スマホ 容量不足。 スマホの容量不足だと何が起こる?ママのスマホがサクサクに動くコツ

「メモリの空き容量が不足している」とメッセージが出た

スマホ 容量不足

スマホの容量は? スマホは同じ機種であってもその容量はいくつかに分かれます。 例えば2018年に発売されたiPhone XSの場合、容量は64GB、256GB、512GBになります。 かつては16GBや32GBの端末もありましたが、最新の端末では容量は3種類です。 また、以前は128GBが最高だったこともありますが、現在では容量も大幅に増えています。 容量が増えているということはその分、たくさんのデータを扱うことができるため、利用者にとっては大きなメリットになります。 ちなみに、64GBの場合、写真にすると約51,200枚分、256GBだと約204,800枚分となります。 超高画質の4K動画で1分撮影した場合、64GBだと160本分、256GBだと640本分が保存できます。 20万枚の写真や640本の動画を撮影する機会はあまりないかもしれませんが、大きな容量であるということは理解してもらえるのではないでしょうか。 ただし、容量が大きくなる分端末の料金も高くなります。 例えば、ソフトバンクでiPhone XSを購入する場合、64GBで総額136,800円、256GBで総額155,040円、512GBで総額180,000円です。 もちろん分割で支払うことになりますが、非常に高価な買い物になります。 スマホの利用にあたっては容量は非常に重要な要素ですが、予算との折り合いをつけなければいけません。 スマホの容量をたくさん消費するもの 大きな容量の端末が入手できるにこしたことはありませんが、それが無理な場合は、容量を消費しすぎないように注意する必要があります。 そこで、続いてはスマホで容量を消費するものについて確認していきましょう。 先ほどの例のように、一般的にスマホで容量を消費しやすいのは動画です。 また、画像も1枚だけではそれほど容量は消費しませんが、簡単に撮影しやすいということもあって、こまめに整理していないとあっという間に容量を消費してしまいます。 アプリに関しては、容量がピンキリで数MBのものもあれば、1GB以上を消費するものもあります。 特にゲームアプリは大容量のものも結構あります。 また、LINEやTwitter、FacebookなどのSNSはアプリのなかでも比較的容量が大きい部類に入ります。 次に音楽の場合、1曲あたりは大体10MB前後で、64GBなら約6,400曲、256GBなら約25,600曲となります。 音楽が好きな人であれば、たくさんの曲を持っている人も少なくないことが予想されるため、64GBでは物足りなく感じる可能性もあります。 そして、意外と見落としてしまいがちですが、LINEやメールなどでのやり取りはデータとしてどんどん保存されていくため、少しずつではありますが容量を消費していきます。 数年間利用した端末だと数GBを消費しているケースもあるので、侮ることはできません。 このように、スマホにおいては様々な要素が容量を消費しているということを覚えておいてください。 スマホの容量が足りない場合は整理しよう 最初は容量がたっぷりあったはずのスマホも、使い続ける内にあっという間に空き容量が少なくなります。 そういったときに容量の大きいスマホに替えることができれば理想的ですが、契約やお金の都合も考慮すると簡単なことではありません。 そのため、今ある端末で容量を増やすための工夫をする必要があります。 そこで、続いては容量が足りない場合の整理方法について紹介します。 ここで紹介するのは以下の5点です。 容量を消費している要素の確認• 不要なアプリの削除• データの移行• キャッシュや履歴などの削除• クラウドサービスの利用 それでは1つずつ確認していきましょう。 スマホ容量を消費している要素の確認 容量を空けるためには、今何が容量をたくさん消費しているのかを確認しなければいけません。 そのため、まず行うことは各端末のストレージを確認することです。 ここで容量の消費状況を把握した上で整理を行っていきます。 不要なアプリや写真・動画の削除 ストレージを確認し、容量を消費しているアプリの中でも使用していないものは削除するようにしましょう。 過去に何となく入手したもののほとんど使っていない、これから先も使う予定はなさそう、といったものはどんどん削除することをおすすめします。 使わないものを整理するとスマホのホーム画面もすっきりとするため、容量の確保だけでなく、使い勝手も良くなるはずです。 同様に、写真や動画も削除することで容量を確保することができるので、併せて不要なものは削除するようにしましょう。 スマホデータの移行 スマホの中に保存されているデータのなかにはパソコンや外付けのハードディスクなどに移行できるものもあります。 例えば、動画や写真は簡単に消費する容量が大きい一方で移行は簡単に行えるため、すぐに容量を空けることが可能です。 アンドロイドスマホであれば、端末に」microSDカードを挿入して、カードにデータを保存することもできます。 カードの容量は様々で数GBのものもあれば200GB以上のものもあるため、一気に容量を増やすことができます。 また、カードは交換できるため、1つのカードの容量がいっぱいになっても別のカードを用意すればまたデータが保存できます。 一方のiPhoneは、アンドロイドのようにmicroSDカードを利用することはできません。 そのため、パソコンがデータの主な移行先となります。 パソコンを経由すれば、外付けのハードディスクにも移行可能です。 外付けハードディスクであれば1TBなど非常に大きな容量のものもあるので、容量で困ることはないでしょう。 ただし、移行したデータにアクセスするにはパソコンを経由しなければいけないため注意が必要です。 キャッシュや履歴などの削除 アプリを利用していると、キャッシュと呼ばれるデータの一部が保存されていきます。 キャッシュは保存しておくことで、過去に利用したことのあるページやデータを利用する際の読み込むスピードが速くなるといったメリットがあります。 ただし、その分データは蓄積されてしまうため、容量を圧迫してしまいます。 また、キャッシュがたまるとスマホの動作が悪くなるなど、パフォーマンスにも影響を与えてしまいます。 そのため、不要なキャッシュは定期的に削除するようにしましょう。 同様にブラウザの履歴、電話の履歴なども容量を消費するため、削除するようにしましょう。 クラウドサービスの利用 オンライン上にデータを保存できるクラウドサービスの利用も容量確保には効果的です。 例えば、写真であればGoogleフォトを利用することができます。 Googleのアカウントがあれば利用することができ、スマホ用のアプリもあるので、アプリをダウンロードしておけばいつでもデータにアクセスすることができます。 また、同様にDropboxやGoogleドライブ、OneDriveといったサービスに音楽などを保存することもできます。 このように、容量を空けるための方法はいくつかありますが、大きく分けると「スマホからデータそのものを減らす」、「スマホ内部に保存場所を増やす」、「スマホの外部に保存場所を確保する」という3種類になります。 データによっては頻繁にアクセスしたいもの、時々見たくなるものなど重要度が異なるため、データに応じてうまく使い分けるようにしましょう。

