プロパンガス 料金 平均。 住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

プロパンガスの平均使用量と料金をご紹介(2人・3人・4人家族)

プロパンガス 料金 平均

【九州・沖縄地方】一人暮らしのガス代平均額 時期 ガス代平均額(1カ月) 2019年1~3月 3265円 2019年4~6月 2848円 2019年7~9月 1947円 2019年10~12月 2162円 出典: ガス代の節約はガス会社の切り替えが効果的! 「平均額よりもガス代が高かった!もっとおさえなきゃ……」という方におすすめなのが、ガス会社の見直し。 スマホの料金プランを替えるように、自分にぴったりのガス会社・料金プランに切り替えれば、今よりもガス代が安くなる場合があります! ガスの料金プランと一口に言っても、インターネットといっしょに申し込めば毎月のガス代が割引になるプランや、ガス料金の支払いでお得なポイントが付与されるプランなど種類もさまざま。 エネチェンジでは、自分にぴったりのガス会社を比較でき、いくら節約できるのか目安もすぐわかります。 気に入ったプランがあれば、そのまま申し込みもできますよ。 電気とガスはセットで申し込むとお得になるの? 最近では同じ会社の電気とガスをセットで申し込むとお得になるプランも増えています。 テレビCMなどを通じてご存知の方も少なくないでしょう。 セットで申し込むと、セット割が適用されて毎月の電気・ガス代が安くなるだけでなく、請求が一括になって支払いがわかりやすくなるメリットが得られます。 ただし、割安な電気料金プランとガス料金プランをそれぞれ選んで契約するほうが安くなる場合もあるため、必ずしもセットプランがお得とは言い切れません。 都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違いって? ガスには都市ガスとプロパンガスの2種類があります。 実はこの2つには大きな違いがあり、 どちらのガスを使っているかで、ガス代が高くなっている場合があるんです。 参照: 都市ガス ガスボンベの有無で見分ける ガスボンベがない 都市ガス ガスボンベがある プロパンガス プロパンガス(LPガス)は、都市ガスよりもガス代が高い 都市ガスに比べ、 プロパンガスの料金は高いといわれています。 都市ガスの料金はこれまで、法律で定められたルールにそって総括原価方式という方法で料金が決められていました。 安定したガスの供給に必要な費用に、適切な利益を上乗せした金額で料金が設定され、値上げには 経済産業大臣の認可を受ける必要がありました。 2017年4月のガス小売全面自由化以降、総括原価方式による料金認可制は廃止となりますが、消費者保護のため競争が十分に進展するまでの間はこれまでの料金メニューも提供されています。 一方で、プロパンガスの料金は都市ガスのような規制がありませんでした。 事業者が自由に料金を設定して値上げも行え、 契約によって価格差があります。 また料金体系が公表されていない場合も多く、価格競争が起こりにくいことも、プロパンガスの料金が高い理由のひとつなんです。 きちんと確認しないと、気づかないうちに高い金額で契約してしまっている場合もあるようです。 プロパンガスのガス代が高いことについて、さらにくわしくは以下の記事で紹介しています。 賃貸物件でプロパンガス(LPガス)なら、契約内容を確認しよう 賃貸物件のプロパンガス料金は、賃貸人とガス会社の契約で決められていますが、物件の給湯器やエアコンなどの設置費用をガス会社が負担している場合、その分 賃借人(入居者)が支払うガス料金が、高く設定されている場合があるんです。 このような場合、プロパンガス会社は契約者へその旨を、書面により通知し明確化することが義務付けられています。 