この頃あの子が気になって夜も眠れないんだ。 167.この頃あの子が気になって夜も眠れないんだ|めいどりーみん 秋葉原、大阪、名古屋、小倉、他全世界17店舗展開中!

【43件】眠れない|おすすめの画像【2020】

この頃あの子が気になって夜も眠れないんだ

私が初めてハジメの家にやって来たのは、あの子が6つの年の秋のことです。 意志の強そうな大きな目がキラキラしていて、私は一目でハジメが気に入りました。 幸いハジメも此方を気に入ってくれたようで、私を見つけるなり勢い良く飛び込んできてくれました。 その、まだ頼りない程に軽く小さな身体をしっかりと受け止めた私に、ハジメはますます喜んでくれました。 わざわざ隣家の幼馴染を連れてきて自慢してくれた程です。 そんなハジメの様子が、私も本当に嬉しかったのです。 この日から私はハジメを見守っていく事となりました。 ハジメの思い出には、欠かせないものが二つあります。 一つはこの後始めたバレーボール。 そしてもう一つがトオルです。 トオルは隣家の息子で、ハジメが物心付く前からの幼馴染。 彼等は互いに誰よりも長く深く、側にいる相手だったのです。 そのせいでしょう、ハジメの事を思い出す時、自然とトオルの事も思い浮かんできます。 私がここへ来て最初の年が明けて、春が来て。 ハジメは真新しいランドセルを誇らしげに背負うようになりました。 残念ながら私は外でのハジメを見た事がないけれど、虫取りの好きだったあの子はきっと、太陽よりも眩しい笑顔のやんちゃ坊主だったでしょう。 勿論、時には家で遊ぶ事もあり、沢山の友達がこの部屋を訪れ、中には私で一緒に眠った子もおりました。 そういった機会が多かったのはやはりトオルで、二人合わせてもまだ軽い、小さな彼等の重みはとても愛おしかったものです。 これもこの頃のことでしたか、はしゃいで飛び跳ねたトオルが私の上から落ち、運悪く下にあった玩具で額に怪我をした事がありました。 幸いにも怪我は軽く、痕もほとんど残らなかったようですが、幼い二人にはショックだったのでしょう。 暫くは随分とおとなしくしていたものです。 後日、まだ包帯を巻いたトオルを見て、ハジメは男らしく宣言しました。 『こーゆーの、きずものにしたっていうんだろ?だいじょうぶ、オレがせきにん取ってやるからな!しんぱいすんなよ!』 トオルは驚いたように目をパチクリさせた後、とても嬉しそうに大きく頷きました。 きっとトオルの姉が好きだったドラマの影響でしょう。 たまたま印象に残っていたのですね。 意味もよく理解していない、ただの大人の真似事ではありましたが、子供なりの真剣さでそれは誓われたのでした。 クスクスと恥ずかしげに笑う彼等は幼い愛情に満ちていて、それは微笑ましく印象的な光景でした。 バレーを先に始めたのはトオルでした。 それ迄は付いて回っていたトオルが、急に自分の側から居なくなったのが寂しかったのでしょう。 ハジメも誘われるまま、最初は遊び半分で、直に夢中になって。 気が付けば虫取り網はバレーボールに変わっていました。 ハジメときたら家の中でまでボールを使って練習しだして、まだまだ下手くそだったものですからガラスを割ったりして。 ひどく怒られたのも今では笑い話です。 「バレーって女子のスポーツだろ?女みたいでかっこ悪いし、つまんねー」 そんな風に二人はからかわれる事もあったようです。 確かに女子の方が盛んなイメージはありますね。 ガキ大将タイプだったハジメはともかく、トオルは泣かされて帰ってくる事もありました。 この頃のトオルはハジメより小柄で女の子のように可愛らしかったので、特にからかわれやすかったのでしょう。 ハジメはそんなトオルを時に慰め、時には物理で気合を入れて。 揶揄されて泣いてもバレーを辞める等と考えない程には、既に二人とも夢中だったのですね。 そしてピカピカだったランドセルにも傷が目立つ頃、二人は小さな約束をしました。 『オレがトスを上げるから』 『それならオレはエースになる』 真っ直ぐな目で交わされたそれは、今も続いているようですね。 私も嬉しく思います。 あっという間に時は流れて、私がここへ来て幾度目かの春。 ハジメは中学生になりました。 少し大き目の制服姿は随分と凛々しく見え、照れたように笑うハジメに良く似合っていました。 気付けば互いの呼び名が『トオル』と 『ハジメちゃん』から『及川』と『岩ちゃん』になっていたのもこの頃です。 