浦川翔平 親。 THE RAMPAGE・浦川が告白「中学生から履いているシマシマのパンツを…」(J

THE RAMPAGE、肌で感じる距離感と「親しき仲にも礼儀あり」でそろえる足並み|ニフティニュース

浦川翔平 親

9月12日に結成5周年を迎えたTHE RAMPAGE。 3人のボーカルと13人のパフォーマーからなる彼らは、今年、自身初のアリーナツアーで24万人を動員。 さらに、俳優などのソロ活動でも愛されるように。 グループとしても個人でも、ますます魅力が増していく16人の撮り下ろしカットと爆笑トークをお届け。 ネクストステージに向かう僕らの心情が歌詞で描かれています。 でも、そこだけじゃなくて、もっといろいろな表現をしたいというか。 高校に入りたてで、本当に右も左もわからない状態で。 1から10までリーダーのLIKIYAさんを筆頭にメンバーに叩き込んでいただきました(笑)。 グループ活動を通して社会勉強もできたという点で少し大人になったかなと思います。 その日は、みなさんでお祝いしました?? 説教するのは昂秀にだけです(笑)。 グループの結成時は、それぞれどういう人間で、どんな性格をしているかもわからない状態でしたから。 肌感で測る感じですが。 親しき中にも礼儀ありじゃないですけど、親しいからと入り込みすぎてもダメだし。 「見たくないけど……、見たい!」という感じで。 僕らの曲にはラブソングもあるので、いつかそういう形で表現するときが来るかもしれませんけど、いつになるかは。

次の

三浦翔平

浦川翔平 親

J-WAVEで放送中の『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)。 11月15日(金)のワンコーナー「CUSTOMLIFE MEET UP」に、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのリーダー・陣、ボーカル・RIKU、パフォーマー・浦川翔平がゲスト出演。 グループの思い出から「最近買ったもの」まで、幅広くトークを展開した。 オーディションで選出されたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEはのメンバーは平均年齢がおよそ22、3歳なのだとか。 渡部:結成から5年。 振り返ってみて、どうですか? 陣:デビュー前に2年ほど、武者修行だったり合宿をさせていただきました。 プロのステージに上がると先輩たちだったり、ほかのアーティストと同じ土俵に立つので、それまでにどれだけ自分たちを高められるかという時間。 今思い返すといちばん苦悩や悩みがあって、メンバー同士でぶつかったりしました。 渡部:リーダーとしてまとめるのが大変だったでしょ? 陣:リーダーとしてもう1人、LIKIYAさんがいらっしゃるんですけど、2人でけっこう、答えがわからなくなるぐらいまで話したりしました。 渡部:RIKUくんは、今年のさいたまスーパーアリーナのステージから見た景色はどうでしたか? RIKU:僕がEXPG(EXILE Professional Gym)に入る前に、二代目J Soul Brothersさんから三代目J Soul Brothersさんへの『継承』というツアーを観に行って、「僕も(ステージに)立ちたいな」と思っていて、今年のツアーでようやく立てたので、グッとくるものがありましたし、親孝行ができたかなと思っています。 渡部:やっぱり家族を呼んで。 RIKU:もちろんです。 あと地元の友だちも結構チケットを取って来てくれて。 渡部:そうか埼玉が地元だからね。 RIKU:特別な思いがありましたね。 渡部:翔平君もこのステージを忘れないですか。 浦川:ずっと先輩方のサポートで立っていたステージだったので。 いつもはメインではなくバックで踊る立場だったんですけど、やっぱりメインで立ったときにはすごく感動というか、「やっとこのステージに来られたんだ」というので感極まりました。 陣:普段から雑学を調べるのがすごく好きで。 渡部:なんで? 陣:知識をひけらかしたいんですよ。 渡部:(笑)。 陣:物知りなのは恰好いいなと思って。 この間『大人の最強雑学1500』(雑学総研)っていう、辞書みたいな本を買って、話せそうな雑学を自分でチェックしています。 ここで陣は本から得た雑学知識を披露。 「なるほど!」と感心する場面もあった渡部は「こういうのっていいよね、聞くほうも楽しいし」とコメントした。 RIKU:僕は先日のアリーナツアーを終えて、欲しかったネックレスを買いに行きました。 渡部:ご褒美的な? RIKU:そうですね。 ご褒美で買って、それ以来毎日つけています。 ずっと欲しかったものだったりとか、例えば自分が20年、30年後になってもつけられるものを買おうと思っています。 例えば服にしても、最近はそういうものを選んで、お値段が高くても「長い目で見たら安いもんだ」と、思うようにして買っています。 渡部:事務所の先輩からいただいたものもある?。 RIKU:今着ているこのレザーのジャケットは先輩のNESMITHさんからいただいたものです。 他のメンバーは「穴が開いたパンツをまだ履いている」と、物持ちがよすぎる浦川のパンツが気になっていると暴露。 浦川自身も「中学生から履いているシマシマのパンツをライブのときに履いていた」と告白した。 J-WAVE『GOLD RUSH』のワンコーナー「CUSTOMLIFE MEET UP」では、幅広いジャンルから"旬"な人物にフォーカス。 活動やライフスタイルまで、渡部が幅広くインタビューする。 放送は毎週金曜の18時50分頃から。 次回もお楽しみに! PC・スマホアプリ「radiko. jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。 番組放送後1週間は「radiko. jpタイムフリー」機能で聴き直せます。 【番組情報】 番組名:『GOLD RUSH』 放送日時:毎週金曜 16時30分-20時 オフィシャルサイト:.

次の

THE RAMPAGE 浦川 翔平のプロフィール詳細

浦川翔平 親

本名:浦川 翔平(うらかわ しょうへい)• ニックネーム:しょうちゃん• 担当:パフォーマー• 生年月日:1997年5月23日• 出身地:長崎県• 特技:DJ、ぶちかましダンス• 趣味:釣り 三代目j Soul Brothersの「山下 健二郎」さんと気が合いそうです。• 所属経緯:EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION オーディションを受けるまで 2歳の頃から両親にストリートスタイルを教え込まれ、クラブにも連れて行かれたそうです。 小学生になると週末に単独ストリートダンスを踊り、地元長崎では有名なストリートダンサーにまでなっていました。 また、小学生の頃に3人でダンスユニットを結成し、数々のキッズ賞を獲得。 ストリートダンスコンテストでは優勝もしています。 そしてスーパーキッズDJとしてTV番組に出演した時に、転機が訪れます。 番組ゲストに当時EXILEのMAKIDAIさん、USAさん、AKIRAさんが出演したのです。 それから本格的にダンスを勉強するためにEXPG福岡校へ入学し、特待生まで登りつめます。 2011年には「GENERATIONS」のサポートメンバーとして活躍しました。 3年後、「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」が開催され、満を時して参加します。 ファイナリストまで残ったのですが、惜しくもEXILEには入れませんでした。 しかし、その後の「RAMPAGEメンバーを決める武者修行」に参加して、見事に正式メンバーになりました。

次の