国家 公務員 法 改正 案。 ???「国家公務員法改正案は廃案にするわ」

●国家公務員法等の一部を改正する法律案

国家 公務員 法 改正 案

国家公務員の定年を引き上げる国家公務員法改正案について、政府・与党は22日、今国会で廃案とする方向で検討に入った。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う民間の雇用悪化を受け、「官優遇」批判が高まりかねないためだ。 ただ、唐突な方針転換は与野党に波紋を広げている。 「民間に先駆けて一律に65歳に延ばすのは早急ではないのかという批判もある」。 22日の衆院厚生労働委員会で、首相は改正案を見直す可能性に改めて言及した。 同改正案は検察庁法改正案を含む「束ね法案」。 内閣の判断で検察幹部の定年を延長できるようにする内容で、世論が激しく反発。 このため、首相と自民党の幹事長が18日の会談で今国会成立を見送り、継続審議とする方針を確認していた。 二階氏は22日、自民党の国対委員長と協議し、「政府から廃案にするという指示を受けていない」として、現時点では継続審議とする従来方針を確認。 今後、党内調整の難航も予想される。 方針転換は首相と官房長官の関係にも影響する可能性がある。 国家公務員法改正案は菅氏が主導したとされ、自民党ベテランは「菅氏が霞が関に恩を売り、連合にも配慮することで影響力を保つためだった」と語る。 定年延長は首相が掲げる「全世代型社会保障改革」の一環で、民間企業にも波及させる狙いだった。 しかし、首相は新型コロナ対応で後手との批判を受け、支持率が下落していることなどを考慮して判断したとみられる。 一方、今回の「朝令暮改」は、官公労の支持を受ける立憲民主党をけん制するとともに、黒川弘務・前東京高検検事長の賭けマージャン問題など一連の混乱をリセットする思惑もありそうだ。 立憲、国民民主両党は、検察幹部の定年延長規定を批判する一方、一般公務員の定年延長には賛成の立場。 検察庁法改正案に反対した野党への「首相の意趣返し」(野党中堅)との見方もある。 国民中堅は「揺さぶりというよりも嫌がらせだ」と不快感を示した。

次の

???「国家公務員法改正案は廃案にするわ」

国家 公務員 法 改正 案

コメント• : 名無し : 2020-05-24 17:57:54 ID: MTRmZTZl 黒川が「安倍ちゃんの盾になるの嫌や」でリークしたんかな? ネトサポが「公務員の定年がwww野党ざまぁwww」とか言ってたけど、それ安倍ちゃんの言ってた「公務員の人生設計ガー」とかうっちゃるのかいwww• : 名無し : 2020-05-24 17:58:37 ID: ZGQ2NGVm 検察庁を除いた国家公務員の定年延長については、野党含め賛成してたのに廃案にすんなや。 露骨すぎやろ。 これで公務員からのヘイトを野党に向けて、また消去法自民党支持を狙うんか?• : 名無し : 2020-05-24 18:14:09 ID: OWM1MGU4 枝野の自爆をスルーしてアベガーとか、パヨチンさんって本当に虚しい生き物なんだね。 : 名無し : 2020-05-24 18:14:28 ID: YjJiODYy でも普通に野党は廃案って言ってたよな 他は認めてたって言われてもさw• 安部政権批判してる奴の中でなぜか旧民主党系列を支持する奴がいるけど、やっぱり鳥頭なの?ほとんど、マニュフェスト守られてないけどw埋蔵金は? 言ってることはおかしいけど、筋が通ってるのは、共産と辺野古移設決定時に連立離脱した社民くらいじゃね?w• 有言実行の素晴らしい党じゃん。 胸を張りなよ• : 名無し : 2020-05-24 19:02:03 ID: ZmY4MzVk 結果的に損したのは枝野だけじゃねえかw• : 名無し : 2020-05-24 19:16:36 ID: MmFjZjU4 前もあっただろ 野党案丸呑みしてあげたら反対したヤツ こいつら本当に反対することが目的で自分の意見を汲んで欲しいとか考えてないから マスコミも与野党問わずワケのわからない事してたら批判すべきなんだよ 連中が役割を放棄しているお陰で健全な民主主義が働かない• : 名無し : 2020-05-24 19:44:52 ID: ZGQ2NGVm 自民党批判して悪かったよ。 ごめんごめん許して。 自民党は最高だから。 もう匿名でイキるのはやめるから。 ただ野党の国家公務員の定年延長は検察入ってなかったかど、それはネトウヨがマスコミを批判するときに使う印象操作なのかな?いやまあいいや。 : 名無し : 2020-05-24 22:56:29 ID: NzIwY2Mx 野党の支持母体を削げるいい判断 自民の参院幹事長ってやり手だよな.