こうして大人になってゆくのだと、少し寂しくも思えたものです。 すっかり真剣にバレーに打ち込むようになったハジメが、家に居ない時間も増えました。 疲れた身体を少しでも癒せるようにと、私もしっかりとハジメを休ませたものです。 真剣になるという事は、楽しい事ばかりではなくなる、という事でもあるのでしょう。 ハジメも悔しさに涙し、眠れない夜を過ごしたこともありました。 共に戦うことが出来るトオルが羨ましくもありましたが、私に出来る事は彼等を受け止め、癒やす事だけ。 傷付いては立ち上がる彼等を、祈るような気持ちで見守っていました。 努力をしても、敵わない事もありました。 基本的には朗らかなトオルが何処か追い詰められた目をして、笑わなくなった時期。 ハジメもまた迷い、藻掻いていたように思います。 あんなにも噛み合わず、すれ違う二人を見たのは初めての事でした。 渋い顔で私に飛び込んで来るハジメに、ひそかに心を痛めたものです。 そんなある日、ハジメが額を腫らして帰ってきました。 後を追うようにやって来たトオルが、此方は鼻を赤くして、気のせいか血の跡まで残しているものだから、流石に私も驚きました。 殴り合いの喧嘩でもしたのかと心配しましたが、二人の笑顔を見るに、ただ喧嘩をしただけという訳でも無いようでした。 二人共、ここ最近の焦燥も迷いも吹き飛ばした、晴々とした良い顔をしていたのを覚えています。 高校生になる頃には、ハジメは随分と大人びて来ました。 私が受け止めるにはギリギリの所まで背も伸び、いつの間にか片手でボールが掴める程に大きくなった手、低くなった声。 子供の成長は早いものですね。 最初は似合わないとトオルに笑われた白の洒落た制服も、2年以上たった今では大分馴染んできたように思います。 ライバルには勝てないままのようですが、それでも良いチームメイトを得たらしい彼等は、決して諦めずに努力を続けています。 相も変わらずバレーに熱中し、その傍らにはトオルがいる。 ハジメの生活は何も変わらないように見えました。 本当は少しずつ、ハジメとトオルの間に流れる空気は変わり始めていたのですが。 [newpage] さて、ここで閑話休題。 私が岩泉の家に来てからそれなりの時間がたちましたが、私には名前がございません。 自己紹介をするならば…「良い物を長く」が信条だったハジメの祖父が彼に与えた、 6つの子には少し贅沢な大人用のシングルベッド。 それが私でございますす。 健やかな朝も、眠れない夜も、喜びに笑う日も、悲しみに涙した日も。 ハジメを見つめ、時には敢えて目を閉じて、あの子を受け止める事が私の役割でした。 それも何時まで続く事か。 今はまだ、もう随分窮屈になってしまった私をハジメは大事にしてくれます。 けれど、いつかあの子は私を置いて、自分の足で何処までも歩いていくでしょう。 その時までもう少しだけ、私はハジメとその隣に立つトオルを見ていたいのです。 [newpage] 近頃、変わらず互いの部屋を行き来するハジメとトオルには、これまでとは違う秘密があります。 他愛無い戯れに混ざる口付け。 変わらない調子の軽口に紛れた、真摯な告白。 いつからそうなったのか分からない程、緩やかに二人の関係は変わっていきました。 今になって思えば、昔から彼等は番のようでありました。 飄々としていて明朗で、けれど全てを一人で抱えてしまい沈みがちなトオルを、引き上げるのはハジメの役目。 時にその生真面目さと強さ故、傷付け傷付けられる不器用なハジメのフォロー役はトオル。 運命、などと言えばハジメは嫌がるでしょうが、そんな言葉がぴったりだと私は思います。 普通ではないのかもしれません、悩む事もあるでしょう。 それでも、これ以外の未来を思いつけない程、今の二人は自然だと思うのです。 …そして今日も彼等は私の上で、密かな愛を交わします。 いつの間にこんな甘い声で、互いの名を呼ぶようになったのか。 もうあの幼子達はどこにも居らず、私を軋ませる重みは大人の男のものです。 どちらともなく触れ合う手は優しいままに、けれど見交わす目には熱と欲を孕み。 低く囁かれる睦言に、応える声は艶を含んで。 いくら心地良くとも、恋人達の逢瀬を覗くなど、馬に蹴られてしまいます。 時には見て見ぬふりも大切な事、私も暫し眠るとしましょう。 おやすみなさい、私の愛しい子供達。 どうか今夜も良い夢を。 そして明日も笑えるように、互いを想っていけますように。 いつものように願いを込めて、私はそっと目を閉じました。