次の

Androidスマホの空き容量が足りない。容量不足を解消する為の対処法

スマホ 容量不足

Androidを使っていると、「空き容量が不足しています。 」とAndroidの警告が出たり、内部ストレージ不足でAndoroidアプリや最新AndroidOSのアップデートがインストールできなくて困ったことはありませんか? それは、Androidの内部ストレージの「その他」に分別された不要なファイルが原因かもしれません。 Androidは、SDカードで記憶容量を増やすことができるため、Androidの内部ストレージ容量は少なめのものが多く、32GBや16GB、それ以下のものさえ販売されています。 内部ストレージの容量がただでさえ少ないにもかかわらず、Android OS関連の重要なプログラムが5GB前後を占めているため、自由に使える内部ストレージの容量は当初からごくわずかです。 そんな現実の中で、勝手に不要なファイルをAndroidスマートフォンの内部ストレージにため込んでいるというのでは、対応に困ってしまいますね。 そもそも、Androidの内部ストレージにある 「その他」とは何なのでしょうか。 Androidの内部ストレージには、「その他」という分類項目があります。 ここには、「アプリ」「画像」「動画」「音声・音楽」などの 主要な項目のどれにも分類できないと判断されたデータがまとめられています。 「その他」データの一例として、アプリが保存した一時・共有ファイル、インターネット等でダウンロードしたファイル、Androidファイルなどが含まれます。 メールの添付ファイルやネット閲覧中に自動でダウンロードされた. txt. zip. pdfなどの拡張子のついたファイルもAndroidでは「その他」の中に保存され、蓄積されています。 Android内部ストレージの各分類が、「計算中…」としばらく表示され、少し待つ必要がある場合がありますが、しばらくすると使用容量が表示されます。 計算が終わると、Android内部ストレージの各分類ごとの使用容量を知ることができます。 時々確認すると、「その他」が結構なデータ容量になっている場合があります。 それに気づいたなら、Android内部ストレージの空き容量を増やすため、消していいデータを削除していきましょう。 「その他」に含まれる各データ内容を確認するには、Android機種によっては「その他」をタップするだけのものもあります。 お持ちのAndroid機種で、「その他」内のデータが確認できない場合は以下の方法を参考になさってください。 Android内部ストレージには、Androidアプリのシステムファイルも保存されています。 また、AndroidOSも格納されています。 もしAndroid内部ストレージに空きがないなら、AndroidアプリやAndroidOSのアップデートが自動で行われなくなります。 アップデートが頻繁に行われているのはセキュリティー対策のためですので、 ずっとアップデートできない状態でいるのは危険です。 また、新たなAndroidアプリを追加しようと思っても、空き容量が不足している場合、Androidアプリのダウンロードができず、エラー表示が起きます。 自分のAndroidスマートフォンに、上記のようなエラーや動作の不具合が生じているなら、早めにAndroid内部ストレージ容量を増やすための作業を行いましょう。 「その他のファイル」の6つの項目をそれぞれタップし、その後の画面で「本体」のみのファイルを表示させると、すでに使わないのに削除し忘れていた容量の大きいファイルを見つけることができます。 そのうちの「大容量ファイル」などの項目には、大容量の動画や音楽が検索されて集められています。 一つ一つ容量も大きいため、もし消していいならAndroid内部ストレージの空き容量を増やすのに効果的です。 この方法で、かなりのAndroid内部ストレージの整理がされ、大切なファイルは消えないようにしつつ空き容量をかなり増やすことができたのではないでしょうか。 このような自動でAndroid内を検索し、消していいファイルの候補を表示してくれる方法は、とても便利ですね。 Android内部ストレージの「その他」の中にも消してはいけないAndroidファイルが存在している場合があります。 こうしたファイルは、こちらの操作で消えないようになっていると思っていると危険です。 以下の場合、消してはいけないAndroidファイルである可能性が高いといえます。 )からはじまっているもの。 ( システムファイルなので、削除すると最悪の場合Androidスマートフォンが起動しなくなる可能性があります。 ) 今回、「Yahoo! ファイルマネージャー」などのファイルマネージャー系Androidアプリの便利さもよく理解できました。 自動ファイルクリーニング機能を利用するなら、消えないか心配になるAndroidファイルは保護しつつ、消していいファイルだけ自動検索してくれます。 この機能を定期的に起動させるなら、Androidスマートフォンのなかのゴミはいつも少なく、スマートフォンの動作も軽快な状態を保ちやすいでしょう。 「Yahoo! ファイルマネージャー」アプリを起動させると、赤・黄色・青などの色で現在のゴミの量を警告してくれますので、赤の状態になる前にアプリを起動させるような頻度を保つのはよいことでしょう。 これで、ダウンロードするほとんどのものはSDカードに保存され、Androidスマートフォン内部ストレージを圧迫することは減ります。 それでも、Android内部ストレージの「その他」には、様々なファイルが蓄積されていきますので、その中の必要と思われるものは、整理の際に SDカードに移動させるなら、大切なファイルは消えないようしっかり守りつつ、Android内部ストレージの空き容量を増やすことが負担なくできます。 Andoroidスマートフォンの場合、機種代は割安ですので、SDカードは少し容量の多めのものを買うようになさってみてください。 その後の、Andoroidスマートフォンライフがかなり便利になりますよ。

