集合 体 画像。 本当は蓮コラだけじゃなかったトライポフォビア24+8

集合体恐怖症(トライポフォビア)が見てはいけない画像61選!一覧で紹介!

集合 体 画像

お名前:• ボカロ誰でもカモンを削除してください -- 2019-04-21 日 13:02:51• 勢いで勝手に作ってしまったけど大丈夫だろうか・・・ -- 2017-02-13 月 20:59:33• 趣味集合体の「参加」に作成のような制限はあるのでしょうか? -- FIAAAA 2017-01-15 日 23:34:16• が一覧に正しく表示されないので直し方分かる方いらっしゃったら教えてください -- 攻略ぷに(仮) 2017-01-14 土 18:05:00• 修正しておきました。 ページの最後にあるリンクの前の行に水平線がなかったのが原因だったようです。 -- 2017-01-14 土 21:57:55• ありがとうございます。 感謝です -- 攻略ぷに(仮) 2017-01-15 日 12:02:02• テスト -- 2016-01-10 日 14:51:28 最新の10件を表示しています。

次の

アノまとめ! : 【※閲覧注意※】気持ち悪い!!集合体恐怖症の人は絶対見てはいけない画像集・・・

集合 体 画像

1:蓮コラ あるいは トライポフォビア トライポフォビアは2005年頃に定義された神経症で 「ツブツブ恐怖症」や「繰り返しパターン恐怖症」などとも呼ばれる一連の症状です。 一部にトライプロフォビアと誤用されてる向きもありますが同じもの。 火付け役となったのは 蓮の種を使った「蓮コラ」と呼ばれる画像ですが その前にまずは本物の蓮の実をご紹介しておきます。 レンコンを割ったような不思議な形状ですけど、断面ではなく最初からこういう形。 じょうろの先端のことを「はすくち」と言うのも ここから来ています。 で、これを女性の皮膚に合成した通称「蓮コラ」画像が作られて、本能を刺激するようなおぞましさから一気に広まったのは皆さんご存じの通りです。 何故その画像を気持ち悪く感じるのかという考察も各所でなされて、 「感染症や皮膚を食い破られる感覚を連想させるから」という見解に落ちつきました。 実際、自分もそれは妥当な線だろうだと思ってたんですが、改めて調べるとでは 「パンチ穴」や「繰り返しパターン」への恐怖症と定義されています。 アブスト読むとこの感情に働く特徴的な生物としてヒョウモンダコを挙げてるんですが、論文のタイトル自体は「何故人は穴を怖がるか」なので、微妙に自己矛盾してるような気がするのですが…おっと誰か来たようだ。 Geoff Cole,Arnold Wilkins しかしこの 蓮の実を見る限り、穴は空いてるものの規則的パターンではないし、感染症への警戒感と機械的なパンチ穴が同じ症例に分類されるのは少々不自然な気もします。 以下、検証を兼ねて自然界で トライポフォビアの対象と言われがちなものを要素の薄い順に並べてみました。 発端となった蓮コラは一番最後にご紹介しています。 2:つぶつぶ(集合体恐怖症) トライポフォビアの代表みたいに言われるツブツブ、実はそれほど悪寒をを生まない気がしてます。 ツブツブ食材 意外と好かれ嫌われの激しいトマト。 ミニトマトと大玉では嫌われポイントも随分違うのではないでしょうか。 ミニトマトは丸ごと、大玉だと中のゼリー部分が嫌われがちなので、この写真自体に刺激は少なそうです。 ただし、ツブツブとは別の意味でSFっぽい茎が不穏なので載せてみました。 【ぶどう】形の揃った粒々。 【クランベリー】赤だとまた印象が違うでしょうか 水泡 【泡】 キノコ 【きのこ】種類によって印象が変わりそう。 シダ類 【シダ】胞子嚢を嫌う人は多いですね。 錆 【さびた鉄】これはツブツブ嫌悪というより破傷風への警戒心が先に立ちます。 