しゃがれ 声 出し 方。 【プロが教える】透き通るほど綺麗な声の出し方|印象がガラッと変わる!もう、汚い声で損をしないクリアボイスな生き方

声や発声法に関するQ&A集

しゃがれ 声 出し 方

記事の目次• 低音が出せることのメリット 声に深みを出すことができる 低い声には、他の声とは違う深みがあると言われています。 成熟した大人にしか出すことの難しい低音の響きは、その美しさだけではなく、それまでの人生が熟成されたような深い旨味すら感じられるという声が聞かれます。 そのため、どこかで歌声を披露するときには、このような低音ボイスを習得しておくことによって、ワンランク上の評価を得ることが期待出来るでしょう。 聞く側に安定感を与えられる 低音の音域そのものに安定感や安心感、または落ち着いた雰囲気を与えることが多いです。 このことによって、聴いている人に対して安定感をあたえることができ、その声をより聞きやすいものにするのです。 楽器に例えたらベースなどの低音を担当する楽器が楽曲の支えになるということをイメージしてもらえると理解しやすいかと思います。 また、歌だけに限らず、介護の声かけなどでも、高音よりも低音の方が聞き取りやすいというデータも聞かれます。 このことからも、低音には聞く側に安定感が当てられることが分かるかと思います。 実は高い声も出しやすくなる 低音ボイスを上手にコントロールすることによって、高音ボイスも上手に出すことが出来るようになりますね。 それは歌に使う息の量を上手く使うことが出来るからです。 自分の出せる限界まで低い声を出そうとすると、まるで唸り声のような音になります。 そして、そのときには息を流す量がかなり減るはずです。 そのとき、声帯には大きなストレスがかかります。 そのようなことがないように、しっかりと息が流れるように発生するようトレーニングを重ねることで、低音が出しやすくなり、そのアプローチを高音にも活用することで、高低両方、魅力的なボーカルへと近づいていくのです。 低い声を出す練習 ポルタメント ポルタメントは出す音を上げ下げするように歌う方法です。 あまりイメージが付きにくいかもしれませんが、日頃行う「あくび」のような「ふわぁー」というものを想像してもらえるのが一番近いかもしれません。 ポルタメントは、まず顎を下げ、口を開けます。 そして、舌先を下の歯に触れるようにしましょう。 口のポジションを整えたら、あばらの一番下に左手をあてます。 その後、高い声から低い声へと声を出していきましょう。 これがポルタメントです。 もしも出来る人は、一番低い音にあたったときにビブラートをかけて腹式呼吸が出来ているか確認してみてください。 腹式呼吸 腹式呼吸が上手く出来てない人は、大きい声が出せない、声が震える、喉を痛める、一息で歌を歌えないという症状が出てしまいます。 これらを改善するのは腹式呼吸です。 腹式呼吸のやりかたは、心臓とみぞおちあたりに手を置いて、リラックスをした状態を取ります。 そして呼吸をするのですが、そのときに、胸と肩を動かさないようにしましょう。 そうするとみぞおちが動きますので、これをイメージしましょう。 そして、吐くときには自然に緩めましょう。 横隔膜が動くことが腹式呼吸を語るときによく使われる言葉ですが、そうではなく、自然に息が入ってくることを心がけましょう。 ペットボトル練習法 身近なものをボイストレーニングとしては、ペットボトル練習方が挙げられます。 これは、2リットルの空のペットボトルを用意して、それを思い切り吸い込み、凹ませ、また息を吐いて元の大きさに戻すという方法です。 この方法でボイストレーニングをすることによって、腹式呼吸のやり方を確認することができます。 また、肺活量を鍛えることにも繋がるかと思いますので、息を上手に流すことが必要とされる低音ボイスをマスターするには欠かせません。 低い声の出し方についてのポイント 低い声を出そうと意識しすぎない 低い声を出そうとすると、どうしても無駄に力が入ってしまったり、喉が緊張した状態になってしまいます。 そうすると、声が張り上げてしまうため、喉が疲れてしまい、すぐ声がしゃがれてしまいます。 そういったことを繰り返してしまうと、声帯にもダメージが蓄積していくのです。 このようなことを避けるため、なるべく自然に低音を出せるように努力してみましょう。 体勢は大きく動かさない方が良い よくプロの歌手でも見かける光景ですが、自分の歌う音階に合わせて身振り手振りをしてしまう人がいます。 しかし、これは上手に歌を歌うという観点からはあまり良いことではありません。 上半身に余計な力をかけてしまうことによって、緊張した状態になってしまいます。 低音を出す時は首を下に下げない 低音を体で表すと顔も下に向いてしまいがちです。 このときには喉が締め付けられる格好になるので、力が余分に使われてしまいます。 なのでこのようなクセがあるという人は、視線を下向きにし、出来るだけ遠くを見るという風に工夫して見るのも良いかもしれません お腹から響かせる 歌を歌うときのアドバイスの定番として「お腹に声を響かせる」というものがあります。 これは、声の高低によって、身体の部位と連動していく傾向にあります。 低音の時にはお腹から声を響かせるというイメージで出すと良いそうです。 このイメージを持っていくことで、身体に自分の声が共鳴して、心地よさを感じられるかと思います。 しっかり息を吐き出す 歌う時に息を吐き出すというのは当たり前すぎて、あまり意識をしないポイントかもしれませんが、とても重要となっています。 歌っている場合でさえ、多くの人が息をしっかりと吐き切れていません。 自分の声を自分の手のひらにあてるように歌ってみると、その息の弱々しさに驚くかと思います。 一般的に息が使いづらいと言われている低音ボイスであれば、なおさら注意が必要です。 しっかりと声帯が振動出来るように息を吐き出し、魅力的な低音を手に入れましょう。 そのためには、しっかりと息を吸うことも必要です。 呼吸を制するものを歌声を制します。 ちょっと遠くの人に話しかけるように発声する 歌を歌うというのは非日常的な行動です。 さらに、それが人前で歌うとなるとより緊張した状態になります。 腹式呼吸などのテクニックを覚えると、より大きな声が出せるようになるため、ついつい音量が大きくなりがちです。 しかし、低音で歌う場合には力を抜いたリラックスした状態を作ることが肝心ですので、無駄な力を抜くことを心がけましょう。 イメージとしては、少し遠くの人と会話をするように歌うと良いです。 胸に手を当てて声を出してみる 腹式呼吸を会得すると、お腹の動きをよく感じることが出来ると思います。 しかし、呼吸に大切なのは胸も同じです。 しかし、胸はあまり動きを感じることができません。 ですので、胸に意識が上手く集中することができないのであれば、手を当ててみて歌ってみると良いでしょう。 胸に振動が感じることが出来れば、身体に歌が共鳴している証拠です。 この響きを感じられるように努力することが大切です。 まとめ 高音とは違った魅力を持つ低音ボイスは、安心感や安定感を聴く人に与えるため、その歌にさらなる深みを持たせることが出来るでしょう。 また低音を出すトレーニングをすることによって、高音も伸びやかに発生することが出来ます。 低音を出すトレーニングには、ポルタメントや腹式呼吸、ペットボトル練習法などが挙げられます。 さらに、低音を出す時に必要な注意事項も存在するので、それらも会得しておくようにしましょう。 高音ばかりが注目されるボーカルの世界ですが、高低両方カバーすることによって、その楽曲の魅力を十二分に引き出すことが出来ます。 低音ボイスを攻略するための扉を開きましょう。

