ペッペ テラス ハウス。 ペッペのテラスハウス・テラハ・イケメンが話題

テラハペッペ(ジュゼッペ)は漫画家志望のイタリア人モデル!テラハ史上最強イケメンの驚きの経験人数が判明!

ペッペ テラス ハウス

ジュゼッペの告白に春花が出した答えとは? 料理教室で腕を磨いた流佳。 ペッペの告白への春花の返事は ペッペの告白に対する返事を保留していた春花ですが、この日ついに決断を下します。 「すごいよく考えて……付き合おうとは思わなかった。 」 2ヶ月間一緒に生活した中で、ペッペが忙しかったのもありコミュニケーションを取る時間が少なかった、ペッペとの今後を描けなかった、と理由を挙げる春花。 「それで、もうあさっての朝に卒業するの。 」 「ここでの生活は一生の思い出だなって思う。 ペッペと会えたのもすごいよかった。 」 「ありがとう。 僕も嬉しかった。 色々楽しかったよ。 」 その後男子部屋に戻ったペッペは、「英語で喋っていい?英語の方が説明しやすいから。 」と凌に英語で胸の内を明かし始めます。 「彼女がいなくなると分かってから気付いたんだよ。 僕がここにいた理由の一つは彼女がいたから。 彼女に会いたかったからだ。 」 「2ヶ月じゃ残念ながら足りなかった。 僕は忙しかったから、デートも3回くらいしか行けなかった。 」 「できることは全部やったもんな。 」と慰める凌。 ペッペは続けて「僕はプレイボーイじゃない。 」と言います。 「女の子と付き合うのは得意じゃないんだ。 女の子と話したり仲良くするのは得意だけど、アプローチしなきゃいけない時、友達から恋愛に変わる時が下手なんだ。 」 「誰かを好きになると、いつも振られるか友達のままかどっちかだ…。 そして、春花があさってに卒業するということを聞いた流佳は、俺も言いたいことがあるといい、 「本当は明日の夜に言う予定だった。 出るって。 」と卒業することを告げます。 「それで最後にブロッコリーパスタをリベンジしたくて、料理教室通ってた。 明日の夜作ろうと思って。 」 「そっか……初期メンバー全員いなくなっちゃうね。 」としみじみしつつ、 春花は「一緒に入って一緒に出るね。 」と流佳に笑いかけます。 ルカのブロッコリーパスタ 翌日の夜、流佳が麺から全て手作りしたパスタが振る舞われました。 名前はカルボッコリーパスタというそう。 皆が口々においしい、と褒めると、突然泣き出してしまう流佳。 泣かないで、おいしいよと声が掛けられる中、流佳はやがて涙を拭き、「褒めてくれて嬉しかった。 」と笑顔を見せます。 そして立ち上がった流佳は、皆に英語でスピーチを書いたといってメモを読み始めました。 「皆さん、ディナーは楽しんでもらえましたか? 僕は最近、英語の勉強をしたりジムに通ったりと色々なことを始めました。 テラスハウスに来たときに比べて、自立することが出来てきたと思っています。 」 「皆とコミュニケーションをとって、思いやりで動くことが大切だと知りました。 手料理を振る舞う楽しさもここで知りました。 そんな喜びを教えてくれたテラスハウスメンバーに感謝しています。 いつだって皆は僕のことを助けてくれました。 」 「僕は明日テラスハウスを卒業します。 」 流佳の宣言に、ペッペはWhat?! と声を上げ、愛華と花は涙を流します。 「僕はこれからもベストを尽くすつもりです。 これからも僕のことを見ていてください。 ありがとう。 」 スピーチが終わると、凌とペッペはすかさず立ち上がり、流佳を抱き締めます。 「この環境がなかったら、もっとヤバい人間だったよ。 」と自虐的なことを口にする流佳に、皆も思わず笑い声を上げます。 その後、凌とペッペから春花に卒業のプレゼントが渡されました。 凌からは、凌がプリントされたビー・コルセアーズのTシャツ。 ペッペからは、春花が大好きなイーブイのぬいぐるみがプレゼントされました。 テラスハウス卒業 翌朝はメンバー全員で春花と流佳を見送ります。 泣き続ける愛華の膝に手を置き、励ますようにポンポンと叩く凌。 花は「涙は昨日に置いてきた。 」といいます。 今回、スタジオにゲストとして参加しているラクビー日本代表の田村優選手は、流佳の卒業にショックを受けている様子。 「ここからどうやって楽しもうかなと…。 結構流佳のこと気になってました。 」 スタジオメンバーは、最後に流佳が見せた成長ぶりを褒め称えます。 「自分のダメなところも周りの意見を受け入れて成長してって、最後はブロッコリーパスタもちゃんと作れるようになって。 」と流佳を応援し続けていたトリンドルが言えば、 山里も「テラスハウスに入った当初の、どうしようもない人間からは成長しましたよ。 」といいます。 また、ペッペが振られたことについては「結局、春花の気持ちが動いたところが全くなかったですもんね。 」と山里。 そんな中、トリンドルが凌が愛華の膝に手を置いたことを指摘すると、スタジオは大騒ぎに。 (馬場園)「ずっと膝に手を置いてましたよ!」 (トリンドル)「絶対何かあったあとですよね!」 すると、YOUが「これはセックスしてますよ。 」とばっさり。 山里は葉山の膝に手を置いて実演しつつ、「こんなんですよ、ってやってみせてる俺が今、奨ちゃんに照れてるからね。 」と男同士でも照れると告白。 田村選手も、付き合ってない女性の膝に手を置くのは自分は出来ないといい、「何かあったはずですね。 」とスタジオメンバーの意見に賛成していました。 凌の試合 ある日、「ビーコルセアーズ」のチームメイトと休憩時間に英語でテラスハウスの話をする凌。 「今は21歳と22歳の女の子がいるけど……。 俺はアドバイスをしてくれるような大人の女性が好きなんだ。 でも彼女達には出来ないと思う。 」 「俺は次に付き合う女性と結婚したいと思ってる。 だから慎重になってるんだ。 」 凌は次に入ってくる女子メンバーに期待しているようです。 またある日、凌の試合の応援に行く前に花をご飯に誘った愛華。 2人は神奈川県関内にある「ピッツエリア リアナ」というレストランへ。 「なんか、私もちょっと凌君のことが気になってて。 」 それを聞き、「ワーオ!ハイタッチしよう!」と笑顔でハイタッチする花。 」 そして、2人は「凌さんかっこいいよね。 」と意気投合。 更に、凌とのデートや会話などあったことは隠さず、お互いに共有し合うことなどを約束していました。 その後ペッペを交えて、「ビーコルセアーズ」の試合を観戦。 声援を送り、凌が点を入れる度に大歓声を上げる3人。 「ビーコルセアーズ」は見事試合に勝利、更に大活躍した凌はMVPに選ばれました。 帰宅後、凌にお茶を淹れてねぎらう花。 一息ついたところで、「凌さんは、この家で恋愛したいみたいなのはないの?」と探りを入れます。 」と凌。 「何も考えてない時に、彼女出来たりするから。 」 更に「自分のやることをしっかりやってないと、いい人って現れないと思う。 」と持論を語ります。 「自分がやらなきゃいけない練習をちゃんとやって、人に見られても恥ずかしくない生活をしてたら、そのうち自分が求めてた人がふと現れる気がするんだよね。 」 「あえて、そういう方向には持っていかないようにしてるってこと?」と花。 「ナチュラルにいたい。 」 すると、花は先日の凌とのデートが楽しかったと言い出し、またご飯に行こうと凌を誘い、OKを貰っていました。 ペッペの漫画 翌日、コンビニにはペッペの姿がありました。 週刊スピリッツを手に取り、遂に連載が始まった自分の漫画「ミンゴ」のページを読んで、喜びを噛み締めるペッペ。 お会計の際に「私が描きました。 」と年配の女性店員に見せます。 「えー!貴方の漫画なの?」と驚いた後、その店員は「あとでゆっくり見るわ。 ファンになるから。 」と笑顔を向けます。 「皆に一生懸命宣伝するわね。 」 このやりとりに癒されたー!とスタジオ。 (山里)「テラスハウス史上一番好きな人出てきた。 」 (葉山)「映画のワンシーンみたいな。 」 (YOU)「あのデイリー、人気出ちゃうよ。 」 そんな中、田村選手は一人凹んでいます。 「凌さん結構ストイックにやられてるみたいで…。 僕らも必死に頑張ってるんすけど、全然達してないなと…。 」 しかしYOUは、凌の発言は花が少しアプローチしてきたことに対する牽制だったのでは、といいます。 」 更に、愛華の膝に手を置いたのは、凌が海外の人とのコミュニケーションに慣れているからでは、と馬場園。 チームに海外の選手がいる田村選手も「確かに距離は近いっすね。 」と頷いていました。 週刊スピリッツが発売になった日の夜。 テラスハウスでは愛華も凌もそれぞれ週刊スピリッツを買ってきていました。 (愛華)「先生、サインしてください。 」 お礼として皆にティラミスを作ったというペッペ。 皆で食べる中、ペッペは「僕は今日、卒業します。 」と静かに宣言。 「だからティラミスを作った。 皆と元気でさよならしたいから。 」 連載が始まり、これからかなりのハードスケジュールになってしまうことを理由に挙げるペッペ。 「絶対泣かないで。 さよならじゃないよ、普通に仕事で引きこもりになるだけだから。 住所も教えてあげるからいつでも会いに来てください。 」 すると3人も笑顔で答えます。 (愛華)「ワイン持って押し掛けよう。 」 (凌)「仕事の邪魔しまくってやろうかな。 」 最後にペッペはテラスハウスでの生活を振り返って、「本当に楽しかった。 」としみじみと呟いてました。 まとめ 今回は一気に3人が卒業というまさかの展開になりました。 春花とペッペがうまくいかなかったのは残念でした。 おそらく春花がいなくなったことも、ペッペが卒業を決めた理由の一つになっているはず。 流佳の成長には感動さえ覚えましたね。 今後は芸能界に入るようですが、あの素直な性格のまま頑張っていって欲しいものです。 次はどんな新メンバーが入ってくるのでしょうか。 次回は12月17日です。 お楽しみに。