次の

X

この頃あの子が気になって夜も眠れないんだ

一人寝の夜。 いつものことだけど、でも眠れない日がある。 そんな日の、夜の夜中の訪問者。 今は昔の、ある夜の出来事。 闇の中で目を閉じている。 眠っているのか起きているのかよくわからない浅い眠りの中、彼はドアを叩く音で目を開けた。 「誰だ」 「僕」 何故かか細い声だった。 いつもの元気はどこへやら、しおらしい声だった。 「入れよ」 珍しい彼の声に少し驚きつつ、ドアの外の人物は恐る恐る中へ入った。 「どうした、燕」 入ってきた少年はちょっと申し訳なさそうにドアの前に立ったまま黙っていた。 「ごめんね、竜。 夜中に突然」 「気にしてない」 「・・・・ちょっと声が聞きたくなってさ」 「話し相手にはなれないぞ」 「わかってる、顔見に来ただけだから」 少女のようなあどけない顔を曇らせて燕と呼ばれた少年は俯いた。 「折角一人部屋を貰えるようになったのに一人じゃ眠れないのか?」 彼らは今まで大部屋にいた。 狭い部屋に押し込まれ寝るのにもままならない状態だった。 しょせん下級と位置付けられたものの扱いなどその程度だ。 彼らがそのたこ部屋から出てこられたのは彼らの努力の証明でもあった。 認められた証としての待遇がまずは一人部屋だった。 「・・・・・別に訓練で何の音もしない所に一人きりで閉じ込められたこともあったから、別に一人が辛いとかそう言うんじゃないんだけど・・・」 いきなり言い訳めいた言葉に竜はしばらく黙って見つめていた。 「・・・たださ、なんとなく君に会いたくなって・・・・って別にやましい意味じゃなくってさ、別に深い意味はないんだけど」 やたら別に別にという当り、燕はかなり動揺している。 普段の明晰な彼ならこんなに同じ単語を繰り返すことはない。 「何か・・・・・生きている人間に会いたくなって、さ・・・・・・」 竜は黙ったままだった。 「あ・・・・あはは、なに言ってるんだろうね、僕。 はは・・・ははは・・・・・はあ」 その沈黙に耐えかねて燕は誤魔化すように笑ってから一つため息をついた。 「ごめんね、それだけ。 もう帰るよ」 ドアに手をかけた少年に竜はようやく思い出したように声をかけた。 「いろよ。 別にいたってかまわない」 竜少年の意外な言葉に燕は猫のような目を大きく見開いた。 「生きているだの死んだのはよくわかんないけどさ、別にお前がここにいたって俺は一向に構わない」 先の沈黙は単に竜が驚いていただけだった。 年上の燕の弱気な言葉に呆れていたのでもそれを無視していたのでもなく、純粋に驚いて声が出なかっただけだった。 猫のような目を竜に向け燕は力なく笑った。 儚げな笑顔だった。 「ありがとう」 「誰がいたって関係ないからな」 照れ隠しのつもりだろうか、竜はそっぽを向いてそう言った。 いつもの竜の姿に燕はようやくいつもの笑顔を取り戻した。 「だから僕は竜が好きなんだ」 「な、何いきなり言い出すんだ、お前は」 「なにそんなに動揺してるのさ」 「だってさあ・・・・・・・・・」 竜のむっとした顔を見ていると燕はからかいたくなった。 「お前に夜這いかけてどうすんだよ」 「よば・・・・」 まだまだうぶな少年にもその言葉の意味がわかったか、闇の中でもはっきりわかるほど顔を赤くした。 「本当に竜は可愛いな」 「燕、お前!」 くすくすと笑う燕の姿に竜は自分がからかわれたことに気付いた。 「大丈夫だよ、いくら僕だって男に手を出すほど餓えてない」 「燕!」 その手の話は苦手らしい、竜の動揺ぶりが手に取るようにわかる。 「あはは、ごめんごめん。 本当に、もう言わないから」 「ったく・・・・・」 その手の話題も自分がからかわれていることも苦手な竜はため息混じりに呟いた。 「もう寝る」 「うん、わかった」 さっさとベッドに入って布団を被った竜はドアを開けようとする燕にこういった。 「いるだけなら、かまわないから」 そんな小さな竜の呟きに燕はにっこり笑って答えた。 「もう平気、ありがとう」 「そうか・・・・・」 珍しく竜が気を聞かせてくれたこととその声が少し残念そうなことに気づいて、燕は部屋を出るのをやめた。 「・・・・・やっぱり、いていい?」 「・・・・かまわないって言っているだろ」 燕に背を向け、竜はそう答えた。 「俺は寝るから、あとは好きにしろ」 「うん、ごめんね」 燕はしばらくドアの前に立っていた。 やがて静かな寝息が聞こえ始め、そしてようやく彼はドアを開けた。 針が落ちても目を覚ます竜に気付かれないように、燕は静かに部屋を出て行った。 これは遠い昔の話、まだその意味も知らず上に憧れ続けていたときの、遠い昔のお話。 すでに二人の記憶からも消えてしまったあの日のお話。 もう誰もしらない遠い日のある夜のお話。 三好疾風丸様 多分十年ぐらい前の二人。 まだまだお子様、でも飛燕はちょっとおとなの冗談を言えるようになった年。 この頃はまだ『飛』の字はついてません。 私の設定では特Aになってからのコードネームとしておりますので(設定捏造中).

