プロテイン 下痢 効果。 筋トレサプリを飲んだら下痢に!そんな悩みを抱えている人必見の解決策と選び方とは

プロテインを飲んで下痢する人は、乳糖不耐症かも?

プロテイン 下痢 効果

「筋肉はつけたいけどホエイプロテインを飲むと腹痛や下痢になってツラいんだよなぁ・・・」 「ホエイプロテインを飲んだ後は、お腹がゴロゴロしてしんどい・・・」 あなたはホエイプロテインを飲んで腹痛や下痢になったり、お腹がゴロゴロするということはありませんか? このような症状が出てしまっている場合、ホエイプロテインに含まれる 「乳糖」が原因である可能性が高いです・・・! 「乳糖」とは牛乳などに含まれている糖質のことで、日本人には分解できない人が多く腹痛や下痢など、お腹の不調を引き起こす原因となっています。 腹がゴロゴロ。。。。 昨日久しぶりに飲んだから、今日はお腹がユルい。。 筋肉を効率よくつけるためにも、飲んでおきたいプロテイン。 それなのに 飲むたびに、毎回ツラい思いをしていては大変ですよね・・・。 乳糖不耐症の人は 「これからも腹痛や下痢、お腹がゴロゴロといった症状を我慢しながらプロテインを飲まなきゃいけないの?」 とお思いになるかもしれません。 いいえ、そんなことはないんです! ホエイプロテインでお腹の調子が悪くなってしまうという人は「乳糖」が含まれていないホエイプロテインを選べば解決できるんです! またプロテインでお腹の調子が悪くなる原因として、乳糖以外には タンパク質の過剰摂取などの可能性も考えられます。 ここから先を読み進めれば、 プロテインによるお腹の不調に悩まされることはもうありません! プロテインを飲むたびにお腹の調子が悪くなってツラい思いをしている方はぜひチェックしてみてくださいね! この記事が、プロテインによる下痢でツラい思いをしているあなたのお役に立てれば幸いです。 プロテインでお腹が痛くなるのは「乳糖」が原因! 冒頭でも述べましたが、ホエイプロテインを飲むと腹痛や下痢になったりお腹がゴロゴロする原因としてまず考えられるのは 「乳糖」です。 この乳糖を体内で分解するための 「ラクターゼ」という酵素があるのですが、これがうまく働かない乳糖不耐症でため、牛乳由来のホエイプロテインを飲むとお腹を壊してしまうのです! 皆さんは牛乳だけでなく生クリームやチーズ、ヨーグルトやアイスクリームなどといった乳製品を食べた後に気分が悪くなったり、胃もたれをしたりしたことはないでしょうか? これらも乳糖不耐症が原因で起きていると考えられます。 このラクターゼという消化酵素は母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんのころは十分に機能しているのですが、 成長するにつれて体内でその消化酵素が少なくなってしまい、乳糖を分解できる能力が減少してしまうのです! ではこの症状、どうすれば解決できるのでしょうか? 【解決策】 プロテインを飲むときは牛乳は避ける! まず第一の解決法として 「プロテインを牛乳で飲まない」 ということが挙げられます。 あなたはプロテインを飲むときに牛乳で溶かして飲んでいないでしょうか? 普段牛乳を飲んでいてもお腹の調子が悪くならないという人が、ホエイプロテインを牛乳で溶かして飲んだ途端にお腹の調子が悪くなり、腹痛や下痢になるということがあります。 これは牛乳だけに含まれている乳糖の量なら大丈夫なのですが、牛乳由来のホエイプロテインに含まれている乳糖も加わってしまうことで、体内でその人の許容量を超えてしまい引き起こされていると考えられます。 「牛乳の乳糖」と「ホエイプロテインの乳糖」のダブルパンチということですね・・・。 