次の

ペッペの作ったパスタが美味しそう!作り方やレシピもご紹介!【テラスハウス東京】|東京カフェBLOG

ペッペ テラス ハウス

先日配信されたテラスハウス東京2020のではケニーと莉咲子が二人揃って卒業していきましたね…。 まあ結局は、ケニーが色男だったって事です!見た目はそれこそ普通程度でしたけど、音楽の才能は凄かったしさらにはイラストなんかも描けたり、さらに女性対しての気遣いなんかもさりげなく出来る、いわゆる男前なヤツでした…。 そんなケニーが卒業です。 となると代わりに入ってくる新メンバーのハードルは必然的に上がってしまうワケなのです…。 が、 あっさりそのハードル 越えちゃいました! しかも 見た目だけで! バスーン! もういっちょ! ドーン! おいおい、こんな人がテラハに来て大丈夫か?! まずそんな事を思いました…。 これまでもこの人と同系統のイケメンは数人いたけどさあ、例えば、石倉ノアとか至恩とか…。 なんでも名前は ジュゼッペっていうそうなんだけど、 イタリア人で、そして見ての通り モデルさんらしいのだが、さらに彼なんと 漫画家でもあるらしい…。 モデルと漫画家ってちょっとかけ離れてる気がするのですが、まあとにかく多才だっていう事は分かりました…。 今回はそんなジュゼッペについていろいろ書いていこうと思います! スポンサーリンク• 0cm 最終学歴:ベネチア大学卒 インスタグラム: <所属事務所より> イタリア時代 ジュゼッペは、イタリアのランチャーノという小さな町で生まれたそうです。 そしてこの自然があふれる穏やかな町で育ったジュゼッペは、地元のサッカーチームである「 SSヴィルトゥス・ランチャーノ」を熱心に応援するサッカー少年でもありました…。 そして16歳の時には漫画を描き始めていたそうです…。 その後大学に進学してもなお漫画家になる夢をあきらめなかった彼は、なんと日本の大手出版社である「小学館」に直接電話をした事もあったそうです。 もちろんカタコトの日本語で…。 すごい行動力ですね。 そしてその後2014年に大学を卒業した彼は、本格的に漫画家になる夢を実現するため来日を決めます。 が、意気揚々と来日したジュゼッペでしたが、来日後ほどなくして彼に転機が訪れます…。 なんとたまたま渋谷をぶらぶらしていた彼のもとにモデル事務所の人からスカウトの声がかかったんです。 まあおそらくこんな風貌でうろうろしていたんでしょう…。 しかももの凄い勢いでモデルとしてキャリアを積み上げていきます…。 2015年4月(大学卒業後わずか4カ月足らず)には雑誌「Fine」の表紙を飾り 8月には西武・そごうのCM出演。 スポンサーリンク 新住人インタビュー はじめまして、ジュゼッペ・デュラトと申します。 26歳です。 イタリアから来ました。 今はモデルをやりながら漫画を描いてます。 Q,日本に来た経緯は? イタリアから来たのは4年半前。 2015年1月から。 子供の頃から漫画家になりたいと思っていて、日本に住みたいと思ってたから。 Q,漫画家になった理由は? 子供の頃から日本のアニメとか文化が好きで、漫画を見たら、これ作ろう!と思って書いたら友達に喜ばれて、その時作って見せてみんなに喜ばれてって言うのが最高に気持ちよくて、だから仕事でやってみようと思って。 人生一回だから! Q,入居の理由は? イタリア人のイメージを変えたい。 ナンパしたりチャラい遊んでるイタリア人が多いと思うけどみんなそうじゃない。 ホントに誰とでも、毎日違う女とやろう思っても出来ない!僕はちゃんと好きじゃないと気持ちがないと出来ない!だから僕みたいな普通のイタリア人がいることが伝わればいいけどね。 Q,これまでの恋愛は? 1人だね。 18歳の時彼女がいてその時彼女が15歳だった。 で僕はナンパした事ない、なんかイタリア人が怖すぎて…。 で その恋愛がなかったらチェリーボーイだったかもしれない。 超シャイだったね。 真面目だから他の女の子とかは無かった。 恋がしたい!国籍はあまり関係ないし、日本人もすごい好き。 Q,入居前の心境は? いい経験になると思う。 ホントに楽しみ。 まだ日本語が満足じゃないから、理解してもらえない時とか、優しく教えてもらえるかなとか、仲良くしてくれるかな?とか まとめ インタビューでもありましたが、意外にも経験人数は1人というのには驚きましたね…、過去に付き合った3つ下の子1人だけということですから、これは 間違いなく真面目です、見た目に反して…。 しかもナンパもした事が無いって言うんだからねこのルックスで…。 本編が始まって徐々にペッペの過去が明らかになってきておりましす。 ペッペは日本に来てから、イタリア人女性と3年半同棲していたことも、また日本人女性とも短期間だがお付き合いをしたこともあると話してました…。 いやー驚きました。 でも、なんと言ってもその抜群のルックスは女子メンバーの香織や春花のハートを揺さぶる事は間違いありません…。 特に香織なんかは、同じ絵を描くという職業だし、海外志向が強い香織にジュゼッペの感性は多大な影響を与えることは間違いないでしょう…。 楽しみですね。 以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ペッペのテラスハウス・テラハ・イケメンが話題

