せ ふれ 別れ 方。 【恋愛】酷い別れ方・振られ方5選|最低最悪な失恋から立ち直る方法も

自然な別れ話の切り出し方&別れを切り出すタイミング【直接・LINE・電話】

せ ふれ 別れ 方

何も言わずに去ることで嫌な思い出を増やさずに済むことも 離婚・カップルカウンセラーの岡野あつこです! 私は職業柄、何千、何万というカップルの別れざまを目の当たりにしてきました。 そこで1ついえるのは、「キレイな別れ方はある」ということです。 では、男と女のキレイな別れ方とはどんなものなのでしょうか? それは、結婚と恋愛の場合で違ってくることもありますが、「決定的なことは言わない」「さよならを言わない」で別れるのです。 もう何を話しても「別れる」ということに変わりないのなら、それ以上の余計なことは口にしないのです。 こうして、さらっと別れた後、時が過ぎれば自分自身や相手の、考えや境遇にも変化が訪れることもあるでしょう。 さらっと別れていれば、嫌な思い出を増やさずに済みます。 ふと、どうしているかな? と思い出したら旧交を温めることも可能です。 お互いの気持ちが一致すれば、元の鞘におさまることもあり得ます。 <目次>• 美しい大人の別れ方は、相手の望み通りにする 自分は別れたくはないのに、相手に別れを切り出されたら? 取り乱して泣いたり感情をぶつけたりはしないことです。 相手を愛しているなら相手の望み通りにしてあげるのが愛です。 別れたくないという思いは自己愛に過ぎないわけですから。 最後の日は最高に美しく、またはカッコいい姿で別れることです。 自分が別れたい場合、これは徹底的に相手に嫌われると考えつく限りのことをするしかないです。 相手がキレイに別れざるをえなくなるような、汚い人になるとか…? 何も言わずに去る大人の別れ方ができる人、できない人とは? では、キレイな別れ方のできる人の条件とは? それは、オトナの男と女であること。 が、どちらかが経済的に頼っていた場合、別れることになれば頼っていた方は苦境に立たされてしまいます。 そういうことが絡んでくるとその代償をお金で解決する方向へ向かわなければならなくなりますから、別れ話もキレイ、スッキリ簡単に、では済まされなくなります。 一方で、身の回りのことを一切どちらかに任せていた場合も然り。 別れた後の非常に不便な生活のことを考えると、簡単には別れられない、ということになります。 更に、精神的にも相手に完全に依存している人は、別れてひとりになる、ということなど、想像しただけでも耐えられません。 上の3条件がお互いに揃っていないカップルほど、キレイに別れるのは難しくなります。 別れることで自分が不利になる、つらくなる部分に執着するため、泥沼にハマリ易いといえるのです。 大人の別れの後……縁は切らず離れて距離や時間を置けばいい 自立した男と女が恋愛したり結婚したり…。 親密になる時期もあれば、離れて距離を保ちたい時期も…。 大事なのは、ココなのです。 せっかく出会い、一時期でもいい関係になれた相手と完全に別れなくてもいい、離れて距離や時間を置けばいい、ということです。 一時的に会いたくなくなっても、別れの言葉は言わない。 突き詰めない。 縁は完全に切らずにおく。 こうして別れて、本当に縁がなければそれっきりですし、縁があればまたいつか会うことにもなる、というわけです。 これがオトナのキレイな別れ方。 恋愛依存症の人はキレイには別れることはできないでしょう。 徹底的に突き詰めて泥沼のやりとりを乗り越えないと、別れたとしてもいつまでも引きずることになります。 自立したオトナの男女は、恋愛、男女の関係が人生の全てではありません。 それは人生の一部分です。 また、1つ恋が終わっても、いつか次の恋に出会えると経験則で知っていますから、それを楽しみにするくらいの精神的余裕もあります。 このように、オトナであるということは、精神的に解放されていて、男女のことで人生終わりだというほど苦しむことがありません。 仕事に自信を持ち、食べたいものを自分で料理できて掃除も洗濯もする。 キレイな別れ方も知っている。 あなたもキレイな別れ方のできるオトナになって、美しく生きてみませんか? 【関連記事】•

