メガロ アイゼン データ。 FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

ゴジラ対メガロ

メガロ アイゼン データ

概要 [ ] 東宝怪獣映画第25作目となる。 前作『』に引き続き、ゴジラは 怪獣島を住みかとしており、ジェットジャガーの要請を受けて出動する「正義の怪獣」として描かれた。 主題歌の歌手には当時大ヒットしていたテレビ番組『』(、)で知られる子門真人を起用したほか、ジェットジャガーのテレビヒーロー調デザイン、巨大化の描写など、当時の「」によってテレビを中心に量産されていた巨大ヒーロー番組の影響を少なからず受けているほか、東宝も本作の公開後には自社で制作したテレビ映画『』(日本テレビ)でゴジラやガイガン、キングギドラを登場させて設定の発展を試みている。 その一方で『』以後はをテーマに置いていたゴジラシリーズにおいては、久々に(そして昭和ゴジラシリーズでは最後の)「反核」をテーマに置いた作品であり、ラストは地上の人間の核実験を反省する主人公たちの会話で締めくくられる。 核実験の犠牲者であるゴジラ(本作中ではこの設定は省略されている)が同じ核実験の被害者であるシートピア王国と戦う皮肉な展開となった。 制作 [ ] 検討用台本での題名は『ゴジラ対メガロ 海底王国全滅作戦』、準備稿での題名は『昆虫怪獣メガロ対ゴジラ 海底王国全滅作戦』となっていた。 当初、本作の脚本はに執筆依頼が持ち込まれたが、当時の関沢は作詞業にかかりきりで執筆の時間が無く、「海底人が核実験に怒り怪獣を派遣する」という簡単な原作だけを提供した。 企画立ち上げから撮入までまったく時間が無かったため、監督のが脚本に起こすという体制で企画作業が進められた。 「東宝チャンピオンまつり」の番組となって以来、新作ゴジラ映画は低予算化が強いられ、脚本段階からさまざまな制約を受けるものとなっていた。 特殊技術のは「とにかく低コスト、最低の時間でどこまでやれるんだという、そういった問題との取り組みがものすごくあった」と語っている。 この低予算を受け、キャスト面では新人を中心として小人数となり、ゴジラシリーズで唯一、メインキャストに女性が存在しない作品となっている。 本編面でも伊吹博士の研究所やシートピア王国のセットが組まれた以外は、ほとんどロケで撮影されている。 特撮面でも、中野によると予算がないため、決戦シーンでは何もない荒野しか用意できなかった。 実質的な撮影期間は全盛時の4分の1以下、2週間ほどだったという。 ロケが行われた奥多摩の小河内ダム このような予算不足のため、メガロによる都市破壊のシーンには、前作同様、過去の作品からのフィルム流用が多い。 そんな中、メガロによるダム破壊シーンはオープンセットによるフルスケールのミニチュアが組まれ、迫力のある見せ場になっている。 特技監督の中野昭慶は「乏しい予算の中の 一点豪華主義」と述べている。 怪獣同士の戦いの描写は、「怪獣」がコンセプトにあり、ゴジラがVサインをしたり、メガロが尻を叩く仕草をして挑発するなど、かなり人間味を帯びている。 擬人化した本格的な立ち回りが採り入れられたため、撮入前に体育館を使ってアクション俳優のによる殺陣の指導が行われた。 「本編にも何か見せ場が欲しい」という福田の意向で、自動車が階段や急な崖を下ったり、プレハブを突き破るなどの派手なカーチェイスシーンが撮られた。 カースタントは『』(1975年)でもスタントを担当した「チームザンバ」が行い、この撮影には特撮班もキャメラ応援を行っている。 がに協力しており、研究所に落ちていたボタンと砂を分析するシーンは本田技研工業技術研究所で撮影されている。 DVDのにおける佐々木勝彦の回想によれば、冒頭の湖にて展開するイルカの乗り物のシーンは1972年12月にで撮影されたが、このシーンに登場する佐々木とは、吐く息が白く映ることから、福田にポケット・ウイスキーを飲まされたという。 ストーリー [ ] 、のアスカ島 で行なわれた国際はの大部分に影響を及ぼし、怪獣島やシートピア海底王国も被害を受ける。 復讐に燃えるシートピアの司令アントニオは、地上人に報復すべく大規模な地殻変動を起こした上、王国の守護神メガロを地上に派遣して地上攻撃を開始。 メガロは迎え撃つ防衛隊を壊滅させ、市街地やコンビナートを次々と破壊する。 さらに、シートピアは青年科学者・伊吹吾郎の作った等身大ロボット・ジェットジャガーを強奪し、水先案内を行わせる。 だが、ペンダント形のマスターコントローラーがシートピア人に気付かれなかったことにより、吾郎たちはジェットジャガーを取り戻す。 ジェットジャガーは怪獣島へゴジラを呼びに行き、即座に帰還した己の意思で巨大化した上、メガロに立ち向かう。 しかしシートピア人はこれに対抗してM宇宙ハンター星雲からガイガンを呼び寄せ、2対1となったジェットジャガーは劣勢となる。 ジェットジャガーのピンチに、ゴジラが出現。 