泣い た あと 目 の 腫れ すぐ 治す。 泣いたあとの目の腫れの対処法とは?寝る前の予防が大切なんです!

朝の目の腫れを治す!即効で瞳がパッチリする6つの裏ワザ!

泣い た あと 目 の 腫れ すぐ 治す

泣いた後の目の腫れ、その原因とは そもそも、どうして泣いた後に目は腫れてしまうのでしょうか。 原因がわかって目が腫れないようになったらうれしいですよね。 次のことが、泣いた後の目の腫れに関係していると考えられます。 こすったり強く押したりする 目が腫れる原因の1つとして、 目をこすったり強く押したりして、まぶたに負担を与えることが考えられます。 まぶたの皮膚は非常に薄くデリケートです。 涙をぬぐおうとして、まぶたをこすったりハンカチなどでギュッと強く押しあてたりしてしまうと、その摩擦がまぶたの皮膚に負担となり、目の腫れに繋がると言えるでしょう。 涙に含まれる塩分 涙に含まれる塩分も、目の腫れの原因になっていると言われているようです。 塩分の高いモノを食べた次の日は顔や体がむくんでいる・・・という経験があるとおもいますが、泣いて目元が長時間塩分にさらされることも、目の腫れの原因になってしまうのかもしれません。 【蒸しタオルの作り方】 水に濡らしたタオルをギュッと絞って、ぐるぐるとロールケーキのように丸めたら、電子レンジ(500w)で30秒~1分程度加熱します。 ラップで包んだり耐熱性の袋などにいれたりすると、レンジの中の臭いがタオルに移るのを防止してくれるので、衛生的でおすすめです。 電子レンジから取り出すときは、タオルの熱さに気をつけてください。 タオルの準備ができたら、まずは蒸しタオルを、まぶたに3分程あてます。 熱すぎるとやけどしてしまう可能性があるので、まぶたに当てる前に熱さを確認してください。 次に、冷たいタオルを同じようにまぶたに3分程あてます。 2と3を交互に3回程度繰り返してください。 蒸しタオルは冷えてしまうと意味がなくなってしまうので、冷めてきたら温めなおしてください。 これを行うと、まぶたの血行が良くなると言われているので、顔のが気になるときや目が疲れたな~というときにもおすすめです。 まぶたを冷やす方法はさまざまありますが、 でパックする、 スプーンを使って冷やす、 保冷剤で冷やすという方法が挙げられます。 このとき、コットンでまぶたをこすったり押しつけたりしてしまうと、余計にまぶたの負担になってしまう可能性もあるので、優しく乗せるようにしてください。 くれぐれも目を傷つけないよう注意しながらまぶたを冷やしましょう。 これからご紹介するのは、目が疲れたと感じたときにもおすすめです。 会社のデスクなどでも簡単にできるので、気になるときにはぜひやってみてください。 【セルフマッサージのやり方】 まず、眉頭の少し凹んだところを、親指など押しやすい指で、眉毛を押し上げるようにグッと押します。 痛気持ちいいと感じる程度の強さで、5秒程押しましょう。 その際には、黒縁メガネなど、縁が太いものがおすすめです。 まぶたを隠すことができますし、メガネに視線がいくことで、目の腫れがあまり気にならなくなるかもしれません。 日差しの強い日や屋外で過ごすときであれば、サングラスをかけて目を隠してしまうという手もあります。 泣いた後の目の腫れを防ぐ!泣き方のポイント 泣いた後の目の腫れの原因と対処法をご紹介してきましたが、そもそも目が腫れない泣き方があれば、それを活かして思う存分泣きたいですよね。 そこで最後に、目の腫れを防ぐ泣き方や泣いた後の対処法を4つご紹介します。 もし今あなたが、「これから泣きそう・・・」と思っているなら、これらを実践してみてくださいね。 そして、泣き終わったら目薬をさすなどして、目に涙をためておかないようにすると、まぶたへの負担を減らせるかもしれません。 涙が出てきたら、目の周りは触らずに、頬や顎のあたりで流れてきた涙をハンカチやティッシュなどでそっと吸い取るようにしてみてください。 女優さんがドラマなどで泣くとき、ごしごし目をこすったりしないですよね。 女優になったつもりで、つーっと涙を流してみましょう。 とにかく目の周りは触らない!ということが大切です。 泣いた後すぐに温冷タオルで血行を良くしておくと、いつもよりも目の腫れを防ぐことができるでしょう。 もし泣いた後に余裕があれば、ぜひ早めにケアしてあげてくださいね。 うつぶせで眠ってしまうと、そのまままぶたに涙がたまってしまうということと、枕などの寝具の摩擦を受けやすいことから、仰向けに寝るよりも目が腫れやすくなってしまうと考えられます。 ですので、泣いた日は特に、仰向けに寝るのがおすすめです。 泣いた後の目の腫れにもう迷わない!まとめ 泣いた後の目の腫れの原因と対処法、そして泣き方のポイントをご紹介しました。

次の

泣いたあとの目の腫れの対処法とは?寝る前の予防が大切なんです!