次の

【タイプ別】セフレの別れ方!きれいに関係を終わらせる方法

せ ふれ 別れ 方

遠距離恋愛の別れ方 頑張ろうと思った遠距離恋愛でも、どちらかに理由がある場合でも、別れたいという気持ちが生じてしまったのであれば仕方がないことです。 それは遠距離、近距離といった距離感の問題というよりも、恋愛には始まりもあれば終わりもあるものです。 遠距離がゆえに適当な形の別れ方を選ぶことも出来ますが、予期しないトラブルを避けるためにも上手な別れ方を選んで、後悔のない別れから前向きに次の恋愛に進んでいきたいですよね。 まずは、遠距離恋愛の上手な別れ方について見ていきたいと思います。 連絡を少なくして、別れの予感を伝える 遠距離恋愛において、彼氏と別れたいという気持ちが芽生えてしまった場合、どのような別れ方をすれば良いのか悩んでしまうでしょう。 状況にもよりますが、大好きだった彼氏と別れる場合、遠距離や近距離に関わらず、どのように切り出せば良いものか考えてしまいます。 こちらから別れを切り出す以上、相手を傷つけずに別れるというのは不可能ですが、修羅場を避けて少しでも彼氏の心の傷が浅く済むようにできれば、それに越したことはありませんよね。 そのために、まずは別れを切り出す前に少しずつ連絡を少なくしていくという方法があります。 昨日までは普通にメールなどで連絡を取り合っていたのに、突然「別れたい」と切り出したら、相手も混乱してしまいます。 「どうして?昨日までは普通だったのに、なぜ突然そんなことを?」と質問攻めにあってしまいかねません。 また、別れたい理由が他に好きな人が出来てしまった場合や彼氏に興味がなくなってしまった場合、「なんで今まで黙っていたの?昨日まで普通だったじゃん?」と突っ込まれてしまいます。 ですから、別れ話を切り出す前に、連絡を少なくして別れ話をしやすい状況を作っておくと良いでしょう。 徐々に相手からの連絡が少なくなったと思い始めたら、「自分のこと好きじゃなくなったのかな?」「他に好きな人ができたのかな?」と感じることもあるでしょう。 そこまで感じなかったとしても、連絡が減ってきたタイミングで相手から別れ話を切り出されれば、多少の反発はするものの「やっぱりな・・・。 」と心のどこかで納得する準備ができているものです。 その後の別れ話も、突然「別れたい」と切り出すより、スムーズで話しやすい状況になっていることでしょう。 また、連絡と同時に合う機会を減らしていくことも大切です。 修羅場のような別れ方を避けるためにも、まずは連絡や会う機会を減らして、別れ話を切り出しやすい雰囲気を作っておくと良いでしょう。 言葉で伝える別れ方にする 遠距離恋愛で別れ話を切り出す場合は、できる限り言葉で伝えるようにしましょう。 また、メールやLINEは、相手によって感じ方も伝わり方も違います。 アナタの想いや別れたい理由が間違って相手に伝わってしまうと、別れ話がどんどんこじれてしまう可能性もあります。 ですから、彼に納得してもらうためにも言葉で誠実にアナタの想いを伝えるようにしましょう。 電話やテレビ電話などを利用して言葉で伝えるのも一つの手です。 言い出しにくい事ですが、言いにくい事だからこそ、誠実にきちんと言葉で伝えることで相手も納得できるものです。 とはいえ、最初の1回では、相手もすぐに別れを受け入れることは難しいと考えられます。 遠距離ではすぐに会ったり話したりできないため、その後の話合いはメールやLINEになってしまうこともあるかもしれません。 しかし、まずは言葉でアナタの想いや別れたい理由を伝えることが大切なのです。 また、直接会って話す場合は、二人きりになる状況では話さない方が賢明です。 万が一彼氏が逆上した場合、思いもよらない行動に出てしまう危険性があります。 人の目があればお互い冷静に話すことができるので、カフェや公園など、他人の目がある程度ある場所を選んで話すようにすると良いでしょう。 彼氏に対する恋愛感情がある時は、遠距離ということはアナタにとってなんの障害にもなっていなかったことでしょう。 遠距離恋愛だからこそ強い気持ちと絆でここまで続けてこられた関係だったはずです。 にもかかわらず、遠距離を別れたい理由にしてしまうことは、今までの二人の関係すら否定してしまうことにもなってしまいます。 それでは、お互いにとってとても悲しいですし、「遠距離でも今まで上手くいってたよね?」と相手も簡単に受け入れられないことでしょう。 遠距離恋愛でも二人で楽しい時間を共有してきたことは、まぎれもない事実です。 