安全 類語。 気を配るの意味・例文・類語!似た表現との違いも徹底解説!

「安全マージン」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

安全 類語

「不易流行」とは? 「不易流行」の言葉の由来と意味から解説します。 「不易流行」の読み方は「ふえきりゅうこう」です。 「不易流行」の由来は松尾芭蕉が説いた俳諧理念 「不易流行」は江戸中期の俳人として最も後世に名を遺した「松尾芭蕉」の「去来抄(きょらいしょう)」にある俳諧理念から来ています。 芭蕉の俳諧理念とは「俳句の趣向や表現に目新しさがないのが不易、そして、その時々、その場所場所で、人の好みによって斬新さを発揮したものを流行」と説くものです。 俳諧が新鮮さをもって命を授かることから、新しさや奇抜さを望み、常に変化を重ねていく風潮や趣向などの「流行性」こそが、俳諧における不易の価値であると考えられています。 また、俳諧の世界での「不易」は「17音である」や「季語がある」、また「流行」は「文字数を変える」「季語を変える」などとなります。 「不易流行」の意味は「不易と流行は同じくらい大切なもの」 「不易流行」とは「新しみを探求した流行こそが、実際は俳諧の不易の本質である」という意味です。 もっと砕けて意味を説明するなら「永遠に変わらないこと(もの)を忘れず、新しみや変化も同様に取り入れて行くこと」または「新しみや変化を取り入れていくことこそが、実際は永遠に変わらないことでもある」となります。 つまり、「不易流行」を総じて解釈すると「不易=永遠に変わらないこと」も「流行=変わり続けること」もどちらも大切であるということなのです。 「不易」と「流行」は真っ向から対立するものではない 「不易流行」とは、「不易」と「流行」という本質的に対立する言葉を組み合わせた四字熟語です。 しかし、むしろ真剣に「流行」を探求すれば「不易」が生まれ、真剣に「不易」を曲げなければ「不易」が生まれるとも考えられています。 俳諧では「静的」を不易、また「動的」を流行とし、それぞれ相反する局面から俳諧の面白みや楽しさを探すのが醍醐味とも言えるでしょう。 そのため「不易」と「流行」が対立し、俳諧の本質が失われてしまうことはほぼないと考えられます。 松尾芭蕉は伊賀で生を受けた松尾芭蕉は、京都で北村季吟に学んだ後に江戸・深川に移り住みり、芭蕉独特の排風を主とする「蕉風」を確立したことでも知られていますが、「不易流行」という理念は、俳諧のあるべき本質を説明した理念だとも指摘されています。 「不易流行」の使い方と例文 それでは「不易流行」の使い方と例文を見てみましょう。 「不易流行」はビジネスや経営理念でよく使われる 「不易流行」は俳諧という特殊な分野での言葉ですが、ビジネスシーンでも用いられることがあります。 ファッション関係はもちろん、パソコン機器、携帯電話やカメラなど、人気のデザインや機能は時代と共に移り変わるものですが、本来のカタチを残しながら新しい要素を取り入れることはとても大切です。 もちろん、変化をつけていくことで消費者の興味を引き付ければ、売上や知名度を上げることもできるでしょう。 「不易流行」はビジネスや経営理念において「不変的な本質を持ちながら新たな変化を取り入れる」という意味で使われることがほとんどです。 「不易流行」をモットーとすることで、100%ガラリと姿を変えるのではなく、「永遠に変わらないもの」をキープしながら「時代とともに変わりゆくもの」も斬新に取り入れていくことができるからです。 逆に「流行を取り入れることが、実際は永遠に変わらないものである」とも言い換えることができるでしょう。 「不易流行」を使った例文• 先代の社訓を守りながら、「不易流行」の理念で斬新な考えも取り入れていこう。 「不易流行」の精神を保ちながら、新商品の開発に挑みたい。 営業でトップのAさんは、「不易流行」な性格だと言われている。 我が社の経営理念は「不易流行」と「不断節季」である。 基本的に「不易流行」の類語となる言葉のニュアンスは「永久に変わらないこと」であるため、これらの四字熟語が意味を満たすということで、類語としては適切だと考えられます。 その他「万世不易(ばんせいふえき)」も同等の類語となります。 「一次流行」も「不易流行」の類語となる? 「流行」というものは期間的なものが多いですが、その状況を四字熟語で表したのが「一次流行」です。 「不易流行」の類語としては意味が完全に満たないかもしれませんが、「流行」という言葉が入る四字熟語として、また「不易流行」の関連語として覚えておくとよいでしょう。 「不易流行」を英語で表現すると? 最後に「不易流行」を英語で表現してみましょう。 「不易流行」は英語で表現できない? 残念ながら「不易流行」は俳句をベースとした理念であるため、英語で表現することは大変難しいです。 たとえば「不易」と「流行り」という相反する言葉をそのまま「eternal epidemic」と並べても意味は通じないでしょう。 あえて言うなら「不変なものに、変化を取り入れる」という内容の英語を文脈に合わせて探すしかありません。 次で英語例文を作ってみましょう。 「不易流行」を使った英語例文• 我が社の経営理念は不易流行である。 The management philosophy of our company is to get a breath of fresh air whilst being eternal. まとめ 「不易流行」の根本が示すところは、俳諧は不易でありながら、実は変化を続ける流行の根源だということです。 俳文学では不易と流行の結合における矛盾打ち勝つために発起された理念であるとも考えられますが、俳諧を学ぶ者の理解においては、全員が一致する理念とは言えないそうです。 賛否両論といったところでしょうか? ビジネスや経営理念としても使われる「不易流行」。 ぜひ、自分自身に対するモットーとしても取り入れ、個性の光る存在になってみましょう。

