首都 高速 渋滞。 首都高の渋滞予測!混雑する時間帯は?平日朝や土曜・日曜を徹底解説!|つぶやきブログ

渋滞の回避方法 実践編(3)

首都 高速 渋滞

スポンサーリンク ニュースなどで見ると、首都高はいつでもどこでも渋滞している、 そんなイメージはありませんか? 確かに、首都高は日本でも人口が集中している東京都を中心に 走っている高速道路ですので、交通量も日本有数であるのは間違いありません。 しかし、 時間帯を選べば意外とスムーズに首都高を走ることができることもありますよ。 せっかくの旅行なのに渋滞のせいで楽しむ時間が無くなってしまう、 なんてことはなるべく避けたいですよね。 今回は、 平日・休日の時間帯による首都高の渋滞を分析し、 渋滞を予測して運転するテクニックを紹介いたします。 ぜひ参考にして、首都高を賢くスムーズに走りましょう。 スポンサーリンク Contents• 首都高の渋滞予測!平日朝夕方の混雑する時間帯は? 首都高は通勤や営業、輸送、観光客の移動などで、あらゆる人が使っています。 そのため、常に一定量の交通量があり、全く空いているという時間帯はほとんどありません。 また、もちろん特に渋滞しやすいという時間帯もあります。 まず、 午前6時から午前11時くらいまでの朝の時間です。 この時間帯は、通勤に首都高を使用している人たちが一気になだれ込む時間帯になります。 正午あたりからは交通量も減り始め、午後2時ごろまでは割と渋滞も落ち着きます。 しかし、 午後4時頃から午後6時台までにかけて、 今度は通勤に利用している人たちの帰宅ラッシュの時間帯になりますので、 再び交通量が増加し、渋滞ができやすくなります。 日が落ちると交通量も落ち着き、日中のような渋滞ができることはほとんどありません。 このように、平日の渋滞は基本的に通勤で使用している人たちによる交通量増加が 主な原因になりますので、朝の出勤時間帯や夕方の帰宅時間帯を避けることで、 大きな渋滞は避けることができるでしょう。 また、通勤によるものということは、曜日、月によらずに見られる傾向だと予測されます。 レジャーなどで平日に休みを取って首都高を使用する場合には、 以上のことに気をつけて移動のスケジュールを組みましょう。 可能ならば、朝なら5時台を目指して移動、 また午後の移動はなるべく避けるか、あるいは日が落ちてからが良いでしょう。 スポンサーリンク 関連記事: 土曜・日曜の首都高の混雑する時間帯は? 普段首都高を使用しない人からすると意外かもしれませんが、 休日の方が首都高は空いています。 もちろん、GWやお盆などの大型連休では平日以上の混雑になりますが、 一般的な土曜・日曜では比較的渋滞は出来づらい傾向にあります。 ただ、もちろん混みやすい時間帯はあります。 土曜・日曜の首都高は、 平日と異なり主にレジャー目的での移動者が交通量のメインを占めます。 そのため、混雑は 午前8時ごろから始まり午前10時をピークとして、 正午を目安に減っていきます。 土曜・日曜の首都高では、 レジャー施設の開場時間に合わせた移動の波があることを念頭におきましょう。 平日と異なり夕方の帰宅ラッシュもほとんどありませんので、 夕方に渋滞ができることはあまりありません。 基本的には日中が渋滞のピークと考えて良いので、 移動するときは朝早くか夕方以降の時間を利用するのがおすすめです。 スポンサーリンク 関連記事: 予測不可能な渋滞もある 首都高では、時間帯や平日・休日というだけでは 予測できない渋滞が発生することがあります。 一つは、 事故や故障車による渋滞です。 事故があると、安全に通過するためや事故車を見たい野次馬精神などから、 どうしても通行スピードが遅くなります。 車線も減り、交通量の密度も高まりますので、 あっという間に渋滞が発生してしまいます。 また、事故などが起こらずとも、 道路工事などが入ることによっても車線が減り、渋滞の原因になることもあります。 しかし、首都高の工事は渋滞を考慮して、原則1路線1方向あたり週3日、 しかも大きな音の出る工事以外は深夜に実施されているので、 工事による渋滞は渋滞全体の数パーセント程度に留まっています。 また、 金曜日は原則「ノー工事デー」としており、 緊急時以外の工事が行われない日になっているので、 平日でも金曜日は工事による渋滞はほとんど見られません。 しかし、これらの渋滞はいざ発生するとなると予測が大変難しく、 しかもいきなり発生してしまうものです。 このような渋滞を避けるためには、 リアルタイムの渋滞情報をネットなどで取得することをおすすめします。 ここで、渋滞情報を取得できるおすすめサイトを紹介します。 ・ 非常に見やすく工夫されたサイトで、誰でも簡単に渋滞情報を獲得することができます。 工事の着工予定なども見ることができるので、 首都高で発生する渋滞の全てに対応できると思います。 それだけでなく、首都高についての講座や渋滞のメカニズムまで、 勉強になる情報が沢山用意されています。 ドライブガイドやSA情報も豊富なので、 渋滞にはまってしまったときの時間潰しの方法も多く用意されています。 ・ 首都高だけでなく全国の高速道路に対応しており、 使用する日時や道路を指定するだけで渋滞情報を取得することができる 渋滞予測カレンダーが最大の魅力です。 首都高だけでなく、高速道路で県をまたいで移動するというときには、 特に効果を発揮してくれるでしょう。 5分おきに道路情報が更新され、常に最新の渋滞情報が見られるのも嬉しいですね。 最近では、カーナビを付けずにスマホのナビで代用している方も多いですよね。 でも、スマホは画面が小さいし、きちんと置く場所を用意しないと いちいち確認するときに手間がかかり、 運転への注意が散漫になってしまうこともあると思います。 そんな方におすすめしたいのが、こちらの商品です。 画面もクリアなので視界を遮るようなこともなく、 iPhoneやAndroidなどさまざまなスマートフォンに対応しているのも安心感があります。 カーナビに比べて値段が安価なのも、嬉しいですね。 渋滞にはまったときに困るのが、トイレです。 小さなお子様などが一緒の場合なら、さらに深刻な問題になります。 特に首都高の渋滞は、一度大きなものにはまると 何時間も次のトイレに入ることができない、なんてこともあり得ます。 首都高を利用した旅行を計画しているときには、 このような簡易トイレを車に積んでおくことをおすすめします。 この商品はその中でも非常にコンパクトなものなので、 車に積んでおいてもほとんど邪魔にはなりません。 しかも男女兼用で、すぐに固まってにおいも気にならない工夫が施されています。 大型連休など、渋滞が出来やすいタイミングを避けたとしても、 事故による渋滞などが全く予測できないタイミングで起こる可能性もありますから、 いざと言うときのために用意しておくとよいでしょう。 スポンサーリンク 関連記事: 最後に 首都高の渋滞は、周りの人と移動のタイミングをずらすことで避けることができます。 少し朝早く起きて移動したり、深夜のうちに移動を済ませておくなどの工夫が、 その後の予定を十二分に楽しむコツになります。 特に、あまり普段首都高を利用しない人は、 早め早めの行動を心掛けることで安全に首都高を通過できると思います。 ぜひ今回の記事を参考にして、快適な首都高の運転を目指してください。 スポンサーリンク.

