パチンコ 世界で一番強くなりたい。 CR世界でいちばん強くなりたい! FPM

世界でいちばん強くなりたい!【パチンコ】保留・演出信頼度

パチンコ 世界で一番強くなりたい

50円 23. 0 24. 2 3. 03円 21. 9 23. 0 3. 33円 21. 4 22. 5 3. 57円 21. 0 22. 1 等価 20. 4 21. は、メインスペックよりも一撃性能を抑えた代わりに初当たりが軽くなり、遊び打ちしやすくなったという認識でOK。 ヘソ大当たり時は必ず払い出しの少ない6R大当たりとなるため、 電サポ中に10R大当たり以上を引き当てられるかが重要ですね。 また、バトルスペックということで 確変から通常に転落した場合は出玉を獲得できないため、悪い方に偏るとダラダラと追加投資を繰り返すハメになるのはメインスペックと同じです。 つまり、約4回に1回以上は引き戻しに期待できるということになります。

次の

世界でいちばん強くなりたい スロット新台|天井・設定差・フリーズ・解析・評価

パチンコ 世界で一番強くなりたい

50円 23. 0 24. 2 3. 03円 21. 9 23. 0 3. 33円 21. 4 22. 5 3. 57円 21. 0 22. 1 等価 20. 4 21. は、メインスペックよりも一撃性能を抑えた代わりに初当たりが軽くなり、遊び打ちしやすくなったという認識でOK。 ヘソ大当たり時は必ず払い出しの少ない6R大当たりとなるため、 電サポ中に10R大当たり以上を引き当てられるかが重要ですね。 また、バトルスペックということで 確変から通常に転落した場合は出玉を獲得できないため、悪い方に偏るとダラダラと追加投資を繰り返すハメになるのはメインスペックと同じです。 つまり、約4回に1回以上は引き戻しに期待できるということになります。

次の

世界でいちばん強くなりたい スロット新台|天井・設定差・フリーズ・解析・評価

パチンコ 世界で一番強くなりたい

世界でいちばん強くなりたい! ジャンル 、、 漫画 原作・原案など ESE(原作) 黒獅子(キャラクターデザイン) () 作画 夏木きよひと 出版社 その他の出版社 () (関連会社) 掲載誌 レーベル Earth star comics 発表号 4月号 - 1月号 発表期間 2011年 - 巻数 全5巻 アニメ 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 音楽 アニメーション制作 製作 世界でいちばん強くなりたい! 製作委員会 放送局 を参照 放送期間 2013年10月 - 12月 話数 全12話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 世界でいちばん強くなりたい!』(せかいでいちばんつよくなりたい)は、ESE原作、夏木きよひと作画によるの作品。 国民的トップからに転向した主人公の成長と活躍を描くで、発行の月刊漫画雑誌『』にて創刊号から1月号まで連載、単行本5巻巻末の原作者コラムには第1章完結、第2章構想中とある。 表題は、公式に「 せかつよ」と略される。 概要 [ ] 『コミック アース・スター』創刊直前に収録作品として挙げられた漫画の1つ で、その際には「新感覚女子プロレス漫画」と紹介された。 を起用したなどを収録したをしばしば付録とする同誌にあって本作もボイスドラマ化され、話題となった。 同誌の単行本レーベル「アース・スター コミックス」の第1弾5作の1つとして発売された単行本第1巻には、同時に発売された『』第1巻と共に、上述同様のボイスドラマを収めたCDを初回限定版付録として話題を集めた が、両者ともあまりに早く完売してしまったため、本来は「初回限定」の付録CDを例外的につけた緊急増刷を行う一幕もあったという。 また、第1巻の帯に「TVアニメ化企画進行中!」 、第2巻にも同様に「TVアニメ化企画着々と進行中!」と記載され、制作会社などの詳細は不明ながら、同誌の連載作品としては最も早く化の企画が明らかにされた。 11月11日より、の待ち受け時や送受信時の表示画像をまとめて変更する、いわゆる「着せ替えコンテンツ」の配信が、一部配信サイトにおいて開始された。 また、2011年12月に開催された「」では、『』と共に卓上カレンダーやブロマイドといったグッズを販売した 後、一部の通信販売サイトでも取り扱いを開始した。 