賃貸物件でプロパンガス(LPガス)を契約中の人で、ガス代が高いなら、一度管理会社などを通じて、賃貸人に ガス契約の内容を確認してみるのもよいでしょう。 また、これから一人暮らしを始めるために賃貸物件を探している人は、契約前にガスの契約状況をあらかじめ確認しておくとよいですね。 参照: ガス代の高いプロパンガスしか選べない場合があるってほんと? 都市ガスに比べると、プロパンガスの方がガス代が高いということがわかりました。 でもガスの種類に関係なく、少しでもガスをおトクに使いたいですよね。 今すぐに始められる、ガス代の節約方法を紹介します。 お風呂のガス代節約方法 まずは、お風呂のガス代節約方法を見ていきましょう。 追い焚き回数を1回少なくする(年間約6,880円の節約に!)• シャワーを出す時間を1日1分短くするよう心掛ける(年間約2,300円の節約に!)• 一人暮らしならシャワー、人数が多い場合はお湯を張ったほうがお得になる• お湯の温度は無駄に上げすぎず、適温でお湯張りをする• お湯が溜まったら自動的に止められるアイテムを活用する(自動お湯張り機能がない場合)• 節水シャワーヘッドを活用する お湯を効率よく使う工夫をするだけで、お風呂のガス代は節約できるんですよ。 キッチンのガス代節約方法 次に、キッチンのガス代節約方法を紹介します。 食器を洗うときは、食器洗い乾燥機でまとめ洗いをする(年間約8,870円の節約に!)• 野菜の下茹ではレンジを活用する(年間約3,490円の節約に!)• 食器を手洗いするときはお湯の温度を低温に設定する(年間約1,580円の節約に!)• 炎は強火ではなく、中火で調理する(年間約430円の節約に!)• 蓋や落し蓋を利用する• ひとつの鍋で同時に調理したり、ゆで汁を利用してもう一品るなど工夫するう• 小さい鍋よりも大きめの鍋を使う• 鍋底の水滴は拭き取ってから火にかける• 煮るより蒸す、蒸すより炒める• 冷凍物は冷蔵庫解凍しておく• 調理に使うペットボトル水は常温で保存する• 揚げ物は家でやらない• お湯を沸かすときは電気ケトルを使って必要な分だけ沸かす• 卓上IHヒーターを使う• 溜め洗い(つけおき洗い)をする• 圧力鍋や保温鍋を使って時短調理する• 余熱を利用する• 中華鍋を使う• 炊飯器を利用する(「炊飯器レシピ」を活用する)• 石油ストーブを料理に利用する、こまめな掃除も忘れずに• 料理は作り置きする• ガスのバーナー部分の穴を掃除する• ペットボトルを黒く塗り、日のあたるところにおいておく(お風呂掃除などに活用できる) 調理方法や料理・食材の保存方法などを工夫して、キッチンのガス代をじょうずに節約しましょう。 ガス代の節約について、さらに詳しくは以下の記事を御覧ください 一人暮らしのガス代は、ガスの種類と使い方の工夫で節約できる! 一人暮らしの平均のガス代と、節約方法を紹介しました。 都市ガスよりもプロパンガスの方が、ガス代が高いということがわかりましたね。 毎日のガスの使い方を工夫すれば、ガスを無駄なく使用できます。 またガス会社を切り替えることで、さらにガス代が節約できます! でもさまざまガス会社・ガス料金プランがある中で、自分に合うガス料金プランを選ぶのって大変ですよね。 そんな時は、をご利用ください。 あなたに最適なガス会社探しをお手伝いいたします。 自分にぴったりなガス会社のプランを選んで、ガス代を節約しませんか? ガス代の節約のために、ガス会社を見直そう! ガス自由化で、ガス会社が自由に選べるようになりました。 自分の生活スタイルに見合った都市ガス会社のガス料金プランを選ぶだけで、今よりもガス代を安くできます。 もちろん、 無料で利用いただけます。 都市ガス会社、プロパンガス会社を見直す際は、ぜひ利用してみてくださいね。