次の

可愛い声の出し方や喋り方6選|癒される&優しい声になる方法は?

しゃがれ 声 出し 方

しゃがれ声や、かすれた声のこと。 ハスキー(husky)はトウモロコシなどの植物の皮を意味する(husk)の形容詞として使われます。 つまり、ハスキーボイス(husky voice)とは、トウモロコシの皮の鳴る音のように乾いた声という意味があります。 無意識にしている発声の方法が喉を締め付けて行っている発声のため、子供のころからハスキーボイスになっているという人もいます。 女性の場合、会話を長く続け過ぎてしまいハスキーボイスになるという場合もあるようです。 その他にも様々な原因が考えられますが、習慣というものはそのほとんどが無意識に行われているため、気が付かない間に子供の頃からハスキーボイスになっているという事があります。 職業でも、大きな声を出す事が多い人などは、ハスキーボイスの人が多くいます。 なぜなら、大きな声で声帯に負担がかかって、2枚でぴったりと閉じるはずの声帯から空気が漏れながら話している状態がハスキーボイスになっているという状態なのです。 大きな声を継続的に出すことで、声帯に負担がかかり、枯らす感じの声が出てくるようになります。 でも、短期でハスキーボイスを習得しようとして、喉を酷使することはお勧めできません。 酷使しすぎた場合、声帯に負担が強くなり過ぎてポリープができたり、他の声帯の病気にかかるリスクになることがあります。 なので、この方法は、短気でハスキーボイスを習得しようと考えるのではなくて、長期的に考えて、徐々にハスキーボイスになっていく方法と考えましょう。 これも、声帯に負担がかかるために、枯れたような声を出すことができるようになるという考え方です。 練習方法は簡単です。 喉の管理を行わずにカラオケで歌を歌い続けるという事です。 それを続けていると、喉が疲労してくるのが感じます。 そうなると、自然とハスキーボイスになってきます。 これも、かなり声帯を酷使する方法のひとつです。 先ほどの、大きな声を出すという方法でもお伝えしましたが、喉を酷使し過ぎてしまうと、声帯に強い負担がかかることになります。 なので、ハスキーボイスの人は、話すにしても歌うにしても、息が多く出ていることが良くあります。 同じように、息を多めに出すことを意識して話したり、歌ったりするなら徐々にハスキーボイスになってくるという考えです。 これは、今までの声を出すことで喉を枯れさせる方法とはちがい、呼吸によってハスキーボイスのような声が出せるようになるという考え方です。 もちろん、呼吸方法なので、地声はほとんど変わらないです。 ここぞ!という時だけハスキーボイスを使いたいという人には、良い方法かもしれません。 でも、息を多めに出すというのは、かなり難しい方法でもあります。 いきなりは感覚がつかむことは出来ないと思いますので、まずは、話すときに息を多めに出すことを意識してみるのはいかがでしょうか。 なので、漠然としたイメージではなくて、明確なイメージを持つことをお勧めします。 あなたは、どんなハスキーボイスになりたいですか?お手本になる声を用意して、それを目標にしましょう。 まずは、目標をきめて、目標を具体的に調査していくことから始めましょう。 目標にしている人は、どんな息遣いをしていますか?どの音域が一番ハスキーに聞こえますか?など、詳しくお手本の声に関して調査し、目標にしましょう。 でも、これは感覚を自分で身に着けていくしか方法はありません。 感覚を身に着けるためにできる事として、できる練習をご紹介します。 1、立った状態で、足は肩幅くらい開きまっすぐ立つ。 2、「アー」と自分の出しやすい音域で、切れることなく声を出していきます。 徐々に息が続かなくなってきます。 3、声だけを徐々に消していき、声を出さずに行きだけを出し続けます。 息を出し切ったら1セット完了です。 余裕が出てきたら、3の状態の時に声を出してみると、しゃがれた感じの声が出てきます。 方法は先ほどとほとんど変わりません。 1、立った状態で、足は肩幅くらい開きまっすぐ立つ。 2、「アー」と自分の出しやすい音域より高い声で、切れることなく声を出していきます。 徐々に息が続かなくなってきます。 3、声だけを徐々に消していき、声を出さずに行きだけを出し続けます。 息を出し切ったら1セット完了です。 