3:グレーチング(パンチ穴恐怖症) 以前「 規則的な模様に対して無意識に立体視してしまう体質の人がこの手の柄を嫌うのではないか」という仮説を立てています。 パンチングボードやハニカムタイル 【パンチ穴の空いた建材】立体視するには柄が細かすぎる写真かも。 虫の複眼のようで嫌だって意見も聞いた事があります。 【ハニカムタイル】フラットな感じのテクスチャ。 【蜂の巣】柄が嫌か、幼虫が嫌か、親蜂が嫌かでそれぞれ対処が変わるでしょう。 【グレーチング】アングル次第では高所恐怖症的な文脈も発生しそうです。 その他の規則的な構造物 【鉛筆】束ねた鉛筆に言及してるパターンも。 やや先端恐怖症に近い要素です。 【集合住宅】これもトライポフォビアの対象だと言われています。 【集合住宅】パターンそのものへの恐怖より、社会的な不安感があるのかも。 【memo】 これ以降、モザイク画像はGoogle画像検索結果にリンクしています。 (鮮明な単独写真はページ下部の方にまとめました。 ) 【タンザニア・ナトロン湖】 真っ赤なのは塩湖のため。 細胞のようだと評される事もあります。 【ジャボチカバ】馴染みのない方も多いでしょうか、近年導入されつつある南国果物です。 幹に直接実を付けるので、大木で結実する様子を嫌う人はかなり多いです。 【ドングリキツツキ】 木肌におびただしい穴を開けてドングリ埋め込む北米のキツツキ。 5:傷病に通じそうな例 【フジツボ】 【疱瘡】 カエルの卵 ぬめぬめした質感も含めて敬遠されがち。 孵化するとき親の皮膚を突き破って出てくるため、寄生虫の類型として嫌われがち。 【Hydnellum peckii】 別名、悪魔の歯と呼ばれるキノコ。 血を浮かせたような独特のフォルムです。 6:いったんまとめ 一口にトライポフォビアと総称されますが実はかなり 範囲の広い概念であることが判ります。 一つの軸は、パンチングボードに代表されるような、 めまいを生む群。 大量かつサイズが揃ってることがポイントでしょうか。 もう一つは、蓮コラに代表されるような、疫学的に 身の危険を感じるような群。 自身のトライポフォビア耐性が低いと思っている人でも反応の強いジャンルとそうでもないところはかなり分かれてくると思います。 苦手部分がどこに集中してるか一つ一つ検証していくと、ある人にとって どうしてもダメなのは、ほんの一部の要素なのかも知れません。 ここで言う「めまい」は、「医学的めまい」よりも広義の表現でロジェ・カイヨワが「遊びと人間」で定義した 「遊びの4要素」に近いものです。 この時の「めまい」は絶叫系遊具を筆頭にスイカ割りのようなものも含まれていて、 「自分の体や感情を把握しきれてない状態」と言い換えることが出来ます。 つまり トライポフォビアを生む心理状態にめまいが含まれているとすると、気持ちが悪いと言いつつ見てしまう「怖いもの見たさ」という心理には娯楽要素があるのではないかと思うのです。 【遊びの4要素】 用語 意味 凡例 アゴン (競争) スポーツなど アレア (偶然) ギャンブルなど ミミクリ (模倣) ごっこ遊びなど イリンクス (めまい) ジェットコースターなど おち研は日常を雑学する野良研究所です。 月間20万PV感謝。 お探しの記事がありましたら検索窓やもお試し下さい。 所長ごあいさつ おち OCHI, Mizuki 花鳥風月をこよなく愛する体育会系。 趣味はバラバラに見えて科学繋がりです。 ochiken カテゴリ一覧• twitter で人気かも知れない記事• -2RT• 11254RT• 5572RT• 1896RT• 1791RT• 1469RT• 313users• 208users• 219users• 210users• 174users• 163users このカテゴリの人気記事•

次の

集合体恐怖症(トライポフォビア)が見てはいけない画像61選!一覧で紹介!