こうした展開も、連載作品の中で最も早かった。 また、単行本第2巻収録の第13話に描かれた「新人オールスター戦」には当時スターダムに所属していたプロレスラー・が登場するが、これは2011年12月11日に開催された同団体の新人王トーナメント「2011」優勝賞品の1つとして実現したものである。 なお、このコラボはテレビアニメ版でも継続され、世IV虎は自身の役で第7話に登場して声をあてた。 また、同年11月4日の「スターダム100回記念大会」第2試合でも同様に2対2の試合を行った。 あらすじ [ ] 2011年、国民的人気を誇るアイドルグループ「Sweet Diva」の頂点たるセンターボーカルを決める「国民投票」の栄冠は、今回も萩原さくらの頭上に輝いた。 またも2番手となった宮澤エレナは、仲の良いさくらの栄誉を祝いつつも、ライバルとして複雑な気持ちを抱いていた。 そんなときマネージャーから、女子プロレス団体「ベルセルク」への取材の仕事が舞い込んだ。 さくらが手を挙げるのを見たエレナは、これ以上の差をつけられまいと、自らも参加を申し出た。 取材当日、エレナがリングでふざけているところを、ベルセルクの実力派レスラー・風間璃緒に見咎められてしまう。 柔軟体操中のエレナの発言に璃緒が絡んだことを契機にエレナは璃緒の技を受けることになり、さくらに対する意地で無理をした結果、足を傷めてしまう。 エレナを怪我させられ、アイドルをバカにされたことに怒るさくらはテレビカメラの前で璃緒への挑戦を宣言し、プロレスラーへの道を歩み始めるのであった。 登場人物 [ ] 単行本第4巻収録の第25話までを基に記述。 声優1名だけの記載の場合は、テレビアニメ版のみであることを示す。 第1話の段階で17歳の少女。 アイドルグループ『Sweet Diva』創設時からのメンバーであり、過去4回の「国民投票」で不動のセンターボーカルとして君臨するトップアイドル。 メンバー中、エレナと2人しかこなせない後方宙返り「アイスクリームサルト」を片足でもやってのけるほど身体能力が高い。 肝心なときにミスをする面もあるが、顔に似合わず熱血で頑固、我慢強い性格。 アイドル活動やSweet Divaに対する強い誇りを持っており、それらを軽んじた風間璃緒に挑戦すべくSweet Divaを休止してベルセルク所属のプロレスラーとなった。 その後、試合を重ねる中で「もっと強くなりたい」と感じ始め、第12話の璃緒戦後にプロレス続行を決意。 さらにジャッカル戦で世界の強さを見た第17話で「世界でいちばん強くなりたいです!」と宣言した。 アイドル時代から腰まで届くロングストレートの艶やかな黒髪が特徴であったが、璃緒への最初の挑戦で彼女の提示した「」の意味を知らずに承諾し、試合後も自ら制裁を受け容れたため、襟足ほどの短髪にされた。 その後、時間の経過と共に従前通りの長髪と戻ってきている。 レスラーとしては小柄で体重も軽いため、や、さらには後方宙返りしつつ相手のアゴを2回蹴り上げる必殺技「さくらスペシャル」など、身軽さを活かした跳躍技を得意とする。 さくらと1、2位を争うSweet Divaのトップアイドル。 第1話時点で、さくらと同じく17歳の少女。 オレンジ色の髪をに結っている。 自信に溢れた勝気な性格。 さくらと共に創設時からのメンバーで、彼女と大変仲が良く良き理解者である一方、その実力を認めているために強いライバル意識を持っている。 プロレスの取材に際して怪我をするまで無理をしたのも、さくらに負けたくない一心からだった。 さくらがプロレスへ転向してアイドル活動を休止する間は自らがSweet Divaを守り続けると決意したが、一方で彼女をそうさせてしまった自責の念から、「さくらがアイドルに復帰するまでの間、同じ苦痛を味わう」べく密かに朱里へ弟子入りした。 ブルーパンサー さくらたちの前に突如(この時点では朱里がエレナの代わりにブルーパンサーとして振る舞っていた)現れて第13話で千夏、第19話で璃緒の試合に乱入し、それぞれを倒してさくらを引退させるべく試合を挑んだ「雅」所属の謎の覆面レスラー。 ファイトスタイルはサンボ中心として多彩な関節技を使いこなすほか、朱里の得意とするコンピネーションも使いこなす。 その正体は朱里に弟子入りしたエレナ。 