それなのに遠距離恋愛を続けてきた相手に遠距離であることを理由に別れを告げられれば、やはり相手が納得することは難しいでしょう。 さらに、「会えないから」「寂しいから」と遠距離恋愛を別れたい理由にしてしまうと、アナタの気持ちが彼氏にまだあるという前提の話になってしまいます。 「自分のことをまだ好きなら別れる必要はない。 」と彼氏は思うでしょうし、「それなら一緒に住もう」とか「毎週会いに行く」と言われる可能性だってあり得ます。 別れ方としては、「それなら仕方がない・・・」と相手が納得できる理由を誠意を持って伝えることが大切です。 他に好きな人ができたのであれば別れたい理由として妥当ですが、ただ彼氏に対する気持ちが冷めてしまったのであれば正直に伝えるしかありません。 言いにくい事ではありますが、相手に気持ちがないことを伝えなければ相手もアナタを諦めることができません。 前向きな関係修復が望めるようなことを匂わせては、かえって彼に期待をさせてしまいかねません。 自分にはもう関係を続ける気持ちがないことをハッキリと伝えることが重要です。 まだ彼氏を好きな気持ちがあれば遠距離は関係ないはずです。 どうして別れたいのか今一度自問自答してみて、別れたい明確な理由を整理してみましょう。 きっと別れたいと決めた理由があるはずです。 その理由を、言葉を選んで誠実に相手に伝えることが、遠距離恋愛の別れ方では必要と言えるでしょう。 相手を否定しないで自分を悪者にする 遠距離恋愛でも近距離恋愛でもお互いに別れたいと思っていない限り、別れ方によっては言い合うことも揉めることもあると思います。 別れ話をする時点で「彼に良く思われたまま別れたい」「ひどい女になりたくない」などの考えは捨てましょう。 相手を傷つけない別れ方なんてそうそうありませんから、完全にアナタが悪役になる覚悟で別れを告げることをオススメします。 遠距離でなかなか会えないなど不満が募った結果別れたいのかもしれませんが、感情的になって大声を出したり相手を攻撃するような発言はしないのが望ましいです。 「あなたのそういう性格が嫌なのよ!」「新しい彼氏は格好良くてセンスいいんだよね~」など相手自身を否定したり、新しい彼氏が居たとしても比較して相手を貶める別れ方は良くありません。 アナタから別れたいと言っているのですから、「あなた(彼)は悪くないの」「私の心変わりが原因だから・・・」と自分が悪役を買って出るのが良いでしょう。 別れ話をされるだけでも傷つきますよね。 相手を否定することでその後も引きずるような傷をつけるのは、別れてもらえない可能性だけではなく、恨まれてしまう可能性も考えられます。 遠距離恋愛になっても付き合ってきた相手ですから悪く思われたくないのはわかりますが、完全にアナタが悪役になる別れ方をすることでトラブルに発展することなく、キッパリと別れられることもあります。 未練を残さなければ彼も新しい恋愛に進みやすくなりますので、お互いのためにも「私が悪い」というスタンスで話をしてみてください。 自分の感情を中心に別れ話を進める 別れを告げる時は「私に遠距離恋愛を続けられない理由ができたの・・・」「私、別れたいと思ってるの」など、アナタの考えや感情を伝える別れ方をするのが良いでしょう。 主語は「私(アナタ自身)」で話すと相手に聞き入れてもらいやすい傾向にあります。 「遠距離なのにあなた(彼)は連絡もくれないし」「あなた(彼)の仕事のせいで会えないことが多くて・・・」など、相手に対する不満を並べ立てると、相手は責められていると感じるのではないでしょうか。 遠距離恋愛の彼も別れを考える程ではなくても、アナタに対して不満に思うことや遠距離で我慢してきたことがあるでしょう。 責められていると感じた彼が反論し始めたら喧嘩や別れ話がこじれることが考えられます。 あくまでもアナタの気持ちを語ることで「別れたい」と伝え、トラブルを避ける別れ方をしたいところです。 別れたい理由はもちろん聞かれることと思いますが、前述の通り「遠距離」を理由にするのは避けた方が良いでしょう。 また、「遠距離恋愛を続ける自信がなくて・・・」「あなた(彼)のことは嫌いじゃないんだけど・・・」などのセリフは、努力すれば別れずに済むと思われがちです。 相手に希望を持たせるような別れ方は相手に納得してもらえません。 別れることが目的ですので、「他に好きな人ができた」「以前ほどあなた(彼)のことを好きじゃなくなったから」など、お付き合いを続けることができない決定的な理由を伝えた方が別れられる可能性が高くなると思います。 