歌詞 flumpool。 PEPEパラダイス

[歌詞]flumpool

歌詞 flumpool

タイトル『空の旅路』に込められた意味とは まずはタイトルについて見ていきましょう。 テーマは在るべき生き方 『空の旅路』では 周りに合わせて 無難に生きることが正しいのだろうか? と向き合っています。 うぇあミュ〜的に 一番ストレートにそのテーマを描写している と思ったフレーズが2番Aメロです。 間違ってないのに頭下げて 出来るだけ丸く収めるのが 生きるには大事で でも 幼い僕の化身だった あのロックスターは 今もきっと 名もない街角で 真実を叫んでる 自分では間違っていないと思っていても 周りが間違っていると言うのなら 間違っていると考える方が生きる上では大事 だと思っています。 だけどそんな生き方で良いのか? 昔の自分だったら間違っていないことは 間違っていないと言うはずだと 周りに合わせる無難な生き方と 自分らしさを貫く生き方で揺れています。 ・「風」は自分らしさの象徴 ・「綿毛」は在るべき生き方の象徴 と解釈しました。 「風」も「綿毛」もサビで出てくるワードです。 目的を持って生きるために 周りに合わせようとする自分を追い払うために 必要なものは「自分らしさ」だと考えられます。 続いて「綿毛」について 「綿毛」とは風に吹かれて飛んでいき 着地した場所に根を張るものですよね。 「風」を自分らしさの象徴と解釈すると 「綿毛」は自分らしさに乗って飛んでいくもの と解釈できます。 主人公がこれからこのように生きていくと 言っているように解釈できますね。 「ほうが」とあることから 「日陰を愛する一人」と 「群れの中で耐える孤独」を 比べているということですね。 一人で自分らしく生きている人 ということでしょう。 主人公は 「群れの中で耐える孤独」のほうが それなりに(=大人らしく)見えるようです。 主人公は「群れの中で耐える孤独」のほうが それなりに見えると言っていますが 本当はそうじゃないと誰かに言ってもらって 背中を押してもらいたいのでしょう。 1番サビ 今日だって 風に吹かれて立ち止まる 昨日の自分に問うように ジェラシーと 少しの誇りをかぞえて 舞い上がる綿毛がふわり 人の波間を飛び越えた 吹く風に しがみつくように 消えてゆくよ 誰も知らない 空の旅へ まずは『空の旅路』のキーワードについて 『空の旅路』のを 確認した際に下記のように解釈できましたね。 2番Aメロ〜Bメロ 1番Aメロは2つに分けて 解釈・考察していきましたが 2番は意味が繋がっているので まとめて見ていきます。 間違ってないのに頭下げて 出来るだけ丸く収めるのが 生きるには大事で でも 幼い僕の化身だった あのロックスターは 今もきっと 名もない街角で 真実を叫んでる 前半部分と後半部分では 対照的なことを歌っています。 ちなみに後半部分に出てくる「化身」には 抽象的で無形の観念などが形をとって現れたもの という意味があります。 主人公は社会に出ることで正しいことを正しい と言っているだけでは上手く生きていけない という考えを持つようになりました。 だけど幼い自分の化身(観念)は それでいいのか?と主人公に言っています。 名もない街角で叫んでいるという表現から 幼い主人公の化身が何とかして必死に 訴えようとする感じが伝わってきますね。 2番サビ 路地裏 忘れ去られたビニール傘 いつかの僕らにも見える 残された声を『自分らしさ』と呼ぼう 追い風も 吹き付ける風も どう向き合うかは自分次第 生き方のマニュアルなんてさ 破り捨てて 路地裏とは表通りに面していない所。 つまり人目につかない場所ですね。 そんな場所に忘れ去られたビニール傘を いつかの僕らにも見えると言っています。 しかしボーカル山村隆太さんが込めた意味は 少し違うようです。 では このように語られています。 歌詞の中で路地裏で忘れ去られたビニール傘を 今の自分たちや未来の自分たちに 譬えてるんですけど。 いつか雨が止んだら置いて行かれてしまう 寂しさや虚しさも感じるけど、 「誰かのために一瞬でも傘になれたらいいな」 とも思うし。 自分たちが音楽を通して誰かに何かを届けたい、 楽しい時間をつくりたいと思うことが、 ただその人たちのためだけになってしまっても 良くないし、自分たちのためだけになっても、 それはそれで役目がないし。 そういう葛藤はあるけれども、 世の中にさらされていろんなことを意識してきた 10年を経た上でもう一歩踏み出すのが自分たちで そこに残されているものが 「自分たちらしさ」なんだな、と思うんです。 ビニール傘はflumpool自身のことを 言っていたんですね! 路地裏で忘れ去られるというのは まさに自分たちの音楽が聞かれなくなる ということ。 そんな状況の中でもう一歩踏み出すことを 「自分らしさ」と言っています。 『空の旅路』ではバンド自身のこと も歌われているんだね〜 続いて後半部分では 自分らしさの象徴である「風」 が出てきます。 「自分らしさ」は生きる上で向かい風になること も追い風になることもあるけど その 「自分らしさ」にどう向き合っていくか 決めるのは自分次第だと言っています。 この場面で「自分らしさ」を出すと 「自分らしさ」は向かい風となりそうですよね。 だからといってマニュアル通りに生きる必要は ないから 自分らしく生きていこうと言ってます。 3番歌詞について 続いてflumpoool『空の旅路』の 3番の歌詞について見ていきます。 いよいよラストの部分です。 3番Cメロ 変わりゆく景色 速度上げ 戻れない場所が増えてくだけ 歳を重ねるほど時間の経過を 早く感じるものですよね。 戻ることのできない過去が増えていくというから うだうだしてたらもったいないということを 言っていると解釈しました。 ラストサビ 今日だって 風に吹かれながら進む 行先(あす)を刻みつけるように 人混みに染まりそうな 僕をいなすように 舞い降りた綿毛が光り 胸の奥 根を張ってゆくよ 頼りなく まだ心細く でも真っ直ぐに 勇ましく空に 咲き誇るよ 風を受けて 笑っているよ ラストサビでも 自分らしさの象徴である「風」が出てきます。 サビ頭の「風に吹かれながら進む」とは つまり 自分らしく生きるということですね。 ラストサビでは 目的を持って生きられるように 周りに染まりそうな自分を追い払うように 自分らしく生きていくということです。 後半部分では 在るべき生き方の象徴である 「綿毛」も出てきます。 ラストサビでは「綿毛」が自分らしさという 「風」に吹かれながら進んでいき胸の奥に根を はってゆくとあります。 自分らしく生きようとしていくと 自分の胸の奥にたどり着いたということですね。 まだしっかりとしたものではないけど 堂々と自分らしく生きようとしています。 自分らしく生きられることで充実感が得られる ということが伝わってきますね。

