初代 ジュノン ボーイ。 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト歴代グランプリ一覧

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト

初代 ジュノン ボーイ

ちなみにサイトの利用料は月額324円 税込 です。 前回のベスト30を紹介する記事に引き続き、「ベスト15は気になるけど・・・」、「月額324円ってそんなに高い金額ではないけど・・・」、 「正直お金払ってまで早く知りたい情報ではない」という方のために• ベスト15の敗者復活者• ベスト15のメンバーは誰なのか を調査して、まとめた記事を書いてみました。 9月21日発売の雑誌「JUNON」11月号 で行われます。 公式サイトでの発表は、正確にはいつになるか分かりませんが、過去のベスト50やベスト30の発表日からして、雑誌発売の2~3日前です。 9月18日か19日頃には公式サイトで発表されるかと予想されます。 ベスト10のファイナリスト決定戦期間は9月21日 土 ~9月30日 月 になります 今回も私が調査したベスト15は、有料サイトの情報ではありません。 敗者復活者は、ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト公式サイトを確認しましたが、9月9日12時過ぎてもまだ情報は載ってませんでした。 牧野友太郎さん• 渡邉多緒さん• 永井聖士さん• 金山遼さん• 橋詰昌慧さん• 池田尚輝さん• 松田二羽士さん• 泉紀行さん• 藤田駿介さん• 金田昇さん• 桒山世成さん• 石橋和磨さん• 及川勝成さん• 高木裕也さん• シナモン 上記の15人とシナモンの計16人がベスト15として残ってます。 シナモン、一体どこまで勝ち進むのか・・・、グランプリとは別にちょっと気になります。