タンパク質の含有量は無水換算値(水分を全く含まない重量に換算した値)で70%〜80%ほどになります。 こちらは価格が安く、牛乳から製造する過程でタンパク質とともに牛乳由来のビタミンやミネラルなど有益な成分は残せていますが、それとともに 乳糖も残ってしまっているため、量や飲み方次第では飲んだ時に お腹を壊してしまうのです・・・。 タンパク質の含有量は無水換算値で80%〜90%ほどと非常に高いです。 ただ、WPC製法よりも手間がかかっているため、その分いくらか割高になってしまっています。 ホエイプロテインは大きく分けてこれら2つの製法に分けることができます。 先ほども述べましたが、 ホエイプロテインを飲んで腹痛や下痢、お腹がゴロゴロしてしまうという方はWPI製法を選ぶことをオススメします! 乳糖不耐症の人はWPI製法のホエイプロテインを選ぼう! ホエイプロテインを飲むとお腹を壊しやすい人はこのWPI製法であると、乳糖もほぼ除去されているのでお腹を壊す心配はありません。 したがって、乳糖不耐症の方には非常にオススメです。 ですが、選ぶ時にその 値段の高さがネックとなってしまうんですね・・・。 例えばこちら、大手プロテインメーカーのザバスから出ているWPI製法のホエイプロテインで 1袋840g(税込)8208円で、 プロテイン1杯あたり約205円です。 これではよっぽどお金に余裕のある人でないと続けられないですよね。 また最近では海外産の激安プロテインも多く見かけるようになってきました。 ですが 「安かろう悪かろう」で自分の体によくない成分が入っていては、せっかく体づくりのために飲んでいるのに元も子もありません。 そこで 「安心して飲める安いWPIプロテインはないものか?」と探したところある一つWPIプロテインにたどり着きました。 それが バルクスポーツの「アイソプロ」です! 安くて高品質なWPIプロテイン「アイソプロ」 WPI製法のホエイプロテインで、これほどまでに安いものに私は出会ったことがありません。 「アイソプロ ナチュラルフレーバー」の場合、 1kg(税込)3333円でプロテイン1杯あたりに換算すると約84円という安さ! これでも十分に安いですが2kgタイプになるとさらに安く、プロテイン1杯あたり約77円で飲めてしまうのです! WPIが1杯約77円で飲めるなんて・・・。 なんて安さだ・・・! また単に安いだけでなく、プロテインにとって重要な タンパク質の含有率も86%と非常に高く、品質も申し分ありません。 安い上に品質もよく、お腹も痛くならない、国内ではこれ以上のWPIプロテインはないと言っていいでしょう。 他のメーカーのプロテイン比べどれほど安いのか表にまとめて見ました。 価格 (税込) 1食あたり タンパク質 タンパク質 含有率 1杯あたり 価格(税込) バルクスポーツ 1kg 3333円 21. またフレーバー付きの場合、ナチュラルよりは価格は少し上がりますが ・1kg(税込)4054円 1杯あたり約102円 ・2kg(税込)7693円 1杯あたり約96円 と十分に安く抑えられています! 「アイソプロ」は安く高品質だけでなく、安全性も高い! アイソプロが他のWPIプロテインと比べて安いことはお分かりいただけたと思います。 ただここまで安すぎると• 「なんか、余計な成分でカサ増しされているんじゃない?」• 「安くて質の悪い原料が使われているんじゃないの?」 というように、逆に不安になりますよね。 しかしアイソプロは安全性も高く、安心して飲むことができるんです! それはアイソプロを販売しているバルクスポーツが、以下のような取り組みを行なっているからです。 