この アプリ が デバイス に 変更 を 加える こと を 許可 し ます か。 Windows10

この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか

この アプリ が デバイス に 変更 を 加える こと を 許可 し ます か

回答・対処方法 はじめに Windows 10には、お使いのPCのセキュリティと正常性の状況を確認し、必要な操作を実行することができる「Windows Defender セキュリティセンター」が標準で搭載されています。 ここでは、「Windows Defender セキュリティセンター」のコントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされているアプリを許可する方法について説明します。 ファイル名を確認して再実行してください。 図1 信頼するアプリがコントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされている場合は、許可するアプリとしてそのアプリを追加できます。 それにより、アプリが保護されているフォルダーを変更できるようになります。 マイクロソフトがフレンドリと特定したアプリは常に許可されています。 Windows 10のバージョンを確認する方法については、 を参照してください。 本情報は、別のウイルス対策アプリがインストールされていない環境であることを前提としています。 バージョンが異なると、若干手順や画面が異なる場合があります。 ご了承ください。 1806. 18062」を元に作成しています。 バージョンが異なると若干操作が異なる場合があります。 バージョンを確認する方法については、 を参照してください。 設定方法については、 を参照してください。 タスクバーの検索ボックスをクリックします。 キーボードから defender と入力します。 検索結果から[Windows Defender セキュリティセンター]をクリックします。 「Windows Defender セキュリティセンター」が起動します。 [ウイルスと脅威の防止]をクリックします。 「ウイルスと脅威の防止」画面が表示されます。 [ランサムウェアの防止]をクリックします。 「ランサムウェアの防止」画面が表示されます。 [アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する]をクリックします。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面が表示されます。 [+許可されたアプリを追加する]をクリックします。 「開く」画面が表示されます。 コントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされているアプリを選択し、[開く O ]をクリックします。 図10• 「ユーザーアカウント制御 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」画面が表示されます。 [はい]をクリックします。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面に戻ります。 一覧に追加したアプリファイル名が表示されていることを確認してください。 図11• 図12 操作は以上です。 コントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされていたアプリを実行し、保護されているフォルダーに変更が加えられることを確認してください。 補足:アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する一覧から削除したい場合• 上記手順1~手順7まで操作します。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面が表示されます。 一覧から削除したいアプリファイル名をクリックします。 図13• 選択したアプリファイル名の[削除]をクリックします。 図14• 「ユーザーアカウント制御 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」画面が表示されます。 [はい]をクリックします。 「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」画面に戻ります。 一覧からアプリファイル名が削除されていることを確認してください。 図15• 図16 アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する一覧から削除する操作は以上です。 関連情報• コントロールされたフォルダーアクセスで保護するフォルダーを追加することができます。 設定方法については、以下のリンクを参照してください。

次の

「Windows Defender セキュリティセンター」コントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされているアプリを許可する方法<Windows 10>|サポート|dynabook(ダイナブック公式)