エレナはさくらとの対戦の後に自らマスクを脱いで正体を晒すが、テレビアニメ版では試合前にエレナが自らマスクを脱いでから試合を行うという展開へ変更されている。 これはテレビアニメ版放送当時、原作で既に正体がエレナであることが明らかにされていたため、作者の夏木きよひとがテレビアニメ版スタッフと話し合って決定したという経緯をコミック第5巻のあとがきで語っている。 朱里の扮していたブルーパンサー(声 - 花澤香菜)については彼女の項目を参照。 シャングリラ世界ランキング12位。 レスラーでありながら、歌手活動も行いヒットチャート上位に食い込む「ファイティング・アーティスト」であり、ステージ演出や衣装も自ら手がける「ファイティング・プロデューサー」としての顔も持つ。 第1話で香苗と共にさくらの璃緒への挑戦を目撃して以降、さくらを陰ながら見守っていたが、心折れた彼女にプロレスの本質を厳しく教え、後に彼女の申し入れを受けて弟子とした。 実は美咲自身も、さくらと同様にアイドルからレスラーへ転向して挫折しかけた過去があり、さくらが塗り替えるまでベルセルクの連敗記録を保持していた。 それをジャッカル東条の指導により救われたため、現在も彼女を慕っている。 相手の片腕をで極め、相手のもう一方の腕でをかけた上で後方へ投げるオリジナル技「ミサキスペシャル」を必殺技とする。 テレビアニメ版では、原作のCMキャラクターとしても登場する。 シャングリラ世界ランキング65位。 銀色の短髪と縦長の瞳孔を持つ眼が特徴。 ベルセルクを取材に訪れたさくらとエレナの前でアイドルを小馬鹿にする言動をして彼女らと衝突し、さくらが女子プロレスラーとなる原因を作った。 第12話で決着をつけるまではさくらの敵役として扱われたものの、いわゆるレスラーや悪意を持つ人物ではなく、初対戦時に素人であるさくらに手加減していたことが彼女がプロになった後に判明したり、敗戦時には潔く負けを認めてさくらを称えるなど、悪人ではない。 決着後はさくらの良き先輩かつライバル的存在となり、彼女への呼称も「萩原」から「さくら」へ変化した。 胴絞めスリーパーなど、各種を得意とする。 公式ブログ によれば当初はこの回のみのキャラクターだったが、第5話ではさくらと共に美咲のセコンド、第10話から第12話にかけては璃緒と戦うさくらのセコンドとして登場し、第13話では「新人オールスター戦」ではベルセルク代表の1人として最終戦を戦った。 テレビアニメ版では、髪型やリングコスチュームが原作とまったく異なるものとなっている。 小宮山 紅亜(こみやま くれあ) 声 - 第4話にて、さくらに「地獄の百発投げ」を受けさせる10人中の1人として登場したレスラー。 目を覆い隠すほどの長い前髪が特徴で、テレビアニメ版では前髪の一部が黄色に染まっている。 公式ブログ によれば、鈴元同様この回のみので名前も無かったが、第8話でさくらの対戦相手として名前が設定され、第10話から第12話にかけてさくらと対戦した璃緒のセコンドとして登場し、さらに第13話ではベルセルク代表の1人としてスターダムの世IV虎と戦った。 ユンボ山本(ユンボやまもと) 声 - ベルセルクにおけるヒールレスラーであり、「兇悪(きょうあく)同盟」の首領。 竹刀や一斗缶などによる凶器攻撃で美咲を苦しめるが、「ミサキスペシャル」を受けて敗北した。 ホーネット 声 - 「兇悪同盟」の覆面悪役レスラー。 第9話でさくらの65戦目の対戦相手となった。 同グループの他の選手と同様に凶器を用いたり、セコンドとの数人がかりの反則攻撃を行う。 第3話でベルセルクへ入団したさくらに過酷なテストを課した。 最初はさくらに対して懐疑的であったが、テストメニューを次々とこなし、プロレスラーでさえ呆れるほどのスパーリングにも耐える彼女の姿に見方を変える。 3か月後、さくらをプロとしてデビューさせるに相応しいか見極めるべく、「地獄の百発投げ」を受けさせた。 猪場 精一(いのば せいいち) 声 - ベルセルクの社長で、自身も元プロレスラー。 第2話時点で51歳の男性。 ベルセルクへ入団したさくらを涼に預けた後、美咲や涼の意見を聞いた上でさくらにプロテストを受けさせることを決め、「地獄の百発投げ」に立ち会った。 福岡 萌(ふくおか もえ) 声 - 第18話でベルセルクに入門した新人レスラー。 同話時点で15歳の高校1年生。 さくらに対する呼称は「さくら先輩」。 