男性 握力 平均。 握力の平均値はどのくらい!?年齢別に紹介!

握力の平均を紹介!男性、女性の年齢別に解説!鍛え方も紹介!

男性 握力 平均

50歳以下は徐々に下がっている感じです。 若い世代が心配です。 握力を使う機会が減ってきているってことなんでしょうか。 一方60歳以上は徐々に上がっている感じです。 どんどんアクティブになっているってことなんでしょうか。 年度 男性 Kg 女性 Kg 47. 73 29. 67 47. 98 29. 69 48. 07 29. 74 48. 24 29. 87 47. 95 29. 82 47. 99 29. 64 47. 81 29. 68 48. 23 29. 54 47. 89 29. 61 47. 71 29. 51 47. 43 29. 39 47. 66 29. 54 47. 67 29. 30 47. 54 29. 27 47. 53 29. 14 47. 12 29. 31 46. 62 29. 21 46. 51 29. 31 46. 55 28. 89 46. 70 29. 09 46. 37 28. 89 45-49歳における握力最強の年度は。。。 性別 年度 握力 Kg 男性 H13 48. 24 女性 H13 29. 87 45-49歳における握力最弱の年度は。。。 性別 年度 握力 Kg 男性 H30 46. 37 女性 H28 28.

次の

握力の平均値(年齢別)