次の

flumpool「空の旅路」歌詞の意味を解釈・考察|在るべき生き方のヒントが詰まった曲

歌詞 flumpool

タイトル『空の旅路』に込められた意味とは まずはタイトルについて見ていきましょう。 テーマは在るべき生き方 『空の旅路』では 周りに合わせて 無難に生きることが正しいのだろうか? と向き合っています。 うぇあミュ〜的に 一番ストレートにそのテーマを描写している と思ったフレーズが2番Aメロです。 間違ってないのに頭下げて 出来るだけ丸く収めるのが 生きるには大事で でも 幼い僕の化身だった あのロックスターは 今もきっと 名もない街角で 真実を叫んでる 自分では間違っていないと思っていても 周りが間違っていると言うのなら 間違っていると考える方が生きる上では大事 だと思っています。 だけどそんな生き方で良いのか? 昔の自分だったら間違っていないことは 間違っていないと言うはずだと 周りに合わせる無難な生き方と 自分らしさを貫く生き方で揺れています。 ・「風」は自分らしさの象徴 ・「綿毛」は在るべき生き方の象徴 と解釈しました。 「風」も「綿毛」もサビで出てくるワードです。 目的を持って生きるために 周りに合わせようとする自分を追い払うために 必要なものは「自分らしさ」だと考えられます。 続いて「綿毛」について 「綿毛」とは風に吹かれて飛んでいき 着地した場所に根を張るものですよね。 「風」を自分らしさの象徴と解釈すると 「綿毛」は自分らしさに乗って飛んでいくもの と解釈できます。 主人公がこれからこのように生きていくと 言っているように解釈できますね。 「ほうが」とあることから 「日陰を愛する一人」と 「群れの中で耐える孤独」を 比べているということですね。 一人で自分らしく生きている人 ということでしょう。 主人公は 「群れの中で耐える孤独」のほうが それなりに(=大人らしく)見えるようです。 主人公は「群れの中で耐える孤独」のほうが それなりに見えると言っていますが 本当はそうじゃないと誰かに言ってもらって 背中を押してもらいたいのでしょう。 1番サビ 今日だって 風に吹かれて立ち止まる 昨日の自分に問うように ジェラシーと 少しの誇りをかぞえて 舞い上がる綿毛がふわり 人の波間を飛び越えた 吹く風に しがみつくように 消えてゆくよ 誰も知らない 空の旅へ まずは『空の旅路』のキーワードについて 『空の旅路』のを 確認した際に下記のように解釈できましたね。 2番Aメロ〜Bメロ 1番Aメロは2つに分けて 解釈・考察していきましたが 2番は意味が繋がっているので まとめて見ていきます。 間違ってないのに頭下げて 出来るだけ丸く収めるのが 生きるには大事で でも 幼い僕の化身だった あのロックスターは 今もきっと 名もない街角で 真実を叫んでる 前半部分と後半部分では 対照的なことを歌っています。 ちなみに後半部分に出てくる「化身」には 抽象的で無形の観念などが形をとって現れたもの という意味があります。 主人公は社会に出ることで正しいことを正しい と言っているだけでは上手く生きていけない という考えを持つようになりました。 だけど幼い自分の化身(観念)は それでいいのか?と主人公に言っています。 名もない街角で叫んでいるという表現から 幼い主人公の化身が何とかして必死に 訴えようとする感じが伝わってきますね。 