フリードマイナーチェンジ。 【新型フリード】モデルチェンジの最新情報!広い室内に注目

フリードマイナーチェンジでホンダセンシングはどう変わったの?

フリードマイナーチェンジ

その間に最大にして唯一のライバルのトヨタの シエンタは、フルモデルチェンジとなり新型の販売も順調でした。 しかも ホンダは2015年にフルモデルチェンジをした 新型ステップワゴンの売り上げが予定よりも低いために日本国内の総販売数では苦戦を強いられています。 そんな状況を打破するための 新型フリードはホンダの渾身のニューモデルでした。 確実にトヨタ・シエンタを超える車にするために発売日が遅れたのでは?と噂されるほど、ホンダが時間を掛けて後出しじゃんけんで造った車とも言えます。 実際に販売台数に関しては好調でホンダの看板車種ともいえる車となりました。 今回はそのホンダ新型フリードの詳細内容とモデルチェンジ情報を見ていきましょう。 ここではそのビッグマイナーチェンジの内容に関して見ていきましょう。 ビッグマイナーチェンジでダウンサイジングターボ搭載 今回のビッグマイナーチェンジの目玉は、 新開発ダウンサイジングターボエンジンです。 これは新開発の 1. 0リッター 3気筒直噴ガソリンi-VTECターボエンジンで 、 ビッグマイナーチェンジの際に、1. 5リッター直列4気筒DOHC エンジンとの入れ替わりで登場する予定です。 この新型エンジンは、直噴ガソリンターボエンジンに、VTEC等の可変バルブを採用して徹底したフリクションの低下を施し、低イナーシャ高応答ターボチャージャーという新技術に直噴システムを組み合わせることで、今までの自然吸気エンジンを超える馬力とトルクを出力することを可能とする上に低燃費を実現できる新世代エンジンです。 最高馬力127ps、最大トルク20. 3気筒エンジンだというところにも注目です。 正にホンダの中心となる次世代型エンジンです。 因みにこのエンジンは、次期フィットや新型ヴェゼルにも搭載されると思われます。 5L SPORT HYBRID i-MMDハイブリッドシステムの搭載 現在でもフリードはハイブリッドエンジンを搭載していますが、その仕組みは1モーターによるiDCDシステムのモノです。 LEDのホンダジュエルヘッドライトの採用• 前後バンパーデザインの変更• LEDフォグランプの採用• リアブレーキランプのデザイン変更• シャークフィンアンテナを装備• アルミホイールのデザイン変更• ボディカラーの新色採用 最も大きな変更点と言えるのは、ホンダの新しい象徴とも言えるLEDジュエルライトが採用されます。 このライトの採用により大きくイメージが変更となります。 ただしこのライトの標準装備は上級グレードのみとなり、下級グレードではオプションで選べるかも未定です。 下の写真の上のモノは、ヴェゼルであり下の写真はシビックとなります。 これ以外では、フロント・リアバンパーに関しても、インパクトの強い悪の強いものになりますし、リアのブレーキランプはクラスターデザインの変更を行い、一体感のあるモノとなります。 更にモデューロXで採用されていたLEDフォグランプをフリードの標準車両にも装備し、ルーフアンテナに関しては、シャークフィンアンテナとなります。 この他にはアルミホイールデザインは新デザインに変更され、ボディーカラーに関してもマイナーチェンジ後のイメージカラーが追加となり、入れ替わりに不人気色が廃止となります。 フリード・スパーダの追加の可能性 そして追加モデルの噂もあります。 それは本来はフルモデルチェンジと同時に看板グレードとして登場予定だった 特別仕様車のフリード・スパーダです。 フリードプラスが室内空間にこだわり福祉車両にも使うモデルとなるためにカスタムを感じされるエクステリアのモデルは無くなりました。 そのために従来の 若い子を狙ったエアロを組みメッキパーツを多用して派手さを狙ったエクステリアのモデルとしての役割が フリードスパーダということです。 このモデル名も ステップワゴンに対する ステップワゴンスパーダと同じ関係となり ホンダ車として スパーダのブランド化を狙ったものと言えます。 実際このモデルもかなりの人気となるのは確実でしょうね。 新型フリードの車両価格 車両価格としては ライバルシエンタの車両価格との横睨みとなるために現行の フリードとほぼ同じに設定してくると思われます。 ハイブリッド搭載モデルが 225万円から、NAの1. 5Lエンジンのスタンダードモデルが 188万円からとなります。 まぁハッキリ言ってしまえば、これだけ根本的に見直した完成度を考えれば値上げしたいのが本音だとは思います。 両車ともに販売台数で常に上位に位置するモデルだけに、この状態が長く続くとも思えないのですが、実際にキューブぐらいしか噂もないんですよね。 少し不思議な感じもしますけどね。 トヨタ新型シエンタ コンパクト・ミニバンのジャンルにはフリードのライバルはトヨタのシエンタしか存在しません。 