厳島 神社 鳥居。 厳島神社の工事期間いつまで?大鳥居の改修計画と写真

厳島神社の鳥居はなぜ海の中に?朱色の訳と歴史と正しい参拝方法とは

厳島 神社 鳥居

もくじ• 厳島神社の鳥居はなぜ倒れない? 厳島神社の大鳥居はの高さは16mもあり、4階建てのビルとおんなじくらいです。 木造としては国内で最大級。 そんなに大きいのにその根元は埋められているわけではなく、ただ地面に立っているだけなんです。 埋め込まれていないのに何で倒れないんだ???って疑問に思いますよね。 その秘密は、鳥居自体の重さにと根元の基礎の構造にあるんです。 まずは、一つ目の鳥居の重さについて。 大鳥居の重さは約60トンあります。 いくら太い木を使っているからって、60トンってすごいですよね。 実は、これ、純粋に木材だけの重さではありません。 厳島神社の鳥居は中に小石を入れて、重さを増しているんです。 小石が入っているのは写真の矢印の部分。 これは島木と言う部分です。 ここに約7トンの小石が詰められているんだそう。 昔の人の匠のワザって本当にすごいですよね! 鳥居の下を船でくぐるろかい舟に乗ると、そんな「へぇー」なお話も詳しくきけますよ。 宮島の鳥居の構造、根本はどうなってんの? 宮島の鳥居が埋め込まずに自分の重さだけで立っているのはわかりましたが、立っているところは海。 柔らかい砂地の上に60トンもの鳥居が立っていられる理由は、根本の構造にあります。 足元の地盤を固めるために、とっても工夫がされた構造になっているんです。 砂の中に約50センチの松杭という名前のくいが30~100もうち込まれています。 この部分を千本杭っていうんだそう。 その杭の上に敷石が重ねてあり、鳥居の足元はこの基礎のおかげでしっかりとした地盤となっています。 スポンサーリンク あんなにもどっしりと立っているのに、作りはシンプルなんですね。 実際の根元はその下は見えませんが、固めた地盤の上に小石で重みを増した鳥居を乗っけているだけで倒れないなんて、本当にすごいと思いませんか? 厳島神社の鳥居が腐らない理由 重さと固めた地盤で立っていても、鳥居の素材は木材です。 コンクリートや石で出来ているならわかりますが、木で出来ている上に水にも浸かかりっぱなしでよく長持ちするもんだなと思いませんか? 宮島の大鳥居は、楠(くすのき)で作られています。 楠と言うのは特に固く、虫もつきにくいうえに腐りにくいという性質を持っています。 まるで大鳥居のためにある様な木ですね。 ちなみに今の鳥居は樹齢500年の楠が使われています。 あの神秘的な赤い色の塗料に使われているのは光明丹と言って、防錆(さび止め)や防腐の効果もあるのだそう。 ただの朱色ではないのです。 実は私、厳島神社の大鳥居はてっきり平清盛公が建てた1168年からずっと変わらず残っているのだと思っていたのですが、そうではありませんでした。 現在の鳥居は8代目。 明治8年に建て替えられたものです。 海の中は酸素が少ないので物を腐らせる菌が発生しにくいとは言いますが、とはいえ140年以上もっているのはすごいです。 そろそろ建て替えをと言われていますが、今立っているような樹齢が500年を超える楠が見つかっていないんだとか。 今の鳥居の楠も20年の歳月をかけて探されたのだそうですよ。 修繕を繰り返しながら、長い何月に間守り続けられてきたものだという事からも、深い信仰心をうかがい知ることが出来ますね。 まとめ いかがだったでしょうか。 世界遺産、厳島神社の大鳥居のなぞは解明しましたか? 干潮時には徒歩で鳥居の根本まで行けるので、ぜひまじかで観察して見て下さいね。

次の

厳島神社…じゃないんです!海に浮かぶ鳥居が美しすぎる「白鬚神社」とは

厳島 神社 鳥居

厳島神社の改修工事箇所と期間 貴賓室:祈祷控室改修工事 平成31年2月1日~令和元年11月30日 大鳥居: 大鳥居の屋根葺替、塗装及び部分修理 令和元年6月17日~未定 現状調査による 東回廊:回廊改修工事 令和2年1月20日~令和2年7月31日 厳島神社大鳥居の改修工事中の姿 厳島神社の大鳥居は改修工事中は足場が組まれ、シートで覆われることになります。 しかし観光客への配慮もあるのか、目の粗いシートで覆うため方角によっては光の加減で大鳥居のシルエットが見えるそうです。 写真は2019年3月に撮影したものです。 神社全体の左右のバランスが良いのが一目瞭然ですね。 大鳥居まで水が道の様に流れています。 干潮で水面が見えませんが普段見えていない、厳島神社を支える土台が見えます。 干潮時にしか撮影できない一枚です。 水たまりを見つけ、水面にカメラを近づけて撮影しました。 天気が良く空の景色も綺麗に水面に映りこんでいます。 厳島神社のある宮島にはたくさんのシカが生息しています。 袋を持っていると餌だと思って食べに来るので要注意です。 いい感じにシカが下を向いてくれていますが。 実は誰かがポイ捨てしたおみくじを食べようとしてしまっています。 ポイ捨てはシカが食べてしまうのでしないようにしましょう。 この景色を見るために厳島神社を訪れました。 大鳥居からこぼれる夕日がとても綺麗です。 時間がある方はぜひ夕方まで待つことをお勧めします。 日が完全に沈んだ頃にライトアップされます。 ライトアップの時間は近くの住職の方に聞くと正確に知ることができます。 まとめ いかがだったでしょうか。 厳島神社の改修工事期間は調査結果により明らかになるという事なのでいつまでかかるかは未定のようです。 今回は、厳島神社改修工事後に見たいおすすめの写真撮影スポットを紹介しました。 日本三景の一つに選ばれる絶景とても綺麗ですね。 現在 2019年11月 工事中ですが工事自体頻繁に行われないので、 工事中のレアな姿を見に行くのも良いかもしれませんね。

次の

厳島神社の歴史!鳥居が海上にある理由やしゃもじが多い由来は?