ペッペ テラス ハウス

もくじ• テラスハウス 東京編2019 ペッペさんの卒業インタビュー動画 テラスハウス東京編2019の25話で卒業したペッペさん。 テラスハウスでの生活を振り返って見て 「もっと住みたかった。 超楽しかった。 もちろん大変な時もあったけど」と語ります。 まずは、ペッペさんの卒業インタビュー動画を御覧ください。 2ヶ月半のテラスハウス生活 100%で遊びたいけど、100%で遊べない。 頭の中でずっと漫画のことを心配して緊張していたから。 4時間とか3時間とかしか寝て無くて。 だいたい朝の3時位まで起きてたね私、一番最後の頃。 テラスハウスのおかげでいろんな人に会えた。 ドラッグレースやってる人、プロバスケ選手、プロレスラー…。 なかなか会えないんじゃない?立派なイラストレーターとか。 本当に有り難い。 こんな経験はみんな出来ないと思うから。 大変だったけど一回しか出来ないから、絶対諦めずに漫画も頑張りながら、テラスハウスも頑張って楽しんだ。 西野入流佳について 私の弟も「ルカ」って名前というのもあるし、本当に「お兄ちゃん、弟」っていう感じになった。 絶対にバカにしたくない 僕がちょっと上手く出来るから、手伝いたい。 パスタもちょっと手伝ってみた。 で、結局うまく出来たけどね(笑)。 めっちゃびっくりした。 帰って(パスタを)手で作っていて、ヤバいっって(笑)。 本当に小さいことだけど、流佳だけ私の写真を撮ってた。 ひげ剃りの時も、写メとか撮ったり、小さいことだけど(そういう事を)やるから私の事を本当に興味がある、好きって分かる。 だからそれは、大事だった私にとって。 流佳はすごい守りたいと思った(笑)。 最初から。 田渡凌について 凌は多分、一番いい友達。 尊敬するし、僕も最初サッカー選手なりたかったし、その後バスケ選手なりたかったけど、無理だったけど(笑)。 僕がやりたかった仕事やってる人、もちろんめっちゃ尊敬するし。 試合見に行った時も、本当にヤバかった…。 それも初めての経験だった。 友だちが出ている試合を見て、ヤバかった本当に。 あれー!友だちだ。 今、あれやってる人友だち! 家では普通の人でしょ?普通に友だちだけど、やっぱり仕事の時は、なんかバスケやってる時は別の人みたいになるから。 絶対また…付き合うっていうか、普通に友だちになって普通に遊べる。 彼も卒業したら…。 もっと時間が空いたら。 木村花について 花ちゃん、ちょ~ファン。 入った時は、思った。 いやぁ花ちゃんがテラスハウスの多分スター。 今まで多分こんな面白い人いなかったと思う。 ちょ~面白い(笑)。 笑うだけで笑わせるし、センスのいいものすごいあるし。 本当に恋したいから、本当に恋して欲しいね(笑)。 ニューメンバーは分かんないけど、凌は何を思ってるのか分かんないけど。 出来たらそれはすごい嬉しい。 ファンだから。 奥山春花について 春花はもちろん好きになったし、毎日会うのを一番楽しみにしていた。 家に帰った時、キッチンに入って「あ、春花もいる。 よかった」 ボードゲームやって、香織と春花と呑んで、その日から「春花は本当に面白いな」と思った。 普通にかわいいだけじゃなくて、本当に面白い。 その日から、まぁ頑張ろうと思った。 