泣い た あと 目 の 腫れ すぐ 治す

Table of Contents• 朝起きたときの目の腫れの対処法 朝起きたときに目が腫れているときは、顔全体もむくんでいます。 横になっている時間が長いと、本来は上の方にある頭部には水分が滞りやすくなります。 長く寝すぎたり体調が悪かったりしたときは目が腫れやすくなりますね。 自然現象であることが多いので、時間が経てば腫れは取れます。 時間が経っても治らないときは、ちがう原因が考えられるので、注意しましょう。 すぐに人に合う、出かけなければいけないというときに使える、即効性がある目の腫れを引く対処法をご紹介します。 ストレッチで血流アップ 朝来たときのストレッチは、身体の血流を良くしてくれます。 交感神経を優位にしてくれて目が覚めるので、目が腫れていないときでもおすすめします。 最初にお水を100mlほど飲んでおきましょう。 水分の排出をうながすためです。 1、まずは全身の血流を良くしましょう。 両手を万歳し、足はつま先立ちをして思い切り伸びをしましょう。 足がつらないように気をつけてください。 2、手を上に伸ばしたまま、ブラブラゆすります。 5~6秒ほどします。 3、まっすぐ立ち、手は腰に当てて、首のストレッチをします。 上下左右に傾けて、首の横にあるリンパ腺に刺激が行っているか気にしながらしましょう。 4、思い切りあごを突き出して、「いーっ」と口に出して言います。 首の皮が引っ張られるのが分かるくらいしましょう。 軽いマッサージでリンパを流す ストレッチが終わったら、リンパマッサージがおすすめです。 顔に基礎化粧品をつけるついでに、大目に手に取ったら、その手でマッサージをしましょう。 1、目頭からこめかみまで薬指でなぞります。 目の周りは皮膚が薄いので強い刺激は禁物です。 無理な力がかからない薬指がおすすめです。 2、こめかみから首筋をなぞり、鎖骨まで流します。 3、鎖骨には大きなリンパの池があるので、くるくると優しくマッサージをします。 蒸しタオルと保冷剤で温冷パック 朝起きたときの目の腫れは、むくみから来ていますから、ホットパックで血行を良くし、冷やすことでひきしめるという温冷パックをしましょう。 血行も良くなってすっきりします。 1、タオル2つを水に濡らし、軽く絞ります。 1つには保冷剤を2つ縦長に置き、タオルにはさんで細長くしておきます。 2、もう1つのタオルは電子レンジに入れ、30~40秒加熱します。 手で持てるくらいの熱さが良いです。 3、座って上を向き、ホッとパックを2~3分してから、保冷剤入りタオルで2~3分クールパックをします。 4、3回ほど繰り返しましょう。 まぶたのむくみを取る方法については「」の記事でも詳しく紹介していますので、参考にしてくださいね。 寝る前に水分を取り過ぎていませんか 寝る直前に水分を取り過ぎていませんか。 夏場など脱水症状の危険があるときは飲むようにすすめられますが、コップ1杯弱 200ml 程度が適量ですので、あまりごくごくと飲まない方が良いですね。 泣くと認識したときは、ひたすらポロポロと涙を流しましょう。 人前などで恥ずかしいときは、ハンカチで目からあふれ出そうな涙を吸い取りましょう。 まぶたの皮膚には触らないように泣くのがコツです。 ハンカチを三角に折って、細長くすると吸い取りやすいです。 ティッシュだと破けたり、屑がついたりするのでできれば避けた方が良いですね。 最近では涙活と言うストレス解消法も流行っているので、泣くこともすすめられています。 すっきりとした気分になれるからです。 ぜひ、目が腫れない方法を覚えた上で、涙活してくださいね。 泣いて目が腫れてしまった後の対処法が知りたい人は、こちらの「」も確認してみてください。 感染症で目が腫れているときは病院へ むくみと泣き過ぎによる目の腫れは、時間が経てば自然と解消されます。 対処法をしても、時間が経っても治らない場合は、感染症やアレルギー症状が考えられますから眼科へ行くことをおすすめします。 時間が経っても目が腫れている。 目があけにくい。 目ヤニが大量に出る• かゆくてたまらない• 充血が取れない このような症状があるときは、早めに眼科を受診しましょう。 目が腫れてもすぐ対処できれば人と会うのも気が楽になります 女性としては、何らかの原因で目が腫れるととても困ります。 お化粧もしにくいし、人の目も気になります。 起床時のむくみには、温冷パックやストレッチを。 泣き過ぎて目が腫れたときは、クールダウンを。 それぞれの対処法に合わせて、目の腫れを少しでも早く治しましょう。 目が腫れて、気分が乗らないと外出も楽しくありません。 すっきりした目で外出を楽しむ日々を送ってくださいね。

