手マン 上手。 【完全攻略】正しい手マンのやり方!痛がられる5つ原因と潮吹きするほど喜ぶテクニックを徹底解説!

上手な手マンの方法

手マン 上手

ページの目次• 手マンが痛い原因とは? AVではとっても気持ちよさそうにしている手マン。 よかれと思ってやっているのに、内心では痛がられていたなんて悲しすぎますよね。 ですが「AVの反応は全部うそだったの?」と言われるとそんなこともありません。 正しくすれば女優のように喘がせることだって可能です。 では、なぜ手マンで痛くなってしまうのでしょうか?ここでは、その理由について詳しく説明していきます。 いつも彼女に痛がられている人も、「自分は大丈夫だ」と思っている人もしっかりとチェックしていきましょう! 膣が十分に濡れていない まず、一番は膣が濡れていないことが原因です。 濡れていない状態で指を入れられるというのは苦行でしかありません。 濡れていない、ということは指と膣の摩擦が大きいということです。 そんな状態で入れられれば、摩擦の痛みが気になって快感どころではありません。 なので、手マンをする時には事前にしっかりと他の前戯で濡らしておくことが大切です。 膣内だけでなく、小陰唇までしっかりと濡らしましょう! いきなり複数の指を入れている なんとなくのイメージで、いきなり沢山の指を使って手マンをしていませんか? それも痛みを与えてしまう原因の1つとなります。 いきなり激しい運動をしたら怪我をしてしまいますよね?それと同じで、 膣も手マンをする前には準備運動が必要なのです。 手マンをする時は、必ず1本から始めるのが基本となります。 少しずつほぐすように、慣れてきたら2本3本と増やしていきましょう。 雑で激しい!通称「ガシマン」をしている よくAVでは激しく乱暴に手マンをするシーンがありますよね。 AV女優も気持ちよさそうに喘いで、潮吹きをしたり…。 しかし、その動きは女性にとっては気持ちのいいものではなく、むしろ痛みを与えることになります。 ガシガシと激しく手を動かす手マンは 「 ガシマン」とも呼ばれていて、非常に嫌われるやり方です。 膣は非常にデリケートな場所。 皮膚にも守られていない体内です。 そんなところを激しくガシガシとされれば痛いのは想像つきますよね。 ガシマンではない、本当に女性が喜ぶ手マンの仕方はこの後に解説していきます!ぜひ見ていってくださいね! Gスポットを力任せに押しすぎている 後々詳しく説明しますが、 手マンはGスポットを刺激することがポイントです。 しかし、その刺激の仕方も力任せにすれば良いわけではありません。 何事にも限度というものがあり、女性の腰が浮くほどに強く押すのはNGです。 特に男性はもともとの力の強いので、そんなつもりがなくても強い力をかけてしまうことも考えられます。 強く押されすぎてセックス後腹痛に襲われた…なんて女性もいるので要注意です! 膣の性感帯がまだ開発されていない 女性側の膣の性感帯が開発されていない場合にも痛みを感じさせることがあります。 膣の性感帯というのは、主にセックスで開発されていくものです。 つまり、セックスの経験が少ない女性はまだまだ開発がされていないということ。 挿入ですらまだ気持ちよくなれない段階の女性に手マンをしても快感を覚えさせることはできません。 そのような女性に手マンをする時には、クリトリスなども触りながら少しずつ開発をしていく必要があります。 手マンをする上で心得ておきたい5つのポイント 手マンのやり方に入る前に、ここで事前に知っておいたら役に立つ5つのポイントをご紹介しておきます。 やはりコツを知っているのと知っていないのでは、習得のスピードも変わるものです。 きちんとポイントを頭にいれた状態で手マンを始める方が断然良いので、ここでしっかりと見ていきましょう! まずは相手の開発段階をしっかり把握する まず大切なのは相手の開発段階をしっかりと把握することです。 男性経験豊富な女性と、最近まで処女だった女性の性感帯の開発レベルは違いますよね。 その人に合った刺激を与えることが、満足させるコツなのです。 例えば、開発が進んでいる相手であれば多少は力強くしても大丈夫でしょう。 刺激自体に慣れているので、むしろ強めにしなければ物足りなく感じるかもしれません。 逆に、開発がまだまだな女性に対しては極弱い、労わるような刺激をするのが良いでしょう。 膣内もまだまだ開発されていないので、クリトリスなど確実に感じる場所を同時に責めるのもオススメです! 強すぎず・弱すぎず!絶妙な力加減をするのが重要 手マンは力加減が非常に重要となります。 力任せに強い力でしても女性を痛がらせたり、傷つけてしまいます。 だからといって、弱々しすぎても快感を与えることはできません。 手マンは出しゃばらず、それでいて確かな存在感を与える繊細な力加減が求められるのです。 最初のうちはなかなか難しいかと思いますが、女性の反応を伺いながら喜ばれる強さを探していきましょう。 色々と試していくうちに身に着けることができるはず! ピストンではなく圧迫が基本 手マンというと指を出し入れすることを想像する方も多いかと思いますが、基本の動きは圧迫です。 