余裕が出てきたら、3の状態の時に声を出してみると、しゃがれた感じの声が出てきます。 人は、高音を出すときには喉仏が上に上がり、低音を出すときは喉仏が下に下がります。 自分の喉仏を触ってみてください。 高音の時と低音の時、喉仏の位置がずれていると思います。 自分の低音を知るには、喉仏が下がっている状態の声で、どのくらい低音が出るのかを確認しましょう。 もうこれ以上でないという低音のところが、今のあなたの低音の限界です。 毎回、「これ以上でない」という低音を繰り返すことで、低音の幅を広げる練習となります。 という人で考えられる原因の一つは、声帯の周りの筋肉に余計な力が入っているという事が考えられる原因かもしれません。 例えば、緊張をしているときは、思ってもいないところに力が入っていて、緊張が解けた時に疲労や、思わぬ所に筋肉痛がおきたりします。 同じように、緊張や、正しい発声ができていないために、声帯周りの筋肉に余計な力が入り、声帯が上手に動いていないのかもしれません。 声帯は、声を出すときは2枚の声帯がぴったりと閉じて合わさり、そこに触れた空気が振動して声になります。 でも、余計な力が入って声帯が上手に動かず、上手く閉じていないために、ハスキーボイスになってしまっているのかもしれません。 喉頭とは、声を出したり、食物を飲み込んだりする首の中にある器官です。 喉頭の一部として触れる場所と言われているのが「喉仏」です。 つまり、喉頭炎を起こしていると声帯の周辺が炎症を起こしている状態になります。 声帯が炎症を起こしていると、声を出すときに2枚の声帯がぴったりと閉じない状態で振動を作り、声を出しているかもしれません。 そのために声がかすれてしまう場合があると考えられています。 治す方法は、処方された薬を飲んで安静にしていましょう。 炎症が引いたらハスキーボイスも治る場合もあります。 でも、職業によっては直りの時間が違うかもしれません。 例えば話す事が多い仕事の場合、声帯は自分が思っている以上に疲労している場合があります。 そうした時は、風邪などは治っても、喉の炎症だけ直りが悪いという場合もあります。 生理中は、ホルモンのバランスが変わりやすいため、声帯がむくんだりする人もいるそうです。 声帯に負担がかかっている時に、声を出し続けるなら声帯の負担が大きくなっていきます。 それを続けていくなら、ハスキーボイスになってしまうという意見もあります。 プロの歌手の人も、生理中には声が出しにくくなると感じる人もいるそうです。 ポリープのためにハスキーボイスになった人は、高い音だけではなく、話声や地声、すべての声がかすれてしまいます。 声帯にできたポリープのため、2枚の声帯がぴったりと閉じないので空気と一緒に声が出てくるようになり、ハスキーボイスになってしまうと考えられています。 喉への負担が大きいために、ポリープができるという意見もあり、歌う事や多い人や、話す事が多い人はなりやすいといわれています。 初期のポリープなら、薬を飲み喉を安静にするという治療方法もあるようですが、ポリープの状態が悪いなら、手術をして摘出するという事にもなる可能性があるそうです。 その刺激が喉へ負担をかけて炎症を起こしている場合があります。 喉に炎症があるときは、喉を安静にさせる必要がありますが、そう考えている人は、ほとんどいないと思います。 喉への負担に気づいていないため、喉を安静にしないで話したりすることで炎症がひどくなり、声帯が腫れたような状態になったりする場合があります。 声帯が腫れるなら、2枚の声帯がぴったりと閉じないので空気と一緒に声が出てくるようになります。 こうしたことが原因で、ハスキーボイスなっている人もいます。 直したいと思われるのなら、刺激物の摂取をやめることで改善される場合があります。 原因は、生理中に起きるホルモンバランスの乱れで、声帯にむくみが生じやすくなっているからという意見もあります。 生理中に声を出しすぎるなら、声帯への負担もいつも以上に大きくなりやすいと思いますので、生理中はあまり声を出さなさないようにすることで、声帯の負担を減らすことになるという考えもあります。 そうしたときに無理して声を出していると声帯への負担が大きくなり、ハスキーボイスがひどくなることもあります。 どのように対策をすることができるでしょうか。 体は、疲労したなら休ませることが必要です。 同じように声帯も休ませてあげましょう。 