集合 体 画像

集合体恐怖症とは? マイケル・アランダ氏:個人的なことを聞いてもいいですか? 小さな穴がたくさん集まっている様子について、どう思いますか? 若いスイスチーズの様子はあなたをゾクゾクさせますか? ホットケーキを焼いている時に出てくる小さな空気穴はどうでしょう? または蜂の巣のなかとか、珊瑚の模様とか、蓮の種とかはどうでしょう? これらの写真を見て吐きそうになったりはしませんか? もしそうでしたら、あなたは「集合体恐怖症(Trypophobia)」かもしれません。 たくさんの穴の集合体に恐怖を感じる症状です。 恐怖症とは、繰り返し起こる、特定の物体や状況に対する、道理に反する恐怖で、原因はほとんどわかってはいません。 大まかに言ってしまえば、穴を怖がることはそんなにおかしなことではありません。 なぜならみんな、いろいろなおかしなことに怖れを抱いていますからね。 ある語源学者は30年近くにわたりさまざまな恐怖症の名前を集めてきました。 彼のリストには現在、何百ものおかしな恐怖症がリストになっており、そのなかには月に対する恐怖症、髭に対する恐怖症、うんちをすることに対する恐怖症、操り人形に対する恐怖症、数に対する恐怖症、野菜に対する恐怖症、自転車に対する恐怖症、美女に対する恐怖症、紫色に対する恐怖症など、なんでもありそうです。 しかし、「集合体恐怖症(Trypophobia)」はそのリストには含まれていないのです。 これは、推定15パーセントもの人が多少なりとも感じるとされているにもかかわらず、まだ正式な恐怖症として認められていないのです。 この言葉自体は2000年中期に、インターネットユーザーがランダムに穴のたくさん空いた物の画像を投稿し、小さな穴の集合体に対する嫌悪感を比べることにより突然出てきました。 その約10年後、「集合体恐怖症」はただネット上に奇妙に広がった言葉ととらえられてきました。 しかし最近になって、イギリスにあるエセックス大学の心理学者であるジォフ・コールとアーノルド・ウィルキンズがこの信憑性について研究することにしました。 有毒なものを避ける能力の名残か さまざまな心地よい画像と、人々が気持ち悪がるもののさまざまな画像を比べた後、もっとも不快な画像には共通の数学的構造があることに気がつきました。 すなわち、それらにはたくさんの小さな、はっきりと対比をなすディテール、つまり、縞、斑点、穴などの模様が隙間なく、パターンのようになっている様子が写っていました。 例えばこの蓮のさやの写真ですが、暗い穴と明るい表面のはっきりとしたコントラストが見られます。 そして穴と穴の間はそのディテールを強調するように均等に空いていて、それが連続して広がっているため、ある人たちはこれを見て吐きそうになってしまうのです。 ウィルキンズとコールは、そのような模様は、ブルーリングオクトパスや、さまざまな蜘蛛や蛇といった、有毒動物に見られると主張しています。 彼らは、そのような画像が潜在的な脳の部分を無意識に刺激して、ほかの脳の部位が「いや、それはただのスイスチーズだぞ」と停止をかける前に、「おい! 危険だぞ!」と警告を出しているのだと推測しています。 もしウィルキンズとコールが正しければ、集合体恐怖症は、初期の進化上役に立つ、「有毒動物を避ける」という適応の名残りであると言えるでしょう。 もう1つの仮説は、有機物に空いた穴は無意識に、自分の健康を損ないかねない、伝染性の病気や湿疹、吹き出物、傷、水疱などの皮膚病を連想させるため、穴への恐怖は病気を避けるために役に立った進化上の能力の名残りであるというものです。 わたしが興味深いと感じたのは、「集合体恐怖症」が、「情動伝染」とも呼ぶことができるかもしれないということです。 それは、人がそれに慣れてくるとさらに多くの人に伝染するという状態です。 つまり、もし私が1時間前にあなたに、小さい穴が沢山あるのを見てゾクゾクしませんかと聞いて、あなたは「一体なんの話をしているんだろう?」と思ったとしましょう。 しかし、今はそのことについて説明をされ、それらに関連した写真を見せられたので、私の話している意味がわかるでしょう。 すみませんね。 しかし、それでもある人たちは、あなたが「このたくさんの穴を見て!」というだけで吐いてしまうのです。 そのような人たちは明らかに元から嫌悪感を持っているタイプの人です。 今現在では「集合体恐怖症」は推測でしかありませんが、これをみている人たちのなかには食欲を失った人たちがいるのは確かでしょう。

次の