ジャガーとゴジラとの強力タッグの前にガイガンは敗走し、シートピアもメガロを撤退させて地上攻撃を停止する。 死闘を終えたジェットジャガーは、等身大に戻ると意思を失っていた。 吾郎たちは、ジェットジャガーが再び意思を持つ必要のない平和な世界を望みながら帰途に就いたのだった。 登場キャラクター [ ]• シートピア海底人 [ ] 300万年前に海底へ沈没した人の子孫。 の海底 に海底王国シートピアを築くが、地上人の行った無謀な核実験のために国土の一部を壊滅させられる。 シートピア司令アントニオは報復のために地上へ工作員を送ると、地上人からを奪ってを送り込み、ジェットジャガーにメガロの水先案内をさせる。 しかしジェットジャガーが地上人の手に戻り、ゴジラを呼びに向かったため、友好関係を持つM宇宙ハンター星にガイガンの応援を要請する。 最後はゴジラとジェットジャガーにメガロとガイガンを撃退され、報復を断念する。 本作では、のは「シートピアがM宇宙ハンター星との連絡を取るための装置」という設定になっている。 アントニオと女官の頭には、メガロの顔を模した装飾品が着けられている。 登場兵器 [ ] 架空 [ ]• 実在 [ ]• 伊吹吾郎:• 陣川博:• 伊吹六郎:• 防衛隊前線本部長:• 黒服の男:• 灰色の服の男:• ダンプカーの助手:• 地上ワンの男:• ダンプカーの運転手:• シートピア司令アントニオ:• 海底王国無電員:• カースタント:• ゴジラ:• メガロ:• ジェットジャガー:、• ガイガン:• 防衛隊員:• アスカ島の核実験員: スタッフ [ ]• 製作:• 原作:• 脚本:• 音楽:• 撮影:• 美術:• 録音:• 照明:• 編集:• 演出助手:• 製作担当者:• 整音:• 効果:• 現像:• 協力:• 特殊技術:• 撮影:• 美術:• 特殊効果:• 光学撮影:• 監督:福田純• 製作: 主題歌 [ ]• 「ゴジラとジェットジャガーでパンチ・パンチ・パンチ」()• 作詞:関沢新一• 作曲:真鍋理一郎• 作詞:関沢新一• 作曲:真鍋理一郎• 歌:子門真人 併映作品 [ ]• 『』(劇場用新作)• 『』(劇場用作品)• 『』 映像ソフト化 [ ]• DVDは2004年6月25日発売。 オーディオコメンタリーは。 2008年3月28日発売のトールケース版「ゴジラ DVDコレクションIII」に収録されており、単品版も同時発売。 2005年4月22日発売の「GODZILLA FINAL BOX」に収録されている。 2014年5月14日には「ゴジラ60周年記念版」として期間限定の廉価版が発売。 2016年6月15日、<東宝DVD名作セレクション>版発売。 Blu-ray Discは2014年7月16日発売。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• ゴジラとジェットジャガーはメガロを退散させるだけで、殺害してはいない。 流用シーンのほとんどが前作でも使用したものに加え、前作での新撮映像をも使用している。 ガイガンの再登場やメガロが発射する光線がの引力光線と同じ形状・色をしているのも、流用への便宜のためである。 架空の島で、冒頭登場する地図によるとにあたる場所に位置する。 なお、この地図は実際のアリューシャン列島と若干異なり、がになっており、がカナカ島になっている。 また、実在するアムチトカ島は、アメリカの地下核実験場だった場所である。 冒頭の「怪獣島」のシーンに登場。 『』のを使用している。 本作では「レムリア大陸が太平洋に、がに存在した」と説明されている。 中山剣吾(現:)本人は著書『ゴジラが見た北朝鮮 金正日映画に出演した怪獣役者の世にも不思議な体験記』において、メガロを演じたと記述している。 公開時のポスターでは、『ゴジラ対メガロ』『〜青春』『パンダコパンダ〜』の3本立てとなっている。 出典 [ ]• 221-224. 野村宏平 『ゴジラ大辞典』 、2004年、329頁。 薩摩剣八郎「プロローグ いざ、ハリウッドへ」『ゴジラが見た北朝鮮 金正日映画に出演した怪獣役者の世にも不思議な体験記』、1988年10月31日、18-19頁。 453. 112(2004年5月号)、、2004年5月1日、 67頁、 雑誌コード:01843-05。 参考文献 [ ]• 『東宝特撮映画全史』東宝出版事業室、1983年。 、『大怪獣ゴジラ99の謎』〈二見wai wai文庫〉、1993年。 ヤマダマサミ、岩崎百合子、林慶樹『大ゴジラ図鑑』、1995年。 ヤマダマサミ『大ゴジラ図鑑2』ホビージャパン、1995年。 DVD『ゴジラ対メガロ』(東宝ビデオ)• 、『特技監督 中野昭慶』〈ワイズ出版映画文庫〉、2014年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 日本映画情報システム• - (英語)• - (英語).