イメージすべきはツボ押しですね。 例えば肩のツボを押す時に激しく指で連打する人はいませんよね?それは膣のツボを押す時も同じです。 Gスポットというツボを、揺らしたり圧迫しながらほぐしていきましょう。 ゆっくりと時間をかけて押していくことで、気持ちよくさせることができるのです。 最初から潮吹きを狙わない 「手マンといえば潮吹き!」というイメージがあるかもしれませんが、最初から潮吹きをさせることは狙わない方が良いでしょう。 手マンに慣れていないもの同士で潮吹きを狙っても上手くいきませんし、相手を痛がらせてしまう可能性が高くなります。 最初のうちは潮吹きよりも、相手を思いっきり気持ちよくさせることを意識することが大切です。 潮吹きを目指すのはその後からでも決して遅くはありません。 また、手マンに慣れてきた頃の方が潮吹きもしやすくなります。 なので、最初から目標とするのではなく、長い期間をかけることを前提で目指すのがオススメです! 指・爪の手入れは完璧にしておく 手マンをする時に絶対気をつけるべきポイントはここかもしれません。 する前には絶対に指や爪の手入れを完璧にしておきましょう。 膣というのは非常にデリケートな場所。 何にも守られていない体内です。 そんな場所を触るのに、爪が長かったりするのはNG! しっかりと事前に爪を短く整えておきましょう。 「切りすぎじゃない?」と思うくらいがちょうどいいですね。 少しの引っかかりもない状態に仕上げておきましょう。 切った後にはやすりがけも必須です。 なめらかな状態になればOK! また、 意外と忘れがちなのがささくれの処理です。 剥がれて乾燥し、硬くなった皮膚が膣内に当たると痛みの原因になります。 ささくれもしっかりと処理して、ハンドクリームなどで保湿しておきましょう。 潮吹きも狙える!正しい手マンのやり方 それではいよいよ手マンのやり方について説明していきます。 さっきまで悪い手マンについて話していたので、上手くできるか不安に思っている方もいるかと思いますが安心してください。 手マンというのはそこまで難しいことではありません。 きちんとポイントを押さえておけば、絶対に女性を満足させられる手マンができるようになります。 潮吹きをさせることも夢ではありませんので、しっかりとここで勉強をしていきましょう! まずは手マン以外の前戯で盛り上げる 手マンも前戯に分類される行為ですが、手マンをするためにも前戯が必要です。 やはり気持ちの盛り上がりというのは非常に大切で、いきなり手マンを始められても女性の気持ちはついていきません。 100%の状態で手マンの快感を楽しめるように、きちんと前段階から準備をしておきましょう! ハグ、キスなどのイチャイチャから徐々に全身の愛撫へと移行していきましょう。 セックスへのボルテージが高まってきたら、次のステップへGO! 下着を脱がし大陰唇や小陰唇を触っていく 十分に焦らしができたなら、いよいよ下着を脱がしていきます。 ここでも、まだ指は入れてはいけません。 まずは大陰唇から触っていきましょう。 大陰唇は女性器の一番外側の膨らんでいる部分です。 そこを撫でるかのようにフェザータッチをして感度をあげていきましょう。 十分に愛撫して感じさせることができたなら、小陰唇やクリトリス、膣口の周りへと移行していきます。 この時大切なのは愛液を十分に膣口および小陰唇に広げておくこと。 挿入時に痛みを与えてしまうのは、乾いた小陰唇を巻き込んでいるというのも1つの原因です。 膣内だけでなく、その周囲も濡らしておくのは非常に重要ということをよく覚えておきましょう。 女性をM字開脚させて垂直に中指と薬指を挿入する 十分に濡らすことができたら、いよいよ指を挿入していきます。 まずは手マンをしやすいように、女性をM字開脚の状態にします。 恥ずかしがるかもしれませんが、そこは多少無理やり押さえつけても構いません。 今回挿入していく指は中指と薬指です。 理由は長くて動かしやすいからですね。 いきなり2本とも挿入はせずに、まずは中指だけを挿入して慣れさせていきます。 中指だけで膣内をかき混ぜて、相手の緊張が解れてきたならば2本目の薬指を挿入していきましょう。 入れていない人差し指と小指はお尻側におく 中指と薬指を挿入できたら、入れていない人差し指と小指のポジションも整えましょう。 一番ベスト置き位置はお尻です。 お尻のラインに沿わせるかのように置くと、そこが支点となるので手マンをする時に安定します。 イメージとしては影絵のキツネです。 耳の部分で支えて、鼻先を膣に挿入する形になります。 指の関節が固い人には少し辛いかもしれませんが、ストレッチなどで柔らかくしておきましょう! 手首を恥骨に固定してトントンと圧迫する 上手く挿入ができたら、手マンを開始していきます。 手マンの基本は圧迫です。 女性のお腹側に向かって、上向きにトントンと指圧していきましょう。 女性のGスポットは膣口から4〜5センチの恥骨の裏側にあります。 そこを狙って、女性が感じる部分を探してみましょう。 どこかに女性がビクッと跳ねる場所があるはずです。 