感謝を伝える別れ方にする 遠距離恋愛では別れ方を考えた時に、連絡を絶って自然消滅しようと思う人がいると思います。 ですが、付き合っている相手が急に連絡が取れない状態になった場合、不安やモヤモヤした気分を抱えるのではないでしょうか。 遠距離ですぐに会いに行けないため相手の無事を確認できませんし、心配になりますよね。 約束していなくても突然相手の家まで会いに行くことも考えられます。 そのまま自然消滅する場合もあると思いますが、遠距離だからこそ区切りをつけるためにもしっかりと別れを伝える別れ方をオススメします。 別れたいと考える以上、今の遠距離恋愛に不満やストレスを感じることがあると思います。 しかし、反対に楽しいこと、嬉しかったこと、幸せなことも沢山ありましたよね。 遠距離恋愛は相手の協力が無くては続けられないことも多いのではないでしょうか。 遠距離だからもう会うことはないと考えるかもしれませんが、「終わり良ければ総て良し」と言う通り、最後だから誠実に相手に向き合って欲しいと思います。 「付き合えて幸せだったよ」「出会えて良かったなぁ」と感謝を伝えることでアナタの気持ちを理解し、納得してくれる可能性が高くなります。 納得してもらえれば「もう終わりなんだな」「本当にこれで最後なのか・・・」と、アナタの別れたいという気持ちが変わらないことも相手に伝わることでしょう。 遠距離恋愛の結果として別れを選ぶこととなりましたが、お互いに未来に進めるような別れ方ができるといいですね。 遠距離恋愛で別れたいと感じた時のポイント 上では、遠距離恋愛における上手な別れ方をするためのポイントをご紹介してきましたが、続いて遠距離恋愛で別れたいと感じたい時のポイントについてご紹介していきたいと思います。 新しく好きな人が出来た、彼が遠距離であることをいいことに浮気していた、など決定的な理由から「別れたい」と決めたのであれば問題ありません。 しかし、遠距離恋愛特有の不安に耐えきれず、うっすらでも「こんな辛い思いをするなら別れたい」と感じてしまうこともあるでしょう。 本当に彼と別れたいのか、別れたいと感じる原因がどこにあるのか、「別れたい」と感じてしまった気持ちを整理するためにもチェックしてみて下さい。 一時的に距離を置いてみる 遠距離恋愛で別れたいと感じてしまった場合、別れ方を考える前にしばらく距離を置いてみるのも一つです。 それは別れたいと感じたのが、アナタ自身の一時的な気の迷いである場合もあり得るからです。 遠距離恋愛でも近距離の恋愛でも、別れたいと感じてしまうことはあり得ることです。 他に好きな人ができてしまったなど、理由も気持ちもハッキリとしているのであれば、距離を置いてみる必要はないかもしれません。 しかし、まだ彼氏のことが好きなのに寂しいとか遠距離がツライなどの理由で、彼氏に対して気持ちがあるのに別れを決断してしまうと、いつまでも引きずったり後悔してしまったりすることも考えられます。 別れてから後悔しないようにするためだけでなく、自分自身の気持ちを確認するためにも、彼氏と一時的に距離を置いてみましょう。 前述のように、連絡を少なくしたり、会う機会を減らしたりするのも良いですね。 自ら少し連絡を絶ってみて、案外平気であればアナタの彼氏に対する気持ちが冷めてしまった可能性があります。 その場合は、アナタ自身に気持ちの整理ができていれば別れ話を切り出す良い機会となるでしょう。 しかし、少し距離を置いてみてやはり彼氏が気になるようであれば、後悔してしまうことも考えられます。 その場合は、今一度二人の関係を前向きに考え直してみるキッカケにすると良いでしょう。 趣味を思いっきり楽しんだり、仕事の予定を入れて忙しく過ごしたりする中で充実感が得られ、遠距離恋愛の寂しさやツラさを感じることが少なくなることも考えられます。 むしろ、遠距離恋愛とプライベートのライフスタイルバランスが取れて、以前にも増して遠距離恋愛が上手くいくということもあるでしょう。 また、充実した日々を過ごしても、やっぱり彼氏と連絡を取り合うことで心が満たされることに気付けば、改めて彼氏を大切に感じることも十分にあり得ます。 逆に、趣味や仕事で充実した日々を過ごす中で、彼氏に対する気持ちが薄れて「あれ?彼氏がいなくても、平気かも」と感じてしまうこともあるかもしれません。 いずれの場合でも、遠距離恋愛を続ける中で遠距離による寂しさが理由だったり、明確な理由もなく何となく別れたいと感じたりした場合、悶々と別れ方を悩むよりも他のことに目を向けて、本当に彼氏が自分にとって大切な存在であるかを考える時間が必要でしょう。 