らっきょう の 植え 方。 らっきょうの家庭菜園での栽培方法,(ラッキョウの利用方法)

ラッキョウの育て方|howto情報

らっきょう の 植え 方

らっきょうの栽培方法とは?7つの育て方のコツと注意点 1)らっきょうの紹介 (1)らっきょうとは らっきょうはユリ科の野菜で、和名を「おおにら」といいます。 やせ地でも十分に育つ大変丈夫な野菜のため、砂丘や開墾地などでも栽培されています。 育ち方は玉ねぎと同じで、地下の茎が大きくなり育ちます。 日本へは平安時代に中国から伝わったとされています。 この唐音から転訛して「らっきょう」となったと言われています。 (5)育てる難易度・耐寒性 難易度:初心者~中級者向け 耐寒性:普通 (6)期待できる効果・効能 整腸作用・循環器系の機能の正常化・腹痛や下痢・生理痛・保温作用・抗がん作用・動脈硬化予防・骨粗しょう症予防 2)種類はあるの?らっきょうの5つの種類と特徴 (1)らくだ らっきょうの代表的な品種で、早生品種で各地で栽培されています。 玉が大きく、ピリッとした辛みとパリパリとした歯ごたえが特徴です。 (2)八房 らくだと玉らっきょうの中間の型で、全国各地に散在しています。 収穫量は少ないです。 (3)島らっきょう 主に沖縄で栽培されている品種です。 一般的ならっきょうよりも小型で細く、ねぎに似た強い辛みが特徴です。 (4)玉らっきょう 台湾から導入された品種で、らくだの次に市場に出回っている中生品種です。 らくだに比べると玉が小さくて、丸い形をしています。 また色白でにおいが少ないのも特徴です。 綺麗な花を咲かせるため、「花らっきょう」という別名でも呼ばれます。 (5)エシャロット らっきょうを軟白栽培して若採りした品種です。 風味がマイルドなので、生のままでも食べられます。 本来は「エシャレット」という名前ですが、現在では「エシャロット」という名前で出回っています。 3)先ずはグッズの準備を!栽培するのに必要な5つのグッズ (1)グッズの名称 用土・肥料・プランター プランター栽培の場合 ・シャベル・ジョウロ (2)選ぶ基準 プランター栽培の場合には、深さが15cm以上あるプランターを用意します。 4)正しいな栽培手順を!らっきょうの5つの栽培ステップ (1)ステップ1:植え付け時期 植え付けの適期は8月下旬~9月中旬頃です。 植えつけの2週間前までに、1㎡当たり150g~200gの苦土石灰を散布してよく耕しておきます。 また、植え付け1週間前までには、畝の全面に1㎡当たり堆肥2kgと、粒状肥料の「マイガーデンベジフル」を、1㎡当たり120gを散布して、土に混ぜ込んでよく耕しましょう。 1条植えの場合には、幅60cm、2条植えでは幅80cmの畝を立てて、表面を平らにならしておきます。 (2)ステップ2:植え付け 20cm間隔で球根2球ずつを、球根の先端がわずかに見える程度の浅植えにします。 2条植えの場合には、条間を40cm間隔にします。 植え付けを行ったら、水をたっぷりと与えましょう。 (3)ステップ3:追肥・土寄せ 植えつけから2ヵ月経ったら、株元へ軽く土寄せして、液体肥料 500倍に薄めた「花工場原液」か「ベジフル液肥」がおすすめ を水代わりに与えます。 その後は週に1回の割合で、2~3回追肥を行います。 また3月上~中旬には1回、粒状肥料「マイガーデンベジフル」を、1㎡当たり120gを株のまわりにばらまいて追肥します。 (4)ステップ4: 収穫 収穫は基本、植え付けの翌年に行います。 らっきょうは夏になると休眠のため葉が枯れるので、6月~7月頃に地上部が枯れてきたら掘り出して収穫しましょう。 また、エシャロットとして収穫する場合には、3月~4月頃に若どりをします。 (5)プランター栽培の場合 プランター栽培でも、植え付けの適期は地植えと同様です。 