見つけることができたらそこを集中攻撃するのみ! トントンと圧迫すると段々と疲れてくるかと思いますが、 そんな時には手首を恥骨にONするのがオススメ。 支えができるので、動かすのが圧倒的に楽になります。 ぜひ試してみてくくださいね。 肘を手前に引いて掻き出す動きも加える トントンと圧迫するのが基本ではありますが、たまの不意打ちとして手前に引いて掻き出すような動きをするのも良いでしょう。 今までとは違う動きに、思わず体を跳ねさせること間違いなしです! 注意点は、あくまでこの動きはサブで行うこと。 こっちの動きをメインとしてしまうと、女性に嫌がられる「ガシマン」になりかねません。 そうなると今までの積み重ねも全て水の泡となってしまうので気をつけましょう! イカない時には無理せず早めにやめる 手マンをしたからといって、必ず女性がイくとも限りません。 感じ方にも個人差がありますし、その日の体調によってもイケるかどうかは変わってきます。 「一生懸命やり方にそって手マンをしているのに全然イってくれない…」というのは辛いですが、そんな時にはすっぱりと諦めるのも大切です。 長い時間、無理したからといってイケるようになるわけでもありません。 何回も繰り返すことでイケる体にもなるので、根気よく取り組んでいきましょう。 女性をさらに満足させるために!同時責めのアイディア 手マンだけをするのも良いですが、 空いているもう片方の手で他の部分を責めればより強い満足感を女性に与えることが可能となります。 何も手マンに限ったことではありませんが、別々の刺激を与えることで相乗効果を生み出すことができるのでぜひ取り入れてみてください。 ここでは6つの同時責めのアイディアをご紹介します! 快感を確実に!クリトリスも一緒に刺激する まずは一番王道、クリトリスです。 クリトリスなら手マンをしている手でも刺激することが可能ですね。 クリトリスはどんな女性でも感じる性感帯なので、積極的に刺激していきましょう。 特に、セックス経験の少ない女性は膣やGスポットが未開発で感じにくいものです。 経験の少ない女性を相手する場合は特に意識して刺激してあげましょう。 クリトリスは処女であっても強い快感を得ることができる場所。 中で感じられないのであれば、外からのサポートは必須となることを覚えておきましょう。 聴覚で満たす!言葉責め 直接刺激を与えずとも、刺激を与えることができるのが言葉責めです。 女性はなんだかんだで言葉責めされるのが好きな生き物。 上手に活用すればより興奮させることもできます。 「言葉責めって苦手なんだけど…」という方も大丈夫。 言葉責めは2つのポイントを意識すれば誰でも上手にできます。 1つ目のポイントは「決して照れないこと」。 恥ずかしいからといって照れてしまったら言葉責めにはなりません。 照れというのは相手にも伝染してしまうので、堂々と責めることが大切です。 2つ目のポイントは「実況かつ疑問系の責めを使うこと」。 言葉責めというのは何も難しく考える必要はありません。 恥ずかしいことは全部相手に言わせて、自分はただ聞くだけというやり方が一番簡単です。 例をあげるなら「すごい濡れてるね」「ヒクヒクしてるけど、どうしてほしいの?」などなど。 今まで言葉責めを避けてきた方も、これならできそうですよね! 安心感を与える!頭なでなで 同時責めというのは必ずしも快感を与える必要はありません。 ただ、頭を撫でてあげるだけでもいいんです! 女性は好きな相手から頭を撫でられると強い幸福感と安心感を得ることができます。 快感とは違う、気持ち良さを感じることで満足度は大幅にアップするでしょう。 また、リラックスして体の余計な力が抜けることで性的な刺激も感じやすくなります。 直接的な快感ではありませんが、結果として感度が上がり得られる快感も増えるので頭なでなではオススメです! 上下の快感を!おっぱいモミモミ 手マンをしていない方の手でおっぱいを揉みしだくのもオススメです。 おっぱいには多くの神経が通っていて、軽く揉まれるだけでも快感を得られるもの。 揉む以外にも舐めたりしてみるのも良いですね。 また、おっぱいを愛撫する時には「スペンス乳腺」を意識するとより効果的です。 スペンス乳腺とは脇の下から下乳にかけてある神経で、胸のGスポットとも呼ばれているほど快感を得られるスポットです。 貧乳・巨乳関係なく感じる場所なので、おっぱいを愛撫する時にはぜひ刺激してみてください! 2種類の刺激を!クンニ 手マンをしながらクンニをするというのももちろんアリです。 ただ手マンをするだけよりも、違った刺激がダブルで得られるので絶頂にも達しやすくなります。 舐める際には、舌先でチロチロと舐めるのではなく、下全体でベロンと舐めるのがオススメです。 イメージとしては、あそこにディープキスをしていくような感じですね。 なんだかんだ言ってクンニが嫌いな女性はいないので、すれば喜ばれることは間違いありません! 不意打ちの感覚を!アナル舐め したことがなる人は少ないかと思いますが、 思い切ってアナル舐めを取り入れてみるのも良いでしょう。 アナルを舐められたことがある人も少ないので、電撃の走るような、新感覚の快感を与えることができます。 