2番サビ 路地裏 忘れ去られたビニール傘 いつかの僕らにも見える 残された声を『自分らしさ』と呼ぼう 追い風も 吹き付ける風も どう向き合うかは自分次第 生き方のマニュアルなんてさ 破り捨てて 路地裏とは表通りに面していない所。 つまり人目につかない場所ですね。 そんな場所に忘れ去られたビニール傘を いつかの僕らにも見えると言っています。 しかしボーカル山村隆太さんが込めた意味は 少し違うようです。 では このように語られています。 歌詞の中で路地裏で忘れ去られたビニール傘を 今の自分たちや未来の自分たちに 譬えてるんですけど。 いつか雨が止んだら置いて行かれてしまう 寂しさや虚しさも感じるけど、 「誰かのために一瞬でも傘になれたらいいな」 とも思うし。 自分たちが音楽を通して誰かに何かを届けたい、 楽しい時間をつくりたいと思うことが、 ただその人たちのためだけになってしまっても 良くないし、自分たちのためだけになっても、 それはそれで役目がないし。 そういう葛藤はあるけれども、 世の中にさらされていろんなことを意識してきた 10年を経た上でもう一歩踏み出すのが自分たちで そこに残されているものが 「自分たちらしさ」なんだな、と思うんです。 ビニール傘はflumpool自身のことを 言っていたんですね! 路地裏で忘れ去られるというのは まさに自分たちの音楽が聞かれなくなる ということ。 そんな状況の中でもう一歩踏み出すことを 「自分らしさ」と言っています。 『空の旅路』ではバンド自身のこと も歌われているんだね〜 続いて後半部分では 自分らしさの象徴である「風」 が出てきます。 「自分らしさ」は生きる上で向かい風になること も追い風になることもあるけど その 「自分らしさ」にどう向き合っていくか 決めるのは自分次第だと言っています。 この場面で「自分らしさ」を出すと 「自分らしさ」は向かい風となりそうですよね。 だからといってマニュアル通りに生きる必要は ないから 自分らしく生きていこうと言ってます。 3番歌詞について 続いてflumpoool『空の旅路』の 3番の歌詞について見ていきます。 いよいよラストの部分です。 3番Cメロ 変わりゆく景色 速度上げ 戻れない場所が増えてくだけ 歳を重ねるほど時間の経過を 早く感じるものですよね。 戻ることのできない過去が増えていくというから うだうだしてたらもったいないということを 言っていると解釈しました。 ラストサビ 今日だって 風に吹かれながら進む 行先(あす)を刻みつけるように 人混みに染まりそうな 僕をいなすように 舞い降りた綿毛が光り 胸の奥 根を張ってゆくよ 頼りなく まだ心細く でも真っ直ぐに 勇ましく空に 咲き誇るよ 風を受けて 笑っているよ ラストサビでも 自分らしさの象徴である「風」が出てきます。 サビ頭の「風に吹かれながら進む」とは つまり 自分らしく生きるということですね。 ラストサビでは 目的を持って生きられるように 周りに染まりそうな自分を追い払うように 自分らしく生きていくということです。 後半部分では 在るべき生き方の象徴である 「綿毛」も出てきます。 ラストサビでは「綿毛」が自分らしさという 「風」に吹かれながら進んでいき胸の奥に根を はってゆくとあります。 自分らしく生きようとしていくと 自分の胸の奥にたどり着いたということですね。 まだしっかりとしたものではないけど 堂々と自分らしく生きようとしています。 自分らしく生きられることで充実感が得られる ということが伝わってきますね。

