インスタストーリー ペン クレヨン。 インスタ ストーリー「手書きペンの種類」& iPhoneでの書き方

【インスタ】手書きツイートのやり方や手書き加工できるアプリの紹介

インスタストーリー ペン クレヨン

インスタグラムの「ストーリー」とは、 通常のフィード(タイムライン)とは別に、 より日常的な写真や動画の投稿、ライブ配信がおこなえる機能です。 また、インスタの撮影機能の種類も、 楽しい機能がたくさんあります。 インスタグラムをはじめ、SNSも日々どんどん進化して、 ついていけてないことも多いので、 今回は良い勉強になると思います。 インスタストーリーの機能や撮影機能についてまとめてみました。 インスタストーリーズは、2016年8月に登場して以降、 Instagramを使っている約2,900万人のユーザー(2018年9月時点)のうち、 70%ほどが利用しているといいます。 もっとも多いのは13〜18歳のティーン層ですが、 最近では利用する世代も広がっています。 最近では、 Instagramのフィード(ホーム画面のこと)への投稿よりも、 もっぱらストーリーズのみを利用するというユーザーも増えていて、 その 理由のひとつが「24時間」で消える事です。 この消える機能により、 気軽な情報発信手段として利用されています。 ストーリーズでは、 撮影した写真や動画を瞬時にアップできるうえ、 スタンプやフィルターなどで画像の加工も直感的にできるので、 「自分らしさ」を加えてシェアすることも可能です。 Facebookにもストーリーズ機能が実装されており、 フィルターやスタンプなどの加工ができることは共通していますが、 Instagramに比べてFacebookは、 ハートやキラキラなどのフレームが多いこと、 撮影モードが少ないこと、 動画の長さが調節できることなど、仕様が若干異なっています。 Instagramの通常投稿が「旅先で見つけた厳選の1枚」、 「お気に入りの店や料理」といった、 自分の統一した世界観を披露するオフィシャル的な場であるのに対し、 ストーリーズは、フィードで公開しておくほどではなのですが、 日常の何気ない瞬間を気軽に投稿できるプライベート的な場と言えそうです。 インスタのストーリーズを上げるまでの流れを、 説明します。 ・ストーリーズの投稿画面を開く ・投稿する写真や動画を撮影するorデータフォルダから選ぶ (24時間以内に撮影したものに限る) ・ストーリーズ用に写真や動画を加工する ・加工が完了したら投稿をシェアする インスタのストーリーズの投稿画面に遷移する方法は現在3つあります。 1つ目は画面最上部左側のカメラマークをタップする方法。 また、その下にある自分のアイコンをタップしても、 投稿画面に行くことができます。 もしくは画面左端から右へスワイプでも同様に移動できます。 白い丸いボタンを押すとすぐに写真撮影が始まります。 長押しすると動画撮影モードになり、 最大で15秒までの動画を撮影できます。 動画撮影時、 途中で指を離すと撮影はストップされます。 シャッターボタンの左右にあるメニューの機能を解説します。 画面上の番号と照らし合わせて下記の説明を読んでください。 また、インスタの「レイアウト機能」を仕様するれば、 写真を2枚以上並べて投稿(コラージュ投稿)できます。 ユーザーのスマートフォン上に保存されている画像や写真を選択できます。 ただしインスタのストーリーズに投稿できるのは、 24時間以内に撮影されたもののみになっています。 フラッシュの切り替えボタンです。 インカメラとアウトカメラの切り替えボタンです。 セルフィー撮影の際に使用できるフェイスフィルタ機能です。 「Snapchat」や「Snow」といったアプリのように、 顔にさまざまなアニメーションを適応できます。 投稿後は自分のアイコンが虹色に囲まれる仕様になっており、 投稿から24時間が経ち削除されると、 「青の+マーク」がプロフィールアイコンの右下に表示されます。 撮影した写真や動画は、 編集画面でおしゃれに加工できます。 右上の顔マークをタップまたは画面上を下から上にスワイプすると、 画像のようなスタンプ選択画面を表示できます。 このスタンプ選択画面から、 スタンプだけでなく位置情報やメンション機能、 ハッシュタグ、投票機能、質問機能などタップすれば使用できます。 