この2台は完成度も人気も高いので他のメーカーも簡単には手が出せないのかもしれません。 ニッサン新型キューブ 長らくモデルチェンジがなく最近は存在感が薄くなっているニッサンのキューブですが、人気のジャンルであるコンパクト・ミニバンとしてフルモデルチェンジする可能性が出てきています。 キューブは過去に3列シートのキュービックを発売していたこともありますから当然の進化なのかもしれません。 新型キューブはフリードとシエンタの2強に割って入ることが出来るでしょうか。 ホンダ・ステップワゴン コンパクト・ミニバンはフリードとシエンタしかないこともあって選択肢はワンクラス上のミニバンと悩むことが多いかもしれません。 3列シートの使い勝手や室内の広さを考えて、フリードにするかステップワゴンとするのかを検討するのは現実的な話ですよね。 ステップワゴンのモデルチェンジ情報の記事となります。 ただ開発中の車にカモフラージュを施した新型フリードが、一般車道でテスト走行を行っている写真が頻繁に撮られていたので、その姿を予想されることが多い方の車種でした。 新型フリードのスパイショットが多く撮られていたのは、ホンダ車にリコールが連続した問題により、今後は不備をなくすための一環としてテスト走行を多く行っているためと予測されています。 ホンダのリコールに対する対策の本気度が伝わってくるものです。 下の様にスパイショットが撮れれていました。 エクステリアデザインをティザーサイトで公開 スパイショットだけでなく新型フリードは、ティザーサイトをホンダが開設して画像やコンセプトなども公開しました。 最近はフルモデルチェンジを急に発表するわけではなく少しづつ情報を小出しにして盛り上げていくのが流行りの手法です。 新型フリードもこんなシルエットと基本コンセプトだけが発表されます。 honda. honda. 小出しにしてきますねぇー。 honda. しかも国内でのスパイショットも多く出回ります。 下の画像は目撃写真をツィッターで投稿された方のモノです。 もうハッキリと市販モデルが写っていますね。 下の写真はその内覧会での新型フリードの写真です。 carview. carview. ボディーサイズにしては迫力のフロントマスクで良い出来ですよね。 この様な流れで新型フリードは正式発表となりました。 3列シートタイプがフリード、2列シートタイプがフリードプラスとなります。 室内空間に関してはピラーの見直しや三角窓の変更などまで行い運転席と助手席の開放感を高め快適性を追求します。 2列目と3列目のシートに関しても フィットと同じプラットフォームになるので居住性はクラス最高レベルを達成します。 ここは意地でもシエンタと比べて同等以上のレベルにしてきます。 そして3列目のシートに関してははハネ上げ式を採用して荷室高が高い分は、 シエンタの床下収納に比べると積載量でも上回ります。 ホンダ新型フリードの搭載のエンジン 新型フリードに搭載されるエンジンは2種類となります。 5リッター直列4気筒のハイブリッドエンジンと 1. 5リッター直列4気筒の自然吸気エンジンとなりました。 ハイブリッドエンジン これはヴェゼルに搭載されているi-DCDシステムの1. 5リッター直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドエンジンを更に改良したものになります。 この ハイブリッドシステムは、 i-DCDと呼ばれるデュアル・クラッチ・ドライブが搭載されており、更に ツインクラッチミッションも搭載することで 電気モーターとバッテリーのみでの走行も可能とするものです。 エンジンスペック つまりシエンタの燃費の JC08モード燃費27. しかし先代の フリード・ハイブリッドの数字がJC08モード燃費21. しかしこの目標数字を必達目標として掲げられて開発をしていたようです。 この目標を達成するために、 ホンダは ハイブリッドシステムや エンジンの改善はもちろんのこと、バッテリーの素材やボディー構成パーツの軽量化、ライトなどの消費電力の見直し、内装やシート素材の軽量化など徹底した改良を加えたそうです。 ただ残念ながらシエンタの数字は上回れませんでした。 とは言え、 JC08モード燃費27. シエンタと同じまで引き上げたことにホンダイズムを感じます。 ただし室内空間は、 ホンダ自慢の技術である底床設計に燃料タンクを薄型するなどの最新技術を駆使して拡大します。 最近の スズキの評価が高い分野ですが、地味ながら最新のノウハウのせめぎ合いとなる厳しいジャンルです。 ホンダ新型フリードの安全装備 新型フリードには先進の安全運転支援システム・ホンダセンシング(HONDA SENSING が搭載されています。 これはホンダが考える予防という概念から生まれた「事故に遭わない社会」というコンセプトを実現するために開発されたもので、具体的には、衝突軽減ブレーキ ・歩行者事故低減ステアリング ・アダプティブクルーズコントロール ・車線維持支援システム ・路外逸脱抑制機能 ・誤発進抑制機能 ・先行車発進お知らせ機能 ・標識認識機能を組み合わせて実現する自動ブレーキや車間・車速制御機能や高速道路運転支援システムになります。 