自社製品に用いている原材料の原産国を全て明記している• 製造した自社製品を第三者機関で品質・純度検査し、その結果を公開している 例えばこちらはアイソプロの原材料表示なのですが、このように どこの国の原料を使用しているのかが一目でわかるようになっています。 こちらのページで、 各製品ごとの検査結果を公開しているのでチェックしてみてくださいね! 最近、日本国内で海外製のサプリメントを利用していた自転車競技の選手が、ドーピング陽性反応となり処分を受けてしまいました。 海外製のサプリメントすべてが悪いわけではありませんが、やはり国内産でしっかりと検査を受けているものの方が安全です。 さらに、 安心の国内メーカーでもここまで安全性にこだわり、サプリメントを製造しているメーカーは他にはありません。 — ずみ 綺麗 zumikey バルクスポーツのアイソプロ、牛乳に溶かしてたっぷり飲んでも、腹痛にならなかった!素晴らしいプロテイン!これで勝利は確定!! — ソラノ solanor101 バルクスポーツのアイソプロは、 口コミも上々ですね! 価格の安さや品質の高さだけでなく、安心して飲めるアイソプロをぜひ試してみてくださいね! お腹が痛くなりにくい! 高品質かつ低価格のWPIプロテイン! ここまでは、ホエイプロテインを飲むと腹痛や下痢、お腹がゴロゴロというような症状を引き起こす原因と解決方法についてお話ししてまいりました。 ホエイプロテインを飲むとお腹の調子が悪くなる原因として、まず考えられるのが 「乳糖」を分解できない乳糖不耐症です。 またこれを解決する方法として• プロテインを牛乳に溶かして飲まない• WPI製法のプロテインを飲む をご提案させていただきました。 そしてその WPI製法の中で飲むとすれば、「バルクスポーツ アイソプロ」が最も安く、高品質で安全性も高くオススメです! その他に考えられる原因 ではここからは、乳糖不耐症以外に考えられるその他の原因について解決方法と合わせてご紹介していきますね! 乳糖不耐症以外で、お腹の調子が悪くなる原因として考えられるのは以下の2点です。 タンパク質を過剰に摂取している• タンパク質の摂取量としては、 一般の方だと自分の体重1kgあたり1g、トレーニングをして筋肉をつけていく場合は、体重1kgあたり1. 筋肉をつけたいからといって、むやみやたらにプロテインを飲むのはNGです! タンパク質の過剰摂取は腸内環境の悪化による腹痛だけでなく、• 肝臓や腎臓の働かせすぎによるスポーツパフォーマンスの低下• 尿路結石や骨粗鬆症のリスクの増大• 肥満の原因 という深刻な事態も引き起こしかねません。 プロテインによる腸内環境の悪化については、こちらの記事でくわしく解説しています。 この場合は、植物性で大豆由来の 「ソイプロテイン」を飲むようにしましょう。 ソイプロテインはBCAAの量ではホエイプロテインに劣りますが、 アルギニンやグルタミンといったアミノ酸、イソフラボン、サポニンなどの健康成分も豊富なことが特徴です。 「牛乳で飲むのをやめても、WPI製法にしてもお腹の調子が悪くなるのが治らない!」 という方はタンパク質摂取の方法として ソイプロテインを摂取するのもアリでしょう。 「あれ?自分も乳糖不耐症かも?」と思った場合は、 ホエイプロテインを牛乳で飲むのをやめ、WPI製法のホエイプロテインを選ぶようにしましょう。 そこでオススメなのが高品質かつ低価格で安心して飲むことができる バルクスポーツの「アイソプロ」です! またこれでもよくならない場合は、• タンパク質の摂取量を見直す• ソイプロテインを飲む ようにすることで改善できるはずです。