猪場の現役時代の先輩レスラー・グレート福岡の孫で、猪場とは幼い頃から親交があった。 舞幻(ぶげん)流の高校部門世界チャンピオンとなるほど高い格闘センスを持ち、ジャッカル東条と対戦したさくらに憧れて入門する。 ベルセルク史上最年少・最短期間でプロデビューし、デビュー戦の相手にさくらを指名して対戦した。 エクスカベータ咲夜(エクスカベータさくや) 声 - テレビアニメ版オリジナルキャラクターで、第7話に登場。 原作で省略されていた、豊田が足を骨折した試合の対戦相手に相当する。 短めのツインテールでチアリーダー風の緑のコスチュームを着た兇悪同盟のメンバーとして、豊田に防戦一方の試合を展開するも、彼女がトップロープからの飛び技を行う際に足を滑らせての転落で骨折したため、レフェリーストップによる勝利を飾ることとなった。 Sweet Diva 関係者 [ ] 桐島 真琴(きりしま まこと) 声 - Sweet Divaのチーフマネージャー。 多くの仕事を持ち込む本人いわく「敏腕」(メンバーによれば「鬼の」)マネージャーで、彼女が他のタレントの代役として女子プロレスの取材の仕事を持ち込んだことが、さくらのプロレス転向の遠因となった。 さくらの気持ちや性格を理解し、彼女がプロレス転向を決めた際には快く送り出したうえ、璃緒と戦う前にはエレナを説得してメンバーを伴い、試合を観戦。 試合後、さくらのプロレス続投宣言に戸惑うメンバーたちを慰めた。 菅野 七海(かんの ななみ) 声 - 腰までの長い黒髪に青いカチューシャを着けたSweet Divaのリーダー。 さくらやエレナと同い年だが、大人びた落ち着きを持つ。 さくらがプロレスへ転向した後、璃緒との二度目の対戦を真琴やエレナらと共に観戦した。 望月 悠歩(もちづき ゆうほ) 声 - 肩口までの短髪の左側頭部に桃色の大きめなリボンを着けたSweet Divaのメンバーで、元気の良いムードメーカー。 さくらがベルセルクへ入団した後、自らは愛華とSweet Diva初の派生グループ「パフスリーブス」を結成する。 さくらと璃緒の二度目の対戦は真琴やエレナらと共に観戦し、新人オールスター戦ではエレナと共に放送席のゲストを務めた。 早瀬 愛華(はやせ あいか) 声 - 長い髪を黄色いリボンでにまとめたSweet Divaのメンバーで、明るく元気だが気弱な一面もある。 また、悠歩と共に「パフスリーブス」にも所属している。 単行本第1巻の設定資料 によれば、七海・悠歩・愛華の3人はSweet Divaでさくらやエレナに次ぐ人気を持つ。 Sweet Diva時代からさくらの応援を続けており、彼女がプロレスへ転身してその継続を決意してからも他のメンバーと共に試合を毎回観戦している。 藤下 香苗(ふじした かなえ) 声 - スポーツ紙「王道スポーツ」の新聞記者。 短髪で、眼鏡をかけた女性。 美咲やジャッカルとはかつて共にプロレスラーとしてリングに立った仲であり、腰を痛めての引退から記者への転身を経た現在でも親交は深い。 第1話でさくらが璃緒に向かっていった現場に美咲と共に居合わせて以来、彼女の成長を見守っており、さくらが璃緒に勝利した際には「いい面構えになった」と評した。 ジャッカル東条(ジャッカル とうじょう) 声 - 2011年末(第13話)にから来日したシャングリラの世界チャンピオン。 女優のような容姿に並の体型を持ち、国民的英雄と評される。 かつてのリングネームは本名でもある「東条真理子」。 また、その当時にはさくらと同様に連敗を喫していた美咲を指導し、プロレスの道を説いた師匠でもある。 そのため、孫弟子に当たるさくらの素質に着目している。 「ジャッカルコメットバスター」や「ジャッカルスーパーギャラクシー」など、数々のオリジナル必殺技を持つ。 真田 朱里(さなだ じゅり) 声 - ベルセルクのライバル団体「雅(みやび)」の代表取締役社長兼トップレスラー。 シャングリラ世界ランキング第7位。 元ベルセルク所属で、美咲や香苗とは同期。 オリジナル技「朱里クラッシュ」から「蜘蛛絡み(くもがらみ)」へ繋ぐコンビネーションを得意としており、第19話時点で美咲に「実力は自分より上かもしれない」と言わしめた実力の持ち主でもある。 第18話でジャッカルにブルーパンサーの正体は自分であることを示唆したが、実は密かに弟子入りしていたエレナを庇ったものであり、彼女がブルーパンサーと同時に公の場に立った際(第13話など)には代わりにブルーパンサーとして振る舞っていた。 