次の

flumpool つながり

歌詞 flumpool

ドラマ 『知らなくていいコト』のエンディング主題歌を 「flumpool(フランプール)」が担当!楽曲は 「素晴らしき嘘」に決定しました。 OPテーマ曲サウンドトラックを担当した「平野義久」さんの情報はこちらから! 吉高由里子主演『知らなくていいコト』は、週刊誌編集部というフィールドで、現代の社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、主人公・真壁ケイト(吉高由里子)が記者としてばかりか、人間として成長していく様子を1話完結で描くお仕事系ヒューマンドラマ。 育ててくれたシングルマザーが急死し、最期に声を掛けたのは父の名前、それは有名ハリウッドスター!?それらしい証拠も登場し、自身の出生の難問や父の秘密など、人生で一番大きな『知らなくていいコト』に直面する。 今回は、ドラマ 『知らなくていいコト』の 主題歌に決定した「flumpool 」の新曲『素晴らしき嘘』の歌詞や発売日情報、ネット上の反応など「flumpool」さんの過去の音楽についても探っていきます。 ネット住民 主題歌書き下ろしってことはドラマのタイトルと絡んでたりするのかな。 知らなくていいコトと素晴らしき嘘。 繋がっていなそうでなんだか繋がっていなそうなタイトルたち。 T-T どんな未来にも愛はあるの時感じた気持ちが、また蘇ってきたかも。 山村隆太(1985年1月生まれ、大阪府松原市出身)ボーカル・ギター担当。 阪井一生(1985年2月生まれ、大阪府松原市出身)ギター・コーラス担当。 サブリーダー。 尼川元気(1984年11月生まれ、大阪府松原市出身)ベース・コーラス担当。 小倉誠司(1984年2月生まれ、兵庫県西脇市出身)ドラム担当。 最年長、リーダー。 「flumpool」さんは、2002年、幼稚園からの幼馴染みの山村、阪井、尼川の3人で、前身となるアコースティックギター弾き語りユニット「309」を結成、その後に「cube」と改名。 2007年1月13日、現flumpoolへ改名してから、知人の紹介によって出会ったドラムの小倉が加入し、大阪府内の路上やライブハウスを主体とした音楽活動を進展させる。 2009年2月、初のCDシングル「星に願いを」を発売し、初登場2位を記録。 この年に 『第60回NHK紅白歌合戦』に初出場して「星に願いを」を披露する。 翌年2010年、『第61回NHK紅白歌合戦』に2年連続2回目の出場を果たし「君に届け」を披露した。 2013年、阪井がダイエットを本気で取り組むため、しばらくビジュアル面での活動を休止するかわりにサポートメンバーとして、井上裕介(NON STYLE)を採用することを発表する。 2017年12月、ボーカル・山村が医師の診断で、機能性発声障害を患っていたことを打ち明け治療に専念するため、一時活動休止した。 2019年バンド結成日にあたる1月13日、地元大阪から原点に戻ってストリートライブをやりたいという思いで、大阪・天王寺公園からゲリラライブを実行しバンド活動を再開する。 flumpool 主題歌・挿入歌・タイアップ曲は?• 『ブラッディ・マンデイ』主題歌「Over the rain 〜ひかりの橋〜」 TBS 2008年• 『MW -ムウ-』主題歌「MW 〜Dear Mr. ピカレスク〜」 映画 2009年• 『ブラッディ・マンデイ Season2』主題歌「残像」 TBS 2010年• 『君に届け』主題歌「君に届け」 映画 2010年• 『レジデント〜5人の研修医』主題歌「Answer」 TBS 2012年• 『亜人』第1クール、OP主題歌「夜は眠れるかい?」 アニメ 2016年• 『サクラダリセット』主題歌「ラストコール」 映画 2017年• 『知らなくていいコト』主題歌「素晴らしき嘘」 日本テレビ 2020年 flumpool「Answer」Music Video.

次の