テキストを入れる・文字を書く 編集画面上部のAaボタンか画面の空欄をタップすると、 テキストをタイプできます。 文字の色はカラーパレットをタップすることで変更可能。 カラーバリエーションは、 現在27種類ありスワイプで別の色を表示できます。 また、左端のスポイトをタップすると、 画面内の特定の部分の色を抽出できます。 これにより色の選択肢の幅も広がります。 線を書く場合は、 編集画面上部にあるペンのアイコンをタップします。 すると自由に線を使って文字を書いたり落書きができます。 通常のペン、マーカー、蛍光ペン、クレヨンの4種類のペンがあります。 右から2番目にある消しゴム機能を使えば、 書いたものを部分的に消すことも可能です。 ストーリーを、撮影したり、加工したりして、使ってみて下さい。 インスタストーリーの機能と使い方は? いまやソーシャルはビジュアルです。 Instagramは、最近出てきたようなイメージもありますが、 実は結構以前から存在するアプリです。 こうして誰もが使うサービスとなったInstagram。 ちょっと前までは、 「コスメ系やアパレル系ならインスタでもいけるけど……」と、 活用できる業種も限定的だったのですが、 今では、 企業がソーシャルメディアを使ってファンとコミュニケーションを取るとき、 Instagramは外せません。 そんな Instagramに新機能「ストーリー」が1年ほど前に登場しました。 Instagramの「ストーリー」は、 通常の投稿とは別に「ストーリー」として投稿することで、 タイムライン以外で、写真や動画の共有ができる機能です。 Instagramのストーリーのおもな特徴とメリットは、 次の3つでしょう。 とにかく、無料でInstagramの最上部に、 自社のプロフ画像が出せるというメリットを活かしてください。 Instagramでも同様に、 タイムラインでは、ユーザーごとに選別された投稿が、 優先表示されています。 そういったなか、 今後、アルゴリズムが変更されるかもしれませんが、 現時点では確実に時系列で表示されるのが、 このInstagramのストーリーだと言えます。 インスタストーリーの撮影機能の種類は? 撮影種類は8種類あり、様々な用途で使用が可能です。 ・タイプ これは文字を入力するのがメインで、 ストーリーを使って言葉で表現したいときに利用することが多いです。 ・ライブ ストーリーというよりは、 インスタライブを配信する時に利用します。 フォロワーにはライブ配信が開始されましたと案内され、 視聴者からリアルタイムで反応が来ることが特徴です。 ・通常 色々な場面で利用することが可能ですが、 手動で押し続けなくてはいけないというデメリットがあります。 1投稿は15秒までです。 最近では前後を繋げて動画にする方も増えてきていますね。 ・BOOMERANG 10枚の写真を連射して、 ループさせるミニ動画を作ってくれます。 何気ないストーリーに花を添えてくれます。 食べ物をとるときや友達の顔を撮ってみたりという使い方が多いです。 ・SUPERZOOM その名の通りスーパーズームで、自動で拡大してくれます。 SUPERZOOMの中にも様々な種類があるので、飽きません。 効果音もついているので楽しいですね。 電車の中などでの再生には気をつけましょう。 ・フォーカス これは、顔を撮影するときに使える機能で、 背景をぼかしてくれるので、 一流のカメラマンになった気分で撮影できます。 ・逆再生動画 撮影したものが、逆から再生されるので、 変わった面白さがあります。 食事中などに撮ってる方をよく見かけます。 面白い動画を投稿し続けていると、 フォロワーが増えるかもしれません。 ・ハンズフリー 通常の場合は撮影している間は、タップし続けなければいけませんが、 ハンズフリーの場合は、 撮影するときに、一度タップすれば、 止めたいときまで自動で撮影してくれる機能です。 インスタストーリーの撮影機能には以上の8種類があります。 時と場所を感上げて使い合わせたら、 おしゃれなストーリーがたくさん撮れそうですね。 あとがき インスタのストーリーや撮影には、 色んな機能がありますね。 SNSは、とても深いです。 インスタで、写真投稿が慣れてきたら、 ストーリーや撮影にも挑戦してみて下さいね。