とはいえ、アナルを舐めるのには抵抗があるという方も多いと思うので、そのような場合は指を入れてみるだけでも構いません。 その際には必ずローションを使ってくださいね! 手マンをする際の7つの注意点 手マンを行う上で、いくつか注意したい点があります。 気をつけなければ、思わぬ怪我や病気の原因となるのでしっかりと確認をしておきましょう。 手マンをする側の男性にはあまりリスクはありませんが、される側の女性は多くのリスクを背負っています。 大切なパートナーを傷つけないためにも、きちんと把握をしておきたいところです。 ここでは7つの注意点をご紹介します。 それでは見ていきましょう! 石鹸で手を洗い清潔な状態にしておく 膣を触る時にはしっかりと手を洗って清潔な状態にしておきましょう。 膣は非常にデリケートな部位です。 洗っていない手で手マンをしてしまうと、膣から体内に雑菌が入ってしまい最悪の場合膣炎等を起こしてしまいます。 そうなると相手の女性は病院に行くことにもなってしまいますので、男性はきちんと手洗いをしておきましょう。 雑菌は目視することができないのでついつい疎かにしてしまいますが、洗っていない手にいる雑菌の数はトイレのドアノブの約6倍とも言われています。 そんな手でデリケートな場所を触っていい訳がないですよね。 今まであまり意識していなかった方も、これかた手マンに挑戦する方も手洗いはしっかりと行いましょう! 精子がついた手で行うのはNG セックスの二回戦時に気をつけたいのが、精子が手についたままの手マンです。 コンドームを外す際に、手に精子がつくこともあるでしょう。 その後にその手で手マンをするのはNGです。 確率的にはほとんどないことですが、その時手についた精子が原因で妊娠をしてしまう可能性も0ではありません。 いらない心配をしないためにも、手に精子が少しでもついた時にはしっかりと洗うなり拭き取るなりしましょう。 爪は短く切ってヤスリで整えておく 冒頭の方でもお伝えしましたが、大切なことなのでもう一度説明しますね。 必ず、爪は短く切ってヤスリで整えておきましょう。 本当に、爪を整えていない人の手マンは女性からすれば地獄でしかありません。 切るだけではダメです。 必ずやすりがけまで行いましょう。 長くガタガタの爪で手マンをされるとどうなるかというと、まず一番に痛いです。 皮膚を引っ掻かれるのでも痛いのに、それが体の内部となれば痛みはダイレクトなものになります。 膣内が傷ついて切れて血が出たり、その傷口から雑菌が入れば炎症を起こしてしまうので、相手のことを思いやる気持ちが少しでもあるのであればしっかりと爪は整えましょう。 相手の表情をしっかりと見ながら行う ついつい手を動かすことに夢中になってしまうかもしれませんが、相手の反応もしっかりと見ましょう。 特に、表情は気持ちがダイレクトに出るのでチェックは必須です。 相手は感じているのか?痛がってはいないか?辛そうではないか?などなど、色々な感情を読み取ることができるはずです。 独りよがりな手マンは、女性の満足感の向上には繋がりません。 自分がしているのは相手のいるセックスであることを忘れずにいることが大切です。 膣がデリケートな場所であることを忘れない 激しく手マンをするAVなどを見ていると忘れてしまいがちですが、膣はとてもデリケートな場所です。 激しく雑に扱うことはご法度です。 再三言っている通り、 膣は何にも守られていない内臓です。 自分の口内や肛門に例えてみると良いかもしれません。 そんな場所をガシガシと激しく触られたり、雑に扱われると痛い…というのは想像がつきますよね。 怪我をさせないためにも細心の注意を払い、思いやりの気持ちも忘れずに触れましょう。 濡れていない時にはローションを使うのもあり 手マンをする時には膣が濡れていることが絶対条件となりますが、どうしても濡れない時にはローションに頼ってみるのも良いでしょう。 濡れる濡れないというのはその日の体調によっても変わってきます。 濡れないと女性はプレッシャーからさらに濡れづらくなってしまうので、そんな時には思い切って道具に頼るのも全然アリです。 ローションで勢いづけばその後に愛液も出やすくなるので、「今日は濡れない!」となった時にはぜひ活用して見てくださいね。 膣の臭いがキツい時には緑茶が効く! 女性はもともとの体臭であったり、ホルモンバランスの乱れによって膣の臭いが強くなることがあります。 時には手マンをして手を洗っても臭いが染み付いて取れない…なんてこともあるでしょう。 そんな時に有効なのが「緑茶」です。 緑茶に含まれるタンニンには強い消臭効果があります。 濃いめの緑茶で指や爪の間を丁寧に洗えば嫌な臭いはきれいに落ちるので、もし困った時にはぜひお試しください。 手マンについてのまとめ 手マンとは小さな快感の積み重ね。 AVでは派手に動かしていますが、実際に女性に喜ばれるのはゆったりとしていて、かつ確実な刺激です。 これまでにガシマンをしていたのであれば、今後は改めましょう。 膣は非常にデリケートな場所です。 大切なパートナーを傷つけないためにも労りの気持ちは忘れないようにしましょうね。 この記事があなたの役に立てたのであれば幸いです!.