鉢底ネットを敷いたら、底が見えなくなる程度に鉢底石を入れ、培養土を入れて表面を平らにならします。 次に株間を10cmとして、直径5cm程度の植え穴を5カ所あけます。 球根を1球ずつに分けたら、尖った方を上にして2球ずつまとめて置き、頭が少し見えるように土をかぶせます。 植え付け後にはたっぷりと水を与えましょう。 その後は植え付けの1ヵ月後~12ヵ月まで、1ヵ月に1回の割合で化成肥料10gをコンテナ全体にまきます。 3月上中旬には、化成肥料10gをさらに1回まき、株元に土寄せします。 その後は地植えと同じように行います。 5)要チェック!効果的に栽培する7つのコツ (1)土の種類・鉢植え らっきょうはどんな土地でも育ちますが、水はけの良い用土を好みます。 (2)植え付け方 地植えの場合とプランター栽培の場合には、肥料のグラム数が大きく変わってきますので、植え付けの前にはよく確認しましょう。 (3)剪定・日常の手入れ 特別な手入れは必要ありません。 害虫がついていないか、元気に成長しているか観察を小まめに行いましょう。 また、トウが立ったら花茎を摘みましょう。 (4)肥料・水やり 乾燥には強いですが、あまり乾燥が続くようであればしっかりと水やりを行いましょう。 (5)季節ごとの手入れ らっきょうは冬の寒さには強いため、葉は枯れても根がしっかりと深く張っていれば株が枯れることはありません。 ただし強風が吹く場所の場合は、風よけを行いましょう。 (6)日当たり・置き場所 日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも育ちます。 (7)虫対策・健康的に育てるコツ らっきょうは、害虫や殺菌対策、また化学肥料や除草剤に弱いので使用は避けましょう。 万一害虫を発見した際には、手間はかかりますが薬は使わずに手で取り除きましょう。 6)らっきょうの収穫後の効果的な食べ方・活用方法とは? (1)1日の摂取の目安量 らっきょうの一日の摂取目安量は、5粒までです。 (2)食事の注意点 食べ方には特別な注意点はありませんが、食べ過ぎると胃に負担がかかりますので摂取量には注意しましょう。 (3)食事・その他効果的な活用方法 らっきょうは主に生で食べるのが最も体内や肌への効果が得られます。 また、甘酢漬けなどの汁は、カレーの隠し味などで活用することが出来ます。 7)注意!保存する場合の2つのポイント (1)生らっきょうの保存 土付きのままで、新聞紙にくるんで冷蔵庫の野菜室で保存します。 常温で保存すると生長が促進され芽が伸びてきてしまいます。 (2)たくさんらっきょうを作ったら 例えば1年分ほどらっきょうを作った場合には、すぐに1ヶ月分だけを常温保存にして、後は冷蔵庫で保管しておきます。 また、漬けものは空気に長い時間触れると雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。 そのため、フタをあける回数はできるだけ少ないほうがいいでしょう。 8)ここがオススメ!らっきょうを栽培する魅力とは? らっきょうは食べれば様々な体に良い効果が得られます。 また、漬物として作るためきちんと保存すればかなりの期間長持ちします。 栽培の際には他の植物のように細かく気を遣う必要もありませんので、初心者でも育てやすくおすすめです。 自分の家のオリジナルのらっきょうを作って楽しめます。 今回のまとめ 1)らっきょうの紹介 2)種類はあるの?らっきょうの5つの種類と特徴 3)先ずはグッズの準備を!栽培するのに必要なグッズとは 4)正しいな栽培手順を!らっきょうの5つの栽培ステップ 5)要チェック!効果的に栽培する7つのコツ 6)らっきょうの収穫後の効果的な食べ方・活用方法とは? 7)注意!保存する場合のポイントとは 8)ここがオススメ!らっきょうを栽培する魅力とは?.

