻めも守り無駄のない努力値配分で、合計種族値以上に活躍が見込めるポケモンです。 高めの「こうげき」「とくぼう」、HPも「95」とかなり多めの数値で、「ぼうぎょ」も平均値ですが、とくせい「いかく」で数値以上の物理耐久が見込めます。 等倍属性の技では、耐久無振のギャラドスでも一撃で倒すことは難しく、その耐久を生かし「りゅうのまい」を積み、上から反撃して手痛いダメージを与えることが出来ます。 ギャラドスのとくせい いかく 登場した際に、相手ポケモンの「こうげき」を1段階下げる。 前作まではこのとくせいしか見かけることしかありませんでした。 サイクル戦にも強く、物理ポケモンに投げれば「いかく」でこうげきを下げて、自分だけガッツリ「竜の舞」が詰めます。 「りゅうのまい」を採用するなら此方が良いでしょう。 今シーズンは新ポケモンに「クリアボディ」を持つドラパルトや、「ミラーアーマー」をもつアーマーガアには効かなかったり、はねかえされ、自分がこうげきダウンを食うこともあるので注意です。 じしんかじょう 相手のポケモンを倒すたびに、「こうげき」ランクが1段階上昇する。 前作ではあまり使われることがなかった特徴ですが、今作ではかなり使用率が上がり、現在では「威嚇」待ちより個体は多いです。 相手を倒せば「こうげき」の数値が上昇するため、ダイマックス技の「ダイジェット」と組み合わせれば、「りゅうのまい」を積まずとも、同じ能力変化をした状態になり、一気に畳み掛けることが可能です。 前作では見かけなかった。 全てこうげき技のフルアタ「ギャラドス」が爆誕した瞬間です。 ギャラドスのタイプ 「みず」「ひこう」 他にも同タイプで、ペリッパーやスワンナがいます。 弱点は4倍で「でんき」 2倍で「いわ」のみです。 反対に耐性は 「ほのお」「みず」「かくとう」「むし」「はがね」が半減。 「じめん」が無効と6つもあり、 とても優秀なタイプと言えます。 ギャラドスのもちもの 火力アップアイテムがオススメ!! 「こだわりハチマキ」 同じ技しか出せなくなるが、技の威力が1. 5倍になる。 ダイマックス中はこだわりが解除されるが、戻るとダイマックスに出した技しか打てない。 「たつじんのおび」 こうかはばつぐんの技の威力を1. 2倍にする。 「いのちのたま」 技の威力が1. 3倍になるが、相手に攻撃を当てる度に最大HPの10分の1のダメージをうける。 などの火力アップアイテムが望ましい。 「いかく」の場合は耐久アイテムもあり。 とくせいを「いかく」にして 耐久をあげたい場合は、「オボンのみ」などの回復きのみや、でんき半減の「ソクノのみ」などもオススメだが、 ギャラドスの良さを活かすならやはり火力アップアイテムだと個人的には思います。 安定の物理技。 命中不安定で追加効果のないアクアテールよりこちらをオススメ。 ひるみ効果がとても強い。 とびはねる ひこう技打点 タイプ一致 威力85 命中85 1ターン目にとびあがり、2ターン目にこうげきする。 すばやさが上がる、とても強いダイマックス技ダイジェットのために覚える。 「りゅうのまい」を覚えないのであれば、確定でこの技を入れるし、今の環境のギャラドスには大体入っている。 パワーウィップ くさ技打点。 威力120 命中85 ただでさえ、範囲が広いギャラドスに新たに加わった草技打点。 もう「ヌオー」「トリトドン」ではギャラドスは止まらない。 エスパーとゴーストに抜群だが、あんまり範囲が広くないし、メガギャラドスのように一致攻撃技でもないのであんまり火力はでない。 じしん じめん技打点。 威力100 命中100 「ドヒドイデ」「ルカリオ」「マタドガス」ふゆう以外などへの打点。 命中安定で、威力も高い。 ダイマックス技のダイアースでとくぼうが上がるのも強い。 こおりのキバ こおり技打点。 こおり4倍弱点のポケモンが今作は少ないため、あまり採用されることはない。 アイアンヘッド はがね技打点。 フェアリータイプのポケモンが多いので、刺さる場面が多いため、採用率が高い。 ダイマックス技のダイスチルでぼうぎょが上がるのも強い。 補助技 りゅうのまい 積み技。 こうげきとすばやさを1段階上昇させる。 ギャラドスの代名詞ともよべる技だったが、「ダイジェット」と「じしんかじょう」により採用個体が少なくなった。 とは言え強いのは変わらない。 「いかく」で採用するのなら必須である。 みがわり 体力の4ぶんの1を削り、自分の身代わりを出す。 受けループに対して強く出れる。 うまく身代わりを残せた場合は、安全に「りゅうのまい」を積んだり、「ダイジェット」をぶっぱなすことができる。 ちょうはつ 相手に攻撃技しか出せなくする。 受けループに強く出れる技。 その2。 「みがわり」と選択。 両方採用するのも有りだが、技スペースを圧迫する。 ギャラドスの対策 ギャラドスの対策を紹介していきます。 現在、環境にいるでんきタイプは「ロトム」ばかりですが、 他にもでんき技をサブウェポンとして覚えるポケモンは沢山いるので、覚えさせておくと「ギャラドス」や「アーマーガア」対策に良いと思います。 筆者はホルードに「ワイルドボルト」を仕込んでいました。 後出しでギャラドスがどんどん出てきて笑いが止まらなかったです。

次の