次の

プロテインで下痢になる理由とは?消化や吸収が上手くいってない?

プロテイン 下痢 効果

私たち人間の体の大部分は、このたんぱく質と水分によってできているといっても過言ではなく、筋肉はもちろん、骨や内臓、血液、髪の毛、皮膚、爪など、体を構成する多くの部位がたんぱく質からできています。 しかし、スポーツや筋トレなど運動習慣のある方は、体を動かさない方よりもたんぱく質の損失量が多くなるため、より多くのたんぱく質が必要となるのです。 そこで活躍するのがプロテイン。 そもそもプロテインとは、英語で「たんぱく質」を意味する言葉ですが、現在は「プロテインパウダー」として広く認識されています。 プロテインパウダーは、水や牛乳などで溶いて飲むのが一般的です。 人間の体にとって重要な栄養素であるたんぱく質を、効率的に摂取できる物として広く用いられています。 1日に必要なたんぱく質の量ですが、体を動かす習慣がそこまでない方と、アスリートや筋肉をつけたい方とでは、大きく変わってきます。 まず、一般的な日本人が1日に必要なたんぱく質は、「摂取エネルギーの13~20%」が理想的といわれています。 推奨量としては、成人男性で1日60g、成人女性は1日50gほど。 また、「体重1kgに対してたんぱく質1g」という見方もあります。 一方、日常的に運動する方や筋肉をつけたい方、ボディメイクをしたい方の場合は、こうした一般的な量よりも多めにたんぱく質をとることが推奨されています。 目安としては、男女ともに「体重1kgに対してたんぱく質2g」程度。 例えば、体重50kgの方が筋肉をつけたい場合は、1日100gほどのたんぱく質が必要となります。 筋肉をつけたいからといって、「体重1kgに対して2g」のたんぱく質を食事だけでとるのは、意外とたいへんなもの。 たんぱく質の量を優先して食事メニューを決めると、余計な脂質やカロリーを摂取してしまうことにもなりがちです。 そこで活用したいのがプロテインです。 脂質やカロリーをできるだけ抑え、食事だけでは摂取しきれないたんぱく質をプロテインで補うことが、筋肉量を増やしたりボディメイクしたりする際の基本となっています。 また、筋肉をつけるだけでなく、体をしぼりたいという場合にも、プロテインは活用されています。 減量のための食事メニューでは、どうしてもたんぱく質が不足しがちとなるため、必要な筋肉も失ってしまうリスクがあります。 脂肪を落としつつ、できるだけ筋肉量や代謝をキープするためにも、プロテインによるたんぱく質の摂取は有効なのです。 まず、プロテインを飲むベストなタイミングは、筋トレと合わせて飲む方が多いことからもわかるように、「運動後30分以内」とされています。 これは、筋肉を構成するたんぱく質の合成が、運動を終えてから数時間のうちに最も活発に行われるため。 運動終了後は、できるだけ早めにたんぱく質を摂取することが効果的です。 運動後に摂取するたんぱく質の量は、「20~30g(体重1kgに対して0. 25~0. 4g)」が推奨されています。 1日分のたんぱく質の必要量を、一度にこのタイミングで摂取してしまわないようにしましょう。

次の

プロテインのメリットと効率的な飲み方とは?