テレビアニメ版では髪型まで美咲とよく似た容姿となっているが、髪と瞳の色で判別できる(美咲が栗色を基調にした黒髪と黄色の瞳なのに対し、朱里は紫色を基調にした黒髪と赤い瞳)。 世IV虎(よしこ) 声 - 実在する女子プロレス団体「」のレスラー。 原作の第13話「新人オールスター戦」に登場して紅亜と対戦した。 テレビアニメ版では、原作同話に相当する第7話で世IV虎本人が声を担当した (も参照)。 グループ、団体、名称 [ ] Sweet Diva(スウィート ディーバ ) さくらやエレナの所属する、日本最大の国民的アイドルグループ。 研究生・候補生を含め総勢150名を擁し、半年に一度、テレビ中継を交えた「国民投票」でセンターボーカルを決める。 物語の3年前に結成され、最初は小さな劇場で少ない観客を前にささやかなパフォーマンスを見せるアイドルグループだったが、メンバーの努力によって現在の姿に成長した。 さくらとエレナは、創設時メンバー5人のうちの2人であり、2011年まで計4度の国民投票におけるツートップだった。 グループ名は連載開始時からしばらくは「Sweet」だったが、連載途中(初版単行本では第3巻第18話)で作中の出来事と関係なく現在のものに改称され、後のテレビアニメ版でも最初からそれが用いられることとなった。 公式ブログでは、改称した理由について、アニメ化企画の進行中に「Sweet」がすでに他社の商標であることが判明し、声優による商業活動への使用に支障があったためと説明されている。 なお、このグループ名はテレビアニメ化に際し、Sweet Divaの担当声優によるグループ名としても使われた。 ベルセルク 長い歴史を持つ名門女子プロレス団体。 技術水準の高い実力派レスラーを多く抱え、真剣勝負を売りとする人気団体。 所属レスラーには豊田美咲や風間璃緒といったシャングリラ世界ランカーもいる。 入団者へのプロテストとして、10人のレスラーから10本ずつ投げ技を受けさせる「地獄の百発投げ」を課す習慣がある。 シャングリラ 世界最高峰の女子プロレスサーキットの名称。 書誌情報 [ ]• 夏木きよひと(著)・ESE(原作)『世界でいちばん強くなりたい!』、全5巻• 10月12日 初版第一刷発行(2011年10月12日発売 、• 4月12日 初版第一刷発行(2012年4月12日発売 )、• 4月12日 初版第一刷発行(2013年4月12日発売 )、• 2013年9月12日 初版第一刷発行(2013年9月12日発売 )、• 2013年12月12日 初版第一刷発行(2013年12月12日発売 )、• テレビアニメ [ ] スタッフ 監督 シリーズ構成・脚本 キャラクターデザイン 総作画監督 桜井正明、羽野広範 アクション監修 宇佐美皓一 プロップデザイン 宮川治雄 美術監督 前田実 色彩設計 三笠修 撮影監督 浅川茂輝 編集 音響監督 音楽 音楽プロデューサー 幕内和博 プロデュース プロデューサー 後藤裕、亀井博之、町田有也 大城博章、高橋伸一、松尾光広 角田博昭、新宿五郎、兼田健一郎 制作プロデューサー 小澤一由 アニメーション制作 製作 世界でいちばん強くなりたい! 製作委員会 2013年10月から12月まで放送された。 全12話。 『コミック アース・スター』初の30分枠アニメとして制作され、スタッフには監督に、キャラクターデザインに、アニメーション制作になど、2012年のOVA『』のメインスタッフが関わっている。 また、AT-Xに加えてが製作委員会に参加している。 でも述べたように、さくらやエレナが最初からSweet Divaとして登場するほか、でも述べたように、第7話ではが自身の役で声をあてている。 また、第8話ではの『』でメイン実況を務めていたが実況役を担当している。 テレビ放送開始と同時にを開始したに続き、2013年11月19日にはでも第1話から第7話までのネット配信が開始された(同年12月31日まで。 第8話以降は1週間限定)が、そのうち第1話と第2話はテレビ放送版よりクオリティを向上させたリテイク版となっている。 プロモーション [ ] 2013年8月8日には放送局が、、であることや、でも配信予定であることがアニメ公式サイトで発表された。 また、萩原さくらがに悶絶しながらそれらを紹介するも同日にで公開されたが、規約違反と見なされて削除されてしまうという珍事も発生した。 