この アプリ が デバイス に 変更 を 加える こと を 許可 し ます か

本テキストの構成は、以下のようになっています。 ご使用条件 2. 本テキストをお読みになる上での注意 3. 動作環境 4. 注意事項 5. インストール手順 6. インストール確認手順 7. アンインストール手順 8. 改版履歴(修正項目) 9. ご使用条件 本ソフトウェアのご使用にあたっては、下記のご使用条件をお守りください。 ご使用条件を遵守できない場合には、本ソフトウェアは使用しないでください。 1 本ソフトウェアは、ご購入の富士通クライアントコンピューティング製 パソコンおよび下記の動作環境でのみご使用できます。 2 本ソフトウェアの再配布はできません。 3 本ソフトウェアを改造したり、リバースエンジニアリング、 逆アセンブル等を行うことはできません。 4 本ソフトウェアに関するいかなる著作権表記も変更できません。 5 本ソフトウェアを使用した結果、損害が発生しても弊社および ELAN Microelectronics Corp. は責任を負いません。 本テキストをお読みになる上での注意 ・お使いのパソコンの設定によっては、本テキスト内の「ダブルクリック」を 「クリック」に読み替える必要があります。 ・タッチ操作の場合は、「クリック」を「タップ」に読み替える必要があります。 また「右クリック」を「長押し」に読み替える必要があります。 ・「タブレット」や「ワークステーション」をお使いの場合は、「パソコン」を 「タブレット」または「ワークステーション」に読み替える必要があります。 ・「エクスプローラー」は次のように起動します。 「スタート」ボタンを右クリックし、表示されたメニューから 「エクスプローラー」をクリックします。 ・「コントロールパネル」ウィンドウは次のように表示します。 ・「デバイス マネージャー」は次のように起動します。 「スタート」ボタンを右クリックし、表示されたメニューから 「デバイス マネージャー」をクリックします。 動作環境 本ソフトウェアをお使いいただくには、以下のシステムが必要です。 ・対象機種 ELAN Microelectronics Corp. 注意事項 - 本ソフトウェアは、一般事務用、パーソナル用、家庭用、通常の産業用等の一般 的用途を想定して設計・製造されているものであり、原子力施設における核反応 制御、航空機自動飛行制御、航空交通管制、大量輸送システムにおける運行制 御、生命維持のための医療用機器、兵器システムにおけるミサイル発射制御な ど、極めて高度な安全性が要求され、仮に当該安全性が確保されない場合、直接 生命・身体に対する重大な危険性を伴う用途 以下「ハイセイフティ用途」とい う に使用されるよう設計・製造されたものではございません。 お客様は、当該 ハイセイフティ用途に要する安全性を確保する措置を施すことなく、本ソフト ウェアを使用しないでください。 - 本ソフトウェアのインストールは、管理者権限を持つアカウントでサインイ ンした状態で行ってください。 -「マウスのプロパティ」の「ポインターオプション」タブで「ポインターを 自動的に既定のボタン上に移動する」を設定しても、アプリによっては自動 的にマウスカーソルが移動しない場合があります。 - 本ソフトウェアのスクロール機能は、アプリケーションによってはスクロー ルしない場合があります。 インストール手順 ・ELAN ポインティングデバイスフィルタードライバー 64ビット版 1 管理者アカウントでサインインします。 2 「エクスプローラー」を起動します。 3 本ソフトウェアが格納されているドライブ、フォルダーへ移動します。 4 「PTPFilter」または「PTPFilter. inf」を右クリックし、表示されたメニュー から「インストール」をクリックします。 「はい」をクリックしてください。 5 「この操作を正しく終了しました。 」が表示されたら、「OK」をクリック します。 6 次に「ETDI2C」または「ETDI2C. inf」を右クリックし、表示されたメニュー から「インストール」をクリックします。 「はい」をクリックしてください。 7 「この操作を正しく終了しました。 」が表示されたら、「OK」をクリック します。 8 コンピューターを再起動します。 「スタート」ボタンをクリックして「スタート」メニューを表示させ、 「電源」-「再起動」の順にクリックします。 本ソフトウェアをインストールしたら、Microsoftストアより以下のソフトウェア の最新版をインストールしてください。 ・ETDProperties 1 ご使用のアカウントでサインインします。 2 ブラウザで下記URLを表示します。 microsoft. 以上でインストールは終了です。 インストール確認手順 ・ELAN ポインティングデバイスフィルタードライバー 64ビット版 1 「デバイス マネージャー」を起動します。 2 「ヒューマン インタフェース デバイス」左の三角マークまたは>を クリックします。 3 「ELAN PTP Filter Driver」をダブルクリックします。 4 「ELAN PTP Filter Driverのプロパティ」が開いたら、「ドライバー」 タブをクリックします。 5 「バージョン」が「28. 8」であれば、正しくインストールされて います。 6 次に「マウスとそのほかのポインティングデバイス」左の三角マークまたは>を クリックします。 7 「ELAN Input Device」をダブルクリックします。 8 「ELAN Input Deviceのプロパティ」が開いたら、「ドライバー」タブを クリックします。 9 「バージョン」が「28. 8」であれば、正しくインストールされています。 ・ETDProperties 1 「スタート」ボタンを右クリックし、表示されたメニューから「アプリと機能」 をクリックします。 2 「アプリと機能」ウィンドウに「ETDProperties」が表示されていれば 正しくインストールされています。 以上でインストール確認は終了です。 アンインストール手順 アンインストールはサポートしておりません。 改版履歴(修正項目) ・V 28. 8 - 「ETDProperties」の自動インストールに対応しました。 ・V 28. 5 - 初版リリース。 商標および著作権 本ソフトウェアの著作権は ELAN Microelectronics Corp. にあります。 その他の各製品名は、各社の商標、または登録商標です。 その他の各製品は、各社の著作物です。 その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。 Copyright FUJITSU CLIENT COMPUTING LIMITED 2018 ご使用方法.

次の

コンピューターの管理について

この アプリ が デバイス に 変更 を 加える こと を 許可 し ます か

ユーザーアカウント制御の設定 タスクバーの「検索ボックス(フォーム)」に 「 uac」と入力し 「ユーザーアカウント制御設定の変更」をクリックしましょう。 ユーザーアカウント制御の設定です。 ユーザーアカウント制御はすることもできます。 ユーザーアカウント制御では、コンピューターに対する変更の通知を受け取るタイミングの選択を設定することができます。 ユーザーアカウント制御には、「常に通知する」から「通知しない」の4段階の設定があります。 デフォルトの設定は上から2番です。 それではひとつづつみていきましょう。 1番上の設定です。 次の場合は常に通知する。 アプリがソフトウェアをインストールしようとする場合、またはコンピューターに変更を加えようとする場合• ユーザーがWindows設定を変更する場合 2番目の設定です。 アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する(既定)。 ユーザーがWindows設定を変更する場合は通知しない 3番目の設定です。 アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する(デスクトップを暗転しない)。 ユーザーがWindows設定を変更する場合は通知しない 4番目の設定です。 以下の場合でも通知しない。 アプリがソフトウェアをインストールしようとする場合、またはコンピューターに変更を加えようとする場合• ユーザーがWindows設定を変更する場合 コントロールパネルから「ユーザーアカウント制御(UAC)」を起動することもできます。 合わせてご覧ください。 コントロールパネルからUACを起動 タスクバーの「検索ボックス(フォーム)」に 「 uac」と入力し コントロールパネルを起動しましょう。 コントロールパネルです。 「ユーザーアカウント」をクリックします。 「ユーザーアカウント」をクリックします。 「ユーザーアカウント制御設定の変更」をクリックします。 これでコントロールパネルからUACを起動することができます。 Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

次の