これにより多くの人が特別な技術がなくても高度な事故の予防対策が可能となります。 ただしこれは最新技術でありコストの問題もあり2015年にモデルチェンジした車種でも搭載されないこともありましたが、新型フリードでは搭載されています。 ホンダ新型フリードのボディーカラー ボディーカラーは全部で9色となります。 男性も女性も選べるカラーが揃っていますね。 ブルーホライゾン・メタリック シトロンドロップ コバルトブルー・パール プレミアムディープロッソ・パール マンダリンゴールド・メタリック ホワイトオーキッド・パール ルナシルバー・メタリック モダンスティール・メタリック クリスタルブラック・パール ホンダ新型フリードの内装 フ リードはシンプルにして飽きの来ない内装とな ります。 シートに関してはフリードプラスは2列シートの5人乗りとなりますが、フリードは3列シートで6人乗りか7人乗りかを選択できます。 その違いは2列目のシートが独立タイプかキャプテンシートかで異なります。 エンジン:ガソリンエンジン OR ハイブリッドエンジン• 駆動方式:FF OR 4WD• 乗車人数:5人 OR 6人 OR 7人• 安全装備:ホンダ センシング 搭載 OR 非搭載 そしてそれぞれのグレードの専用装備が下の様になっています。 ハイブリッド車はガソリン車よりも1グレード上の装備が用意されています。 フリード ガソリンエンジン グレードB• フルオートエアコン• スマートキー グレードG (グレードBの装備にプラスして)• 助手席側パワースライドドア• メタル調インストルメントパネル• センターテーブル• 助手席裏シートバックポケット グレードG ホンダセンシング グレードB・Gの装備にプラスして)• ホンダセンシング• 両側パワースライドドア フリード ハイブリッドエンジン グレードB• フルオートエアコン• スマートキー グレードG ホンダセンシング (グレードBの装備にプラスして)• ホンダセンシング• 両側パワースライドドア• LEDヘッドライト• 木目調インストルメントパネル• ナビ装着用スペシャルパッケージ• センターテーブル• 助手席シートバックポケット グレード EX (グレードBとグレードG ホンダセンシングの装備にプラスして)• 運転席・助手席シートヒーター• プラズマクラスター搭載フルオートエアコン• 1列目シート用サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ• 本革巻ステアリングホイール• インテリアイルミネーション• シートバックアッパーポケット• 15インチアルミホイール• ただしグレードごとにその対象となる減税率が異なりますので注意が必要です。 特にハイブリッドモデルは、取得税と重量税が100%の免税となります。 翌年からは発生しないとはいえ大きな差ですよね。 翌年以降の自動車税に関しても減税が適用されます。 それは同じセグメントの3列シート7人乗りのコンパクトサイズのミニバンが、 ホンダ・フリードと トヨタ・シエンタの2台しか存在しないからです。 現行モデルが2代目となり、この2代目からハイブリッドシステムを搭載したモデルを発売しました。 ターゲット層が女性ということもありエクステリアデザインはフランス車のような先進的でファッショナブルなデザインとなっています。 ハイブリッド車としてのイメージはそれほど反映されていません。 コンパクトな車体に高い居住性を実現するために低いフラットフロアとしてその2列目の下部にバッテリーを搭載するなどレイアウトから工夫をしてこのクラスとしては余裕のある室内高を実現したモデルです。 先進的なスタイリッシュなデザインと余裕の室内空間そしてハイブリッドによる経済性の高さと人気車種であることが納得できるモデルと言えますね。 トヨタ シエンタ(SIENTA)ハイブリッドX JC08モード燃費:27. このCMは印象深いので記憶に残りますよね。 元々、シエンタよりも広い室内空間や積載量を確保するためにボディーサイズを大型化することなく実現したモデルだけに、エクステリアとエンジンが改善されると正に盤石の布陣ではないでしょうか? こうした本気の勝負をしていくことが本当の技術革新を生んでいくものですから大いに競い合って素晴らしい車を考え出して貰いたいですね。 日本車の素晴らしさを世界に見せつけてもらいたいです。 フリードや シエンタなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。 誰でも出来る簡単に車を30万円以上安く買える方法とは? 車を買うのは基本的に値引き交渉が必要ですが、その交渉にもコツがありますが、事前準備の方がもっと重要なんです。

