電子 東京 専門学校。 学校法人 電波学園 東京電子専門学校の求人概要

東京電子専門学校

電子 東京 専門学校

業種 電子・電気機器メーカー、電気会社、ガス会社、通信関連企業、コンピュータ関連企業、航空・宇宙・鉄道関連会社、自動車メーカー、医療機関、精密機械メーカー、AV・オーディオメーカー、家電メーカー、無線・ネットワーク関連企業、光学機器系企業、放送・通信関連産業、エコ・新エネルギー産業、量販店 ほか 職種 カスタマエンジニア、情報通信エンジニア、電気・電力設備の施工・保守・管理者、サービスエンジニア、電気・通信配線工事の施工技術者、電気エネルギー技術者、製造業・メーカー開発者、ホームエレクトロニクス関連の技術者・サービス、家電技術者、オーディオ・音響技術者、インターネット技術者 など 本科は「職業実践専門課程」の認定学科です。 POINT1 大手企業などへ、豊富な就職実績 電子・電気科は、毎年大手企業からの求人が多数寄せられており、卒業生はJR東日本や東京地下鉄、東京ガス、富士重工業など、大手企業や優良企業へ就職し、活躍しています。 POINT2 完璧な資格合格サポート体制 国家資格をはじめ各省庁、機関・企業から本校を指定して認定しているため、無試験やまた有利に取得できる資格がたくさんあります。 POINT3 教育設計図に基づいた技術者教育 回路設計、鉄道、電力、電気工事、ガスエネルギーなど、社会で活躍するために必要なスキルを効率よく身につけるため、ステップ式でスキルアップする教育設計図に基づいた質の高い教育を実践します。 POINT4 東京工科大学への編入が可能 併設校である東京工科大学の3年次に編入が可能で、専門学校2年+大学2年の計4年間で「専門士」と「学士」の2つを手にすることが可能です。 また、他大学への編入学や進学も可能です。 大手企業からの求人多数!抜群の就職実績 通信企業 電力会社 AV・家電メーカー 自動車産業 鉃道・運輸業界 IT・ネットワーク コンピュータ 電子部品業界 光学・カメラ業界 エコ業界 ガス業界 憧れの鉄道業界へ。 鉄道業界からの求人も多数 電子・電気科では、鉄道業界からの求人が多数あり、毎年多くの卒業生が、JRや首都圏の私鉄・地下鉄各社などへの就職を実現。 鉄道業界への高い就職実績を誇っています。 JR東日本、東京地下鉄、東京急行電鉄、京成電鉄、京王電鉄、西武鉄道など私鉄各社を中心に、電子・電気、エネルギー、工事のプロフェッショナルが、そのスキルを存分に生かし、鉄道の現場で、その運行を、そして安全を守っています。 今年も電子・電気科の学生が、東京地下鉄や東京急行電鉄などへの内定を多数獲得。 夢を叶えています。 電子工学コース 国土交通省航空局、NHKテクノロジーズ、FM NACK5、JVCケンウッド、パナソニックコンシューマーマーケティング、タムラ製作所、東洋エンジニヤリング、アバールデータ、富士フ ィルムGSテクノ、NECネットワーク・センサ、菱神電子エンジニアリング、富士レビオ、京セラコミュニケーションシステム、NHKエンジニアリングシステム、日本電波工業、日立グロ ーバルライフソリューションズ、メイテックフィルダーズ、新日本無線、移動無線センター、放送技術社、高見沢サービス、東名メディック、セコム、コムシスモバイル ほか多数 電気工学コース 中部電力、東京電力、JR東日本、JR北海道、東京地下鉄、秩父鉄道、京成電鉄、横浜市営地下鉄、東急電鉄、JFEスチール、ANAスカイビルサービス、日本空港テクノ、成田エアポートテクノ、IHIプラント、小田急ビルサービス、相鉄企業、京王設備サービス、三菱地所プロパティマネジメント、NHKビジネスクリエイト、高砂丸誠エンジニアリングサービス、太平ビルサービス、ユアテック、NR電車線テクノ、東急技術センター、興和不動産ファシリティーズ、東急ファシリティーズ、野村不動産パートナーズ、日本リーテック ほか多数 電気工事コース 関電工、きんでん、ユアテック、日本電設工業、東光電気工事、TAKイーヴァック、東京地下鉄、電巧社、HEXEL works、旭日電気工業、飯田電機工業、千陽電気工業、田中電設、東神電気工業、スズデン、新星電工、合同電気工事、神奈川電設、三位電気、中央電気工事、三和電気土木工事、日本リーテック ほか多数 夢だったラジオ放送を守る仕事。 リスナーの喜びの声がやりがいです! FM NACK5 勤務 電子・電気科 2015年卒 山梨県立上野原高校出身 高校時代からずっと、ラジオに関わる仕事に就くことが夢でした。 電子・電気科在学中にはラジオ局の技術操作を行うのに必須の「第一級陸上無線技術士」の資格を取得することができ、無事、放送局で働くという希望が叶えられました。 現在私は、さいたま市に拠点を置くFMラジオ局「FM NACK5」の技術部に所属し、主に放送機材の管理を担当しています。 機材について熟知していることが求められる仕事ですが、学校で学んだ電子部品の知識や実習の経験が、仕事の現場で大いに役立っています。 自分の技術で滞りなく番組がリスナーに届き、「放送を聴いた」とか「面白かった」という声がリスナーから帰ってくると、やりがいを実感できます。 主な大学編入実績.