次の

恋に行き詰まったら!気になるあの人の気持ち占います タロット結果からあの人の気持ちを知って前向きにアドバイス☆

この頃あの子が気になって夜も眠れないんだ

それどころか、あれこれ考えてしまって余計に眠れなくなってしまった!ということは、多かれ少なかれ誰しも経験があるもの。 人間は「夜になる」「脳や体が疲れる」の2つの要素があると眠くなります。 では、どうして1日バリバリ仕事をして夜になったのに、眠れないといった状況が起きてしまうのでしょうか。 それには3つ目の要素「リラックスした状態」が必要だから。 仕事上のミスや人間関係のトラブルなど、今日起きた出来事をくよくよ考えたり、重要な仕事や楽しいイベントなど、翌日のことに考えをめぐらせたりすると、脳が活動し続けるため眠れなくなってしまいます。 そして、「眠れなくなった!どうしよう」と焦ると、さらに眠れないという悪循環に陥ってしまうのです。 眠る前に避けたいNG行動をCHECK 出典: 心身ともに疲れていて、心ものんびりしているのに眠れない!場合は、寝る前にやってはいけない行動をしている可能性が。 その行動が実は脳や体を「興奮状態」にさせているかもしれませんよ。 眠る前に避けたいNG行動をチェックしておきましょう。 NG1. カフェインの摂取 午後の仕事の休憩時間や寝る前の読書タイムなどに、コーヒーをはじめとするカフェインを多く含むドリンクを飲んでいませんか?カフェインには、神経に刺激を与えて、眠りを阻害する働きがあります。 カフェインを摂取すると、体内からなくなるのに約4~8時間かかると言われています。 夕方以降は、カフェインを避けるようにしましょう。 NG2. スマホやタブレットを操作する スマホなどのデジタル機器からは、ブルーライトという強い光が発せられています。 ブルーライトは目や脳に強い刺激を与え、脳を覚醒させてしまいます。 眠る1時間前にはスマホやタブレット、PCは電源を切って、のんびりした時間を過ごしましょう。 もし、今眠れないからとこの記事を読んでいる人は、今すぐスマホを見るのをやめて、明日以降、対策をチェックしてくださいね。 全然眠れない!そんな夜に試したい5つのこと 出典: 「夜しっかり眠る」「質の高い睡眠をとる」ために、生活に気を付けていても、どうしても眠れない日は年に数回はあるもの。 そんな夜は、心身をリラックスさせる工夫取り入れて、早めに眠りにつきたいですね。 眠れない夜に試したい5つの工夫を紹介します。 心を落ち着けて焦らない 出典: 「明日のために早く寝なければ」「どうして眠れないの!?」と焦らないことが大切です。 眠れない、時間ばかり過ぎていると考え続けると、脳がリラックスできずに余計に眠れなくなってしまいます。 