住之江競艇リプレイ。 【グランプリ2019】住之江競艇場の結果・出場選手・リプレイ

スマートフォン版 レースリプレイ ボートレース住之江 レース選択

住之江競艇リプレイ

住之江競艇場の特徴 住之江競艇場は都市部に作られた人工プールで、工業用水を利用したレースコースです。 レース開催時間はナイターのみとなっています。 季節で見ると気温が低い冬春の勝率が高く、夏秋と気温が高い季節に勝率が落ち込む傾向。 この夏秋の落ち込み理由については、 会場が都市部のために気温が高すぎてモーターがダレている可能性が考えられます。 車やバイクと同じく、 暑さに弱いということですね。 そして、 1コースの勝率が落ち込む季節には2コースの勝率が特に高くなる、というデータが出ています。 詳しい理由はハッキリと分かっていませんが、統計データ上でそういった特徴が浮きあがっているんです! 具体的な数値を持ち出すと、冬春の2コースの着順率は約14. この他のコースに関しては特に目立ったところはなく、全国でも平均的な勝率と言えます。 水面の特徴 住之江競艇場の水質は淡水で硬さがあるため、 モーターの機力差が出やすいと言われています。 また、人工プールということもあって干満差はなく、年間を通して静水面となる日が多いです。 どの艇も全速で攻めるスピード戦が多く見られるため、 1マークの攻防が特にアツイ瞬間になりますね! 風の影響 住之江競艇場は都市部に作られているため、特にクセのある風が吹くといったことはありません。 しかし、冬季になるとホーム側が追い風となる日が多く、 マクリに対しては艇が風で流されやすいといった特徴があります。 この風の影響が、冬春における1コースの勝率の高さの理由のひとつと言えるでしょう。 住之江競艇場だけの調整 住之江競艇場ならではの調整として、 「ライナー調整」というものがあります。 ライナー調整を簡単に説明すると、伸び足をつけて直線勝負、マイ足をつけてターン勝負といったように、戦法に合わせて艇に特徴を持たせることができる調整。 住之江競艇場での選手情報では、部品交換などと一緒にこのライナー調整の情報も発表されているんですよ。 ライナー調整について ライナー調整方法自体は、モーターの取り付け位置を変えるためにボートとの間に板を挟むだけ。 トランサムにライナーを入れると伸び足が、バックに入れるとマイ足がつくといった特徴があります。 トランサムとはボートにモーターを取り付ける部分のことで、トランサムボードともいいます。 ライナーとは3~6mmの厚さのベニヤ板。 「ライナーを入れる」というのはボートにモーターを取り付ける時、そのままではなくベニヤ板を挟み込むということなんです。 「トランサムに入れる」というのはモーターの取り付け位置の上部、バックに入れるのは下部のこと。 つまり、ライナー調整とは モーターの取り付け角度の調整を指しているということですね。 予想ポイントまとめ 「競艇のメッカ(聖地)」と呼ばれている住之江競艇場は、 特に強いクセもなく走り易い競艇場と言えるでしょう。 1コースと2コースの勝率の変化も季節的なものなので、軸にする艇はここを参考にすればいいと思います。 また、住之江競艇場のみ調整ができる ライナーについては、モーターの調子と合わせてチェックしておいたほうがいいでしょう。 伸び足をつけている選手は直線勝負、マイ足をつけている選手ならターンといったように、各選手の戦法が予想しやすくなると思います。 開催日程 住之江競艇場のレース開催日程は、こちらから見ることができます。 予想・オッズ情報 住之江競艇場のレース予想やオッズ情報は、こちらから見ることができます。 ライブ動画・リプレイ&レース結果 住之江競艇場のリプレイ、レース結果はこちらから見ることができます。 住之江競艇場のグルメ口コミ情報.