次の

電子工学科|国立東京工業高等専門学校

電子 東京 専門学校

沿革 [ ]• (21年) 東京ラジオ技術講習所として発足。 (昭和27年) 東京ラジオ技術学校に改称。 (昭和30年)専修学校として初の学校法人に認定される。 東京テレビ技術学校に改称。 (昭和33年) 東京テレビ専門学校に改称。 (昭和36年)電子工学科新設。 (昭和40年) 東京電子専門学校に改称。 (昭和41年)部科再編により、放送技術科、テレビ技術科、テレビ専修科となる。 (昭和42年)電子計算機科、医学電子科、通信工学科、電気工学科、高等科を開設。 北池袋に第一学生寮が完成。 (昭和43年)電気工学部電気工事科を新設。 (昭和44年)診療放射線学科を新設。 (昭和48年)臨床検査学科開講。 (昭和58年)研修施設「軽井沢セミナーハウス」が完成。 (昭和59年)新鋭機種を充実させた各分野の実習設備を有する3号館が完成。 (昭和61年)電子計算機科を情報処理科に改称。 (昭和62年)教育会館(5号館)が完成。 コンピュータ科新設。 (昭和63年)臨床工学科新設(医学電子科を発展)。 通信工学科を情報通信科と改称。 (2年)情報ビジネス科新設。 コンピュータ科を情報システム科と改称。 (平成8年)学校創立50周年。 (平成9年)学生寮「サンライトS・H」が完成。 (平成16年)国家試験の受験資格認定を受け、4省(、、、)認定校になる。 (平成21年)3号館に総合的な医療実習の行える「メディカルトレーニングセンター」を拡充。 (平成25年)「X線テレビ」と「64列ヘリカルCTスキャナー」をリニューアル。 (平成27年)さらなる発展と教育環境の充実を進めるため、「70周年プロジェクト」として2棟の新校舎のうち、新1号館の建設に着工。 (平成28年)学校創立70周年。 セキュリティ・ネットワーク科を新設。 (平成29年)新1号館が完成。 (平成30年)新2号館の建設に着工。 (元年)新2号館が完成。 「70周年プロジェクト」が完了。 設置学科 [ ]• 医療技術系• 診療放射線学科(専門課程、3年)• 臨床工学科(専門課程、3年)• 臨床検査学科 (専門課程、3年)• 情報システム系• ウェブ・メディア科(専門課程、2年)• ウェブ・デザインコース• ゲームソフトコース• 情報処理科(専門課程、2年)• システム開発コース• システム活用コース• 情報処理科3年制(専門課程、3年)• 高度情報システム科(専門課程、4年)• 電子・電気系• 電子技術科(専門課程、2年)• 電気工学科(専門課程、2年) 過去に設置されていた学科• 学事予定 [ ] 4月 入学式、ガイダンス、健康診断 5月 創立記念日() 7月・8月 前期中間試験、夏季休暇 9月 学期末試験 10月 電波学園祭 11月 後期中間試験 12月 専門学校ロボット競技会、冬季休暇 1月 冬季休暇、学期末試験 3月 卒業式、春季休暇 電波学園祭 [ ] 毎年10月下旬の土、日曜日を利用して行われる学園祭で、一般の入場も可。 全学科の学生が参加して、校内で模擬店や学科別の展示、発表などが公開される。 また2日目は入学希望者対象のイベントも同日開催される。 施設 [ ] 全学科の学生が以下の校舎を利用する。 校舎屋上にあるはからも見えるため、学校のシンボルとなっている。 1号館 [ ]• 臨床検査技術実習室・微生物学実習室・電子工学実習室・工学技術実習室・第5、7、10PC実習室・学生ホール・学生ラウンジ・電波学園店(学校利用者のみ・営業時間:開講日8時 - 16時半)など。 2号館 [ ]• エントランスホール・屋上テラス・学生ホール・第4PC実習室・大講堂など。 3号館 [ ]• メディカルトレーニングセンター・ヘリカルCTスキャナー実習室・電子顕微鏡実習室・第2、3PC実習室・強電実験室・電子技術実習室・PCオープンスペースなど。 5号館(教育会館) [ ]• 図書室・自習室・学生ラウンジ・高電圧実習室・第6、8、9PC実習室など。 学生寮 [ ]• 学校専用「サンライトSH」が学校より徒歩1分の場所にある。 軽井沢セミナーハウス [ ]• 学校専用の研修施設。 学生は事前申込により利用できる。 学科によっては研修で使用する。 アクセス [ ]• 東口徒歩5分。 徒歩3分。 参考文献 [ ]• 『全国専修学校総覧』• 『東京電子専門学校』入学案内• 『東京電子専門学校 募集要項』 外部リンク [ ]•

