群馬 県 太田 市 コロナ ウイルス。 群馬県

太田市|(新型コロナウイルス感染症関連)中小企業・小規模事業者向け情報について

群馬 県 太田 市 コロナ ウイルス

「群馬県太田市、看護師が新型コロナウイルス感染」に関するツイート 12日、群馬県が2人の感染を発表 ・60代女性、太田市の女性保育士と同居する母親 ・60代女性、太田市の看護師、保育士が受診した医療機関の看護師ではない — 7mitsubachi7 mitsubachi2019 本日の群馬県の新型コロナウイルスに関する情報がツイートされています。 ご覧の通り、太田市の女性看護師が新型コロナウイルスに感染したことが確認されていますが、勤務先病院名は公開されていません。 以前感染が確認された太田市の保育士とは無関係と見られています。 これに対して困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「群馬県太田市、看護師が新型コロナウイルス感染」に対する世間の反応は? 「群馬県内の新型コロナ2例目は、初の感染者の母親3例目は看護師…3人とも太田市在住者まだしばらく気が抜けないな」 「群馬県太田市のコロナ感染者、3人目が看護師とのことだけど…なんで病院名伏せるの?」 「また太田市で2人も新型コロナの感染が確認された。 日本全国を見ても、看護師と保育士の感染が多いんだよね。。 看護師の方、病院名公表して欲しいな」 などの声があがりました。 やはり世間では、太田市の看護師の新型コロナウイルス感染に対して困惑する声が多く見られました。 また、勤務先の病院名が明らかにされておらず、公開してほしいという声が見られました。 最後に 今回は、群馬県太田市の病院で看護師が新型コロナウイルス感染したことをご紹介させていただきました。 太田市内でも感染者が続々と増加しており、住民の警戒心が高まっています。 感染症対策のためにも、マスクの着用や手洗いうがいだけでなく、十分な睡眠・栄養に富んだ食事を心がけたいですね。

次の

群馬県

群馬 県 太田 市 コロナ ウイルス

群馬県太田市の中心市街地=太田市役所から2018年12月18日、阿相久志撮影 政府が新型コロナウイルス対策で全世帯に配布している布マスク。 「不要ならば寄付を」と呼び掛けた群馬県太田市に協力する趣旨で市内21の郵便局が設置した寄付を受け付ける箱が日本郵便本社の指示で撤去されたことが明らかになった。 設置を周知した広報文に「アベノマスク」と記されていたことなどが理由という。 【高橋努】 政府配布の布マスクはサイズが「小さい」などと不満もあったことから、市が5月21日に児童生徒への配布用に寄付を呼び掛け、今月1日から受け入れを始めた。 これに市内郵便局長の一人が賛同。 1日から局内に「寄付受付BOX」を設置。 4日には同郵便局長名で「市内の21郵便局で、太田市のアベノマスク寄付受け付けに協力します」との広報文を報道機関に配布し、5日までに21局全てで箱が設置された。 これを知った日本郵便本社が5日夜、21局に対し電話で撤去を指示。 全局が7日までに撤去した。 同社調査・広報部は撤去指示の理由について、「回収するかのように箱を設置し、広報文で『アベノマスク』とやゆするように表現していた」と説明した。 「アベノマスク」との表現は悪いのか。 毎日新聞の取材に同社調査・広報部は….

次の

郵便局の布マスク寄付箱、本社の指示で撤去 群馬・太田 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

群馬 県 太田 市 コロナ ウイルス

経済産業省• 新型コロナウイルス(COVID-19)による企業への影響を緩和し、企業を支援するための 施策の案内があります。 群馬県 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、 特別相談窓口・ 支援制度の案内があります。 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ 雇用調整助成金の特例について案内があります。 市(工業振興課)の情報 各種保証の認定について 新型コロナウイルス感染症により影響を受けた中小企業者・団体向けの制度融資になります。 同感染症に関するセーフティネット4号、5号保証及び危機関連保証の認定を行っております。 (令和2年2月1日〜令和3年1月31日) セーフティネット5号の指定業種については中小企業庁のホームページを参照してください。 小規模事業者持続化補助金における新型コロナウィルス感染症による影響を受けた事業者の証明書の発行について 特定創業支援等事業の支援を受けた小規模事業者の特例措置について 創業支援の一環として、創業間もない事業者を重点的に支援する観点から、 以下の条件に全て合致する場合には、補助上限額が100万円に引き上げられます。 小規模事業者持続化補助金の申請日時点で、本事業の対象者要件を満たしている小規模事業者と なっていること。 (申請時点で開業していない創業予定者は本事業の対象外となります。 また、 特定非営利活動法人は、この補助上限引き上げ措置の対象外となります。 産業競争力強化法に基づく「認定市区町村」または「認定市区町村」と連携した「認定連携 創業支援等事業者」が実施した「特定創業支援等事業」による支援を過去3年度の間に受けたこと。

次の