次の

一人暮らしと二人暮らしのプロパンガス料金の平均相場をチェック

プロパンガス 料金 平均

そして日本全国のプロパンガス価格の相場は、 基本料金1,890円、従量料金523円です。 この相場価格、なんと 都市ガスより基本料金で900円、従量料金で200円以上も高い単価で、 毎月の請求額にすると5,000円も高い値段なのです。 プロパンガス消費者センターでは 現在の相場価格を消費者を無視した不当に高額な価格と認識しています。 そのためご自宅の価格が相場価格に近い、または相場価格以上の場合はプロパンガス契約の見直しが必要です。 ぜひ一度ご自宅のしてみてください。 一人暮らしをされている大半の方は賃貸アパートやマンションにお住まいで、賃貸アパートやマンションは一戸建物件よりもプロパンガス料金が高いことがその原因です。 それでも、賃貸アパート・マンションでも一戸建でもプロパンガス料金が都市ガスと比べ高い理由や、価格を下げる方法などは共通です。 これ以降の内容をしっかりと確認してみてください。 ご覧頂いた通り、賃貸アパート・マンションの料金は他よりも高い事が分かります。 都市ガスと比べるとその差は歴然で、 従量単価も基本料金も2倍近くも高いのです。 高い単価を維持できるよう、企業同士が顧客の取り合いをしない事を内々に取り決めていたためです。 その結果、プロパンガスの相場価格はずっと高い状態でした。 そこで1997年、今まで不透明だったプロパンガスの価格を明確化するよう法改正が行われました。 しかし、多くの消費者はこの事実を知りません。 それをいい事に一部のプロパンガス会社はより多くの利益を得るために、または経営悪化を補うために、普通の市場では考えられない値上げを行いました。 その結果、もともと企業同士の競争がなく高かった相場価格がさらに高くなっていったのです。 1つは今のガス会社さんに単価を下げてもらうよう交渉することです。 そしてもう1つが、単価の安いプロパンガス会社への切り替えで、大抵の場合、 プロパンガス会社の変更が最も効果的です。 その理由は以下の2つです。 これと比較し、現ガス会社さんへの単価引下げの交渉は、ほとんど単価が下がらない場合や、引下げ自体してもらえない可能性が多いにあります。 その点、プロパンガス消費者センターからご紹介するガス会社は、いずれも経営状態が良好な会社です。 そのため 不当な値上げが行われることはありません。 切り替え 値下げ交渉 メリット ・今の料金からほぼ100%安くなる ・切り替え後の不当な単価の値上げが起きず、長く適正価格で利用できる ・賃貸アパート・マンションにお住まいでもガス会社に直接交渉し安くなる可能性がある デメリット ・賃貸アパート・マンションの場合、大家さんの承認が必要となる ・十分な成果が得られない可能性が高い (少ししか単価が安くならなかったり、交渉自体に失敗してしまう) ・すぐに単価が値上げされてしまう可能性が高い また、ご覧頂いた通り ガス会社への切り替えはほとんどデメリットがありません。 このような理由からプロパンガス消費者センターでは優良企業への切り替えをお勧めしています。 いずれの会社も経営状態が優れており、不当な値上げの心配もありません。 こちらのページからがいくらかをご確認ください。 しかし、このような安い値段ではプロパンガス会社は利益を上げる事ができないため、適正な価格とは呼べません。 なぜなら、200円台の従量料金は必ず値上げを起こし、結果的に損をしてしまう可能性が非常に高いからです。 一つは、プロパンガスをサウジアラビアなどの産ガス国から自社で直接輸入している卸売会社です。 そしてもう一つは、その卸売会社からプロパンガスを購入し販売している販売店です。 卸売会社は自社で調達している分、販売店よりもコストが安く済みます。 また、卸売会社は国内で広くプロパンガスを供給している大手企業です。 そのため調達以外の部分でもコストを抑える知識や技術を持っています。 このようにしてコストが抑えられているため、300円台の値段で供給しても十分利益を確保する事ができるのです。 プロパンガス消費者センターでは、その卸売会社をご紹介しているため適正価格でのご提案が可能なのです。 その理由はプロパンガス会社が多く競争が激しいこと、人口が多いため効率的にガスを配送できコストが比較的かからないことが挙げられます。 ご自宅の料金を今一度ご確認頂き、下記の都県別相場価格と比較してみてください。 また、都県名から各都県の情報をご確認頂けます。 基本料金 従量料金.