できるだけ声を出さないようにして、炎症が引くのを待ちましょう。 水分をとり、喉を乾燥させないようにしましょう。 また、忘れがちな点ですが、料理にも気をつけてあげると喉も休まりますね。 極端に熱いものや、辛いものなど刺激が強いものは避けてあげると、喉の休養になると考えられています。 疲労したなら、休む。 これは、体全体に言える点ですね。 そうした場合、どのように改善をすることができるでしょうか? おススメな方法は、ボイストレーニングを行うという方法です。 ボイストレーニングを行う事で、正しい発声方法を学び、発声するときの喉の状態に気を配ることができるようになります。 正しい喉の状態で発声ができるようになると、喉への負担が減り、ハスキーボイスの改善につながるようになってきます。 正しい発声方法なら、2枚の声帯がぴったりと閉じた状態で声が出てくるようになり、正常な声帯の動きで声を発することができるようになります。 ハスキーボイスを改善することができるようになるだけではなくて、本来のあなたの綺麗な声を引き出すことができるようにもなるかもしれません。 そうした人は、喉のコンディションが悪くても話し続けないとならないため、ハスキーボイスになりやすいと言えるかもしれません。 そうした人でも、ハスキーボイスを改善する方法はあるのでしょうか? 改善方法としては、可能なら喉に痛みが感じる時にはのどを休ませるために、声を出さないという対策を取ることができます。 乾燥も、喉への負担が大きい要素と言えるかもしれません。 加湿器をつけ湿度を高めにするか、加湿器が無いのなら、洗濯物を部屋の中で干すという方法で、部屋の湿度を上げることができます。 水分補修も、大切な要素ですね。 食事も、熱すぎるものや辛いものなど、刺激が強いものを避けることができます。 その他にも、喉のコンディションが悪い時には、うがいをしたり、のど飴をなめるなどして、喉へのケアを行うなら、ハスキーボイスの対策となると考えられています。 泣きすぎが原因か、初期の風邪が原因の場合が多くあります。 まずは、声枯れを起こしていたら、病院に行くことをお勧めします。 泣きすぎと思っていても風邪の場合があります。 もし、泣きすぎが原因になっていたら、大泣きをさせないように対策を取りましょう。 例えば、少しぐずってきたら他の物で気を散らすようにすることもできます。 また、喉の保湿も考えてあげましょう。 加湿器を使って湿度を高めにしたり、部屋に洗濯物を干して湿度を高めたりなどができます。 水分を取るように気をつけてあげることも大切です。 喉が渇いているときに大泣きするのでは、声帯への負担がかかってしまします。 こまめに水分を上げるようにしましょう。 もし、風邪でもなく、泣きすぎでもないなら、喉や声帯に原因があるのかもしれません。 他にも原因があるのではと思うのなら、耳鼻咽喉科へ行ってみましょう。 体重が勝負を決めるタイプのスポーツ選手は、体重を増やすために高カロリーなものを食べることが多いですね。 体重を増やすのに一番早い方法は「脂肪を増やす」という方法があります。 脂肪は、体の脂肪が無いところについていくものです。 そして、それは内臓にも同じことです。 声帯も、脂肪はあまりついていない場所です。 そこに、他につく所が少なくなった脂肪がついてくるのです。 脂肪がつくと、脂肪が邪魔をして、声を出すときに2枚の声帯がぴったりと閉じなくなってしまいます。 ぴったりと閉じないために空気と一緒に声が出てくるようになり、ハスキーボイスになっていると考えられています。 でも、プロレスラーの場合は、プロレスの技の影響で喉が骨折したためにハスキーボイスになっている場合もあるそうです。 そうした場合は、手術で治る可能性があるとの事でした。 例えば、女性の声優さんです。 女らしいきれいな声だと、女性役以外に広げることが難しく感じたとしても、ハスキーボイスを習得している人は、女性が、男性キャラクターを演じることができるなど、獲得できる役の幅が広がるために、ハスキーボイス武器にしている人もいるそうです。 でも、声優さんは声で演技をする仕事です。 なのでキャラクター合わせてハスキーボイスと、そうではない声の使い分けができるという人もいるそうです。 どちらの声も使えるとは、「本当に声のプロなんだなぁ…。 」ととても驚きました。 まさに、ハスキーボイスを武器にしていると言える人たちなんですね。 まとめ.