次の

【らっきょうの漬け方】 甘酢漬けと塩漬けレシピ

らっきょう の 植え 方

かんたん漬け• 根と茎を切る。 (切ってすぐ調理しないと、両方の切り口から芽が出てくる。 ザルに入れて、流水で軟らかくもみこむように洗う。 (洗う間に薄皮がはがれ落ちきれいになる。 1kgのらっきょうをよく洗い、ひとつかみの塩 約20g をまぶす。 さっと水洗いをして、塩を流す。 4をザルにあけしっかり水切りをする。 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら5のらっきょうをザルごと入れ10秒間浸す。 6をあげ、一気に湯切りして冷ます。 7を煮沸殺菌した容器に入れ、らっきょう酢をらっきょうがよく浸るまで入れる。 らっきょう酢につけて10日頃からでも召し上がれますが、約1ヶ月頃からおいしくなります。 冷蔵庫、もしくは冷暗所で保存してください。 本漬け• 根と茎を切る。 (切ってすぐ調理しないと、両方の切り口から芽が出てくる。 ザルに入れて、流水で軟らかくもみこむように洗う。 (洗う間に薄皮がはがれ落ちきれいになる。 らっきょうをよく洗い、水700mlに塩150gをよく溶かし、1kgのらっきょうを漬ける。 約2週間後、冷暗所に置く。 途中、上下を混ぜる(最初柔らかくなりますが、日数がたてば硬くなります。 塩漬けらっきょうを一昼夜流水にさらし、少し塩分が残るくらいに塩抜きをする。 (軽くかんで確認する。 5をザルにあけ、しっかり水切りをする。 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら6のらっきょうをザルごと入れ10秒間浸す。 7をザルにあけ、一気に湯切りして冷ます。 8を煮沸殺菌した容器に入れ、らっきょう酢をらっきょうがよく浸るまで入れる。 らっきょう酢につけて10日頃からでも召し上がれますが、約1ヶ月頃からおいしくなります。 冷蔵庫、もしくは冷暗所で保存してください。 調味液の作り方• 水に砂糖を加える。 (お好みによりハチミツを加えても可)• 1をひと煮立ちさせる。 冷えてから食酢を加え、小口切りにしたトウガラシを入れる。 手づくり調味液(らっきょう酢)完成! 尚、砂糖、食酢の量は好みにより加減し、味を整えて下さい。 漬け方Q&A 店で売っているらっきょうに「洗い」と「根付き」とありますが、違いは? 「洗い」は、茎と根を切り落として塩水で芽止め処理をしたもので、すぐに漬け込みができるようにしてあります。 塩らっきょうではありません。 「根付き」は葉を切り落としただけのものです。 好みにより茎と根を切り落として漬け込んでください。 らっきょうはどのように保管したらよいですか? お買い求めになられた「洗い」、「根付き」らっきょうは両方とも生きています。 お買い求めになられたらすぐに調理してください。 その日のうちに調理されないときは必ず冷蔵庫で保管してください。 生きていますので芽 芯 が伸びますが、これを切り落として漬け込んでください。 漬けたあとらっきょうが軟らかくなるのはなぜですか? らっきょうがまだ熟していないものをつけると、軟らかくなってしまいます。 らっきょうの繊維質、細胞が未だ固くなっていないからです。 漬け込まれたら早めに食べてください。 鳥取の砂丘らっきょうは、適熟となる5月下旬から収穫しています。 らっきょうを漬けた液が白く濁ってしまいました。 なぜですか? 容器の中で雑菌が繁殖したためです。 こうならないよう、使用する容器もふたも熱湯で充分殺菌してください。 漬けたらっきょうが茶色くなってしまいました。 なぜですか? 調理用の砂糖、ザラメ等の砂糖を使うと茶色になりやすいです。 純度の高い氷砂糖を使ってください。 らっきょうを漬ける前に熱湯に漬けるのはなぜですか? らっきょうの殺菌、水洗い、歯ざわりを良くするためのものです。 らっきょうを10秒間熱湯に漬けてください。 らっきょうをザルに移して湯を切り冷ましてください。 熱湯をかけただけでは、らっきょう全体へ均一に温度が行きわたりません。 使用する酢はどういう酢がよいですか? 純米酢、醸造酢が適しています。 黒酢も適しています。 調味液に蜂蜜を入れたいのですが? 砂糖とのバランスを考えて、好みにより適量入れてください。 蜂蜜だけではらっきょうへの充分な甘味は加わりません。 残った漬け汁の利用方法は? サラダ用ドレッシングとして、またそのまま少しずつ飲まれてもよいです。 カブ、ミョウガ等水分の少ない野菜を漬けて浅漬けでどうぞ。 本漬けの場合、2週間塩漬けにするのはなぜですか? 2週間で乳酸発酵します。 独特の臭いが発生しますが、途中で止めないでください。 白く濁ることがありますが心配ありません。 乳酸発酵により旨味が増します。 本漬けの塩漬けのあと塩分の抜き加減は? 塩分を抜くときは、流水で上下をよく混ぜて、ホースを容器の底に届くまで入れて、均等にらっきょうの塩分が抜けるようにしてください。 らっきょうを噛んでみて、中心部に少し塩味が残るくらいがよいです。 漬けたらっきょうを長期保存したいのですが? 漬けたらっきょうは、できるだけ涼しいところに保管してください。 鳥取砂丘らっきょうは、6月上旬から中旬のものを漬けて頂きますとらっきょうが適度に熟していますので、長期保存ができます。 関連商品• おすすめコンテンツ•