次の

高いLPガス会社の見直し・価格変更なら|プロパンガス料金.com

プロパンガス 料金 平均

従量料金は、2018年12月の小売価格確報を参考に算出• 通年と夏、冬の月額料金は、3人暮らしの平均的な使用量と県の基本料金、従量料金から算出• 沖縄県の使用量は、九州地方と同じとして試算• すべて消費税込み としてあります。 ( )内はガスの使用量(立方メートル) 基本料金 従量料金 月ごとの平均請求額 通年平均 夏 冬 北海道 2,101円 776円 5,825円 (4. 8) 5,071円 (3. 6) 6,757円 (6. 0) 青森県 1,885円 885円 9,496円 (8. 6) 6,221円 (4. 9) 12,682円 (12. 2) 岩手県 1,956円 705. 3円 8,021円 (8. 6) 5,411円 (4. 9) 10,560円 (12. 2) 宮城県 1,745円 606. 9円 6,964円 (8. 6) 4,718円 (4. 9) 9,149円 (12. 2) 秋田県 1,856円 680. 2円 7,705円 (8. 6) 5,188円 (4. 9) 10. 154円 (12. 2) 山形県 1,907円 700円 7,927円 (8. 6) 5,337円 (4. 9) 10,447円 (12. 2) 福島県 1,812円 634. 9円 7,272円 (8. 6) 4,923円 (4. 9) 9,557円 (12. 2) 茨城県 1,711円 557. 3円 9,346円 (13. 7) 6,615円 (8. 8) 12,132円 (18. 7) 栃木県 1,677円 554. 4円 9,272円 (13. 7) 6,555円 (8. 8) 12,044円 (18. 7) 群馬県 1,756円 546. 7円 9,245円 (13. 7) 6,556円 (8. 8) 11,979円 (18. 7) 埼玉県 1,707円 531. 3円 8,985円 (13. 7) 6,382円 (8. 8) 11,642円 (18. 7) 千葉県 1,732円 523. 6円 8,905円 (13. 7) 6,339円 (8. 8) 11,523円 (18. 7) 東京都 1,702円 524円 8,880円 (13. 7) 6,313円 (8. 8) 11,500円 (18. 7) 神奈川県 1,758円 523. 7円 8,932円 (13. 7) 6,366円 (8. 8) 11,551円 (18. 7) 新潟県 1,921円 636. 8円 8,416円 (10. 2) 6,123円 (6. 6) 10,77円 (13. 9) 長野県 1,841円 590. 8円 7,867円 (10. 2) 5,740円 (6. 6) 10,053円 (13. 9) 山梨県 1,746円 556. 9円 7,426円 (10. 2) 5,421円 (6. 6) 9,486円 (13. 9) 静岡県 1,814円 570. 3円 9,056円 (12. 7) 6,604円 (8. 4) 11,452円 (16. 9) 愛知県 1,791円 539. 6円 8,643円 (12. 7) 6,323円 (8. 4) 10,910円 (16. 9) 岐阜県 1,809円 554. 3円 8,848円 (12. 7) 6,465円 (8. 4) 11,176円 (16. 9) 三重県 1,809円 549. 8円 8,791円 (12. 7) 6,427円 (8. 4) 11,10円 (16. 9) 富山県 2,013円 651. 4円 8,592円 (10. 1) 6,247円 (6. 5) 10,937円 (13. 7) 石川県 1,876円 650. 9円 8,450円 (10. 1) 6,106円 (6. 5) 10,793円 (13. 7) 福井県 1,799円 630. 6円 8,168円 (10. 1) 5,897円 (6. 5) 10,438円 (13. 7) 滋賀県 1,825円 579. 6円 9,359円 (13. 0) 6,577円 (8. 2) 12,141円 (17. 8) 京都府 1,859円 583. 1円 9,439円 (13. 0) 6,640円 (8. 2) 12,238円 (17. 8) 奈良県 1,838円 548. 5円 8,968円 (13. 0) 6,335円 (8. 2) 11,601円 (17. 8) 大阪府 1,747円 540. 6円 8,774円 (13. 0) 6,179円 (8. 2) 11,369円 (17. 8) 兵庫県 1,956円 601. 7円 9,778円 (13. 0) 6,889円 (8. 2) 12,666円 (17. 8) 和歌山県 1,879円 550. 4円 9,034円 (13. 0) 6,392円 (8. 2) 11,676円 (17. 8) 鳥取県 1,888円 664. 6円 8,666円 (10. 2) 6,274円 (6. 6) 11,125円 (13. 9) 島根県 2,043円 633. 4円 8,503円 (10. 2) 6,223円 (6. 6) 10,847円 (13. 9) 岡山県 1,923円 618. 4円 8,230円 (10. 2) 6,004円 (6. 6) 10,518円 (13. 9) 広島県 1,868円 588. 3円 7,868円 (10. 2) 5,750円 (6. 6) 10,045円 (13. 9) 山口県 2,024円 641. 4円 8,566円 (10. 2) 6,257円 (6. 6) 10,93円 (13. 9) 徳島県 1,811円 561. 4円 7,537円 (10. 2) 5,516円 (6. 