さよなら エレジー コード。 さよならエレジー(菅田将暉) / コード譜 / ギター

「さよならエレジー」と「やさしくなりたい」が似ている?パクリ?検証してみた!

さよなら エレジー コード

63451となっています。 メロディ:「どうせつかめないのに…」 F7コードの「つかめないのに」の部分にFコードの3rd音であるA音が使用されています。 これはモーダルインターチェンジと呼ばれるものです。 Aメロと同じですね。 定番コード進行です。 この進行は、小室哲哉のGetwildを初めとして、久石譲のSummer、エヴァの残酷な天使のテーゼなどの様々な曲に使用されている進行ですね。 詳しくはこちら。 経過音としての役割です。 ちなみにF7コードでも同じような効果を得られます。 構成音が似ている 代理コードとして機能する ためです。

次の

【無料コード譜フル】さよならエレジー/菅田将暉|ギター コード譜(カポあり簡単コードVer.)

さよなら エレジー コード

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

さよならエレジー(菅田将暉) / コード譜 / ギター

さよなら エレジー コード

先日行われた第41回日本アカデミー賞にて、最優秀主演男優賞を受賞した菅田将暉さん。 今、最も勢いのある若手俳優と言っても過言ではないでしょう。 そんな彼のマルチな才能は留まるところを知らず、2月21日にはシングル「さよならエレジー」も発表されました。 ドラマ「トドメの接吻(キス)」の主題歌でもありますから、耳にされた方も多いのではないでしょうか。 さて、この「さよならエレジー」が、斉藤和義さんの楽曲である「やさしくなりたい」にそっくりだと話題になっているようなんです! 一部では、「似ているどころかパクリでは?」との疑惑もささやかれているようなのですが、真相はどうなっているのでしょう。 それぞれの曲を聞き比べつつ、検証してみました。 2つの曲を聴き比べてみると… まずは、菅田将暉さんの 「さよならエレジー」をチェックしてみましょう。 へ~、菅田さんは歌もお上手だったんですね! 雰囲気もあってかっこいいです。 こちらの楽曲は菅田さんが抱いたイメージをもとに、以前から交友のあったアーティスト・石崎ひゅーいさんが作詞/作曲を担当したものだということでした。 次に、斉藤和義さんの 「やさしくなりたい」です。 さて、曲を聞いた感想ですが、確かに似ていますね~! 「サビの部分がそっくり」という声が多いようですが、その他の部分もよく似ていると思います。 ただ、「パクリ」とまではいかないかな、というのが私の感想です。 スポンサーリンク? 曲としてはアーティスト斉藤和義の方が上? リリースがかなり前(2011年)とはいえ、誰もが知っているであろう「やさしくなりたい」をパクるなんてリスクが高すぎますし、すでに抜群の知名度を誇る菅田さんサイドが、わざわざそんな危険を冒さないでしょう。 「似たような系統の曲」が出来上がったというレベルの話だと思います。 しかし、菅田さんも歌が「上手」だと思いますが、斉藤さんのパフォーマンスが醸し出す独特の雰囲気は、本当に素敵ですね^^ やはり、「音楽」を本職として勝負している人の威厳があるというか…。 2曲とも「せつないロック・ナンバー」という感じですが、やはりこういう楽曲は、20代の菅田さんより50代の斉藤さんが歌った方が渋みも増す気がします。

次の