男性 握力 平均

握力の強さを図る握力測定器には、大きく分けてアナログ式のタイプとデジタル式のタイプが存在します。 アナログ式とは、小学校や中学校などの体力測定で使われていたシンプルなタイプで、以前は主にアナログ式での測定が多かったのですが、近年ではコストのかからないデジタル式が普及している傾向にあります。 しかし中にはあまりにも握力が強すぎてアナログ式の握力測定器と使用した場合には針が振り切れてしまう場合や、デジタル式の握力測定器でも測定可能な範囲を超えてしまうと測定できない場合がありますので、その際には対応する専用の握力測定器を使用しましょう。 アナログ式でもデジタル式でも測定の精度に変わりはなく、正しく測定することが重要です。 男性は握力に自信のある方も多く、力を入れすぎてしまい握力計を振り回す方も中にはいらっしゃいますが、それでは正しい握力の測定を行うことはできませんのでご注意ください。 男性の握力の正しい測り方の方法 まずは、握力計が自分の身体の外側に向くようにセットをし、握力計を軽く握ります。 続いて、人差し指の第二関節の角度が直角(90度)になるように握力計についているグリップ調整します。 直立の正しい姿勢を取り腕をまっすぐに降ろし握力計を身体の側面の腰のあたりにセットします。 ポイントとしては、膝を曲げたり肘の関節を曲げたりせずに直立の姿勢をキープした状態で全ての力で握力測定器を握ります。 その後、握力測定器の目盛りや数値を読み取ります。 測定には30秒ずつの休憩をはさみ、左右2回ずつの計4回を行いましょう。 右2回・左2回の合計4回の測定記録の平均を握力の数値として採用します。 平均値の小数点以下は四捨五入し、計算します。 女性の握力の測り方は? 女性の握力の正しい測り方 握力を正しく測定する測り方は、グリップを握る幅が自分の手の大きさに合っているかがポイントになります。 グリップの幅の合わせ方は、人差し指の第二関節が直角になるように調整することが重要です。 学校などの複数人が測定する場所では背の大きい方も小柄の方も同時に計測します。 背が高い方は手も大きい傾向にありますし、小柄な方は手も小さな方が多いです。 そのため握力測定器のグリップを調整しない測り方のまま握力を測定してしまうと握りづらく数値が大きく減少してしまう場合があります。 また握力は測定する人本来の握力を正しく測定するための測り方が重要になりますので、必ず左右2回ずつの計4回を測定し平均の数値を採用するようにしましょう。 グーパー運動とは読んで字のごとく手でグーとパーと繰り返す運動です。 手でグーとパーと繰り返すと腕の筋肉も一緒に動かすため、握力が鍛えられるのです。 まずは、横でも下でも構いませんが腕をまっすぐに伸ばします。 その後、力を入れながらグーとパーを繰り返します。 たったこれだけだと思うかもしれませんが、実は確実に握力を鍛えることができるのです。 また、お風呂の中で行うと水圧がかかるためさらに握力を鍛える効果が増します。 こちらのグーパー運動は少しの空き時間にも行うことができますし、テレビを見ながら、何かをしながらできる今流行りの『ながら運動』として鍛えられます。 ハンドグリッパーとは握力を鍛えるために開発された器具で、100均などでも販売されているため気軽に手に入れることができます。 ハンドグリッパーを使った正しい握力の鍛え方は、スピードを重視し素早く動かすのではなく、ゆっくりと確実にハンドグリッパーを握ることです。 ゆっくりと握ることにより、握力の筋肉に負荷をかけるため握力を強くすることができます。 こちらのハンドグリッパーは座りながらもトレーニングできますしコンパクトなため持ち歩き空き時間に握力を鍛えることもできます。 こちらの記事には100均で購入することのできる青竹踏みについて詳しく書かれています。 青竹踏みとハンドグリッパーで手足の健康を鍛えてみてはいかがですか。 タオル絞りトレーニングとは、水で濡らしたタオルを固く絞るトレーニングで、雑巾絞りと同じです。 掃除機などがなかった時代には日常として行われていたお雑巾絞りですが、大掃除や窓ふき以外では近年あまり行うことがなくなりました。 しかしこの雑巾絞りで部屋の雑巾がけを行うと、握力を鍛えることができる上に足腰のトレーニングにもなりしかも部屋も綺麗になるという一石三鳥のトレーニングなのです。 日本が長寿大国になり、昔の方が健康だったのは日々の生活に生活にあったのかもしれませんね。 こちらのトレーニングは、きれい好きの方にオススメのトレーニングです。 本持ちトレーニングとは、厚めの本を持つだけの簡単なトレーニングです。 握力の鍛え方2つ目でご紹介したファットグリップトレーニングと同様の方法で、親指を残りの4本の指で挟んでギリギリに持てるほどの厚さの本を用意します。 どんなに厚い本でも1冊でカバーするのは難しい厚さかと思いますので、辞書などを2冊用意すると良いでしょう。 本は一枚一枚紙でできているため厚さの分だけ重さも増します。 長時間指の力だけで持つのは大変ですし、確実に握力を鍛えることができます。 お休みの日などのリフレッシュ時になど、読書の合間にストレッチや息抜き・休憩も兼ねて行うと読書とトレーニングの両方行うことができ頭もスッキリしますね。 握力を鍛えて長寿を目指そう! 成人男性や成人女性の握力の平均値・そして握力が最大値になる年齢などがわかりましたね。 私が想像していたよりも握力が最大にある年齢は上でした。 そして、学生時代が終わってしますと全く計測することのなくなった握力が、いかに大切か分かりました。 握力が強い方は認知症になるリスクが少ないことも判明し、握力が若さのバロメーターのなっていることも分かりました。 昔から指を鍛えると脳が活性化されるため、小さいうちから指を動かすことが大切とは聞いていましたが、年齢を重ねても指や手・腕を動かし握力を向上させるためのトレーニングは重要なのですね。 こちらでご紹介したトレーニングで無理をしない程度に適度な運動を行い、歳をとっても脳年齢は歳を取らずに楽しい老後生活が送れることをこころがけましょう!.

次の

【握力】40代男性の平均

男性 握力 平均

握力平均のグラフ 2018年版とは言え、ほとんど毎年同じような値になっているので、この表を目安にしてもらえれば良いと思います。 男性は30代、女性も30~40代でピークとなっています。 全体的には20歳から横ばいで推移して50歳頃から徐々に衰えていくという感じです。 身体能力は20代がピークと言われますが、握力に関しては意外と保たれているという印象です。 表の補足 表にある標本数というのは検査した人数の事です。 また、標準偏差というのは測定値のバラつきの事です。 標準偏差が大きいほどバラつきが大きいという意味です。 例えば20~24歳の男性で考えると、平均値は46. 38、標準偏差は7. 49となっています。 正規分布の考えでいくと、46. 49 の中に68%の人がいる事になります。 こんなイメージです。

次の