自分自身の気持ちが整理でき、明確な理由を伝えることができなければ、どんな別れ方をしても後悔やしこりが残ってしまいます。 会えない時間を充実させることで、アナタ自身の気持ちを確かめる良い機会にすると良いでしょう。 別れたいと決めたら、ハッキリした別れ方を選ぶ 遠距離恋愛を続ける中で、彼氏と別れたいという気持ちが固まったら曖昧な別れ方をするのではなく、ハッキリと別れを告げるようにしましょう。 彼氏がどれほど、食い下がっても妥協してはいけません。 気持ちがないのに関係を続けることは、彼氏にも失礼ですし、ダラダラとした関係は時間のムダにもなり、お互いのためにも良くありません。 「嫌いになれたら楽なのに・・・。 」とはよく言いますが、彼氏のことを嫌いになっていればキッパリと別れ話を進めることができるでしょう。 しかし、少しでも情があると流されてしまうことも十分にあり得ます。 断固たる気持ちを持って、相手には今後を期待させないような別れ方をしなければなりません。 「今は好きになれない・・・」など復縁の可能性を匂わせるような別れ方をすると、相手に期待をさせてしまいます。 また、「会えないのがツライから・・・」など遠距離を別れたい理由にしてしまうと、前述のように「それなら毎週会いに行く」と言われたりして別れられない状況になってしまうことも考えられます。 さらに、自然消滅という別れ方もよく聞きますが、自然消滅はその状況に持っていくのが難しいうえに、モヤモヤとした気持ちが残ってしまい、次の恋に進みにくくなってしまいます。 今までの二人の関係にケジメをつけるためにも、グレーではなく、黒か白ハッキリとした別れた方をするように心掛けましょう。 別れた後は未練を残さない 遠距離恋愛の末、アナタから切り出した別れ方をした場合、未練を残さないように心掛けましょう。 遠距離だったとはいえ、今まで彼氏として存在していた相手がいなくなると、少なからず寂しさを感じてしまうものです。 気持ちを整理して別れたいと思ったにもかかわらず、その寂しいという感覚が「まだ好きだったのかもしれない」と自分をも勘違いさせてしまうこともあります。 「彼は大丈夫かな?今何しているのかな?」などと気になって、つい連絡をしてしまいそうになることもあるでしょう。 しかし、こちらから別れたいといって別れた以上、アナタの方から連絡をしてしまうと、彼氏の気持ちを再び迷わせてしまうことになります。 今まで存在していた人がいなくなって寂しいと感じるのと、その人のことがまだ好きだという気持ちは同じではありません。 別れた後は、そこを混同せず、しばらくは客観的に自分の気持ちと向き合う必要があるでしょう。 また、相手に未練がある場合、彼氏の方から連絡がくることもあり得ます。 情もあるでしょうし、つい返信してしまいたくなることでしょう。 しかし、ここで返信をしてしまうと、また別れ話が振り出しに戻ってしまいかねません。 そうならないためにも、勇気を持ってお互いに未練が残らないような別れ方を選びましょう。 タイミング次第ですが、別れた後はお互い連絡先を消去したり、電話に出ないようにしたりするのも上手な別れ方の一つです。 冷たい対応に感じるかもしれませんが、別れを切り出した側にそれくらい強い意志がなければ、かえって相手の気持ちを困惑させたり、傷つけてしまったりしてしまいます。 お互いのためだと思って、未練のない別れ方ができるように心掛けることが必要でしょう。 遠距離恋愛でも後悔しない別れ方を 遠距離恋愛の別れ方をなるべく上手に済ます方法と、別れたいと感じた時のポイントについてご紹介してきましたが、遠距離に関わらず、やはりお互いが傷つかない別れ方というものは存在しません。 遠距離恋愛の寂しさや不安で傷ついてきた上に、さらに別れを選択したのであれば、どうしても悲しい気持ちを抑えきれないこともあるでしょう。 いくら強い人間でも、恋愛であれ仕事であれ、頑張り過ぎれば疲れてしまいます。 彼と別れたいと思った場合でも、もし気持ちの体力に自信が無いようであれば、ゆっくり少しずつ準備をしてみたり、時間を置いて気持ちを整理させたりして、自分自身を大切にしてあげて下さい。 別れた後にも、遠距離の失恋から立ち直れない、元彼が忘れられないという方は、コチラを参考に一歩ずつ進んでみて下さいね。 ですが、別れ方一つで避けられるリスクもあれば、後悔せずに良い恋愛だったと思い出にすることも出来ますし、一歩前に進みやすくしてくれることもあります。 新しい素敵な恋を掴むためにも、今出来ることから一つずつチャレンジしてみて下さいね。