次の

本日のレース|BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

住之江競艇リプレイ

6コースの3連対率は全国1位の30%超え。 荒れた水面をこなせる選手が来たら狙ってもいいでしょう。 江戸川競艇場の基本情報 江戸川競艇場公式サイト 江戸川競艇場のレース開催日程 江戸川競艇場のレース開催日程は、こちらから見ることができます。 江戸川競艇場のレース予想やオッズ情報 江戸川競艇場のレース予想やオッズ情報は、オフィシャルHPから見ることができます。 江戸川競艇場のライブ&リプレイ動画・レース結果 江戸川競艇場のライブ動画、レース結果はこちらから見ることができます。 jp) 江戸川競艇場の特徴 江戸川競艇場は 水面、風、コースのすべてにおいて難易度が高い競艇場、と言ってもいいでしょう。 このことから技術に優れた選手が勝つ事が多く、逆に新人選手などの経験値が少ない選手は、自らアウトコースを選択することもあるほど。 それでは、江戸川競艇場のより具体的な特徴を、1つずつ順番に見ていきましょう! 水面の特徴 全国唯一の河川コースである江戸川競艇場。 水質は河口に近いため、淡水と海水が混ざる汽水となっています。 また、上げ潮や下げ潮による水位の影響があることから、 全国屈指の難水面と言われています。 このことから、昔は江戸川競艇場の斡旋を受けない選手も多かったです。 しかし、現在は斡旋拒否が出来ないことから、ほとんどの選手が出走しています。 その他の特徴としては、潮の流れが1マーク側へ向かって上流、バックストレッチが2マークへ向かって下流となっていことがあげられます。 流れに逆らってのスタートとなるため、 モーターの機力は見逃せないでしょう。 風の影響について 江戸川競艇場は河口に近いことから、 風の向きや強さが変わりやすいです。 水位だけでなく風の影響も受け、水面が荒れやすくなっているワケですね。 また、潮面と風がぶつかり合うことで、長いうねりをもつ波が生まれるといった特徴もあります。 江戸川はインが弱い 季節ごとの1着勝率 コース 1 2 3 4 5 6 3-5月 51. 5 15. 7 14. 2 10. 2 8. 5 2. 2 6-8月 47. 6 21 11. 7 11. 9 4. 8 4. 9 9-11月 46. 8 19 14. 5 10. 7 6. 2 5 12-2月 46. 1 18. 7 16. 8 11. 1 5. 4 4. この理由として大きいのは「1マーク付近の幅員が37mしかない」ことで、これは 全国でも最も狭いとされています。 これはスタートしてから1マークまでに34mも横移動するということで、 スタートが遅れてしまったイン艇は他艇の引き波をかぶってしまい、有利なポジションから不利なポジションに変わってしまうんです。 また、レース開始時にはピットアウトから2マーク旋回までの距離が70mほどしかなく、ブイに並ぶポールの狭い隙間を抜けていかなくてはなりません。 これにより、 進入固定ではないレースでもほとんどが枠なり進入となる、といった特徴があります。 波巧者が強い競艇場 江戸川競艇場は、荒れた日には風波巧者の天国とも言われており、中には 江戸川巧者と呼ばれる選手もいるほど。 これにより、 普段から静水面ばかり乗っている選手の勝率はアテにはできないため、予想する際には選手情報は必須です! 予想ポイントまとめ さすが全国屈指の難水面と言われるだけあり、全体的にクセが強い競艇場ですね。 水面、風、コースのどれをとっても難しい面を持つため、素直に 技術のある選手が強いという見方をしてもいいと思います。 逆に、新人選手などキャリアの浅い選手の場合、有利な1コースであっても過信はできないので注意が必要です。 江戸川競艇場のグルメ口コミ情報.