6) 10,865円 (13. 9) 香川県 1,834円 599. 2円 7,945円(10. 2) 5,788円(6. 6) 10,162円(13. 9) 愛媛県 1,869円 596. 7円 7,955円 (10. 2) 5,807円 (6. 6) 10,163円 (13. 9) 高知県 1,800円 567. 5円 7,588円 (10. 2) 5,545円 (6. 6) 9,688円 (13. 9) 福岡県 1,947円 590. 4円 7,378円 (9. 2) 5,194円 (5. 5) 9,504円 (12. 8) 佐賀県 1,911円 605. 7円 7,483円 (9. 2) 5,242円 (5. 5) 9,663円 (12. 8) 長崎県 1,790円 617. 8円 7,473円 (9. 2) 5,187円 (5. 5) 9,697円 (12. 8) 熊本県 1,753円 593. 3円 7,211円 (9. 2) 5,016円 (5. 5) 9,347円 (12. 8) 大分県 1,790円 576円 7,089円 (9. 2) 4,958円 (5. 5) 9,162円 (12. 8) 宮崎県 1,686円 646. 6円 7,634円 (9. 2) 5,242円 (5. 5) 9. 962円 (12. 8) 鹿児島県 1,643円 627. 5円 7,416円 (9. 2) 5,094円 (5. 5) 9,675円 (12. 8) 沖縄県 1,711円 633. 8円 7,541円 (9. 2) 5,196円 (5. 5) 9,823円 (12. 8) 参考 この表の料金は、あくまでも『平均』です。 もちろん、各家庭で使用量は違いますが、それだけでなく、地域やガス会社によっても、ガス料金は変わります。 そのあたりについて、次の所でお話ししましょう。 プロパンガスの料金にはかなりの差がある 先ほどの表は、石油情報センターのデータを参考に算出した、プロパンガスの料金です。 でも実は、プロパンガスの料金は• 以前のガス会社…基本料金1,620円、従量料金507. 今のガス会社…基本料金1,620円、従量料金302円 引越しをしたわけではなく、ただガス会社が違うだけなのですが、従量料金に200円以上もの差があります。 このように ガス会社によって料金が違うのは、プロパンガスが『自由料金』だからです。 ガス会社の判断で自由に料金設定ができるので、このようにガス会社によって差が出るのです。 さらに、なんと 『同じ地域の同じガス会社でも月額の基本料金が違う』 なんてこともあります。 この理由の一つは、 『戸建てと集合住宅では、集合住宅の方が月額基本料金が高くなることが多い』 ということがあります。 もう一つは、戸建てであっても• 高めの料金を設定する業者も多い• プロパンガス業界には、高い料金を維持しやすい体質がある といった理由も重なっているからです。 でも最近では、 『プロパンガス会社が必要な利益を得られて、かつなるべく消費者に負担のない価格を』 と考える良心的なガス会社やガス会社変更サービスも増えています。 それが 『適正価格』 適正価格は、 従量料金ではだいたい280円から400円弱くらい。 この料金だと、先ほどの表の平均より、かなり安いですよね。 つまり、 適正価格のガス会社と契約すれば、平均よりずっと安いガス料金にできる可能性もあるのです。 『平均価格』や『適正価格』については、こちらで書いています。 ガス料金について考える時には、この違いを知っておくことは大事なので、ぜひ読んでみてください。 適正価格のガス会社を見つける方法 適正価格のガス会社を見つける、一番早くて楽な方法は ガス会社変更サービスを利用して、ガス会社を変える という方法です。 ガス会社変更サービスでは、あなたの地域やガスの利用のしかたなどに合わせて、一番合うガス会社や料金プランを紹介してくれます。 自分でガス会社を調べたり、ガス会社に問い合わせたりする必要がないので、とても楽です。 また、 しつこい勧誘に遭わずに済むのも、メリット。 さらに、 『料金保証』がついているガス会社変更サービスなら、ガス会社を乗り換えた後も安心です。 プロパンガス会社変更サービスについては、詳しくはこちらを読んでください。 適正料金の一例 ガス会社を変えて適正料金になった例として、筆者自身の家のガス料金を見てみましょう。 筆者は関東在住なので、先ほどの表の関東の中で一番安い、東京都の平均と比べてみます。 ( )内はガスの使用量(立方メートル) 基本料金 従量料金 月ごとの平均請求額 通年平均 (13. 7) 夏 (8. 8) 冬 (18. 7) 東京都 1,702円 524円 8,880円 6,313円 11,500円 前のガス会社の ガス料金 1,620円 507. 6円 8. 574円 6,086円 11,112円 今のガス会社の ガス料金 1,620円 302円 5,757円 4,277円 7,267円 そもそも、前のガス料金が『平均』より安いですが、今のガス会社は、さらに安いです。 ガス会社を変えて適正料金になったことで、 月額料金が夏でも2,000円、冬で3,800円以上も安く なりました。 これが 『平均以下であれば十分安いとは限らない』ということの例の1つです。 もちろん、 ガス会社変更サービスを利用することでガス料金がどのくらい安くなるかは、状況によります。 でも、 「ガス代が安くなったらうれしいけど、どうしたらいいんだろう?」 と思っているなら、一度問い合わせて見て損はないですよ。 適正料金のガス会社を利用するメリット 適正料金のガス会社を利用する一番のメリットは、なんといっても 『自分の家のガス料金が安くなる』 でも、 それだけではありません。 適正料金のガス会社を利用する人が増えると.

次の