次の

上手な手マンの方法

手マン 上手

真似すればOKの簡単な手マンのやり方とは!? これからご紹介するのが「指マンテンプレート集」になります。 この手マン(指マン)のやり方には次の大きな特徴があります。 圧倒的な内容の濃さ• 洗練された様々なテクニックのバリエーション• 実際に女性にアンケートを取って導き出された手法• 人体の構造から科学的な内容になっている という内容で、もちろん膣内の手マンだけでなく「クリトリス責め」にも言及されています。 まずはクリトリスを責めてからの手マンになります。 その理由は、性感帯の中でも敏感なクリトリスを責める事から女性の快感は連動していくからなんですね。 ですので、単に手マンのやり方だけ知っても深いオーガズムを与えることは出来ない訳なんです。 手マンまでの「過程・愛撫すべき場所・手順・強弱やスピード・女性の反応」などを知ることで、より短時間で楽に女性に深いオーガズムをもたらす事が出来る訳なんですよ。 もちろん連続イキも可能ですし、この手マンのやり方では一度イカせる事で女性は雪崩の様に絶頂しやすくなるんですね。 手マンの膣内オーガズム クリイキと中イキでは快感の質が異なってきます。 クリトリスは男性で言えば亀頭にあたる部分ですね。 そのために中イキはより深くて長時間のオーガズムを与える事が可能なんですね。 これらの快感の深さや長さが「クリイキと中イキの違い」になります。 手マンにスランプなし! 色々なセックスが上達するセックステクニックの中でも「手マンはスランプなし!」なんです。 どういった状況でも女性をイカせる事が出来るのが「手マン」なんですね。 また狭い場所でもやりにくいですよね。 女性自身も臭いを気にする状況では、クンニに抵抗がある女性もいます。 クンニは状況で限定されるテクニックになります。 また、その日の「調子・溜まり具合・興奮度・フェラの時間」などで長持ちしないケースもあるでしょう。 射精コントロールが出来れば良いのですが、早漏気味の場合や腰を振るのがきつい場合もありますよね。 そんな時にスランプなしのセックステクニックが「手マン」になるんですね。 多くの男性の間違った手マン 実は男性の多くが「間違った手マン」をしているんですね。 それは実際の女性のアンケート結果でも分かっているんですね。 下記は、一般女性23才~47才の"271人"とAV女優"19人"の「合計290人」のアンケート結果になりますよ。 セックスが下手な男性の共通点とは!? この様なアンケート結果になっています。 ですが、何故この様なアンケート結果になったのでしょうか? やはり、それは「男性の思い込み」や「ネットの間違った情報」の蔓延ではないでしょうか? その理由の説明や ・・・• 女性をイカせるための前提知識• ゴールデンフィンガーを手に入れる!• クリトリスでイカせる指技5つ• Gスポットでイカせる手マン4つ• ポルチオでイカせる手マン3つ• 色々なバリエーション• おもちゃの使い方• イキっ放しにする指技• AV男優が使う射精コントロールの方法 などをを教えてくれるんですね。 一生使えるゴッドハンドが手に入るんです! 手マンが上手になると、女性はあなたの虜になるんですよ。

次の

女がイキまくる手マンのやり方をアンケート調査!気持ちいい方法と痛い原因・注意点

手マン 上手

ページの目次• 手マンが痛い原因とは? AVではとっても気持ちよさそうにしている手マン。 よかれと思ってやっているのに、内心では痛がられていたなんて悲しすぎますよね。 ですが「AVの反応は全部うそだったの?」と言われるとそんなこともありません。 正しくすれば女優のように喘がせることだって可能です。 では、なぜ手マンで痛くなってしまうのでしょうか?ここでは、その理由について詳しく説明していきます。 いつも彼女に痛がられている人も、「自分は大丈夫だ」と思っている人もしっかりとチェックしていきましょう! 膣が十分に濡れていない まず、一番は膣が濡れていないことが原因です。 濡れていない状態で指を入れられるというのは苦行でしかありません。 濡れていない、ということは指と膣の摩擦が大きいということです。 そんな状態で入れられれば、摩擦の痛みが気になって快感どころではありません。 なので、手マンをする時には事前にしっかりと他の前戯で濡らしておくことが大切です。 膣内だけでなく、小陰唇までしっかりと濡らしましょう! いきなり複数の指を入れている なんとなくのイメージで、いきなり沢山の指を使って手マンをしていませんか? それも痛みを与えてしまう原因の1つとなります。 いきなり激しい運動をしたら怪我をしてしまいますよね?それと同じで、 膣も手マンをする前には準備運動が必要なのです。 手マンをする時は、必ず1本から始めるのが基本となります。 少しずつほぐすように、慣れてきたら2本3本と増やしていきましょう。 雑で激しい!通称「ガシマン」をしている よくAVでは激しく乱暴に手マンをするシーンがありますよね。 AV女優も気持ちよさそうに喘いで、潮吹きをしたり…。 しかし、その動きは女性にとっては気持ちのいいものではなく、むしろ痛みを与えることになります。 ガシガシと激しく手を動かす手マンは 「 ガシマン」とも呼ばれていて、非常に嫌われるやり方です。 膣は非常にデリケートな場所。 皮膚にも守られていない体内です。 そんなところを激しくガシガシとされれば痛いのは想像つきますよね。 ガシマンではない、本当に女性が喜ぶ手マンの仕方はこの後に解説していきます!ぜひ見ていってくださいね! Gスポットを力任せに押しすぎている 後々詳しく説明しますが、 手マンはGスポットを刺激することがポイントです。 しかし、その刺激の仕方も力任せにすれば良いわけではありません。 何事にも限度というものがあり、女性の腰が浮くほどに強く押すのはNGです。 特に男性はもともとの力の強いので、そんなつもりがなくても強い力をかけてしまうことも考えられます。 