次の

学校法人千代田学園 (東京都)

電子 東京 専門学校

出願資格・条件 1~4は、いずれか該当する方。 5・6は必須事項です。 その他・注意事項 AO入学の流れ・アドミッションポリシーなど詳細に関しましては「募集要項」をご確認下さい。 0以上の方 その他・注意事項 詳しくは「募集要項」をご確認下さい。 高等学校卒業者、または2021年3月卒業見込みの方 2. 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の合格者、または2021年3月までに合格見込みの方 3. 外国において12年以上の学校教育を修了し、日本語を話せる方(他 規定あり) 4. 「留学生」の出願資格、提出書類等は、「2021年4月入学生用 学校資料」を請求(無料)のうえ、ご確認ください。 その他・注意事項 詳しくは「募集要項」をご確認下さい。 出願資格・条件 1~4は、いずれか該当する方。 5・6は必須事項です。 その他・注意事項 AO入学の流れ・アドミッションポリシーなど詳細に関しましては「募集要項」をご確認下さい。 一般入学(工業専門課程) 出願期間 2020年11月1日 日 より受付開始(定員になり次第締切ります) 試験日 なし 選考方法 書類選考 出願資格・条件 1~4のいずれかに該当する方 1. 高等学校卒業者、または2021年3月卒業見込みの方 2. 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の合格者、または2021年3月までに合格見込みの方 3. 外国において12年以上の学校教育を修了し、日本語を話せる方(他 規定あり) 4. 「留学生」の出願資格、選考方法、提出書類等は、「2021年4月入学生用 学校資料」を請求(無料)のうえ、ご確認ください。 その他・注意事項 詳しくは「募集要項」をご確認下さい。

次の