デンタル プロ 歯ブラシ。 実感!黒の力キャンペーン

歯ブラシおすすめ!プロの逸品&人気ランキング20選

デンタル プロ 歯ブラシ

もくじ• デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛 レギュラーふつう 正直ね、この歯ブラシを薬局で見つけた時にちょっと 小馬鹿にしたぐらいのつもりで買ってみたんですよ。 ひと目見た時に で・・・でかっ! (笑 って。 なんやこのバカでかい歯ブラシは!って2度見しましたよ。 そして一旦その歯ブラシの棚を通り過ぎたものの、何かすごく気になって手にとってしまったのです。 普通の歯ブラシと比べてみると、やはりでかい・・・。 手にとって、いろいろ頭に浮かんだことは• これ人間用の歯ブラシか?? こんなでかい歯ブラシで細かいとこまで磨けるの?• 毛固そうじゃない?• 使えなかったら掃除用のブラシにしよう。 そして、こう思いました。 これパワーに頼った変身で、ふくれあがった筋肉ではスピードが殺されてしまうという、トランクスと同じ失敗するパターンのやつやっ!たぶん!って。 使えるかな〜、もったいないかな〜なんて思いながら、しかしまあ失敗してもおもしろいし、ものの試しに使って見ようかと思い買って帰ったのです。 これ、めちゃめちゃええやんけ! 実際使ってみるとビックリしますね。 口の中に広がる、今まで感じたことのない量の圧倒的ブラシ感! 歯を洗車機に通してるような、ブラシで溺れるかと思うほどのブラシが歯を包み込みます。 もうなんか、すごく・・大きいです・・・。 圧倒的なブラシの量で、すごい効率で歯が磨けます。 例えるなら、体育館を拭き掃除する時に「ぞうきん」でちまちま拭くのと、幅のひろいモップで一気にど〜っと拭き上げるのとの違いみたい感じです。 そして、雑な磨き方になるかというと全然そんなことないんです。 デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛 の毛先はめっちゃ細い。 これね、わかります? この歯ブラシってデカイだけじゃないんですよ。 ですので、磨いてみると思いのほか歯と歯の間の細いところや、歯茎との境めにもスッと毛先が入っていくような感覚です。 写真を拡大してみると、極細の柔らかい毛と根本を支えるしっかりした毛があるのがわかります。 このWのブラシと圧倒的な量で、細かい所まですごく効率的に歯が磨けます。 あれ?狙ってないところまでちゃんととれてる、みたいな。 歯ブラシにかけた時間の感覚に対して、思ってる以上にキレイに磨けててびっくりしました。 デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛のデメリット・・・かな? 一応デメリットを書いておきますと、やはりデカイくて口の中いっぱいになるので口が疲れるって方もいるかもしれません。 あとは歯磨き粉を普通の歯ブラシの感じでつけると、ちょっと少ないような気がして多く使っちゃいがち。 デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛まとめ これで歯を磨いてから、普通の歯ブラシで磨いてみると、なんかもう もの足りない感さえ感じます。 そしてブラックダイヤに比べて磨き終えるまでにめっちゃ時間がかかるな〜と。 好みはあると思いますが、一度試してみてほしいなぁ。