次の

彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

せ ふれ 別れ 方

もういい!切っちゃお~ ですが、 彼氏に自分の気持ちを伝えないまま、勝手にLINEブロックをしてしまうと、今までにはイメージできなかったような、大きなトラブルに発展してしまう心配があるんです。 ここでは、彼氏と別れたいと思っていても、 勝手にLINEブロックしてはいけない理由と、納得させるLINEでの別れの伝え方についてチェックしてみましょう。 彼氏のLINEを勝手にブロックしてしまうことのリスク 別れ話は、ときに長引いてしまうことも多く、決着がつくまでに時間がかかることも。 彼氏と別れたいと思う女性にとって、できるだけ時間をかけずに関係を清算させたいと思うあまり、勝手にLINEをブロックしてしまう人も少なくはないよう。 男性の中には、 お互いが会って話し合いながら、別れ話を進めていく、そんなパターンを理想としている人が多いもの。 そのため、何も告げずにLINEをブロックされてしまうと、 その理由がわからずに、メールや電話をしてきたり、納得できないことでトラブル・ケンカに発展してしまう心配があります。 ど!どえらい騒ぎになっちゃった!どうしよう! あなたと彼氏が逆の立場であっても、 勝手にLINEをブロックされるのは、気持ちが良いものではないですし、あなたにとっても、モヤモヤしたまま、一方的に別れを告げることになり、後味が悪いと感じてしまうのです。 LINEで別れ話を上手に伝える方法 彼氏と別れたいと思った女性が、LINEでその気持ちを伝えるときには、 別れの言葉と、その理由を簡潔に、わかりやすく伝えるようにしましょう。 あまり長々と文章を打ってしまうと、彼氏が最後まで読んでくれなかったり、伝えたかったことが伝わりにくくなるデメリットがあります。 別れたい気持ちとその理由をまとめたら、 今度は今までの感謝の気持ちと、謝罪の気持ちを丁寧に伝える文章に仕上げてみましょう。

次の