なお、この悶絶PVは8月10日から12日まで開催された84のブースでも上映され、が配布された。 2013年9月29日にで世界最速第1話先行上映会が開催され、をはじめボイスドラマ版から一新された主要担当陣が登壇した。 4月20日にで『"Sweet Diva" 生歌初披露イベント』が開催された。 スペシャル〜』を配信した。 テレビ未放送の完全オリジナルショートムービーであり、第3話までは本編から逸脱した作風のもと、ヒロインたちの裸体を見せることに特化した内容となっている。 3 Kim Song Jeong ラジオ [ ] 『 SweetDivaの世界でいちばん強いラジオになりたい!』のタイトルで、よりまでにて放送された。 とにおいても地上波放送の翌日よりアーカイブ配信されていた。 出演は(菅野七海 役)、(望月悠歩 役)、(早瀬愛華 役)の3名。 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 近畿広域圏 ラジオ大阪 2013年10月5日 - 2014年2月1日 土曜 0:30 - 1:00 (金曜深夜) テレビアニメ製作委員会参加 枠 日本全域 HiBiKi Radio Station 土曜 更新 ネット配信 ニコニコチャンネル 「せかつよチャンネル」内 「ラジオ大阪チャンネル」内 パチンコ・パチスロ [ ]• パチンコ:CR世界でいちばん強くなりたい! (2017年4月、)• パチスロ:パチスロ 世界でいちばん強くなりたい! (2017年8月、藤商事) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2012年6月14日現在、コミック アース・スターONLINEにおいて、グッズなどの商品展開が確認できるのは、本作のみである。 ただし、さくらとの初戦の際には「カベジェラ・コントラ・カベジェラ」の詳細を彼女が知らないのを分かったうえで提案していた節が見られる。 原作では、豊田はリング外に落ちた相手への追撃でを行った際に勢い余って足を観客席のフェンスにぶつけ、骨折するという経緯になっている。 、、、アシスト、ジェンコ、、、• ただし、アニメーション制作についてはエンディングクレジットからも明らかなように、実質上はスタジオ・ファンタジアをはじめ各社のが主となっており、アームスが自社だけで制作した回は1つもない。 正式タイトルは「世界でいちばん強くなりたい!フィニッシュホールド全巻セット!! 出典 [ ]• 台湾東販出版社. 2013年10月21日閲覧。 2011年9月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年6月13日閲覧。 アニメイトTV() 2011年4月27日. 2012年6月13日閲覧。 日刊テラフォー(株式会社マキシマムライト) 2011年4月29日. 2012年6月13日閲覧。 Anigema(あにゲマ! )() 2011年10月13日. 2012年6月13日閲覧。 アニメイトTV(フロンティアワークス) 2011年10月27日. 2012年6月14日閲覧。 2012年10月19日閲覧。 AKB通信(株式会社マキシマムライト) 2011年10月11日. 2012年6月15日閲覧。 世界でいちばん強くなりたい! (せかつよ)公式ブログ 2012年5月8日. 2012年6月13日閲覧。 ANIME NEWS NETWORK 2011年9月29日. 2012年6月15日閲覧。 アニメイトTV(フロンティアワークス) 2011年11月14日. 2012年6月14日閲覧。 アニメイトTV(フロンティアワークス) 2011年12月24日. 2012年6月14日閲覧。 moca(株式会社モカニュース) 2011年11月9日. 2012年6月13日閲覧。 ページ中ほど「『せかつよ』と「CS 格闘チャンネル」「女子プロレス団体」によるコラボ企画ページも開始!」参照。 webサイト(株式会社スターダム). 2013年4月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年6月13日閲覧。 レコシン(株式会社レコード新聞社) 2012年4月13日. 2012年6月12日閲覧。 