次の

歯ブラシおすすめ!プロの逸品&人気ランキング20選

デンタル プロ 歯ブラシ

デンタルプロ DENTALPRO とは? デンタルプロは大阪府八尾市若林町に本社を置く、歯ブラシや歯間ブラシなど デンタルケア用品及び口腔衛生品などを販売する同名メーカーのブランドになります。 1927年に創業者である佐野茂が「 佐野茂商店」を創業、その後大平工業株式会社に社名を変更し、その営業部門を1980年に独立し、販売会社としてこのメーカーの前身である株式会社ジャックスを設立しました。 歯科大の教授陣と共に「 ジャックスデンタルチーム」を発足し、1994年、その研究成果となるデンタルプロシリーズを発売しました。 2012年8月に現在の社名である「デンタルプロ株式会社」に改称しています。 直接的に歯科大の教授陣と共同研究を行っているため、デンタルプロブランドの製品の性能は高く、歯ブラシは元より、歯間清掃具や舌ブラシなど デンタル・オーラルケア用品の品質は非常に高いものとなっています。 デンタルプロの歯ブラシの特徴 デンタルプロでは複数の種類の歯ブラシが売られていますが、 それぞれに特徴を持たせたものが製造されています。 特に毛束に使われている素材が特徴的な物もあり、 PCC毛という特殊毛を使ったものや、4つの角を持つダイヤ毛、超極細毛や先端スパイラル毛、Mカットなど毛束や毛先に加工を加え、歯垢を効果的に除去できるものがあります。 他にも、女性をターゲットにした リフトアップマッサージ効果もあるものや、歯垢を除去し歯周病予防対策にもなるもの、子供が喜ぶクレパス風のデザインのものやトムとジェリーとコラボレーションしたものなど様々です。 1つの製品の中でもタイプが分かれており、 男女問わず自身に合ったものを選べるラインアップとなっているのもデンタルプロの品揃えの強みとなっています。 デンタルプロの歯ブラシの口コミや評判 デンタルプロの歯ブラシは昨今のこの業界でヘッドがコンパクトする中で あえて大きくなっていることに魅力を感じている方もみえます。 面が広くなることでしっかりとした磨き心地が得られるのが良いようです。 またこのブランド独自のブラシによる歯垢除去能力は目を見張るところがあり、この歯ブラシでなければ 磨いている感じはしないとまで言わしめるほどでした。 ただそのブラシが裏目に出ることもあり、 歯茎が傷つき出血した方もみえたようです。 また値段としては少々高めとなってしまうので、そこにも納得に行かない方はみえました。 しかし全体的には好評な方が多く、 磨いた感触を求める方には満足のいく商品となっているようです。 デンタルプロの歯ブラシはどんな人におすすめ? この歯ブラシは 歯垢を除去し、磨いた感覚をしっかり得たいと言う方にこそおすすめの商品となります。 そのため多くは男性の方向けの商品と思ってもらっても差し支えありません。 ただ一部ホワイトニングを主目的とする商品もあるので、そのような歯ブラシについては、 白い歯を求める女性の方にもおすすめとなっています。 ブランド独自の黒の特殊毛を使用したものから、ホワイトニングを可能にしたものまでご紹介しますので、是非参考にしてみてください。 ブラックダイヤ こちらはデンタルプロの代名詞とも言える歯ブラシです。 先端部の高密集中毛で奥歯の奥の届きにくいところもケアし、後端部の超極細毛が歯周ポケットに溜まった汚れや歯垢をかきだしてくれます。 また プラチナコロイドセラミックス入りの黒のブラシ「黒の特殊毛」が歯垢の除去に役立ちます。 さらにこの独自の特殊毛に加え、 フッ素配合ダイヤ毛を使用し、4つの角を持つダイヤ毛で歯面の歯垢を効果的に除去できます。 レギュラーヘッドに60穴以上の超密植毛で優れた刷掃効果を発揮し、歯磨きの質を高めているのも特徴的です。 コスメハブラシ 歯の ホワイトニングと同時にリフトアップパッドが頬の裏側をマッサージするダブル機能ハブラシとなっています。 この効果から女性向けとなっているためブランド独自の特殊毛は使われていませんが、それでも歯垢除去能力も十分に持っています。 毎日の歯磨きついでに、口の中からリフトアップマッサージもすることができる便利な歯ブラシです。 ブラック超極細毛 ブラックダイヤ同様、ブランド独自の黒の特殊毛を使用していますが、こちらを加工し、普通の毛では届かない 歯周ポケットに黒の超極細毛が入り込み、歯垢をさらに効果的に除去出来る歯ブラシとなっています。

次の

でっでかい!デンタルプロの歯ブラシ、ブラックダイヤ超極細毛で歯垢を一気に取り去る!!

デンタル プロ 歯ブラシ

もくじ• デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛 レギュラーふつう 正直ね、この歯ブラシを薬局で見つけた時にちょっと 小馬鹿にしたぐらいのつもりで買ってみたんですよ。 ひと目見た時に で・・・でかっ! (笑 って。 なんやこのバカでかい歯ブラシは!って2度見しましたよ。 そして一旦その歯ブラシの棚を通り過ぎたものの、何かすごく気になって手にとってしまったのです。 普通の歯ブラシと比べてみると、やはりでかい・・・。 手にとって、いろいろ頭に浮かんだことは• これ人間用の歯ブラシか?? こんなでかい歯ブラシで細かいとこまで磨けるの?• 毛固そうじゃない?• 使えなかったら掃除用のブラシにしよう。 そして、こう思いました。 これパワーに頼った変身で、ふくれあがった筋肉ではスピードが殺されてしまうという、トランクスと同じ失敗するパターンのやつやっ!たぶん!って。 使えるかな〜、もったいないかな〜なんて思いながら、しかしまあ失敗してもおもしろいし、ものの試しに使って見ようかと思い買って帰ったのです。 これ、めちゃめちゃええやんけ! 実際使ってみるとビックリしますね。 口の中に広がる、今まで感じたことのない量の圧倒的ブラシ感! 歯を洗車機に通してるような、ブラシで溺れるかと思うほどのブラシが歯を包み込みます。 もうなんか、すごく・・大きいです・・・。 圧倒的なブラシの量で、すごい効率で歯が磨けます。 例えるなら、体育館を拭き掃除する時に「ぞうきん」でちまちま拭くのと、幅のひろいモップで一気にど〜っと拭き上げるのとの違いみたい感じです。 そして、雑な磨き方になるかというと全然そんなことないんです。 デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛 の毛先はめっちゃ細い。 これね、わかります? この歯ブラシってデカイだけじゃないんですよ。 ですので、磨いてみると思いのほか歯と歯の間の細いところや、歯茎との境めにもスッと毛先が入っていくような感覚です。 写真を拡大してみると、極細の柔らかい毛と根本を支えるしっかりした毛があるのがわかります。 このWのブラシと圧倒的な量で、細かい所まですごく効率的に歯が磨けます。 あれ?狙ってないところまでちゃんととれてる、みたいな。 歯ブラシにかけた時間の感覚に対して、思ってる以上にキレイに磨けててびっくりしました。 デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛のデメリット・・・かな? 一応デメリットを書いておきますと、やはりデカイくて口の中いっぱいになるので口が疲れるって方もいるかもしれません。 あとは歯磨き粉を普通の歯ブラシの感じでつけると、ちょっと少ないような気がして多く使っちゃいがち。 デンタルプロ ブラックダイヤ超極細毛まとめ これで歯を磨いてから、普通の歯ブラシで磨いてみると、なんかもう もの足りない感さえ感じます。 そしてブラックダイヤに比べて磨き終えるまでにめっちゃ時間がかかるな〜と。 好みはあると思いますが、一度試してみてほしいなぁ。

次の