次の

【容量不足を解消】AndroidでSDカードを内部ストレージ化してアプリを移動する方法

スマホ 容量不足

空き容量が不足しています 現象 アプリをインストールしようとした時や、更新しようとした時に表示されるエラーメッセージ。 一見、 空き容量があるのに表示され、写真を削除してみても再びこのメッセージが表示されることがある。 どうすれば良いのか途方に暮れてしまうかもしれない。 本当に容量が足りない方も、空き容量がまだまだあるのに表示される方も、このページの解説を参考に対応してほしい。 原因 このエラーメッセージが表示される原因は、内部ストレージが不足していることだ。 不親切なエラーメッセージだが、「空き容量が不足している」とは、内部ストレージ容量+SDカードの容量が不足しているのではなく、単純に内部ストレージの容量が不足しているということを表している。 では、そもそも内部ストレージとは何なのだろうか。 これは、簡単にいうと、内部ストレージとは、スマホ本体の保存領域のことを指す。 対して、SDカードを外部ストレージと呼ぶ。 通常、Google Playストアからアプリをインストールすると、「内部ストレージ」側にアプリが保存される。 つまり、アプリを入れれば入れるほど、 SDカードの容量に関わらず、内部ストレージ容量が減っていくということになる。 さらに、写真アプリは何も設定しなければ、内部ストレージが保存先になっていたり、ブラウザアプリのキャッシュで内部ストレージ容量を圧迫することがある。 上記のことから、いくら大容量のSDカードを指してても、内部ストレージが足りなければ「空き容量が不足しています。 」というメッセージは出続けることになる。 このメッセージが表示された場合は、内部ストレージ容量をあけることを考えよう。 対処 1. 内部ストレージ容量を確認• [ダウンロード済み]タブの画面最下部に内部ストレージ容量が記載されている。 どれくらい空きがあるかを確認しよう。 キャッシュを削除• 上位に表示されているアプリをタップし、「キャッシュ」欄を確認。 キャッシュ容量が大きいものがあれば、[キャッシュを消去]をタップする。 SDカードにファイル移動 写真や動画などをSDカードに移動し、内部ストレージ容量をできるだけ確保する。 これらの措置により、内部ストレージ容量が確保され、新しいアプリをインストールすることや、アプリを更新することができるはずだ。 やや詳しくまとめています• 最近のエントリ• 人気ページ• 169459 views• 97755 views• 79140 views• 70623 views• 63659 views• 41688 views• 37382 views• 37063 views• 33358 views• 31283 views• 27425 views• 23227 views• 19853 views• 18273 views• 18137 views カテゴリ• 117• 206• 25 月別記事•

次の