次の

インスタのストーリーに、録画したアニメの動画を投稿するのは、著作権

インスタストーリー ペン クレヨン

インスタグラムの「ストーリー」とは、 通常のフィード(タイムライン)とは別に、 より日常的な写真や動画の投稿、ライブ配信がおこなえる機能です。 また、インスタの撮影機能の種類も、 楽しい機能がたくさんあります。 インスタグラムをはじめ、SNSも日々どんどん進化して、 ついていけてないことも多いので、 今回は良い勉強になると思います。 インスタストーリーの機能や撮影機能についてまとめてみました。 インスタストーリーズは、2016年8月に登場して以降、 Instagramを使っている約2,900万人のユーザー(2018年9月時点)のうち、 70%ほどが利用しているといいます。 もっとも多いのは13〜18歳のティーン層ですが、 最近では利用する世代も広がっています。 最近では、 Instagramのフィード(ホーム画面のこと)への投稿よりも、 もっぱらストーリーズのみを利用するというユーザーも増えていて、 その 理由のひとつが「24時間」で消える事です。 この消える機能により、 気軽な情報発信手段として利用されています。 ストーリーズでは、 撮影した写真や動画を瞬時にアップできるうえ、 スタンプやフィルターなどで画像の加工も直感的にできるので、 「自分らしさ」を加えてシェアすることも可能です。 Facebookにもストーリーズ機能が実装されており、 フィルターやスタンプなどの加工ができることは共通していますが、 Instagramに比べてFacebookは、 ハートやキラキラなどのフレームが多いこと、 撮影モードが少ないこと、 動画の長さが調節できることなど、仕様が若干異なっています。 Instagramの通常投稿が「旅先で見つけた厳選の1枚」、 「お気に入りの店や料理」といった、 自分の統一した世界観を披露するオフィシャル的な場であるのに対し、 ストーリーズは、フィードで公開しておくほどではなのですが、 日常の何気ない瞬間を気軽に投稿できるプライベート的な場と言えそうです。 インスタのストーリーズを上げるまでの流れを、 説明します。 ・ストーリーズの投稿画面を開く ・投稿する写真や動画を撮影するorデータフォルダから選ぶ (24時間以内に撮影したものに限る) ・ストーリーズ用に写真や動画を加工する ・加工が完了したら投稿をシェアする インスタのストーリーズの投稿画面に遷移する方法は現在3つあります。 1つ目は画面最上部左側のカメラマークをタップする方法。 また、その下にある自分のアイコンをタップしても、 投稿画面に行くことができます。 もしくは画面左端から右へスワイプでも同様に移動できます。 白い丸いボタンを押すとすぐに写真撮影が始まります。 長押しすると動画撮影モードになり、 最大で15秒までの動画を撮影できます。 動画撮影時、 途中で指を離すと撮影はストップされます。 シャッターボタンの左右にあるメニューの機能を解説します。 画面上の番号と照らし合わせて下記の説明を読んでください。 また、インスタの「レイアウト機能」を仕様するれば、 写真を2枚以上並べて投稿(コラージュ投稿)できます。 ユーザーのスマートフォン上に保存されている画像や写真を選択できます。 ただしインスタのストーリーズに投稿できるのは、 24時間以内に撮影されたもののみになっています。 フラッシュの切り替えボタンです。 インカメラとアウトカメラの切り替えボタンです。 セルフィー撮影の際に使用できるフェイスフィルタ機能です。 「Snapchat」や「Snow」といったアプリのように、 顔にさまざまなアニメーションを適応できます。 投稿後は自分のアイコンが虹色に囲まれる仕様になっており、 投稿から24時間が経ち削除されると、 「青の+マーク」がプロフィールアイコンの右下に表示されます。 撮影した写真や動画は、 編集画面でおしゃれに加工できます。 右上の顔マークをタップまたは画面上を下から上にスワイプすると、 画像のようなスタンプ選択画面を表示できます。 このスタンプ選択画面から、 スタンプだけでなく位置情報やメンション機能、 ハッシュタグ、投票機能、質問機能などタップすれば使用できます。 