競馬 ネット購入 ゆうちょ。 ネットで競馬〜自宅にいながら馬券を買う!〜

競馬の馬券はインターネットで購入できる!払い戻しは月曜日中が基本

競馬 ネット購入 ゆうちょ

馬券はスマホ購入できる時代 スマホで手軽に馬券を購入できるのが『即PAT』と呼ばれる方法です。 スマホならではの簡単な操作で投票ができるので、手軽に競馬を楽しめるようになりました。 即PATが対応しているのは『iOS』または『Android』を搭載しているスマホが対象です。 使用するブラウザは初期搭載のもので問題はないので、スムーズに使い始めることができます。 国内競馬のほか海外競馬の投票も可能 即PATのメリットは、国内競馬の馬券に限らず海外競馬の投票も楽しめるというところ。 ネット投票の販売時間を守れば、開催される国内外のレースの投票ができるので色々な予想ができるのも楽しみの1つです。 発売開始と締め切りの時間 ネット投票の『販売開始時間』は、地方競馬の場合が『10:00スタート』で、海外競馬の場合が『前日7:00または、当日7:00』です。 海外競馬の場合にはそのほかの注意点などもあるためJRA公式サイトを確認しておきましょう。 『締め切り』は地方競馬の場合『レース発走の4分前』、中央競馬の場合『レース発走の1分』、海外の場合『発走予定時刻の4分前』です。 ネット投票でもギリギリまで予想ができるので、しっかりと用意しておきましょう。 即PATの会員になる必要がある 即PATは便利なサービスですが、会員登録をすることで初めて使えるものです。 会員のサービス内容とシステム利用料など、知っておきたい即PATの基本を確認していきましょう。 サービス内容とシステム利用料 即PATのサービスは、1カ月の利用制限や、面倒なシステム利用料はないので、無料会員登録だけで使えます。 新規登録は馬券投票券の販売時間帯のみなので、深夜などに登録はできないという部分を覚えておきましょう。 馬券購入時に決済される口座は『JRA指定銀行の普通口座』です。 利用可能な銀行については後述します。 馬券投票券は1回あたりの最低購入額は100円なので、通常の馬券と変わらない価格で投票ができます。 また、『JRAが指定している販売レース』であれば、どれでも購入できるのも便利なポイントです。 加入手続きは口座によって分けられているため、JRA公式サイトの『加入手続きガイド』を確認してみましょう。 利用可能な銀行は? 即PATでの決済に使う口座は『JRA指定銀行の普通口座』です。 ジャパンネット銀行• 楽天銀行• 三井住友銀行• 三菱UFJ銀行• 住信SBIネット銀行• ゆうちょ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• じぶん銀行 上記の普通口座であれば問題ありません。 口座を開設する場合は約1〜3週間かかるので注意してください。 すでに口座がある場合は、即日で馬券の購入が可能です。 ポイントが貯まる銀行も 楽天銀行では『ハッピープログラム』と呼ばれる優待プログラムの対象です。 楽天銀行を使って即PATを利用することで『楽天スーパーポイント』を貯めることができるサービスで、お得にポイントを貯めることができます。 無駄な手間がいらず、即PATへ入金することで貯まるので、『競馬を楽しんでいる間』に溜まります。 振込手数料などの費用を貯まったポイントで補えるのでお得です。 スマホでのログインから投票まで 会員登録をしたらスマホでログインして投票をしていきましょう。 専用のアプリはないので、既存のブラウザで専用のページを開いてログインをして、投票を進めていきます。 ログインから入金までを確認していきましょう。 ログインして入金 まずはスマホで専用のページを開きます。 スマートフォン投票サイトにアクセスをしたら、『ネット投票ログイン』をしてみましょう。 アクセスできるのは投票受付時間のみなので注意してください。 ログインを行った後は、『入出金メニュー』を開きます。 入金指示に従い、入金金額を入力して手続きを続けていきます。 暗証番号の入力の後、入金指示結果が表示されればOKです。 投票前に必ず入金を行っておかないと、馬券の購入手続きができないので注意してください。 通常投票とオッズ投票が簡単にできる 即PATに入金をしたら投票をしていきます。 即PATでは『通常投票』と『オッズ投票』を使うことができます。 投票したい種類を選んだら、指示に従い項目を埋めていきましょう。 通常投票とオッズ投票のどちらも画面の指示に従って、入力していくだけなので簡単操作で馬券の購入ができます。 『入力を間違えたら戻るボタンを押す』ようにして、ブラウザの『戻る』を使用しないように注意してください。 1着的中を狙うWIN5投票 5つのレースの1着馬を予想して当てるのが『WIN5投票』です。 この投票も即PATで気軽にできます。 WIN5には買い方が3通り用意されているので好みの購入方法を選んでみましょう。 完全セレクト・・・5つのレースを全て自分で予想して投票する• 一部セレクト・・・4つのレースまで自分で予想し、残りはコンピューターに任せる• ランダム・・・宝くじ気分で味わう、5つのレースすべてをコンピューターに任せる 予想がしたい人は完全セレクトを、初心者でも楽しみたいならランダムを選ぶのもおすすめです。 自分だけの楽しみ方を見つけてみましょう。 便利なツールを活用し、競馬をもっと楽しもう 競馬場に足を運ばなくても、便利なツールを使うことで競馬をより身近に感じることができます。 どれもログインをして投票するだけなのでとても簡単です。 ツールを活用して、より競馬を楽しめるように即PATの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