次の

歴代ジャニーズグループ一覧

初代 ジュノン ボーイ

時代劇の中でもっともポピュラーな作品といえばTBS系列の「水戸黄門」。 長寿番組だけあって助さん、格さんも結構代替わりをしています。 そこで、改めて歴代俳優さんを一覧にして振り返ってみたいと思います。 スポンサードリンク 歴代助さん役を一覧にしてみた まずは「助さん」からいってみましょう! 初代:杉良太郎さん(第一部〜第二部) 時代劇だけではなく大河ドラマや刑事ドラマに数多く出演されています。 初代助さんを演じたのは「助さん」という響きが良かったからというエピソードが。 現在では数多くのボランティアやハワイ州ホノルル市名誉市長、紫綬褒章受章、文化功労章を受章されています。 助さんといえば女好き(助べえ)というイメージを視聴者に植え付けたのがまさに杉良太郎の演技。 カッコいいし強い助さんに助けられたら、女性はふらふらっと行ってしまいますよね。 二代目:里見浩太朗さん(第三部〜第十七部) 初代助さん役の杉良太郎さんからバトンタッチされてから 16年間も助さんを演じてこられました。 1970年代から時代劇ドラマに数多く出演され続けていますが、「リーガルハイ」の服部役では渋くてちょっと謎めいた紳士役がハマっていましたね。 クイズ番組「くりぃむクイズ ミラクル9」では時々出演されていてクイズに挑戦しています。 杉良太郎さんの演じた助さんよりもちょっと真面目な印象になったのが里見浩太朗さんが演じた助さんと感じる人も多いかもしれません。 三代目:あおい輝彦さん(第十八部〜第二十八部) なんと元ジャニーズ! その後は劇団四季で研修生になり紆余曲折がありその後も事務所が変わり現在に至ります。 里見浩太朗さんからバトンタッチされてから、 12年間も助さん役を演じてこられました。 時代劇から刑事ドラマまで色んな役を演じてこられています。 私が見ていた水戸黄門ではだんとつで助さんはあおい輝彦さんでした。 女好きなんだけどちょっとシャイ。 おまけに美形なのに剣術の達人! もう、カッコいいし強いしで見るたびにうっとりしてしまいます。 四代目:岸本祐二さん(第二十九部〜第三十一部) 映画ではどちらかというとVシネマに多く出演している印象ですが、テレビドラマでは刑事ドラマが多いようです。 沖縄出身というだけあって、顔立ちがしっかりしているイケメンです。 岸本さんが演じる助さんは、硬派な感じで新鮮です。 五代目:原田龍二さん(第三十二部〜第四十一部) 気付けば旅番組で多く見るようになりましたね。 元ジュノンボーイだけあって爽やかです。 なので原田さんが演じる助さんは爽やかな感じで、「現代版助さん」といった印象です。 六代目:東幹久さん(第四十二部〜第四十三部) 私の中でまさか東幹久さんが助さんを演じるとは思ってもいなかったので、一番驚いた配役でした。 トレンディードラマやサスペンス系で欠かせない脇役を見事に演じこなしている東さん。 だからこそ助さんに選ばれるとは思ってもいませんでしたが、六代目格さんの的場浩二さんとタッグを組む事でバランスの取れた助さん格さんとも言えるでしょう。 七代目:財木琢磨さん(BS-TBS版) 第25回ジュノンボーイコンテストでフォトジェニック賞を受賞。 2014年からミュージカル「テニスの王子様」で8代目・手塚国光役今人気の2. 5次元アイドルです。 もう爽やかの一言につきます。 こんな爽やかな助さんとこれまた爽やかな格さんが並んだ姿を地上波でも観たかったです。 スポンサードリンク 歴代格さん役を一覧にしてみた 続いては「格さん」。 初代:横内正さん(第一部〜第二部) 横内正さんといえば、時代劇では欠かせない俳優さん。 二代目:大和田伸也さん(第三部〜第十七部) 時代劇からサスペンス、トレンディードラマと幅広く演じていますが、私の一番の驚きは年末恒例のダウンタウンの番組に出演した事! 大和田伸也さんといえばやはりあの渋い声。 耳に心地いい渋い声だなと思ったら大和田伸也さんと分かり納得した事もあります。 そしてあの格さんの名台詞「こちらにおわすお方を何方と心得る!畏れ多くも前の副将軍、水戸光圀公に在らせられるぞ!」これを確立させたのは大和田伸也さんです。 初代から決まっていたセリフではなかったんですね。 三代目:伊吹吾郎さん(第十八部〜第二十八部) 伊吹吾郎さんの印象は物静かで真面目! テレビ番組ではその印象通りの姿を幾度となく見せています。 伊吹さんの演じた格さんは「実直・真面目・堅物」で、見ていて安心な格さんでした。 伊吹さんは格さんを 17年間も務められています。 四代目:山田純大さん(第二十九部〜第三十一部) 初代助さんを演じた杉良太郎さんの長男でスラッとした長身に爽やかなお顔立ち。 親子で同じ番組に出演するなんてスゴイことです。 刑事ドラマから時代劇まで幅広い作品に出演されています。 私の中の格さんのイメージがちょっと柔らかくなったのが、山田純大さんです。 硬派という面はぶれてはいませんが、先代の伊吹さんと比べると物腰が少々柔らかくなりましたね。 水戸黄門で共演した女優さんと結婚し、現在では一児のパパです! 五代目:合田雅吏さん(第三十二部〜第四十一部) 元メンズノンノのモデル。 また「超力戦隊オーレンジャー」でオーブルー役で俳優としてデビューしました。 数々のドラマやクイズ番組などに出演。 私の中ではかなり新鮮な格さんでした。 正直、助さんでもありだと思うぐらいのスマートな仕草で尚且つ強いという。 六代目:的場浩司さん(第四十二部〜第四十三部) 的場浩司さんが格さんを演じると知った時、フェイクニュースかと思いました(笑)格さんって正義の味方じゃなかったっけ?と一瞬思ってしまった人は少なくないハズ! 俳優デビューした頃はいわゆるヤンチャ役が多かったですが、次第に刑事ドラマ、ミステリードラマ、バラエティ番組と幅広く活躍。 スイーツ好きで虫が大嫌いという繊細な面が可愛らしいですね。 七代目:荒井敦史さん(BS-TBS版) 俳優集団「D-BOYS」のメンバー。 第21回ジュノンボーイコンテストでビデオジェニック賞を受賞。 映画「悪の教典」、ドラマ「GTO」、舞台「里見八犬伝」などに出演。 地上波での水戸黄門ではなかったので、放送を見ていない人もいるかと思いますが、すごく若いんです。 23歳ぐらいの時に格さんを演じています。 まとめ 水戸黄門様の脇を固める助さんと格さんは黄門様役と同じぐらいに重要。 3代目ぐらいまでは助さんも格さんも時代劇の王道!といった俳優さんが演じていますが4代目ぐらいから時代に合ったスタイルの俳優さんが演じるようになったと感じました。 助さん=細身で女性に優しい 格さんい=がっしりした体型で真面目 という私の中のイメージ像が割と緩やかに崩れてきました(笑)若い人が見ても身構える事無く楽しめる時代劇になったんだと思います。 きっと、長い歴史の中で少しずつその時の時代に合わせてきたからこそ長寿番組に成長したんでしょうね。 参考: 関連記事 スポンサードリンク.