強く押されすぎてセックス後腹痛に襲われた…なんて女性もいるので要注意です! 膣の性感帯がまだ開発されていない 女性側の膣の性感帯が開発されていない場合にも痛みを感じさせることがあります。 膣の性感帯というのは、主にセックスで開発されていくものです。 つまり、セックスの経験が少ない女性はまだまだ開発がされていないということ。 挿入ですらまだ気持ちよくなれない段階の女性に手マンをしても快感を覚えさせることはできません。 そのような女性に手マンをする時には、クリトリスなども触りながら少しずつ開発をしていく必要があります。 手マンをする上で心得ておきたい5つのポイント 手マンのやり方に入る前に、ここで事前に知っておいたら役に立つ5つのポイントをご紹介しておきます。 やはりコツを知っているのと知っていないのでは、習得のスピードも変わるものです。 きちんとポイントを頭にいれた状態で手マンを始める方が断然良いので、ここでしっかりと見ていきましょう! まずは相手の開発段階をしっかり把握する まず大切なのは相手の開発段階をしっかりと把握することです。 男性経験豊富な女性と、最近まで処女だった女性の性感帯の開発レベルは違いますよね。 その人に合った刺激を与えることが、満足させるコツなのです。 例えば、開発が進んでいる相手であれば多少は力強くしても大丈夫でしょう。 刺激自体に慣れているので、むしろ強めにしなければ物足りなく感じるかもしれません。 逆に、開発がまだまだな女性に対しては極弱い、労わるような刺激をするのが良いでしょう。 膣内もまだまだ開発されていないので、クリトリスなど確実に感じる場所を同時に責めるのもオススメです! 強すぎず・弱すぎず!絶妙な力加減をするのが重要 手マンは力加減が非常に重要となります。 力任せに強い力でしても女性を痛がらせたり、傷つけてしまいます。 だからといって、弱々しすぎても快感を与えることはできません。 手マンは出しゃばらず、それでいて確かな存在感を与える繊細な力加減が求められるのです。 最初のうちはなかなか難しいかと思いますが、女性の反応を伺いながら喜ばれる強さを探していきましょう。 色々と試していくうちに身に着けることができるはず! ピストンではなく圧迫が基本 手マンというと指を出し入れすることを想像する方も多いかと思いますが、基本の動きは圧迫です。 イメージすべきはツボ押しですね。 例えば肩のツボを押す時に激しく指で連打する人はいませんよね?それは膣のツボを押す時も同じです。 Gスポットというツボを、揺らしたり圧迫しながらほぐしていきましょう。 ゆっくりと時間をかけて押していくことで、気持ちよくさせることができるのです。 最初から潮吹きを狙わない 「手マンといえば潮吹き!」というイメージがあるかもしれませんが、最初から潮吹きをさせることは狙わない方が良いでしょう。 手マンに慣れていないもの同士で潮吹きを狙っても上手くいきませんし、相手を痛がらせてしまう可能性が高くなります。 最初のうちは潮吹きよりも、相手を思いっきり気持ちよくさせることを意識することが大切です。 潮吹きを目指すのはその後からでも決して遅くはありません。 また、手マンに慣れてきた頃の方が潮吹きもしやすくなります。 なので、最初から目標とするのではなく、長い期間をかけることを前提で目指すのがオススメです! 指・爪の手入れは完璧にしておく 手マンをする時に絶対気をつけるべきポイントはここかもしれません。 する前には絶対に指や爪の手入れを完璧にしておきましょう。 膣というのは非常にデリケートな場所。 何にも守られていない体内です。 そんな場所を触るのに、爪が長かったりするのはNG! しっかりと事前に爪を短く整えておきましょう。 「切りすぎじゃない?」と思うくらいがちょうどいいですね。 少しの引っかかりもない状態に仕上げておきましょう。 切った後にはやすりがけも必須です。 なめらかな状態になればOK! また、 意外と忘れがちなのがささくれの処理です。 剥がれて乾燥し、硬くなった皮膚が膣内に当たると痛みの原因になります。 ささくれもしっかりと処理して、ハンドクリームなどで保湿しておきましょう。 潮吹きも狙える!正しい手マンのやり方 それではいよいよ手マンのやり方について説明していきます。 さっきまで悪い手マンについて話していたので、上手くできるか不安に思っている方もいるかと思いますが安心してください。 手マンというのはそこまで難しいことではありません。 きちんとポイントを押さえておけば、絶対に女性を満足させられる手マンができるようになります。 潮吹きをさせることも夢ではありませんので、しっかりとここで勉強をしていきましょう! まずは手マン以外の前戯で盛り上げる 手マンも前戯に分類される行為ですが、手マンをするためにも前戯が必要です。 やはり気持ちの盛り上がりというのは非常に大切で、いきなり手マンを始められても女性の気持ちはついていきません。 100%の状態で手マンの快感を楽しめるように、きちんと前段階から準備をしておきましょう! ハグ、キスなどのイチャイチャから徐々に全身の愛撫へと移行していきましょう。 セックスへのボルテージが高まってきたら、次のステップへGO! 下着を脱がし大陰唇や小陰唇を触っていく 十分に焦らしができたなら、いよいよ下着を脱がしていきます。 ここでも、まだ指は入れてはいけません。 まずは大陰唇から触っていきましょう。 大陰唇は女性器の一番外側の膨らんでいる部分です。 そこを撫でるかのようにフェザータッチをして感度をあげていきましょう。 十分に愛撫して感じさせることができたなら、小陰唇やクリトリス、膣口の周りへと移行していきます。 この時大切なのは愛液を十分に膣口および小陰唇に広げておくこと。 挿入時に痛みを与えてしまうのは、乾いた小陰唇を巻き込んでいるというのも1つの原因です。 膣内だけでなく、その周囲も濡らしておくのは非常に重要ということをよく覚えておきましょう。 