次の

「安心・安心する・安心できる・安心感」の類語・関連語一覧

安全 類語

(水域について)激しい波による騒乱がない の意• 閑やか• 柔らかい態度で の意• 優しく• 徐ろに• しっとりと 扇動されない; 冷静さを失うことなく の意• 温和しやか• 従容たる• 閑やか• 落ち着いた• もの柔らか• 長閑か• もの静か• 閑々たる• 自若たる• 閑閑たる• 泰然たる 心配または不安がない の意• 静けさとなだめ の意• 閑やか• 柔かい• もの柔か• もの柔らか• 物柔か• もの静か• 軟かい• 優しく、穏やかな様で振る舞うあるいは、優しい穏やかな態度であるさま の意• もの柔らか• 困惑または行動の欠如またはほぼ欠如することによって特徴づけられる の意• 閑やか• 落ち着いた• 扇動されない; 冷静さを失うことなく の意• 温和しやか• 従容たる• 閑やか• 落ち着いた• もの柔らか• 長閑か• もの静か• 閑々たる• 自若たる• 閑閑たる• 泰然たる 紛争または騒動または戦争に邪魔されない の意• 坦々たる• 長閑か• 坦坦たる 困惑または行動の欠如またはほぼ欠如することによって特徴づけられる の意• 閑やか• 落ち着いた• 精神的緊張や感情から自由である性質 の意• 静穏さ• 平静な気持ち; 動揺または興奮がないこと の意• 平和で静かな状態 の意• 閑寂さ• 長閑けさ• 静謐さ• 静穏さ• 閑けさ• 長閑さ• 静ひつ• 穏やかさ• 長閑やかさ• 安らかな状態; 騒動がないこと の意• 長閑けさ• 静穏さ• 長閑さ• 長閑やかさ 仲の良い間柄; 争いのないこと の意• 平穏さ• 静謐さ• 精神的緊張や感情から自由である性質 の意• 静穏さ• 停戦条約 の意• 平静な気持ち; 動揺または興奮がないこと の意• 平和で静かな状態 の意• 閑寂さ• 長閑けさ• 静謐さ• 静穏さ• 閑けさ• 長閑さ• 静ひつ• 穏やかさ• 長閑やかさ• 安らかな状態; 騒動がないこと の意• 長閑けさ• 静穏さ• 長閑さ• 長閑やかさ 仲の良い間柄; 争いのないこと の意• 平穏さ• 静謐さ• (仕事について)リスクの恐れがない の意• 危なげない• 安全性のある• 危険や危害のリスクがない の意• 恐れまたは疑いがない; 安心している の意• 危機または危険からかけ離れた の意• 財政上健全な の意• 攻撃に対しての免疫がある; 変更されることが出来ない の意• 牢固たる• 義務が果たされるという保証 の意• 不安または恐れからの解放 の意• 心丈夫さ• 心強さ• 安全な場所 の意• 義務を履行しない場合、債権者が要求することができる資産 の意• 定義された状況下において副作用が一部の抗体に起因しないことが確信されている状態 の意• 危険または危害がない状態 の意• 紛争または騒動または戦争に邪魔されない の意• 坦々たる• 長閑か• 坦坦たる 恐れまたは疑いがない; 安心している の意• 平和で静かな状態 の意• 閑寂さ• 長閑けさ• 静謐さ• 静穏さ• 閑けさ• 長閑さ• 静ひつ• 穏やかさ• 長閑やかさ 不安または恐れからの解放 の意• 心丈夫さ• 心強さ• 仲の良い間柄; 争いのないこと の意• 平穏さ• 静謐さ• 定義された状況下において副作用が一部の抗体に起因しないことが確信されている状態 の意• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「安心・安心する・安心できる・安心感」の類語・関連語一覧