次の

アトランティスアイゼン

メガロ アイゼン データ

概要 [ ] のような腕と、のような角を持つ昆虫型怪獣である。 デザインにはカブトムシだけでなく、など複数の昆虫の特徴が取り入れられている。 『』では、検討用台本に新怪獣としてメガロの名が使われているが、その描写は「体からスモッグのようなガスを放射し敏捷に動く」「触角の先端に目がある」など、本作とはまったく異なるものであった。 なお、メガロの原案は元々『』に登場させる予定であった怪獣「ゲバラ」の転用となる。 登場作品 [ ]• 映画『』(公開)• テレビ番組『』(放映) 『ゴジラ対メガロ』のメガロ [ ]• 身長:55メートル• 体重:4万トン シートピア海底王国の守護神。 飛行時にはを使用する(戦闘中の飛行は除く)。 両腕はそれぞれ縦半分に割ったドリルのような形状となっており、左右を合わせることでドリルとして使用できる。 ドリルはそのまま武器になるほか、地中を高速で移動して奇襲するなどの方法にも使われる。 口からは地熱、角の先端からは殺獣光線を放つ(どちらも、発射前には角が発光する)。 にいきなり巨大化されて唖然とする、尻を叩いてたちを挑発するなど、感情豊かな面をもつ。 人類の地下によってシートピア海底王国の北地区が全滅するなどの被害を受けたため、シートピア人はメガロを先兵として地上へ送り込むと、伊吹吾郎から強奪したジェットジャガーに案内させながら破壊活動を行うが、彼らの活躍によってジェットジャガーが奪還されたため、メガロは一時的に暴走する。 その後、自我を持って巨大化したジェットジャガーと戦い始めたメガロは、やや形勢不利となったところへ応援に来たとの2頭がかりでジェットジャガーを追い詰める。 しかし、ゴジラの出現によってタッグマッチ戦となった激闘の末に敗れ、シートピア海底王国へ退散する。 スーツアクター:伊達秀人。 造形はと。 背中の羽根はに使うハードスポンジ、角・歯・両手のドリルはで作られた。 チャックは腹についている。 1サイズの飛び人形も制作された。 『ゴジラアイランド』のメガロ [ ] の操る昆虫怪獣。 ややコミカルな演出がなされており 、の子分のような立ち回りを演じている。 武器は角からの殺獣レーザー光線と口からの地熱ナパーム。 最初はと共に飛来し、、、、と空中戦を展開する。 続いてをマタンゴ島に誘拐するが、により一時息の根を止められる。 その後、Gガードの科学技術班によって再生され、「怪獣刑務所」に収監されるが、脱獄した後はデストロイアとタッグを組むことが多くなる。 全敵怪獣の中では、最も多くのエピソードに登場する。 造形物は。 その他の作品 [ ]• 漫画『』では、悪の科学者であるマッド鬼山がかつてのメガロを改造した設定で登場。 小説『』では、人類がを失う最後の一手を突きつけた怪獣として登場。 にアフリカ西海岸から初上陸して大陸を横断し、無数の小国を壊滅に追いやって海中へ姿を消す。 その後、にはに出現して壊滅させた。 には核戦争から復興中のとに現れて両国を蹂躙し、で暴れ回って北上した後、日米共同の防衛線を突破して日本ののブルービーチに上陸するも、から出現したキングシーサーと相打ちになって倒れる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 159. , p. 154. , p. 285. 、染谷勝樹『特技監督 中野昭慶』〈ワイズ出版映画文庫〉、2014年7月25日、453頁。 , pp. 19-111, 第1章『出現』• , pp. 53-85, 第6章『長征』 参考文献 [ ]• 元山掌、松野本和弘、浅井和康、鈴木宣孝『東宝特撮映画大全集』、2012年9月28日。 監修:、著者:『GODZILLA 怪獣黙示録』、2017年10月25日。 『ゴジラ・クロニクル』、1998年7月。 監修:、著者:『GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ』、2018年4月25日。

次の

アトランティスアイゼン

メガロ アイゼン データ

D0-D【図面】 仕様 型式 D0-D OP-1 OP-1S 穿孔能力 m 100 150 スイベル ヘッド 穿孔方向 任意 任意 ス ピ ン ド ル 内径 mm 43 48 ストローク mm 500 400 300 回転数 min -1 20・58・115 高速250・500・1000 低速150・300・600 高速250・500・1000 低速150・350・600 給進力 kN 14. 4 12. 3 引抜力 kN 19. 2 15. 4 常用 3. 4 最高 6. 9 原動機 kW-P 3. 7 - 6 5. 4 6. 9 原動機 kW-P 5. メガロL-38-150 仕様 型式 メガロL-38-150 穿孔能力 m 500 穿孔角度 任意 スイベルヘッド スピンドル内径 mm 148 スピンドルストローク mm 590 シリンダー内径 mm 98. 4 スピンドル回転数 高速 min -1 118・241・442・746 低速 28・58・106・179 スピンドルトルク kN・m 5. 9 スラスト kN バランス 85. 3 ビット給圧 74.

次の