次の

野田理人

初代 ジュノン ボーイ

解説 [ ] 参加資格は、13歳から22歳の芸能事務所等に所属していない男性。 JUNON公式携帯サイト「PLATINUM JUNON」にて、2次審査不合格者の中から敗者復活の人気投票も行われる。 最終審査は、観客や過去の受賞者などの芸能人ゲスト、芸能プロダクションなどを迎え大々的に行われる。 観客の中には審査の段階でファンになった女性たちもおり、黄色い歓声が聞こえる中で候補者たちは特技披露をし自己アピールをする。 賞は「グランプリ」・「準グランプリ」・「フォトジェニック(読者投票1位)」・「審査員特別賞」。 受賞者のほとんどはと契約しデビューする。 近年、特にグランプリ受賞者には多くのプロダクションからオファーがあり、第19回グランプリのには40社から、第21回グランプリのには36社からのオファーがあった。 このコンテストのファイナリスト以上の俳優は「 ジュノンボーイ」と呼ばれることがある。 これまでこのコンテストから多くの現在活躍している俳優が輩出されている。 またグランプリのを始めとして、この年の受賞者などから4人グループが結成され歌手デビューしている。 現在のもに審査員特別賞を受賞している。 また、出身者の多くがやといった特撮ヒーロー番組に出演している。 2004年から2006年まで志望の「ロックボーイ」部門が設立されていた。 参加資格は15歳から23歳(中学生不可)の芸能事務所、レコード会社に所属していない男性。 審査員長は。 第22回のコンテストから公式携帯サイトからの投票による敗者復活制度が導入され、第30回グランプリの綱啓永は史上初となる敗者復活からのグランプリ獲得となった。 「」賞• 「近江兄弟社」賞• 「阿修羅」賞• 「バップ」賞• 「黒騎士と白の魔王」賞• 「サムライボーイ」賞• ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ [ ] 詳細は「」を参照 2015年、音楽ユニット「 ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」が始動。 2014年と2015年の同コンテストでベスト100に入ったが、ファイナリストに選ばれなかった24人がメンバーに選ばれた。 2015年の第28回コンテストの最終選考会でお披露目となった。 その後第31回まで毎年、その年のベスト100から新メンバーが加わり、最終選考会でお披露目されている。 脚注 [ ]• - (2006. 17 12:40)• - (2014. 25 15:40)• 2006年12月4日. の2012年12月19日時点におけるアーカイブ。 2018年11月28日閲覧。 2007年11月19日. 2018年11月28日閲覧。 2010年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2011年11月27日. 2018年11月28日閲覧。 2012年11月25日. 2018年11月28日閲覧。 2013年11月24日. 2018年11月28日閲覧。 2014年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2015年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2016年11月27日. 2018年11月28日閲覧。 2017年11月26日. 2018年11月28日閲覧。 2018年11月25日. 2018年11月28日閲覧。 2015年11月24日. 2015年11月24日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の