女性をM字開脚させて垂直に中指と薬指を挿入する 十分に濡らすことができたら、いよいよ指を挿入していきます。 まずは手マンをしやすいように、女性をM字開脚の状態にします。 恥ずかしがるかもしれませんが、そこは多少無理やり押さえつけても構いません。 今回挿入していく指は中指と薬指です。 理由は長くて動かしやすいからですね。 いきなり2本とも挿入はせずに、まずは中指だけを挿入して慣れさせていきます。 中指だけで膣内をかき混ぜて、相手の緊張が解れてきたならば2本目の薬指を挿入していきましょう。 入れていない人差し指と小指はお尻側におく 中指と薬指を挿入できたら、入れていない人差し指と小指のポジションも整えましょう。 一番ベスト置き位置はお尻です。 お尻のラインに沿わせるかのように置くと、そこが支点となるので手マンをする時に安定します。 イメージとしては影絵のキツネです。 耳の部分で支えて、鼻先を膣に挿入する形になります。 指の関節が固い人には少し辛いかもしれませんが、ストレッチなどで柔らかくしておきましょう! 手首を恥骨に固定してトントンと圧迫する 上手く挿入ができたら、手マンを開始していきます。 手マンの基本は圧迫です。 女性のお腹側に向かって、上向きにトントンと指圧していきましょう。 女性のGスポットは膣口から4〜5センチの恥骨の裏側にあります。 そこを狙って、女性が感じる部分を探してみましょう。 どこかに女性がビクッと跳ねる場所があるはずです。 見つけることができたらそこを集中攻撃するのみ! トントンと圧迫すると段々と疲れてくるかと思いますが、 そんな時には手首を恥骨にONするのがオススメ。 支えができるので、動かすのが圧倒的に楽になります。 ぜひ試してみてくくださいね。 肘を手前に引いて掻き出す動きも加える トントンと圧迫するのが基本ではありますが、たまの不意打ちとして手前に引いて掻き出すような動きをするのも良いでしょう。 今までとは違う動きに、思わず体を跳ねさせること間違いなしです! 注意点は、あくまでこの動きはサブで行うこと。 こっちの動きをメインとしてしまうと、女性に嫌がられる「ガシマン」になりかねません。 そうなると今までの積み重ねも全て水の泡となってしまうので気をつけましょう! イカない時には無理せず早めにやめる 手マンをしたからといって、必ず女性がイくとも限りません。 感じ方にも個人差がありますし、その日の体調によってもイケるかどうかは変わってきます。 「一生懸命やり方にそって手マンをしているのに全然イってくれない…」というのは辛いですが、そんな時にはすっぱりと諦めるのも大切です。 長い時間、無理したからといってイケるようになるわけでもありません。 何回も繰り返すことでイケる体にもなるので、根気よく取り組んでいきましょう。 女性をさらに満足させるために!同時責めのアイディア 手マンだけをするのも良いですが、 空いているもう片方の手で他の部分を責めればより強い満足感を女性に与えることが可能となります。 何も手マンに限ったことではありませんが、別々の刺激を与えることで相乗効果を生み出すことができるのでぜひ取り入れてみてください。 ここでは6つの同時責めのアイディアをご紹介します! 快感を確実に!クリトリスも一緒に刺激する まずは一番王道、クリトリスです。 クリトリスなら手マンをしている手でも刺激することが可能ですね。 クリトリスはどんな女性でも感じる性感帯なので、積極的に刺激していきましょう。 特に、セックス経験の少ない女性は膣やGスポットが未開発で感じにくいものです。 経験の少ない女性を相手する場合は特に意識して刺激してあげましょう。 クリトリスは処女であっても強い快感を得ることができる場所。 中で感じられないのであれば、外からのサポートは必須となることを覚えておきましょう。 聴覚で満たす!言葉責め 直接刺激を与えずとも、刺激を与えることができるのが言葉責めです。 女性はなんだかんだで言葉責めされるのが好きな生き物。 上手に活用すればより興奮させることもできます。 「言葉責めって苦手なんだけど…」という方も大丈夫。 言葉責めは2つのポイントを意識すれば誰でも上手にできます。 1つ目のポイントは「決して照れないこと」。 恥ずかしいからといって照れてしまったら言葉責めにはなりません。 照れというのは相手にも伝染してしまうので、堂々と責めることが大切です。 2つ目のポイントは「実況かつ疑問系の責めを使うこと」。 言葉責めというのは何も難しく考える必要はありません。 恥ずかしいことは全部相手に言わせて、自分はただ聞くだけというやり方が一番簡単です。 例をあげるなら「すごい濡れてるね」「ヒクヒクしてるけど、どうしてほしいの?」などなど。 今まで言葉責めを避けてきた方も、これならできそうですよね! 安心感を与える!頭なでなで 同時責めというのは必ずしも快感を与える必要はありません。 ただ、頭を撫でてあげるだけでもいいんです! 女性は好きな相手から頭を撫でられると強い幸福感と安心感を得ることができます。 快感とは違う、気持ち良さを感じることで満足度は大幅にアップするでしょう。 また、リラックスして体の余計な力が抜けることで性的な刺激も感じやすくなります。 直接的な快感ではありませんが、結果として感度が上がり得られる快感も増えるので頭なでなではオススメです! 上下の快感を!おっぱいモミモミ 手マンをしていない方の手でおっぱいを揉みしだくのもオススメです。 おっぱいには多くの神経が通っていて、軽く揉まれるだけでも快感を得られるもの。 揉む以外にも舐めたりしてみるのも良いですね。 また、おっぱいを愛撫する時には「スペンス乳腺」を意識するとより効果的です。 スペンス乳腺とは脇の下から下乳にかけてある神経で、胸のGスポットとも呼ばれているほど快感を得られるスポットです。 貧乳・巨乳関係なく感じる場所なので、おっぱいを愛撫する時にはぜひ刺激してみてください! 2種類の刺激を!