次の

らっきょうの栽培方法とは?7つの育て方のコツと注意点

らっきょう の 植え 方

らっきょうの育成条件• 日当たり:日当たりを好みます• 土壌酸度:中性• 植えつけ:株間15㎝前後• 栽培期間:8月下旬~9月上旬植え付け~翌年6月~7月が収穫。 (エシャレットは3~4月に収穫。 翌々年に収穫することも可能) らっきょうの定植適期 【ラッキョウの種】 8月の下旬~9月の上旬の天気の良い日に定植です。 タネ球を1つ1つ分割して、尖った方(芽です)を上にして植えつけます。 ラッキョウのタネ球は8月になると販売され始めます。 ホームセンターや直売所で販売されます。 表面に傷がないタネ球を選びましょう。 タネ球は1個6~7gが目安です。 らっきょう栽培の土作り 【朝日工業 ハイパワーたい肥】 らっきょうはやせ地でも育つ野菜であり、 元肥は控えめに考えてください。 追肥(土寄せのタイミング)で調整できるので、植え付け前は気にしないでください。 目安としては 1㎡あたり2㎏の堆肥と化成肥料40gを施しましょう。 砂地のようなやせ地でも育つ野菜で、小粒で身がしまった収穫になります。 肥沃な土地では大粒で数の多い収穫になります。 どちらが好みかで、育て方を決めるのも家庭菜園の楽しみです。 植え付けの3週間前に堆肥を入れて、 2週間前には苦土石灰を入れて馴染ませておきましょう。 土壌の準備ができたら畝を作りましょう。 畝幅40㎝高さ15㎝を目安にします。 植え付けは株間15㎝で植え付けの深さは5~6㎝とします。 浅植えにすると乾燥してネダニの発生が増えてしまい、深植えにすると収穫量が低下してしまいます。 スポンサーリンク 定植のポイント 土壌はやせ地でも育つ野菜ですが、 水はけのよい土地を好みます。 また、風通しの良い土地の方が育ちも良く風味も増す野菜です。 8月下旬~9月上旬に株間15㎝で植えつけていきます。 5~6㎝の深さの穴を掘っていきます。 浅植え(3㎝位)にすると丸いらっきょうが育ちます。 1つの穴にタネ球を2個づつ、 尖った方(芽)を上に置いていきます。 らっきょうは株が分かれて育ちます。 やはり株間を15㎝は確保しましょう。 真夏は地上部が枯れて休眠する特性があります。 涼しくなると葉茎を伸ばして成長を始めます。 らっきょうの収穫を整理すると、 翌年の6~7月と翌々年の6~7月に収穫することができます。 らっきょうは連作障害の出にくい野菜になります。 同じ畑で栽培ができます。 らっきょうの栽培管理 発芽したら1回目の土寄せを行います。 冬越しをさせる野菜なので、敷き藁を行って寒さや乾燥対策をしましょう。 翌年の4~5月に追肥を施して球の肥大と生育をさせます。 また、根が伸びるとらっきょうが地面に押し出されることがあります。 特に浅植えにすると注意が必要です。 球根が押し出されて日光を浴びると緑色に変色してしまいます。 2回目の土寄をして白い「らっきょう」を育てましょう。 次年度(2年目)に収穫をする場合は夏に葉が枯れます。 気にせずそのまま放置します。 秋になると葉茎が伸びてきますので、このタイミングで追肥を行います。 水はけのよい土地を選んで植え付けを行います。 地面が乾燥したらたっぷりと水やりを行いましょう。 