安全 類語

「ジレンマ」とは、「2つの相反する物事に板挟みにされること」を指す言葉です。 ジレンマという言葉はたまに使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 また、何となく使ったことがあるという方も多いかもしれません。 しかし、あなたの使い方によっては間違っている可能性があります。 正しい意味でボキャブラリーを高めていきたいとあなたも考えているはず。 そこで今回は、 ジレンマの本来の意味や定義を解説するとともに、ビジネスシーンでの例文や使い方について解説していきます。 また、類語・言い換え、対義語の意味についても触れていきます。 「ジレンマの意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 INDEX• 「ジレンマ」とは?|意味と定義を解説! 「ジレンマ」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの環境では使われることが多いはずです。 だからこそ、ジレンマの意味を検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、ジレンマの意味・ニュアンスや内容は職場や個人の使い方によって異なります。 もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 ジレンマの本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 ジレンマとは?|意味・定義 ジレンマとは 「2つの相反する物事に板挟みにされること」を指します。 ジレンマ【dilemma】 1 二つの相反する事柄の板挟みになること。 「ジレンマに陥る」 2 論理学で、二つの仮言的判断を大前提とし、その判断を小前提で選言的に肯定または否定して結論を導き出す三段論法。 例えば、「城にとどまれば焼き殺される。 城から出れば切り殺される」「城にとどまるか、城から出るかよりほかに道はない」「故に、いずれにしても殺される」の類。 両刀論法。 引用: 自分の思い通りに行かないことがあるときは、「一方を取れば、もうひとつを失う」というケースがしばしばあります。 また、両方とも自分の思う通りに行かない場合にもジレンマと呼びます。 たとえば「人に優しくしすぎると自分が損をするが人に厳しすぎると嫌われる」というのはジレンマです。 また、「自分はこうしたいけど上司からはこう指示されている」というのもジレンマです。 簡単に言うと、何かと何かの間で葛藤している自分がいるとき、それはジレンマに陥っているということができます。 2つの選択肢どちらを取っても悪い状況になるというのは、日常生活でも仕事でもよくあること。 できれば、ジレンマ自体が発生しなように、事前に手を売っておくことが大切になります。 「仕事と私どっちが大事なの!」というよくある悩みも、ジレンマといえますね。 ジレンマの英語・語源・由来 ジレンマは「dilemma」というスペルで表す英語になります。 もともと「2つの仮定」という意味を持つ単語でしたが、それが転じて「2方向のどちらもいけない」という表現になり、さらに転じて「窮地」という意味としても使われます。 どう転んでも結局悪い方向に物事が進んでしまう、そういう状況はまさしく窮地に陥っている証拠です。 2つの選択肢に板挟みに会い、窮地に陥ることを「ジレンマの角」という比喩表現で表す場合もあります。 ちなみに、2つの選択肢で板挟みになっていることをジレンマという一方で、3つの選択肢で板挟みになっていることは「トリレンマ(trilemma)」と言います。 ビジネスにおけるジレンマの意味 ビジネスにおいてジレンマに陥ってしまうケースは大きなことから小さなことから様々です。 若手のビジネスパーソンから管理職の方、そして経営者まで、ビジネスでは様々なジレンマが発生します。 特にジレンマが発生するのは管理職でしょう。 管理職は、部下と上司の間を取り持つ調整役を担います。 上司からの意向を聴きながら、それを実際に現場で落とし込んでいく仕事をするため、あなたが「こっち(現場側)も、あっち(上司側)とも調整しなければいけない」という状況になります。 ジレンマに陥っていることは、ビジネスにおいては停滞を意味します。 そのため、1人で抱え込まずに信頼できる上司に相談するのが早いでしょう。 自分より権限を持っている人に依頼したほうが、ジレンマは解決しやすくなります。 