次の

江戸川競艇場の特徴や予想・オッズ情報、ライブ動画やレース結果

住之江競艇リプレイ

大阪市住之江区にある住之江競艇場で開催された、 第34回グランプリ 賞金王決定戦 !! グランプリは、全競艇選手の目標レースとされ、最高峰の競走と位置づけられています。 そして、第34回大会は グランプリ史上初のナイター開催とあって、予想者の皆さんも注目していたレースとなりました。 今回は、12月17日 火 〜12月22日 日 まで行われた 「グランプリ2019」の結果・出場選手・リプレイをまとめました。 そもそも「グランプリ」とは? 「グランプリ(賞金王決定戦)」は、1986年に創設され「グランプリシリーズ戦」と2部構成で並行して開かれている5大SG競走「GRANDE5」の最終戦。 最終戦に加え、優勝賞金 1億円を獲得できるので、グランプリで優勝した選手が賞金王になりやすい傾向にあります。 また、グランプリが開催される競艇場は、ほとんどが大阪住之江区の住之江競艇場。 2019年も住之江競艇場で5年連続29回目の開催となりました。 そして、グランプリで使われるモーターは、 開催競技場で勝率の高いモーターや専門誌、スポーツ紙の記者が推薦したものが用意され、その中から抽選を行います。 やはり、その年のナンバーワンを決める戦いなので、特別感がありますね。 「グランプリ」のスケジュールは? 「グランプリ」は、全6日間の日程で行われます。 そのうち、前半5日間はトライアル競走を行い、最終日には順位決定戦と賞金王決定戦 が開かれます。 具体的には、次の通りです。 初日・2日目:賞金ランキング7位〜18位の12名で「トライアル1st」を行う。 各選手2レースずつ行い、得点上位6名が「トライアル2nd」へ進出。 下位6名は敗退、「賞金王シリーズ戦」へ予選3日目から合流。 3日目〜5日目:「トライアル1st」を勝ち上がった6名に、シード扱いの賞金ランキング1位〜6位の選手を加えた計12名で「トライアル2nd」を行う。 トライアル1stの得点の持ち越しは無し。 各選手とも、3レースずつ行う。 最終日:「トライアル2nd」の得点上位6名で「賞金王決定戦 」、下位6名は「順位決定戦」へ進む。 そして、トライアル1stの組み合わせは次の通りです。 しかし、 スタート事故を起こしている場合等の選出除外などによって、出場資格除外が生じることもあります。 選手たちは、成績対象期間内は選出除外の対象にならないように注意をしながら、日々のレースを行う必要がありますね。 「グランプリ2019」の出場選手は? 「グランプリ2019」に出場した全18選手を獲得賞金金額などとともにご紹介します。 優勝は「イン逃げ」を決めた 地元大阪支部の石野貴之選手でした。 トライアル2ndから登場した獲得賞金ランキング3位の石野選手は、第1戦を3着、第2戦を2着にまとめて得点率3位につけました。 そして、第3戦では4枠から「まくり」を決めたことで逆転でトップ通過を果たし、 優勝戦では1枠を獲得します。 優勝戦の出走メンバーと結果を下の表にまとめました。 着 枠 登番 ボートレーサー レースタイム 1 1 4168 石野 貴之 1'46"1 2 2 4444 桐生 順平 1'47"4 3 4 3897 白井 英治 1'49"2 4 5 3783 瓜生 正義 1'50"2 5 3 4238 毒島 誠 1'51"7 6 6 3854 吉川 元浩 1'52"1 レースのリプレイ動画も載せておくので、気になる方はチェックしてみてください。 雨の中の決戦を制したのは、地元の石野貴之選手でした。 ここでは、優勝戦を振り返ります。 進入は枠なりで、スタートはほぼ横一線。 逃げる 1 号艇の 石野貴之選手を握りかのようにまくり差してきた3 号艇の 毒島誠選手。 さらに、 2号艇の 桐生順平選手がバックストレッチで上がってきます。 ここで、1 号艇の 石野貴之選手と2号艇の 桐生順平選手のトップ争いに! しかし、2マークを 石野貴之選手がトップ旋回し、 桐生順平選手は届きません! 2周1マークで、 4号艇の 白井英治選手と5号艇の 瓜生正義選手が接戦の3番手争いを繰り広げます。 そして最終ターンマークでは、2号艇の桐生順平選手が迫りますが、1号艇の石野貴之選手が引き離します。 そして、そのままゴールイン!! 石野貴之選手は、グランプリ初制覇。 さらにチャレンジカップに続くSG連覇で、SG通算8回目の優勝を果たしました。 結果、石野貴之選手の 今年の獲得賞金は2億2564万2,666円となり、自身初の年間賞金王が確定しました。 まとめ:令和初の賞金王は石野貴之選手! 34回目にして初のナイター開催で行われた「グランプリ2019」は、 地元大阪支部の石野貴之選手が見事令和初の賞金王に輝きました!石野選手は、SGはチャレンジカップに続いて2連覇を飾っています。 優勝戦は雨の中ナイターレースで開かれましたが、住之江競艇場の横風が少ない特性を生かして1号艇がイン逃げできたと言えますね。 地元大阪勢の優勝は、2009年の 松井繁選手以来です。 おめでとうございます! 次回の第35回大会は、 2020年12月15日 火 〜20日 日 まで、東京都大田区にある平和島競艇場で開かれます!.

次の