JRA ネット投票

競馬 ネット購入 ゆうちょ

即PATで、馬券購入のゆうちょの手数料がかかるみたいですが、わからない点があります。 たとえば、ゆうちょ銀行のATMに1000円、 入金しました。 あとは手数料のかかるものはありません。 まず手数料というので、ゆうちょ銀行の出し入れに関するものは排除して考えますね。 コンビニATMで入金とか。 月何回無料とかよくわからないので。 即PATの手数料は1種類だけです。 馬券を買う時に、ゆうちょ口座残高から馬券購入用の架空の口座に振り込む必要があり、これを「入金指示」と呼びます。 その際に手数料がかかる可能性があります。 通常土日を1開催とし、1開催で入金指示は2回まで無料です。 3回目から15円の手数料が発生します。 あなたの例だと、ATMから入金した1,000円を、入金指示で1,000円すべて入金。 その後はほぼ制限なく無料で馬券が買えます。 一応1日2,700件までとか3つの制限がありますが関係ないと思います。 土日で1回しか入金指示をしていないので、これを月4~5回繰り返しても手数料は発生しません。

次の

競馬でネット購入するならどの銀行がいい?おすすめは一つだけ。

競馬 ネット購入 ゆうちょ

馬券はスマホ購入できる時代 スマホで手軽に馬券を購入できるのが『即PAT』と呼ばれる方法です。 スマホならではの簡単な操作で投票ができるので、手軽に競馬を楽しめるようになりました。 即PATが対応しているのは『iOS』または『Android』を搭載しているスマホが対象です。 使用するブラウザは初期搭載のもので問題はないので、スムーズに使い始めることができます。 国内競馬のほか海外競馬の投票も可能 即PATのメリットは、国内競馬の馬券に限らず海外競馬の投票も楽しめるというところ。 ネット投票の販売時間を守れば、開催される国内外のレースの投票ができるので色々な予想ができるのも楽しみの1つです。 発売開始と締め切りの時間 ネット投票の『販売開始時間』は、地方競馬の場合が『10:00スタート』で、海外競馬の場合が『前日7:00または、当日7:00』です。 海外競馬の場合にはそのほかの注意点などもあるためJRA公式サイトを確認しておきましょう。 『締め切り』は地方競馬の場合『レース発走の4分前』、中央競馬の場合『レース発走の1分』、海外の場合『発走予定時刻の4分前』です。 ネット投票でもギリギリまで予想ができるので、しっかりと用意しておきましょう。 即PATの会員になる必要がある 即PATは便利なサービスですが、会員登録をすることで初めて使えるものです。 会員のサービス内容とシステム利用料など、知っておきたい即PATの基本を確認していきましょう。 サービス内容とシステム利用料 即PATのサービスは、1カ月の利用制限や、面倒なシステム利用料はないので、無料会員登録だけで使えます。 新規登録は馬券投票券の販売時間帯のみなので、深夜などに登録はできないという部分を覚えておきましょう。 馬券購入時に決済される口座は『JRA指定銀行の普通口座』です。 利用可能な銀行については後述します。 馬券投票券は1回あたりの最低購入額は100円なので、通常の馬券と変わらない価格で投票ができます。 また、『JRAが指定している販売レース』であれば、どれでも購入できるのも便利なポイントです。 加入手続きは口座によって分けられているため、JRA公式サイトの『加入手続きガイド』を確認してみましょう。 