ジレンマの例文・使い方 ここでは、ジレンマの様々な例文・使い方を解説していきます。 「〇〇のジレンマ」という表現で、世の中にあるジレンマがまとめられています。 用語自体を覚えて置く必要はないかもしれませんが、 「世の中で頻繁に発生するジレンマの種類」を知っておくことで、ジレンマが起きてしまう状況を冷静に見ることのできる人になることができます。 お互いが協力するほうが良い結果になることが分かっているのにも関わらず、協力しない選択をした者が利益を得ることができる状況では互いが協力しなくなってしまう、というジレンマのことを言います。 この場合、個人が合理的に選択した結果を「ナッシュ均衡」といいますが、それが社会全体にとって望ましい結果である「パレート最適」にはならないため「社会的ジレンマ」と呼ばれることがあります。 共犯の2人が警察に拘留されて別々に尋問され,ともに黙秘を通せば両者ともに刑は軽く,もし一方が共犯証言をし,他方が黙秘を続ければ,共犯証言をしたほうは釈放され,黙秘を続けたほうは重い刑を受ける。 また両者が自白した場合には若干の減刑がある。 この場合,片方が釈放を願って証言をすれば他方もその戦略をとる可能性があり,その場合は両者が黙秘を通した場合よりも悪い結果となるというジレンマが生じる。 ドイツ哲学者ショーペンハウアーの寓話から生まれた言葉で、「寒空にいるヤマアラシは他ファイに身を寄せ合って暖め合いたいが、(お互いの)針が刺さるので近づけない」という状況から来ている言葉です。 安全保障のジレンマ 安全保障のジレンマとは、国家の軍備増強・同盟など自国の安全保障政策を進めようとする国家ごとの行動が、結局は他国の軍備増強・同盟締結などに繋がることで、安全保障を各国が推し進める以前よりも国際社会の緊張が高まることを指します。 安全保障のジレンマは、ゲーム理論の囚人のジレンマと関連付けて引き合いに出されることが多いので、合わせて覚えておきましょう。 医療の倫理ジレンマ 医療の倫理ジレンマとは、医療現場における倫理的妥当性・倫理的根拠を論じるときに、根拠とする倫理原則によって異なる結論が導かれるというジレンマです。 人の生命・尊厳に関わる問題として医療現場・倫理の側面からジレンマが生まれることはとても多いため、臨床の現場でも試行錯誤が続いています。 たとえば「私たちの生命とは?」という問題を考えると、医療に関わる重要な問題が出てくることが分かります。 「生命の誕生とは出産か、受精か」「人の死とは心停止か脳死か?」などのほか、安楽死、クローン技術などにも関わりがあります。 こういった問題を医療の現実と倫理学に照らして考える分野を「医療倫理学」と呼びます。 新しい市場(新興市場)への参入は新興企業よりも、本来大企業など人もお金も情報もすべてが揃っている大企業のほうができるはず。 でも現実では、大企業は新興市場に参入するのが遅く、新興企業に大きく遅れを取ってしまうことが少なくありません。 そのジレンマは、大企業にとって新興市場が魅力的に映らないという原因があることにより発生する、というものです。 デジタルジレンマ デジタルジレンマ(英:Digital Dilemma)とは、デジタルデータの保存性がアナログ的な保存よりも長期的に見るとコストがかかるというジレンマのことを指します。 デジタルジレンマは、映画芸術科学アカデミーの報告書によれば、映画はデジタルで保存する場合、35mmフィルムを保存する方法に比べて、同等の画質の映像データをストレージに記録・保存する方法は格段にコストが高くつくという。 また、デジタルで保存することはフィルムなどの物体として保存するよりも確実性が低く、メディアの故障などでマスターデータが消失してしまえば二度と取り返せなくなるという危険もはらんでいる。 引用: その他のジレンマの例文・使い方 ジレンマの対義語・反対語 ジレンマの対義語は明確にはありませんが、「カタルシス」はジレンマや葛藤を乗り越えたり、解消されたときの状態を指すため、反対語として該当するでしょう。 アリストテレスが「詩学」で展開した語。 引用: ジレンマや葛藤を抱えているときは、心の中で何かが引っかかっている気持ちになるものです。 心の緊張が解消し、感情が浄化される気持ちになることを「カタルシス」と言います。 ジレンマの意味や定義、そして様々な使い方・例文を解説してきました。 ここまで読んできた方は、ジレンマの本来の意味や定義について、これまで自分が知っていたこと以上に深い教養が身についたと感じるのではないでしょうか? ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の