らっきょうのプランター栽培を行ってみませんか? 水はけのよい土「 川砂と腐葉土」を等量混ぜて土壌を作ります。 浅植えにして、土寄せの際には増し土をします。 少々大きめのプランターを用意する必要がありますが、露地栽培より病害虫対策も容易に行えます。 紫色の小さな花が咲いて茎も細いので可愛らしさもあります。 夏場は葉茎も枯れてしまうので 1年で収穫してもよいですね。 スポンサーリンク 病害虫について 軟腐病(なんぷびょう) ウイルスによる病気で アブラムシやアザミウマが媒介します。 葉・茎部分にモザイク状に広がっていく病気です。 ウイルス性の病気のため、感染すると治療法がありません。 発生期間は3~11月とほぼ育成の季節全期間に渡ります。 モザイク病に感染したアブラムシが、ウイルスを体内に取り入れて、別の株にうつしていきます。 アブラムシに限らず、人間が感染を媒介することがあります。 作業によって、感染株から未感染の株にうつしてしまいます。 収穫時に使用したハサミや人間の手が感染経路になります。 アブラムシの除去に薬剤散布「 ガーデントップ」の使用も有効です。 らっきょうの収穫時期 収穫時期は翌年の6~7月と翌々年の6~7月の普通収穫があります。 翌年の収穫は、地上部の葉茎が枯れたら収穫します。 一つのタネ球で8~12個収穫できます。 翌々年の収穫も地上部の葉茎が枯れたら収穫します。 一つのタネ球から実の締まった小粒のらっきょうが20~30個収穫できます。 エシャレットの収穫 次に エシャレットの収穫についてです。 若採りのらっきょうをエシャレットと呼びます。 時期は葉が青いうちの3~4月に収穫します。 らっきょうに比べて香りやクセが少ないです。 収穫後は、球を解さずに土 の付いた状態で2~3日の間日陰で干します。 その後水洗いして食べましょう。 らっきょうは茎や根を切り落としても成長を続ける野菜です。 干した後は速やかに調理してしまいましょう。 実の水分が使われてカスカスになります。 おわりに らっきょうの育て方について、 タネ球の選び方から収穫までご説明しましたがいかがでしたか? 収穫するタイミング「翌年か翌々年」で大きさや数量・実の締まり方等、 生育に違いが出るので面白い野菜です。 毎年、畝2つ分にタネ球を植えて、片方は翌年収穫。 もう片方は翌々年収穫にしても面白いですね。 早採りのエシャレットもクセが少なく食べやすい食材です。 小さいうちに収穫してしまうので少々もったいない気もします。 畑の面積が少なく足かけ2年間も占有してしまうので栽培はできないかな?と思われるようでしたら「 プランター栽培」はいかがでしょうか? らっきょうに限らず、ニンニクなどもプランター栽培が可能な野菜があります。 以前にアブラムシ対策に寒冷紗ネットの下で育ててみました。 露地栽培より収穫量は寂しくなりますが、空いた場所で栽培できるので面白いです。 タネ球1~2個の収穫量が半端でありません。 翌年収穫で8~12個。 翌々年収穫で20~30個です。 甘酢漬けの作り甲斐がありますね。 ぜひ「らっきょう」の家庭菜園にチャレンジして、美味しい「らっきょうの甘酢漬け」を作ってくださいね。 春に咲く花も、控えめな紫の花で見ていて飽きませんよ。

次の