次の

朝の目の腫れを治す!即効で瞳がパッチリする6つの裏ワザ!

泣い た あと 目 の 腫れ すぐ 治す

泣くと目が腫れるのはなぜ?原因は? 目が腫れてしまう原因は、泣いたことが大きな原因ではありません。 目の粘膜はとても弱くて敏感です。 まぶたは0. 8mm、目の下の皮膚へ1. 2mmととても薄いのです。 その皮膚に刺激を与えてしまうことで 皮膚に負担がかかり腫れてしまいます。 また、 まぶたと一緒に涙腺も腫れてしまうので、 目の周りが全体的に腫れてしまうのです。 よく、塩分や水分をとりすぎると顔や体がむくむ と聞いたことがあると思いますが、これと一緒で 涙には塩分も含まれています。 泣くことで 涙に含まれる塩分の影響をうけ目の周りがむくんでしまいます。 また、泣くと自律神経が乱れてむくみをとる働きが弱ってしまい、 むくみがとれにくい状態になってしまうようです。 泣いたあとの目腫れを治す方法! もし目が腫れてしまったら、少しでも早く治すためにできることを ご紹介しますね! ・目を冷やすと温めるを交互にする 冷やすときは保冷剤などをタオルで巻いてあてたり、 スプーンを冷やして目にあてたり、 コットンに冷水や化粧水を染み込ませて 目にのせたりする方法があります。 温めるには、濡らして絞ったタオルを 電子レンジで1〜2分ほど温めて、目にのせて下さい。 いきなり目にのせて、火傷しないように気をつけてくださいね! これを、2分ずつくらいを3回程繰り返してみて下さい。 目の周りの血行がよくなり、腫れが引きやすくなります。 ・マッサージやツボ押しをする 目頭と鼻筋の間に 晴明(せいめい)というツボがあります。 メガネのノーズパッドか当たる部分です。 眉頭と晴明の間の少し窪んだところに 攅竹(さんちく) というツボがあります。 ここを押してみて下さい。 目の疲れをとるときにもきくツボでもあります。 首のマッサージも効果があります。 首にはたくさんのリンパが流れていますので 首をマッサージしてリンパの流れをよくしてあげて下さい。 ・お化粧でごまかす 男性はできないかもしれませんが、 女性はお化粧でごまかすこともできます。 ブラウン系のアイシャドウでぼかしてみて下さい。 目を大きく見せようとアイラインをひいても むくんでいるので余計に目がきつくみえてしまいますし 太く書いてしまいます。 ・お風呂にはいる 朝などは時間がないかもしれませんが、 泣いた日の夜はお風呂で温めて血行をよくし、 目だけは冷やすようにします。 泣いたあとの目の腫れは予防できる?方法は? 沢山泣いてしまった…。 というときは、 腫れる前にすぐに冷やしましょう。 そして、 涙が流れても目を触らないように意識してください。 また、寝るときはうつ伏せで寝ると 枕に目がこすられて刺激を与えてしまいますし 塩分を含んだ涙が目に溜まってしまいますので 仰向けで寝るといいでしょう。 おわりに 泣くにも色々な感情がありますよね。 感動して泣いたり、嬉しくて泣いたり、悔しくて泣いたり、悲しくて泣いたり… 泣くことは決して悪いことではないんです。 泣くという行為は、ストレス発散になります! 泣くことで、副交感神経の働きがあがり気持ちを落ち着けることができたり、 ストレスを感じたときにでる副腎皮質刺激ホルモンを低下させてくれます。 また、セロトニンも分泌されるので高揚され満足感もあらわれます。 辛かったり、悲しかったりしたときは 我慢しないで思いっきり泣いて下さい! 泣けるということは、素晴らしいことです。 人としての感情豊かな優しい人なんだと私は思います。 思いっきり泣いて、また新たな気分で頑張りましょう!.

次の