次の

首都高の渋滞予測!混雑する時間帯は?平日朝や土曜・日曜を徹底解説!|つぶやきブログ

首都 高速 渋滞

休日の土曜日や日曜日、祝日は職場が休みな人が多いため行楽客が多くなる。 ただ、その人口の差は大きい。 世の中の経済活動が集中する東京都心では、圧倒的に平日の方が人や物の往来が激しい。 それによって首都高で渋滞が起こりやすいのも平日になる。 >> 平日の朝 平日の場合は朝夕が大幅に混雑しやすい。 都心部から放射状に延びる路線では、上り線を中心に混み合う。 この点では鉄道と同じ。 朝ラッシュの時間帯になる7時台や8時台は渋滞に発展しやすい。 しかも下り線も混雑するところが多い。 鉄道の場合は午前9時を過ぎると徐々に混雑が解消されていくる。 首都高の場合は引き続き渋滞が起こる。 午前中いっぱいは交通量が多い状態が続き、各地で渋滞が絶えない。 午前中は物流の到着便が集中しやすい時間帯でもある。 普通自動車も多いが、トラックの多さが目立つ。 通勤で高速道路を使う人達で混んでいるわけではない。 ここが電車と違うところである。 平日の夕方 平日の夕方になると、また首都高の混雑あ激しくなる。 15時を過ぎると徐々に交通量が増える。 そして17時には頂点に達する。 鉄道は朝が1日のピークになるが、首都高は夕方の17~19時頃が1日のピークになる。 帰宅時間帯であることに加え、物流が再び動き出すころになるためだ。 都心部から郊外方面へ向かう首都高の路線はどこも渋滞が起きると考えてよい。 19時を過ぎるとようやく混雑が解消されてくる。 下り線でも車の動きが完全に止まってしまうほどの激しさは消える。 ただし、地方の田舎のように車の行き来がものすごく少なくなるわけではない。 あくまでも流れがストップしない程度であり、引き続き交通量が多い状態は深夜まで続く。 土日祝は11時頃と17時頃 土日祝の休日もまた午前中と夕方は車の通行が多くなるため、しばしば渋滞が発生する。 誰もが集まり都心環状線、中央環状線になるとやはり渋滞は避けられない。 ピークを迎える時間帯は11時頃と17時頃になる。 午前中の後半と夕方から夜にかけての時間帯というわけだ。 ただし、絶対的な交通量は少ない。 日中の12~16時頃はガラガラの状態といっても過言ではない。 平日とは違ってトラックや営業車はかなり少ない。 ほとんどが個人所有のマイカーである印象が強い。 一週間でも特に渋滞が起こるのは金曜日である。 週末に備えて物流が増えることがその要因と考えられる。 月曜日~水曜日 月曜日1週間の始まりということもあって、まだ本格的には経済活動が盛んではない。 消費が増えるのは休日になる土日になるところが多く、月曜日はそこまで日数がある。 渋滞がゼロであるといったら完全な噓になるが、それでも平日のほかの曜日よりは空いているのは確か。 火曜日はいよいよ1週間のうちの経済活動が本格的に動く。 物量も増えることから、火曜日はやや混雑しやすい。 水曜日は中休みという性質もあってか、火曜日よりは混雑度が下がる。 特に昼間の交通量はほかの平日よりは少ない。 木曜日~金曜日 木曜日になるといよいよ週末の土日に近づいてくる。 物量もかなり増える。 都心を網羅する首都高では午後のオフピークとされる時間帯でも混みやすい。 金曜日は1週間の中でも最も首都高が混雑する曜日に当たる。 消費が伸びる週末に備えられる最後の曜日のため物量が一気に増える。 13時から15時頃までの閑散とした時間帯であっても、金曜日だけは渋滞になることがしばしばある。 絶対的な交通量が多い都心環状線、中央環状線、3号渋谷線、4号新宿線、S1号川口線などはオフピーク時でも長い車列ができる。 土曜日、日曜日 一方の土日の首都高は空いている。 休日の高速道路の渋滞の発生場所は都内ではなく郊外の地域である。 東名高速、東北道、関越道、中央道が混雑の主役である。 土曜日はある程度交通量があって、朝夕になるとやはり渋滞が起こりやすいことには変わりない。 しかし、それでも平日よりは圧倒的に少ない。 日曜日に至ってはさらに交通量が少ない。 休日という性質がさらに大きくなるため、物流トラックがかなり減るからだ。 朝夕でも比較的流れている。 渋滞が起こるのはジャンクション付近などの慢性的に渋滞が発生する地点のみである。 何かしらの理由があるところ以外では自然発生による渋滞はないだろう。 もちろん、事故や工事などによる渋滞は除く。 おすすめ記事•