厳島 神社 鳥居

世界で唯一、海に浮かぶように建てられた神社 広島県の宮島にある厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、世界で唯一、海に浮かぶように建てられた神社である。 厳島神社は、原始宗教のなごりで、島全体が神の島として崇められていたため、陸地では畏れ多いと海中に社が建てられた。 世にも稀な建造物にして、素晴らしい神域、その美しい佇まいをひと目見たくて、多くの人々が訪れている。 世界最大の旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」でも、「外国人に人気の日本の観光スポット」として毎年トップ10に入るほど国内外からの評価が高い場所。 そういうこともあって、行けば外国人だらけ。 休日ともなれば、人、人、人…なのである。 宮島行きの船 干潮・満潮どちらがオススメ? この厳島神社は、思いつきで行くよりは、断然計画性があってしかるべしのところだと思う。 私のオススメは満潮。 海に浮かんでいるほうが神秘的。 以下、訪問のコツをお伝えする。 どうせ行くなら、素晴らしい時間帯を狙え 1. 海の中の社を体感するには、満潮時間を調べること 宮島観光協会のサイトはオススメで、「年間潮汐・潮見表」が下記に載っているので、ぜひ下調べしてから満潮を狙って行ってほしい。 Extenal Link>> ざっくり言うと、以下の通りである。 嚴島神社が海に浮かんで見える潮位の目安は 250cm以上 余談 ひと昔前に、JRのコマーシャルで女優の仲間由紀恵が夜の厳島神社に詣でるシーンがあった。 なぜに夜景なのかといぶかしんだのだが、後で「その時期の満潮時刻と関係があって、夜でなければ海に浮かぶ姿が撮れなかったのかもしれない」と理解した。 例えば、2016年1月1日の満潮時刻を見ると、「6:58」と「18:45」である。 どちらも日中とは言いがたい。 CM視聴者から「行ったけど、土がむき出しだった!がっかりだった!」と苦情が来ても困る。 それを避けるための夜景撮影だったのだろう。 干潮時の厳島神社 干潮時の厳島神社 ちなみに、大鳥居の根元まで歩いて行ける潮位の目安は 100cm以下である。 こうなると、潮干狩りができる。 春にはアサリがよく採れるそうだ。 だが、感動的な写真とはいかない。 なるべく平日に行くこと 曜日を選ぶのはなかなか難しいのだが、できるならば、平日に行くことを強くオススメする。 せっかくの神域なのに、「人ごみで疲れた」というのはあまりにもったいない。 厳島神社への行き方 宮島へはいくつもの交通機関があるのだが、電車でいうと2通り。 オススメはJR。 JR広島駅から30分ほどでフェリー乗り場に近い宮島口駅に到着と、利便性がいい。 いまひとつは、路面電車の広電広島駅から原爆ドーム前を経由してのんびり70分くらいかかって広電宮島口駅へ行くパターン。 所要時間は10分。 宮島までのフェリー:片道180円 上陸すると、野生の鹿がお出迎え。 そして、参道には広島名物牡蠣の店など飲食店が軒を連ねる。 その先に巨大な朱塗りの鳥居と厳島神社が見えてくる。 この地点が来たら、撮影ポイントが近付いているので、カメラのご用意を。 石灯篭を入れて大鳥居を撮影するというのがポイントらしい。 プロカメラマンに教わった。 信じられない建造物 厳島神社での御祈祷 こんなにも人だらけなのに、ご祈祷する人は多くなかった。 ほとんどが観光、物見遊山。 せっかくなので、私は祈祷した。 満潮時の素晴らしい景観の中、丁寧にご祈祷していただいた。 厳島神社はわざと壊れやすく造っている この社、実はわざと壊れやすく造られているとのこと。 信じられないことだがそうなのだ。 建物の骨格などあまりに強固につくってしまうと、波や風の強い力が加わった時に、建物全体が破壊される危険性がある。 あえてゆるく造って圧力を逃がしやすくし、部分的な損壊にとどめられるようにしているのだとか。 床板は、1間に8枚敷いてあり、釘は使っていません。 板と板の間は少し開いており、潮が高い時や台風時に波のエネルギ-を減免・消波する構造になっていて建物を守る工夫が行われています。 (スリット構造) Extenal Link>>宮島観光協会>> 広島とえいば、広島市の原爆ドームと宮島。 広島旅行の王道だが、ともにあり得ない姿を今に残している。 とんでもない奇跡の連続に感動せずにはいられない。 美と破壊という、対照的な存在が広島にある。 宮島に来たら食べたいもの うえのさんのあなごめし。 宮島口駅のすぐ近くにあるイートインも持ち帰りもできるお店。 並んでいることが多いだろうから、すぐわかるはず。 レトロな包み紙のデザインが素敵。 あなごのお味は本当に美味しい。 だけどボリュームがすごくて、一生懸命食べないといけない。 牡蠣もいいが、瀬戸内はあなごが名物なので、オススメする。

次の