利用可能な銀行は? 即PATでの決済に使う口座は『JRA指定銀行の普通口座』です。 ジャパンネット銀行• 楽天銀行• 三井住友銀行• 三菱UFJ銀行• 住信SBIネット銀行• ゆうちょ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• じぶん銀行 上記の普通口座であれば問題ありません。 口座を開設する場合は約1〜3週間かかるので注意してください。 すでに口座がある場合は、即日で馬券の購入が可能です。 ポイントが貯まる銀行も 楽天銀行では『ハッピープログラム』と呼ばれる優待プログラムの対象です。 楽天銀行を使って即PATを利用することで『楽天スーパーポイント』を貯めることができるサービスで、お得にポイントを貯めることができます。 無駄な手間がいらず、即PATへ入金することで貯まるので、『競馬を楽しんでいる間』に溜まります。 振込手数料などの費用を貯まったポイントで補えるのでお得です。 スマホでのログインから投票まで 会員登録をしたらスマホでログインして投票をしていきましょう。 専用のアプリはないので、既存のブラウザで専用のページを開いてログインをして、投票を進めていきます。 ログインから入金までを確認していきましょう。 ログインして入金 まずはスマホで専用のページを開きます。 スマートフォン投票サイトにアクセスをしたら、『ネット投票ログイン』をしてみましょう。 アクセスできるのは投票受付時間のみなので注意してください。 ログインを行った後は、『入出金メニュー』を開きます。 入金指示に従い、入金金額を入力して手続きを続けていきます。 暗証番号の入力の後、入金指示結果が表示されればOKです。 投票前に必ず入金を行っておかないと、馬券の購入手続きができないので注意してください。 通常投票とオッズ投票が簡単にできる 即PATに入金をしたら投票をしていきます。 即PATでは『通常投票』と『オッズ投票』を使うことができます。 投票したい種類を選んだら、指示に従い項目を埋めていきましょう。 通常投票とオッズ投票のどちらも画面の指示に従って、入力していくだけなので簡単操作で馬券の購入ができます。 『入力を間違えたら戻るボタンを押す』ようにして、ブラウザの『戻る』を使用しないように注意してください。 1着的中を狙うWIN5投票 5つのレースの1着馬を予想して当てるのが『WIN5投票』です。 この投票も即PATで気軽にできます。 WIN5には買い方が3通り用意されているので好みの購入方法を選んでみましょう。 完全セレクト・・・5つのレースを全て自分で予想して投票する• 一部セレクト・・・4つのレースまで自分で予想し、残りはコンピューターに任せる• ランダム・・・宝くじ気分で味わう、5つのレースすべてをコンピューターに任せる 予想がしたい人は完全セレクトを、初心者でも楽しみたいならランダムを選ぶのもおすすめです。 自分だけの楽しみ方を見つけてみましょう。 便利なツールを活用し、競馬をもっと楽しもう 競馬場に足を運ばなくても、便利なツールを使うことで競馬をより身近に感じることができます。 どれもログインをして投票するだけなのでとても簡単です。 ツールを活用して、より競馬を楽しめるように即PATの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

次の