テクニクス レコード プレーヤー。 価格.com

Technics(テクニクス)高価買取・下取中!

テクニクス レコード プレーヤー

出典: SPレコードと同じ直径30cmに片面30分の録音が可能となったレコードで、1分間に約33回転します。 現代のアルバムのように、一枚の中に複数の曲を録音できます。 付属品を確認 トーンアームの違い トーンアームにはカートリッジと一体化しているイングレーテッドタイプと、カートリッジを取り外し可能なユニバーサルタイプがあります。 さらにトーンアームの形状にもストレート形、J字形、S字形などがあります。 カートリッジによる違い カートリッジにはマグネットの振動でオーディオ信号を発電させるMM型があり、一般的なレコードプレーヤーはこちらが採用されています。 MC型はコイルの振動によってオーディオ信号を発電させます。 電圧が低く音質の良さが売りですが、他の機器を接続する必要があるため、上級者向けです。 フォノイコライザーの有無で選ぶ この商品の特徴 高品位なアナログレコードの再生と、アナログレコードの音をDSD 5. 6MHzなどのハイレゾフォーマットでPCに録音・保存できるステレオレコードプレーヤーです。 録音した音源は、ハイレゾ再生対応のウォークマンなどの他機器で聴くことができます。 駆動方式はベルトドライブを採用しており、ターンテーブルの回転を支えるセンタースピンドル部に、1クラス上の精度と強度を持つベアリング構造 ボールレス を採用しています。 これにより回転とベルトの走行を安定化し、自然な再生音を実現します。 この商品の特徴 高品位なアナログレコードの再生と、アナログレコードの音をDSD 5. 6MHzなどのハイレゾフォーマットでPCに録音・保存できるステレオレコードプレーヤーです。 録音した音源は、ハイレゾ再生対応のウォークマンなどの他機器で聴くことができます。 駆動方式はベルトドライブを採用しており、ターンテーブルの回転を支えるセンタースピンドル部に、1クラス上の精度と強度を持つベアリング構造 ボールレス を採用しています。 これにより回転とベルトの走行を安定化し、自然な再生音を実現します。

次の

コンピューター制御の「新型」アナログレコードプレーヤー―テクニクスから [インターネットコム]

テクニクス レコード プレーヤー

SL-1500C-S 「Hi-Fi入門向け」と位置付けるダイレクトドライブのレコードプレーヤーで、MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵。 出力端子はLINEとPHONO独立で各1系統を備え、手持ちのフォノイコやMCカートリッジを使う場合は、背面のPHONOスイッチをオフにすると、内蔵フォノイコ回路の影響を完全に排除できる。 また、レコードの最後に到達すると自動的にアームが上がる「オートリフトアップ」機能も搭載。 レコードや針の不要な摩耗を防げる。 ダイレクトドライブ方式の課題とされるコギング 回転ムラ の発生を解決するため、コイルからコア 鉄心 を排除したコアレスステーターを採用したコアレス・ダイレクトドライブ・モーターを搭載。 ローター磁石の磁力を極限まで向上させている。 ワウ・フラッターは0. 5月に発売したDJ向けターンテーブル新機種「SL-1200MK7」と共通のモーターだが、新モデルのSL-1500Cはオーディオ用途のため、DJ向けのようにトルク重視ではなく、Hi-Fi用にゆとりを持った音楽用のチューニングを施したという。 プラッターに、モーターを構成するローターヨークとローター磁石を固定、モーターとプラッターが強固に結合した構造を採用して安定した回転を可能にした。 さらに、電気回路もモーターとプラッターの性能を最大限発揮できるようにチューニングしている。 モーターの回転制御には、Blu-ray Disc機器で培った最新の制御技術を応用。 マイコンによる高度なモーター制御技術により、回転を安定させている。 また、モーターのドライブ回路や磁気回路のばらつきを補正する、上級機でも採用した技術を継承した。

次の

グランドクラス ダイレクトドライブターンテーブルシステム SL

テクニクス レコード プレーヤー

パナソニックの「テクニクス」ブランドからアナログレコードを再生するためのダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1200GR」が5月19日に発売予定だ。 最近、アナログレコードの需要は増加しており、かつてレコードに親しんだ50歳代以上の男性を中心とした音楽好きに加え、初めてレコードに触れる10~30歳代の若年層にも購入が広がっているとのこと。 パナソニックは2016年にもターンテーブル「SL-1200G」を発売しているが、今回はその技術を引き継ぎつつ、改良を加えている。 従来機種と同じくベルトドライブ方式に比べ回転精度の高いダイレクトドライブ方式を採用。 回転ムラや回転中の微小な振動、いわゆるコギングの問題を解消するため、コイルからコアを排除したコアレスステーターを採用したシングルローター型のコモーターを新たに採用している。 さらにブルーレイプレーヤーでつちかった技術を応用し、定速時の制御ではマイコンによる正確な正弦波を出力することで、安定した回転を実現したという。 またプラッターには、モーターを構成するローターヨークおよびローター磁石を固定。 モーターとプラッターが強固に結合した構造を採用し、より安定した回転を可能にしてたとのこと。 このほか電気回路もチューニングを施し、高い回転精度を備えつつ、立ち上がり時間は0. 7秒にしたとしている。 筐体にはBMC(バルク・モールディング・コンパウンド)シャーシとアルミダイカストシャーシを一体化した高剛性の2層構造を採用。 表面には落ち着いた風合いのマット塗装を施している。 筐体を支えるインシュレーターは減衰特性と長期の信頼性に優れた特殊シリコンラバー。 外部からの振動を軽減するため本体重量に合わせてチューニングを施している。 質量は約2. 5kgとし、低振動化のためシミュレーションを繰り返してアルミダイカスト部の形状を最適化。 剛性を高めるための強化リブを追加し、振動減衰特性を向上している。 トーンアームはテクニクス伝統のスタティックバランス型。 パイプ素材にアルミニウム、ジンバルサスペンション構造の軸受け部に切削加工のハウジングを使ったベアリングを採用。 5mg以下の高い初動感度とし、レコード盤のより正確なトレースを可能にしたとか。 標準のウェイトに加えて補助ウェイトを付属。 カートリッジ質量は18. 7~25. 1gとなり、幅広いカートリッジの装着にも対応する。 このほか着脱可能なAC入力端子、金メッキ加工を施したPHONO端子を採用する。 併せてフルデジタル構成のステレオインテグレーテッドアンプ「SU-G700」、フロアスタンド型スピーカー「SB-G90」も発売する。

次の