箱根に行って、そこで「卒業します」って言われて(笑)。 「しまった(笑)。 待ちすぎた(笑)」 うまくいかないかもしれないけど、急いでみようかな(笑)一応。 それでバーに行って。 春花とのBarデートについて 実はバーに行く前に、友人のテディーにちょっと相談した。 「どうすればいいの?」って聞いたら、彼は私よりうまいと思う。 女性へのアプローチ。 って言われた。 「えっ(笑)絶対出来ないよ、あなたじゃないから」って。 でもとりあえず、じゃあそうしようって決めた。 何も言わずにチューしようって思った。 で、行って、席も確認したし、「あっ隣の席だ、ちょうどいい。 スタップ1いらない。 ステップ2と3だけでいける(笑)」と思って。 でもその前に雑誌の撮影があった。 で、その撮影で翔平に再会した。 翔平さん、あの明日春花とデートするって、これやるって言って、告白するって。 「えっ!?マジ?嬉しい〜」って言って、「あ〜いいないいな!え?何?どうする?どうする?」って言われたから、友だちと相談して最初からチューするって言ったら。 いやダメダメ。 春花はそういう女じゃない。 いきなりチューするのは好きな女性じゃないよって言われて。 その後、チューする。 絶対その方がいいって言われて。 あっそうなんだ。 翔平が私より長い間テラスハウスに住んでたし、(春花のことを)知ってるかなと思って。 翔平のアドバイスの方がいいじゃない?と思ってそうした。 最初はお花とかをあげて、好きだよって言って。 じゃあもうチュー要らないじゃない(笑)って。 だから結局チューしなかった。 いきなりチューしたらどうなるか分かんないけど。 どうなったか分からないけど。 まぁ…残念だけど…でも楽しかった。 まだすごい仲いいから別に。 いい経験…すごい。 今後の仕事について 漫画はすごいいい感じで進んでる。 早くなったし、描くのが。 それに気付いた最近。 めっちゃ早くなった。 一日で多分9ページか10ページ描ける。 最悪の場合は。 今週は表紙も描く。 単行本の1巻。 本当に感じる「強くなった」って。 「また締め切り間に合った」って(笑)。 大変な時もあるけど、ちょ~楽しい仕事。 ミンゴの映画か、アニメが出るように頑張る。 ペッペさんの卒業インタビューを見終わった感想 ペッペさんの卒業インタビューはいかがだったでしょうか? ペッペって、本編を見てた時も思ったんですけど、本当に 明るくて、ポジティブな事しか言わないなと思いました。 だからペッペと一緒にいる人って自然と笑みが溢れると思うし、力をもらえると思うんです。 そして、だからこそ異国の地に来て週刊スピリッツという人気雑誌でマンガ連載まですることが出来るに至ったんだと思います。 ホントすごい人がテラスハウスに来てくれて、見ている私もすごく勇気づけられました。 ありがとうございましたと、こちらもお礼を言いたいです。 でもペッペと恋愛するとなると、躊躇した春花ちゃんの気持ちも分かります。 ちょっと忙しすぎますよね…。 でもそれも含めてペッペの良さなんだと思います。 ペッペには会える時間が少なくても、じぃ〜っとペッペを陰で支えてくれるような女性がいいと思いました。 あともう一つ。 翔平さんのアドバイスはいらなかったんじゃないかなぁ〜(笑)。

次の