次の

音楽のシャウト、しゃがれ声の出し方についての質問です。

しゃがれ 声 出し 方

音楽のシャウト、しゃがれ声の出し方についての質問です。 世の中には、イースタンユースやブルーハーツ、マキシマムザホルモン、筋肉少女帯のボーカリストの方やソウル、ファンク、ブルースなどのジャンルのシンガーの方など魅力のあるしゃがれ声やシャウトを持った歌声の方がいらっしゃいます。 このような歌声は、もともとの持ち味、才能なのでしょうか? それとも特殊なトレーニングによって得た歌声なのでしょうか? もしこれらの歌声が特殊なトレーニングによって得られるのならどのようなトレーニングが有効でしょうか。 詳しいサイトや本などを紹介していただけるとうれしいです。 また、このようなシャウト、しゃがれ声と我々一般の人間の叫び声、怒鳴り声、声枯れとの違いは何でしょうか。 もっと若いころの私の声は結構高かったんですが、ハードロックばかり歌ってたら声が低くなり、シャウトも出せるようになりました。 もともとの声に多少は影響されると思いますが、練習すれば出せるようになると思います。 ちなみに私はシャウトするとき、喉を絞るように細めて出してます。 上手く表現できません、すいません ただ、正しいやり方ではないと思いますので、喉を傷めることになるかもしれません。 「こんな声を出したい」と思うアーティストさんの曲を聴きこんで、歌い続けてたら出せるようになるかも?です。 あとは・・・水分をまめに取ったほうがシャウトが出しやすいですね。 あくまで私の場合ですが。 参考にならない回答ですいません。

次の