次の

首都高の渋滞状況を時間帯・曜日ごとに調査!

首都 高速 渋滞

東京一極集中が原因! 圏央道や東京外環自動車道の開通は、都心部には用がなく通過する車によっては都合がいい。 都市部を迂回するバイパスの役割を果たしているため、都心部へ出入りする余分な車が減る。 都心部にとっても、通過していく車が入ってこないことで、その分渋滞の要因が減る。 これらの新しい高速道路が多大な恩恵をもたらしているのは確かな事実である。 しかし、残念ながら都心部の交通量が多いのは変わらない。 しかも、近年は東京一極集中が進んでいることから、その分都心部へ入ってくる車両の数も多くなっている。 車の流入数の絶対値が多くなればなるほど、渋滞が起きやすくなる。 他の地方から東京へ入る車の大半は首都高を使うことになるため、それによって渋滞も起きやすいというわけだ。 首都高速道路株式会社HPより 上り勾配において、車は平たん部と同じパワーで走っているとスピードが落ちる。 後続車は、前を走る車が減速すれば衝突をさけるために減速せざるを得ない。 車間距離を確保するため、後続車は前の車よりもさらにスピードを落とすこととなる。 後続車が減速するという動きが何台も続けば、最終的には車の流れが止まってしまう。 交通量が多い首都高で簡単に渋滞が発生する原因の1つなのは想像できるだろう。 また、合流部の存在も渋滞が起きる原因だ。 合流部では、車が2路線以上から集まるため、一気に交通量が爆発的に増える。 しかも、合流する際には他の交通と速度を合わせる必要があるため、上り勾配と同じように減速せざるを得ない。 後続車へ次々とスピードダウンの動きが伝わる。 同じく最終的には車の流れが止まってしまう。 首都高は特にジャンクションが多い。 こまめに分岐点が存在するため、直接的な原因となる箇所が多い。 少子高齢化なら渋滞緩和か 日本は全国的に少子高齢化が続いている。 今のところ、東京とその周辺の地域に限ってはむしろ人口が増加傾向にある。 東京一極集中が続いているのは確か。 地方の過疎化を合わせて社会的な問題となっている。 しかし将来的には、東京においても人口が徐々に減っていく見込みとなっている。 人口そのものが減少に転じている今、人口が増えているのは今だけだ。 少子高齢化が進むことでデメリットがあるといわれているが、メリットもある。 その1つが渋滞の緩和だ。 首都高を走る車の絶対数が少なくなる。 それに加えて、新規路線の開通で1路線当たりの交通量が少なくなる。 そうなれば、たとえ上り勾配やジャンクションでの合流部があっても、車の流れがストップしてしまうほどの渋滞には至りにくくなる。

次の