次の

【フリード モデューロX 2020】マイナーチェンジ!発売日、デザイン、価格、変更点など、最新情報!

フリードマイナーチェンジ

ちょっとしたところでも走りの質感が高まるポイントを改良 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」が10月18日、初めてのマイナーチェンジを受けてさらに完成度を高めた。 従来型も評価の高いその走りをどう進化させたのか、車体設計を担当した本田技術研究所の工藤 謙主任研究員と、パワートレイン開発を担当した手嶋大平研究員に聞いた。 パワートレインやハンドリング、乗り心地も非常に評判が良く、今回のマイナーチェンジを実施するにあたり、正常進化とはどういうものか、「信頼フリード」という開発コンセプトに基づきどのように進化させるかをわれわれのなかで考えてきました。 手嶋:はい。 通常のマイナーチェンジでは悪いところを直して熟成させていくのですが、とくにネガティブな意見がなかったので。 多人数で乗車したときにブレーキの効きが通常より甘くなったりするので、そういうときを想定しています。 例えば下り坂でフットブレーキを効かせると後席の人が前につんのめってしまうので、そういうときにこの制御は軽い補助ブレーキになるので、使い勝手としてはミニバンに合うのではないかと考え、今回ホンダのミニバンでは初めて採り入れました。 元々はスポーツモードにしか入れていなかったんですが、エンジンブレーキのかけ方は違うものの、「信頼フリード」のコンセプトに合っていると思います。 低速域と高速域とで段付き感が出ないよう、どのように工夫したのでしょうか? 工藤:仰る通り、段付き感が出て「ここで変わったな」というのが分かると、それはそれで質感がないので、そこはスムースに移るような形でセッティングしています。 最終的には専門家の試乗も交えて決めました。 相当試乗を繰り返しました、だいぶ微妙な世界なので(苦笑)。 手嶋:ガソリン車とハイブリッド車、FFと4WDとで全部バランスが違いますので、それらをすべて同じフィーリングになるようセッティングするのに苦労しましたね。

次の

ホンダフリード/フリード+のマイナーチェンジの内容と評価

フリードマイナーチェンジ

ちょっとしたところでも走りの質感が高まるポイントを改良 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」が10月18日、初めてのマイナーチェンジを受けてさらに完成度を高めた。 従来型も評価の高いその走りをどう進化させたのか、車体設計を担当した本田技術研究所の工藤 謙主任研究員と、パワートレイン開発を担当した手嶋大平研究員に聞いた。 パワートレインやハンドリング、乗り心地も非常に評判が良く、今回のマイナーチェンジを実施するにあたり、正常進化とはどういうものか、「信頼フリード」という開発コンセプトに基づきどのように進化させるかをわれわれのなかで考えてきました。 手嶋:はい。 通常のマイナーチェンジでは悪いところを直して熟成させていくのですが、とくにネガティブな意見がなかったので。 多人数で乗車したときにブレーキの効きが通常より甘くなったりするので、そういうときを想定しています。 例えば下り坂でフットブレーキを効かせると後席の人が前につんのめってしまうので、そういうときにこの制御は軽い補助ブレーキになるので、使い勝手としてはミニバンに合うのではないかと考え、今回ホンダのミニバンでは初めて採り入れました。 元々はスポーツモードにしか入れていなかったんですが、エンジンブレーキのかけ方は違うものの、「信頼フリード」のコンセプトに合っていると思います。 低速域と高速域とで段付き感が出ないよう、どのように工夫したのでしょうか? 工藤:仰る通り、段付き感が出て「ここで変わったな」というのが分かると、それはそれで質感がないので、そこはスムースに移るような形でセッティングしています。 最終的には専門家の試乗も交えて決めました。 相当試乗を繰り返しました、だいぶ微妙な世界なので(苦笑)。 手嶋:ガソリン車とハイブリッド車、FFと4WDとで全部バランスが違いますので、それらをすべて同じフィーリングになるようセッティングするのに苦労しましたね。

次の