テキストを入れる・文字を書く 編集画面上部のAaボタンか画面の空欄をタップすると、 テキストをタイプできます。 文字の色はカラーパレットをタップすることで変更可能。 カラーバリエーションは、 現在27種類ありスワイプで別の色を表示できます。 また、左端のスポイトをタップすると、 画面内の特定の部分の色を抽出できます。 これにより色の選択肢の幅も広がります。 線を書く場合は、 編集画面上部にあるペンのアイコンをタップします。 すると自由に線を使って文字を書いたり落書きができます。 通常のペン、マーカー、蛍光ペン、クレヨンの4種類のペンがあります。 右から2番目にある消しゴム機能を使えば、 書いたものを部分的に消すことも可能です。 ストーリーを、撮影したり、加工したりして、使ってみて下さい。 インスタストーリーの機能と使い方は? いまやソーシャルはビジュアルです。 Instagramは、最近出てきたようなイメージもありますが、 実は結構以前から存在するアプリです。 こうして誰もが使うサービスとなったInstagram。 ちょっと前までは、 「コスメ系やアパレル系ならインスタでもいけるけど……」と、 活用できる業種も限定的だったのですが、 今では、 企業がソーシャルメディアを使ってファンとコミュニケーションを取るとき、 Instagramは外せません。 そんな Instagramに新機能「ストーリー」が1年ほど前に登場しました。 Instagramの「ストーリー」は、 通常の投稿とは別に「ストーリー」として投稿することで、 タイムライン以外で、写真や動画の共有ができる機能です。 Instagramのストーリーのおもな特徴とメリットは、 次の3つでしょう。 とにかく、無料でInstagramの最上部に、 自社のプロフ画像が出せるというメリットを活かしてください。 Instagramでも同様に、 タイムラインでは、ユーザーごとに選別された投稿が、 優先表示されています。 そういったなか、 今後、アルゴリズムが変更されるかもしれませんが、 現時点では確実に時系列で表示されるのが、 このInstagramのストーリーだと言えます。 インスタストーリーの撮影機能の種類は? 撮影種類は8種類あり、様々な用途で使用が可能です。 ・タイプ これは文字を入力するのがメインで、 ストーリーを使って言葉で表現したいときに利用することが多いです。 ・ライブ ストーリーというよりは、 インスタライブを配信する時に利用します。 フォロワーにはライブ配信が開始されましたと案内され、 視聴者からリアルタイムで反応が来ることが特徴です。 ・通常 色々な場面で利用することが可能ですが、 手動で押し続けなくてはいけないというデメリットがあります。 1投稿は15秒までです。 最近では前後を繋げて動画にする方も増えてきていますね。 ・BOOMERANG 10枚の写真を連射して、 ループさせるミニ動画を作ってくれます。 何気ないストーリーに花を添えてくれます。 食べ物をとるときや友達の顔を撮ってみたりという使い方が多いです。 ・SUPERZOOM その名の通りスーパーズームで、自動で拡大してくれます。 SUPERZOOMの中にも様々な種類があるので、飽きません。 効果音もついているので楽しいですね。 電車の中などでの再生には気をつけましょう。 ・フォーカス これは、顔を撮影するときに使える機能で、 背景をぼかしてくれるので、 一流のカメラマンになった気分で撮影できます。 ・逆再生動画 撮影したものが、逆から再生されるので、 変わった面白さがあります。 食事中などに撮ってる方をよく見かけます。 面白い動画を投稿し続けていると、 フォロワーが増えるかもしれません。 ・ハンズフリー 通常の場合は撮影している間は、タップし続けなければいけませんが、 ハンズフリーの場合は、 撮影するときに、一度タップすれば、 止めたいときまで自動で撮影してくれる機能です。 インスタストーリーの撮影機能には以上の8種類があります。 時と場所を感上げて使い合わせたら、 おしゃれなストーリーがたくさん撮れそうですね。 あとがき インスタのストーリーや撮影には、 色んな機能がありますね。 SNSは、とても深いです。 インスタで、写真投稿が慣れてきたら、 ストーリーや撮影にも挑戦してみて下さいね。