バトル・ニュース(株式会社ネルフ) 2012年4月14日. 2012年6月12日閲覧。 世界でいちばん強くなりたい! (せかつよ)公式ブログ 2012年4月13日. 2012年6月13日閲覧。 バトルニュース スターダム世IV虎の番長日記のコラム 2013年10月11日• Anifav(株式会社星海社) 2013年9月25日. 2013年11月4日閲覧。 バトル・ニュース(株式会社ネルフ) 2013年10月18日. 2013年11月4日閲覧。 アニメイトTV. 2013年8月1日閲覧。 世界でいちばん強くなりたい! (せかつよ)公式ブログ 2012年5月28日. 2012年6月13日閲覧。 世界でいちばん強くなりたい! (せかつよ)公式ブログ 2012年6月4日. 2012年6月13日閲覧。 こえぽた. 2013年10月17日閲覧。 アニメイトTV. 2013年9月17日閲覧。 ESE w , 夏木きよひと p,i. "設定資料集 Sweet" 世界でいちばん強くなりたい! vol. 1, p. 76 2011年10月12日 , アース・スター エンターテイメント• バトル・ニュース(株式会社ネルフ) 2013年10月8日. 2013年10月21日閲覧。 ASCII. jp 2013年10月3日. 2013年10月11日閲覧。 Sweet Divaの概要および創設からの経過については、公式サイト「原作」第1話を参照。 世界でいちばん強くなりたい(せかつよ)公式ブログ 2012年7月11日. 2013年10月11日閲覧。 アニメ! アニメ! (株式会社イード) 2013年10月11日. 2013年10月11日閲覧。 コミックナタリー 2013年4月12日. 2013年4月15日閲覧。 コミックナタリー 2013年4月12日. 2013年4月15日閲覧。 コミックナタリー 2013年9月12日. 2013年10月11日閲覧。 コミックナタリー 2013年9月12日. 2013年10月11日閲覧。 世界でいちばん強くなりたい! (せかつよ)公式ブログ 2013年3月31日. 2013年3月31日閲覧。 moca(株式会社モカニュース) 2013年4月1日. 2013年4月3日閲覧。 アニメ! アニメ! (株式会社イード) 2013年4月2日. 2013年4月3日閲覧。 アニメイトTV 2013年11月21日. 2014年1月26日閲覧。 アキバ総研 2013年11月19日. 2013年11月20日閲覧。 2013年8月8日閲覧。 2013年8月10日. 2013年8月26日閲覧。 アニメイトTV 2013年8月8日. 2013年10月2日閲覧。 アニメイトTV 2013年8月19日. 2013年10月2日閲覧。 げっちゅ屋 2014年2月5日. 2014年2月6日閲覧。 アニメイトTV 2013年11月7日. 2014年1月26日閲覧。 アキバ総研 2014年5月13日. 2014年5月14日閲覧。 アニメイトTV 2014年5月28日. 2014年6月3日閲覧。 Getchu. com 2014年7月24日. 2014年7月25日閲覧。 外部リンク [ ]• sekatsuyo -• 5,12• シリーズ 6,13• シリーズ 5,13• シリーズ 5,13• 6,12• 6,13• 5,8,13• 5,12• 5,12• シリーズ 5,12• 5,7,13,21• 5,12• 5,12• 5,13• 5,12• 5,12• 5,13• 5,13,15• 5,13• 5,13• 5,13• 5,7,13• 5,7,15,19,20• 5,12• 5,11,15,18,19• 5,7,13• シリーズ 5,11,12,15,16,18• 2,5,22• 5,7,13• 5,7,12,15,18,23 関連人物• 1:より移動。 2:共同製作。 3:YTE共同製作。 4:共同製作。 5:YTE製作。 6:YTE協力。 7:共同製作。 8:共同製作。 9:・・・・共同製作。 10:共同製作。 11:共同製作。 12:読売テレビ含む近畿圏では未放送。 13:近畿圏ではで放送。 14:『』レーベル作品。 15:共同製作。 16:共同製作。 17:共同製作。 18:共同製作。 19:共同製作。 近畿圏ではで放送。 20:共同製作。 21:メ~テレ企画協力。 22:共同製作。 近畿圏ではで放送。 23:共同製作。

次の