クンニ 手マンをしながらクンニをするというのももちろんアリです。 ただ手マンをするだけよりも、違った刺激がダブルで得られるので絶頂にも達しやすくなります。 舐める際には、舌先でチロチロと舐めるのではなく、下全体でベロンと舐めるのがオススメです。 イメージとしては、あそこにディープキスをしていくような感じですね。 なんだかんだ言ってクンニが嫌いな女性はいないので、すれば喜ばれることは間違いありません! 不意打ちの感覚を!アナル舐め したことがなる人は少ないかと思いますが、 思い切ってアナル舐めを取り入れてみるのも良いでしょう。 アナルを舐められたことがある人も少ないので、電撃の走るような、新感覚の快感を与えることができます。 とはいえ、アナルを舐めるのには抵抗があるという方も多いと思うので、そのような場合は指を入れてみるだけでも構いません。 その際には必ずローションを使ってくださいね! 手マンをする際の7つの注意点 手マンを行う上で、いくつか注意したい点があります。 気をつけなければ、思わぬ怪我や病気の原因となるのでしっかりと確認をしておきましょう。 手マンをする側の男性にはあまりリスクはありませんが、される側の女性は多くのリスクを背負っています。 大切なパートナーを傷つけないためにも、きちんと把握をしておきたいところです。 ここでは7つの注意点をご紹介します。 それでは見ていきましょう! 石鹸で手を洗い清潔な状態にしておく 膣を触る時にはしっかりと手を洗って清潔な状態にしておきましょう。 膣は非常にデリケートな部位です。 洗っていない手で手マンをしてしまうと、膣から体内に雑菌が入ってしまい最悪の場合膣炎等を起こしてしまいます。 そうなると相手の女性は病院に行くことにもなってしまいますので、男性はきちんと手洗いをしておきましょう。 雑菌は目視することができないのでついつい疎かにしてしまいますが、洗っていない手にいる雑菌の数はトイレのドアノブの約6倍とも言われています。 そんな手でデリケートな場所を触っていい訳がないですよね。 今まであまり意識していなかった方も、これかた手マンに挑戦する方も手洗いはしっかりと行いましょう! 精子がついた手で行うのはNG セックスの二回戦時に気をつけたいのが、精子が手についたままの手マンです。 コンドームを外す際に、手に精子がつくこともあるでしょう。 その後にその手で手マンをするのはNGです。 確率的にはほとんどないことですが、その時手についた精子が原因で妊娠をしてしまう可能性も0ではありません。 いらない心配をしないためにも、手に精子が少しでもついた時にはしっかりと洗うなり拭き取るなりしましょう。 爪は短く切ってヤスリで整えておく 冒頭の方でもお伝えしましたが、大切なことなのでもう一度説明しますね。 必ず、爪は短く切ってヤスリで整えておきましょう。 本当に、爪を整えていない人の手マンは女性からすれば地獄でしかありません。 切るだけではダメです。 必ずやすりがけまで行いましょう。 長くガタガタの爪で手マンをされるとどうなるかというと、まず一番に痛いです。 皮膚を引っ掻かれるのでも痛いのに、それが体の内部となれば痛みはダイレクトなものになります。 膣内が傷ついて切れて血が出たり、その傷口から雑菌が入れば炎症を起こしてしまうので、相手のことを思いやる気持ちが少しでもあるのであればしっかりと爪は整えましょう。 相手の表情をしっかりと見ながら行う ついつい手を動かすことに夢中になってしまうかもしれませんが、相手の反応もしっかりと見ましょう。 特に、表情は気持ちがダイレクトに出るのでチェックは必須です。 相手は感じているのか?痛がってはいないか?辛そうではないか?などなど、色々な感情を読み取ることができるはずです。 独りよがりな手マンは、女性の満足感の向上には繋がりません。 自分がしているのは相手のいるセックスであることを忘れずにいることが大切です。 膣がデリケートな場所であることを忘れない 激しく手マンをするAVなどを見ていると忘れてしまいがちですが、膣はとてもデリケートな場所です。 激しく雑に扱うことはご法度です。 再三言っている通り、 膣は何にも守られていない内臓です。 自分の口内や肛門に例えてみると良いかもしれません。 そんな場所をガシガシと激しく触られたり、雑に扱われると痛い…というのは想像がつきますよね。 怪我をさせないためにも細心の注意を払い、思いやりの気持ちも忘れずに触れましょう。 濡れていない時にはローションを使うのもあり 手マンをする時には膣が濡れていることが絶対条件となりますが、どうしても濡れない時にはローションに頼ってみるのも良いでしょう。 濡れる濡れないというのはその日の体調によっても変わってきます。 濡れないと女性はプレッシャーからさらに濡れづらくなってしまうので、そんな時には思い切って道具に頼るのも全然アリです。 ローションで勢いづけばその後に愛液も出やすくなるので、「今日は濡れない!」となった時にはぜひ活用して見てくださいね。 膣の臭いがキツい時には緑茶が効く! 女性はもともとの体臭であったり、ホルモンバランスの乱れによって膣の臭いが強くなることがあります。 時には手マンをして手を洗っても臭いが染み付いて取れない…なんてこともあるでしょう。 そんな時に有効なのが「緑茶」です。 緑茶に含まれるタンニンには強い消臭効果があります。 濃いめの緑茶で指や爪の間を丁寧に洗えば嫌な臭いはきれいに落ちるので、もし困った時にはぜひお試しください。 手マンについてのまとめ 手マンとは小さな快感の積み重ね。 AVでは派手に動かしていますが、実際に女性に喜ばれるのはゆったりとしていて、かつ確実な刺激です。 これまでにガシマンをしていたのであれば、今後は改めましょう。 膣は非常にデリケートな場所です。 大切なパートナーを傷つけないためにも労りの気持ちは忘れないようにしましょうね。 この記事があなたの役に立てたのであれば幸いです!.

次の