「もし、今日眠れなくても、明日しっかり眠ればいいや」くらいのおおらかな気持ちで過ごすことが大切です。 体をほぐしてリラックス 出典: 体をほぐすと、体や心の緊張が和らいで、リラックスした状態になるので、眠りにつきやすくなります。 ゆったりとした動きのストレッチやヨガが効果的です。 眠れないからと、わざわざ布団から出てストレッチをする必要はありません。 布団の中で出来るお手軽ストレッチを2つ紹介します。 どちらのストレッチも、深い呼吸を意識して行いましょう。 眠りの神経と言われる「副交感神経」のスイッチが入りますよ。 背伸びで全身をほぐす• 布団の中で仰向けになって目を閉じる• 両手を上に伸ばして、万歳のポーズをする• つま先は下に、指先を上に、ゆっくり伸ばす• 30秒キープしたら脱力 太ももの前を伸ばす• 布団の上で正座をする• そのまま後ろにゆっくり上体を倒していく• 両腕を上に伸ばす• 30秒キープ ポーズがわかれば、1を省いてもOKです。 眠りを誘う香りをかぐ 出典: 「心地よい香り」は、心をほぐしたり、落ち着かせる効果が期待できます。 眠れない日があったとき用に、1本精油をストックしておくと良いでしょう。 香りを楽しむためのディフューザーなど、特別な道具がなくても、お湯をいれたマグカップや、ハンカチに精油を1滴たらせば、十分香りが楽しめますよ。 ラベンダーやサンダルウッド、フランキンセンス、ネロリ、イランイランなどが眠りを誘うのにおすすめです。 ホットドリンクで一息入れる 出典: 白湯、ホットミルク、ハーブティーなど、カフェインの入っていない「温かい飲み物」を飲んで、一息入れるのもおすすめです。 温かい飲み物は、体の内側から体温を上げて、その上がった体温が下がるときに、眠気を誘ってくれますよ。 横になって目を閉じる 出典: 眠れないからとテレビを見たり、スマホを使うのは絶対NG!暗い部屋で、とにかく横になって、目を閉じてみましょう。 視覚情報や光を遮ることで、全身がリラックスして、体を休められます。 ただし、暗い中で目を閉じているだけだと、悩み事やストレスなど、負の事柄を考え始めてしまう可能性も。 そうすると、ますます眠れなくなってしまいます。 目を閉じて横になったら「何も考えない」ことが大切です。 何をやってもダメなら「あきらめ」も大切 出典: 眠れないことをストレスに感じるならば、思い切って起きてしまう「あきらめ」も大切です。 1日くらい眠れなくても、明日ぐっすり眠ろうと思えば気が楽になりますよ。 逆に、眠れないのに布団の中で悶々とし続けるほうが、心身ともに疲れる結果に。 もし、起きると決めたときは、心身が疲れる行動(テレビを見る、スマホやパソコン操作)は避けましょう。 好きな音楽を聴いたり、ストレッチをしたりとのんびり過ごすのがおすすめです。

次の