プロテイン 下痢 効果

ソイプロテインを飲んだ後に下痢になるときに考えられる理由5つ お腹ゴロゴロや下痢の理由は、人によってさまざま。 考えられる理由を5つ挙げていきます。 大豆の食物不耐症 アレルギーとは違う ソイプロテインを飲んで20分~1日だけお腹の不快な症状が続く人は、大豆の食物不耐症の可能性があります。 食物不耐症とは、食べ物に含まれるある成分がうまく消化できないせいで、色々な消化不良の症状 お腹の不快感や下痢など を引き起こす症状のこと。 もしあなたが大豆の食物不耐症だったら、大豆プロテインに含まれる大豆由来の糖を消化するための酵素がうまく生産されなくて、その結果下痢が起こっているということです。 乳糖不耐症 ラクトース不耐症 は多くいますが、大豆の糖不耐症の人はあまり居ないようなので、理解されにくくて大変ですよね。 大豆アレルギー あなたの免疫系が大豆に含まれる成分を「異物」と見なし、自分で自分の身体を攻撃しだすのが大豆アレルギー。 食物不耐症の場合は、お腹を下すなどの消化器官系だけの症状ですが、大豆アレルギーだと蕁麻疹・吐き気・かゆみなど色々な症状が身体に現れます。 大豆はひよこ豆やピーナッツなどの豆類の仲間なので、もし大豆以外の豆でアレルギーを持っていたら大豆にもアレルギーを持っているかもしれません。 しかし、中には大豆のアレルギーの人でも発酵食品である納豆・醤油・味噌はOKな人もいます。 大豆プロテインを摂取した後に、不快な症状が身体のあちこちに現れたら、迷わず病院へかかりましょう。 甘味料 ステビアやアスパルテーム が腸内環境を乱したかも 甘い味が付いたソイプロテインには、アスパルテームやアセスルファムKなどのゼロカロリーの人工甘味料が入っていることが多いです。 というか、シュガーレスガムやゼロカロリー清涼飲料水などの、ほとんどの無糖で甘い食品には甘味料が入っています。 人工甘味料は腸内のバクテリアのバランスを乱すことがあるので、その結果下痢などの消化器官の不快症状の原因になります。 ただ、個人差があるのでならない人もいます。 「シュガーレス食品を食べたら、なんかお腹がゆるくなる」という人は、人工甘味料が原因でしょう。 単純なタンパク質の摂りすぎ ソイプロテインに関わらず、タンパク質を多く含む食品をいつも食べ過ぎていると下痢を起こすことがあります。 この場合は、シンプルにタンパク質摂取量を控えれば解決します。 食物繊維の不足 タンパク質ばかり摂取を心がけていると食物繊維の摂取量が少なくなることが多いです。 その結果、下痢になってしまうことがあります。 栄養素はそれぞれ協力しあって働いているので、タンパク質だけ摂取すると良くないことが身体に起こってしまうのです…。 原因別、ソイプロテインの下痢対策 もし、あなたの下痢の原因が単純なタンパク質の摂取のしすぎであれば、1日を通してのたんぱく質摂取量を少なくすれば改善するでしょう。 でも、あなたの下痢の原因が大豆タンパクそのものや甘味料だった場合は、少し工夫が必要です。 他の原料でできたプロテイン粉末を試してみる ソイ以外の植物性プロテイン粉末を試してみましょう。 ピープロテイン エンドウ豆• ヘンププロテイン 麻の実• ブラウンライスプロテイン 玄米• プラントベースの発酵プロテイン 日本では珍しいですが、ヨーロッパやアメリカ大陸では割と一般的なタンパク質源。 iHerbやマイプロテインなどの海外通販で簡単に入手できます。 ちなみに、発酵プロテインはタンパク質が分解しやすい形になって入っているので、消化器官にかかる負担が普通のプロテイン粉末より少なめ。 「タンパク質を多く含むものを食べると、なんだか調子が悪くなる」という人はぜひ試してみてくださいね。 実際に手に取ってみてから買いたいという人は、近所のナチュラルフード店に聞いてみましょう。 もしかしたらあるかも知れません。 サキノは見たこと無い… またはWPI ホエイプロテイン・アイソレート WPI を試してみるのも方法の1つ。 動物性タンパク質ではありますが、製造過程で乳糖 ラクトース やカゼイン ミルクタンパク などの成分が取り除かれているので、比較的安心です。 あまりヘルシーではないです…。 甘味料無添加の製品を選ぶ 腸内環境を乱し下痢の原因になる、人工甘味料が全く入っていないソイプロテインを選びましょう。 何も甘味料が入っていないプレーン味に、後から粉末黒糖やマヌカハニーなどで甘みを付けて美味しく飲むのがおすすめです。 バナナやオレンジなどの生のフルーツとブレンドして、ソイプロテインスムージーにするとビタミン・ミネラルも摂れて最高です。 また、おからパウダー・サイリウム オオバコ粉末 ・難消化性デキストリンなどの食物繊維がたっぷり含まれた食品をスプーン1杯入れるのも効果的です。 特に、高たんぱく質な食事をしている人は、知らない間に食物繊維が足りなくなることが多いので、意識して摂取しましょう。 注意:サイリウムなどの食物繊維が多い食品を摂取するときは、必ずコップ1杯以上の水と飲みましょう。 胃の中で膨らんで水分を吸収するので、水分不足は胃痛の原因になるため。 以上、ソイプロテインを飲んだ時に下痢になる原因や、対策を解説してきましたがいかがでしたか? 案外、たんぱく質などの特定の栄養素をいつも摂りすぎていたり、逆に食物繊維が足りなかったりとかが原因かもしれません。 ひとつづつ原因を検証していけば、何が本当の下痢の原因か分かります。 下痢の原因を潰して、お腹の不調なしで快適なプロテイン生活を送りましょう!.

次の