オリンピック デメリットしかない。 JOC

経済効果は大きいがデメリットはないのか?東京オリンピック開催交通社会の◎と×()

オリンピック デメリットしかない

メリット 気温の低さ やはり、札幌移転の一番のメリットというのは、気温の低さではないでしょうか。 札幌では当日も東京より低い気温になることが期待されます。 特にマラソンは休みなく長時間体を動かし続ける過酷な競技のため、真夏のレースでは熱中症の危険度が増しますが、選手にとっては人生をかけた大きなイベント。 生命の危機を犯すほど、無理をする可能性は非常に高いです。 沿道の観客やボランティアにとっても、より快適な環境でお手伝いできるのは良いことですね。 ちなみに、東京で開催する場合は、朝5時代のスタートも提案されていたように、選手にとってはかなり負担のかかるスケジュールになる可能性がありましたが、札幌の場合は、当初の7時スタートということでも快適な気温で走ることができるのではないかと思われます。 警備のしやすさ これは、一般的なマラソン大会でも言えることですが、マラソンの大会を運営するにあたって、警備というのもとても重要になってきます。 警備は道路の多さ、交通量の激しさから、一般的には都会になる程コストがかかります。 この点からも、東京よりも札幌で行う方が、選手がより安全に走る環境を作りやすいです。 デメリット マラソン用コースの決定 まず、問題となってくるのが、マラソンで使用するコース作りです。 オリンピックは、当然ながら、一定の基準をクリアした公認コースを作る必要がありますが、標高差や曲がり角の数など、様々な条件を満たすコースを作るのはそれなりの時間と労力がかかります。 幸いなことに、札幌には「北海道マラソン」という日本陸連公認コースの大きな大会があるため、そのコースを利用するというのであれば、コストを抑えることができます。 ただ、現状、北海道でのコースに関しても、条件が突きつけられる余地があります。 とりわけ、チケット販売による収益化のため、ゴール地点を札幌ドームにするなど、収益化に向けて色々と条件が追加される可能性は高いです。 それらの要望に応えるとなると、北海道マラソンのコースを一部利用したとしても、調整にかかるコストは膨れ上がっていきます。 特に、これから、冬、札幌は雪が降るため、コースの作業が困難になりますので、時間的にも余裕がないのは確かです。 選手の選考 また、これは日本の選手団にとってですが、先日行われました、MGCで日本は気温の高い条件に強い選手を選出することができた訳ですが、開催地が札幌になってしまうと、MGCで代表を選んだ意味が薄れてしまいます。 本番、暑い環境を想定して、選手の選考を行なっているのは日本以外にもあるかどうかは分かりませんが、もし、暑さを想定して選考を行なっている国が他にもあった場合には、想定していた条件とは少し変わってくる訳ですから、その国に陸上連盟としては納得のいかない部分が出てくるかもしれません。 観客数 選手にとって、もっとも力になるのは、何と言っても、観客の声援でしょう。 開催地が北海道になれば、移動時間の理由から、観戦が困難になる人も少なからず出てきます。 チケットの払い戻しなども大きな問題に発展する可能性が十分にあります。 最後に IOCや組織委員会、小池知事を筆頭とする東京都、それぞれに非難の声はありますが、何にしろ、開催まで一年を切った段階でコースが決まっていないというのは危機的な状況です。 本件は世界中のメディアでも取り上げられていますが、この状況は海外の人々にも、東京オリンピック開催の不安を与えてしまうかもしれません。 残された短い時間の中、解決しなければならない課題が多く残されています。 東京オリンピックという、日本にとっては数十年に一度しか訪れない大事なイベント。 無事に開催出来ることを祈るばかりです。

次の

※東京オリンピックは中止すべき?メリットデメリットを解説!