次の

インスタ ストーリー「手書きペンの種類」& iPhoneでの書き方

インスタストーリー ペン クレヨン

2018年11月14日 インスタグラムと言えば、おしゃれな写真を載せてたくさんの「いいね!」やコメントをもらったり、フォロワー数を増やしてユーザー同士の交流を楽しむSNSです。 インスタにはおしゃれな写真、素敵な写真、かっこいい写真、かわいい写真などが毎日投稿されます。 しかし、中には 「文字」を投稿して反響を呼んでいる人も多いのです! インスタでは写真を載せるのはもちろん、その下に「キャプション」として文章を書いて日記にしたり、写真の解説をすることが可能。 ですがそうではなく、 投稿する写真そのものに文字を書いて「手書き文字」を投稿するというもの。 今回はこの「手書き文字」の投稿について解説します。 手書き文字の投稿のやり方や加工できるアプリなどを紹介するので、インスタでひと味違ったおもしろい投稿をしたい人は参考にしてみてください。 横にスライドして続きを見る 手書きツイートのほとんどは横にスライドして中身を見ることができ、スライドさせていくごとにストーリーを少しずつ見せることができるのです。 ちゃんと見てもらえる 写真だと脳は一瞬でどんな写真か、興味あるか・無いかを判断でき、興味ない写真はスルーされる傾向に。 ですが手書きツイートは一度文字を読むという作業が必要になるので、写真を投稿するよりも目を留めてもらえて、最後まで見てもらう可能性が高くなるのです。 インスタで人気の手書きツイートのやり方 それではインスタで人気の手書きツイートのやり方を解説しましょう。 とは言っても、手書きの画像を用意してインスタに投稿するだけなので難しくありません。 投稿完了 これで投稿完了です。 相手がタイムラインをスクロールしたときに、あなたの手書き文字投稿が目に入ればしっかり読んでくれる人も増えるでしょう。 インスタのストーリーも手書きで投稿してみよう 手書きツイートの投稿は、何もギャラリーへの投稿だけとは限りません。 ストーリーに手書き文字ツイートをしてもいいのです。 インスタユーザーの中には、自分のプロフィールに表示される自分の投稿の世界観を統一して一つの作品のように仕上げている人も多いでしょう。 その中に 手書きツイートを投稿してしまうと、統一感が崩れるかもしれません。 そこで、 ストーリーの活用です!ストーリーなら投稿してから24時間経過すれば投稿が消えますし、復活させたいならアーカイブから復活させられます。 手書きツイートに挑戦してみたいという人は、ぜひストーリーに投稿してみましょう。 ただ、 ストーリーに1回で投稿できる画像は1枚まで!複数の手書き文字画像を投稿したい時には、複数回に分けて投稿しないといけません。 ストーリーにはもともとテキスト入力の機能はありますが、手書き感が少なく、個性があまり出ません。 ぜひ自分の生の文字を使った手書き画像をを投稿して、個性のあるストーリーにしてみてくださいね! インスタにも使える手書き加工できるアプリを紹介 様々な手書き文字の投稿があふれていますが、別に「無地の背景に書く」というルールがあるわけではありません。 自分で撮った写真やフリー画像などに手書き加工をして、ちょっと装飾をした状態で投稿するのもおすすめです。 そこで、写真や画像に手書き加工できるアプリを3つご紹介します! スタンプや髪色チェンジも可能 他にも種類豊富なスタンプや、被写体の髪色、肌色、口紅の色などを変更できるという機能も! 幅広く使いたい時はPicks Artを使ってみましょう! インスタの手書きツイートに「うざい」の声も!? 「写真の投稿が当たり前」のインスタに、 あえて手書き文字を投稿する「手書きツイート」は斬新なアイディアですよね。 投稿できる写真がないときや、何かつぶやきたいときにおすすめです。 しかし、やはり一部のユーザーの中から「手書きツイートはうざい」という声も上がっています。 その理由はやはり、 そういったユーザーは「インスタ=おしゃれな写真を投稿するもの」と思っているからでしょう。 確かに、タイムラインでおしゃれな写真を見て楽しんでいたのに、途中で手書きの文字が出てきたら萎えるかもしれません。 ですがインスタはまだまだ伸びしろが大きいSNSですし、 規約に違反していなければどんな使い方も個人の自由。 あなたも気にすることなく、手書きツイートを楽しんでくださいね!.

次の