次の

世間相場を度外視した「超好待遇」国家公務員「定年延長」の裏取引:磯山友幸

国家 公務員 法 改正 案

Contents• 国家公務員法改正案が廃案になる理由 「国家公務員法改正案」と「検察庁法改正案」(束ね法) 「国家公務員法改正案」は、年金を受け取れる年齢の引き上げに合わせて、 国家公務員の定年を、60歳から65歳に段階的に引き上げるものです。 これとは別に、 検察官の定年を65歳に引き上げるとともに、高検検事長や検事正など 幹部の63歳の「役職定年」を、政権が必要だと認めれば最長で3年延長できる特例規定を設ける 「検察庁法改正案」があります。 政府は、この2つの法律案をセットで国会に提出していました。 これを、専門用語で 「束ね法」といい、与野党は、両法案に対してセットで賛否を示す必要があります。 これに対して、特に労働組合を支持基盤にする立憲民主党をはじめとする 野党は、「国家公務員法改正案」には賛成。 一方で、黒川弘務(東京高検検事長)の定年延長への批判もあり、政権による恣意的な検察への介入に繋がるとして、 「検察庁法改正案」には反対、の立場でした。 このため、 2つの法律案を切り離すことを、政府・与党に要求していたわけです。 世論の強い反対もあって、5月19日、政府・与党は、 両法案の今国会での成立を見送り。 継続審議として、秋の臨時国会で改めて両法案をセットで成立を目指す方針でした。 黒川弘務の「接待賭け麻雀」で安倍晋三が逆ギレ!? しかし、5月21日になって、首相の安倍晋三は、急に、 両法案を 廃案にする、と言い出しました。 表向きの理由は、新型コロナウイルス感染拡大により雇用環境が悪化しているのに、公務員だけ5年も定年延長されていいのか、公務員の定年延長事態を再考する必要がある、というものです。 しかし、コロナの影響は、今になって初めてわかったことではありません。 同日には、ちょうど 黒川弘務(東京高検検事長)が「 接待賭け麻雀」の文春砲を受けて、辞任を申し出たタイミングでした。 このため、 もう黒川弘務の定年延長を正当化する必要がなくなったからだ、と両者の関係を疑う声が上がっています。 また、野党が反対していたのは「検察庁法改正案」であり、「国家公務員法改正案」には賛成だったわけです。 にもかかわらず、 安倍晋三は、あたかも野党の反対で「国家公務員法改正案」が廃案になったかのように主張して、 立憲民主党と支持基盤である労働組合をケンカさせようという 逆ギレでけしからん、という意見もあります。 このように、 「国家公務員法改正案」というマニアックなネタについて、 ネットでは 賛否両論真っ二つで盛り上がっているわけです。 ネットの意見は真っ二つに分かれる なんでも反対の野党・反アベが悪い!という考え あまり安倍総理はこの政策に思い入れがなかったようで、それよりも労組が「我々の手柄だ!」と誇っていた定年延長が潰された事により、むしろ枝野が窮地に立たされる事態に。 何でもかんでも脊髄反射で批判してると逆に痛い目見るんだなと。 林氏に内定しても 定年延長は ありません。 芸能人を動員して 大騒ぎした 抗議派の皆さん、 おめでとうございます。 廃案です。 それを願っていたのですもんね。 パヨ野党の皆さん、 ガッツポーズで 「よっしゃー」ですね。 こういうの見てもまだ安倍応援団は解散してくれないのかな。 この政権の存在価値をどうやって見つけろというのだ。 黒川辞めたらあっさり廃案。 ってか、全会派が賛成していた国家公務員法改正案まで道連れ廃案? もう何がしたいかワケワカンナイ。 とりあえず辞めるのは安倍晋三だと思う。 あまりにも迷走しすぎ。 — やいちゃん picoyai 野党は「検察官の定年延長」のみに反対していて、それを削除、あるいは検察庁法改正案だけ束ね法案から外せば国家公務員法等改正案には賛成するとずっと言っていた。 それでも最後まで分離せず、全て見送りにしたのは与党。 ジャーナリストという肩書きでこんな見え透いた印象操作をするな恥ずかしい。 — 宮原健太 bunyakenta 元々問題になってたのは検察庁法改正案で、国家公務員法に基準合わせて考えるのがおかしいって主張じゃなかった?別に公務員定年延長に反対する動きはなかったと思うけど。 廃案になったのは騒いだ奴のせい、とか鬼の首取ったように狂喜してる方々は論点違えてる印象。 国家公務員法改正案が廃案の方針らしいけど、できれば定年延長せず60歳で退職して年金が支給されるまで普通に暮らせるほど蓄えられる世の中になってほしいんですけどね — 朝おぼろ明け Asaoboroake やっぱり、 少子高齢化と経済の停滞で、日本自体が貧しくなってきちゃってるのが、いちばんの問題なんですよね。 安倍政権の対応もダメダメですが、それを批判するだけでは、問題は解決しません。 やはり、 根本的な問題に向き合って、解決に向けて取り組んでいく必要があります。 記事をご覧いただき、どうもありがとうございました! <この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます!>.

次の