オリンピック デメリットしかない

前の回答に対し、 >大会を開くのにお金がかかりすぎるのが問題とされている。 国だって経済を良くするための投資をしています。 と公的資金以外に、大会での収入、スポンサーからの収入だってあります。 こちらの記載によると、使用される公的資金は2400億円程度となるようで、その後も利用され続ける施設改修費でもあるので、無駄なお金という訳でもありません。 ・『FAQ よくあるご質問 - Tokyo 2016 - 東京オリンピック・パラリンピック招致委員会 日本だから、できる。 あたらしいオリンピック!』 >カナダやギリシャの例に対し、 ギリシャは五輪開催前から隠され続けた、五輪開催以前からの問題です。 カナダの例に対しても、東京は世界有数の財政基盤を有しているので、五輪費用が都政の負担になる可能性は低いです。 >景気が良くなるような効果ではありません。 景気が悪くなる訳ではないのですから、ちっともデメリットじゃありません。 少なくとも3兆円分の仕事が増えることで、賃金上昇、失業者減少が見込めるでしょう。 >被災地という問題があるのにオリンピックをする余裕もありません。 これは個人の勝手な考えでしょう。 上で述べたように、五輪開催費用として使われる公的資金2400億円に対し、東北の復興に対しては25兆円の復興予算がついています。 しかも、福島の除染では6割も予算が余っている状態など、東北のかかえる問題は資金面ではなく、どう復興を進めるかの問題でしょう。 東北の人に家がなかったらなどと言いますが、家があったも仕事がなければ東北には住めません。 東京五輪は、五輪事業の下請けを優先的に東北にまわすことで、東北の企業再建に貢献することでの復興を手助けする役割もあります。 これは一長一短で、デメリットとは言い切れないでしょう。 心配されるのは、 ・大会収入や、観光事業などの経済効果など、期待してた効果がその通り得られるか。 ・大会後、五輪会場が負の遺産とならないか。 (東京は人も多いので、そう容易に長野と同じ道は辿らないでしょうが) ・首都圏での交通渋滞。 ・治安の悪化。 (テロ不安や外国人が増えることによる) ・人手が都心に集中することで東北で人手不足で復興速度が遅くなる。 などではないでしょうかね。 もちろん、概ね不安であり、必ずしもその通りの悪い事が起きるとは決まっていません。 長くなったのでメリットは簡単に。 経済効果。 (世界とのつながりも密接になる) 国際舞台での注目度が増すことで、日本の発言力強化(領土問題など政治問題も強固に取り組める)。 スポーツ振興の好機会である。 大イベント開催により多くの国民に楽しみを与えられる。 日本という先進国の中では極めて閉じた国を、再び世界と交流させる機会になる。 東北に仕事を増やすことで、東北の企業の再建機会となる。 その人たちはホテルに泊まったり、レストランを利用したり、 大会のマスコット人形を買ったり、たくさんのお金を使います。 だから、開催地はもうかって、プラスの効果(こうか)があります。 ロンドン大会では約6700億円の効果があるといわれています。 2020年に東京大会が開催されたら、3兆円の効果があると東京都は予想しています。 1964年の東京オリンピックでは東海道(とうかいどう)新幹線(しんかんせん)や高速道路(こうそくどうろ)がつくられました。 2008年の中国の北京大会でも地下鉄の路線(ろせん)を増(ふ)やして、空港も大きくするなどしました。 大会で街がずいぶん近代的になったのです。 ショッピングセンターも近くにつくったから、仕事のない若者(わかもの)たちの働く場所もできました。 それから、競技場などスポーツ施設ができて、市民の楽しみも増えます。 64年の東京大会でつくられた国立競技場や代々木体育館では今もスポーツ大会が開かれています。 デメリット 1 大会を開くのにお金がかかりすぎるのが問題とされている。 世界中から選手を呼んだり、テロ対策などで警備員を雇ったりするのに数千億円というお金がかかります。 競技場を建てたら、さらに必要なお金は増えます。 76年のカナダのモントリオール大会では大赤字になり、借金を返すのに30年もかかりました。 2004年のギリシャのアテネ大会では空港をつくるなど、たくさんお金を使ったわりには、世界中からお金が集まらず、借金が増えて今のギリシャ危機(きき)の原因のひとつになったのです。 景気が良くなるような効果ではありません。 また、スタジアムを作っても、それを売却する企業がいないので、 放置されて、維持費などがかかってしまいます。 長野オリンピックのスキー場などの維持費によって、長野県は巨大な借金をしました。 3 被災地という問題があるのにオリンピックをする余裕もありません。 たとえ、オリンピックで東北に活気が戻っても、 家もない人たちにとっては、何の意味もありません。 オリンピック資本を東北に回すべきなんです。

次の

もう、パラリンピックは終わりにしよう。生みの親だからこそできる、2020年東京大会の歴史的役割

オリンピック デメリットしかない

女子サッカーの岩渕真奈選手もに「いっぱい練習してもっともっと強くなれるように頑張るしかないですね こんな時だからこそポジティブに! がんばるぞー みんなが笑顔になれるいい大会になればいいなー!!! 2021東京オリンピック」と更新しています。 ツイッターから に動画をアップしたのは欧州で活動する男子サッカーの堂安律選手。 オリンピックに向け準備をしてきただけに「(延期は)少なからず驚きがあった」としながらも、1年後について「また新たな目標を立てられることに、僕はポジティブにとらえています」と語っています。 代表内定・確実組からも声 一方、延期が決まったことで代表選考の難しさも浮上してきています。 陸上男子やり投げの新井涼平選手は延期が急転決まる前の22日にツイッターを更新、「もし、オリンピック延期になったら代表は選考し直しかな… まだ私はなんも決まってないから楽観的だが、決まってる人からしたら困るよね。 もちろん選手が1番わかっているからきついけど、一年あればコンデションなんてとてつもなく変わるから、もう一回やったほうがいいのかな? とても難しい問題」と指摘しています。 実際、代表内定・確実組は今年の夏を目指して調整に入っていたはずで、メンタル面や体調面で仕切り直しになります。 不透明感や徒労感も漂うはずですが、それでもSNSを使って自らの声を届けています。 インスタグラムから スポーツクライミングの楢崎智亜選手は延期を受けてを更新、「正直驚きました。 しかし、オリンピックの開催がいつになったとしても、自分の目指すものは変わりません。 僕たちアスリートにとってオリンピックは大きな目標であり、夢です。 1日も早くこの状況が終息する事を願っています。 そして世界中のアスリートがフェアな状態で最高の東京オリンピックが開催されることを祈って、今の自分に出来ることを積み重ねていきたいと思います」としています。 レスリング男子フリースタイル65キロ級で内定している21歳の乙黒拓斗選手は、25日朝に更新した自身のツイッターで「『東京オリンピック 1年程延期』 時間が経てば経つほど俺はどんどん強くなるしレベルは上がり続ける 今以上にさらに良い仕上がりになるだろう」と勢いのある発信。 ツイッターから 一方、卓球の団体戦要員で内定している30歳の水谷隼選手はひとひねりある。 老け顔に加工した自身の写真を載せ、「I can do it」と掲載すると、ファンからは「オリンピックまで走り続けてくれるって。。。 事ですね」「ちと老けすぎ」などの突っ込みとともに激励が寄せられています。

次の