渋谷 アダルト グッズ。 SMルーム・SM設備が充実しているラブホテル一覧・関東編「45店舗掲載・東京/神奈川/千葉/埼玉/群馬/栃木」

店舗情報/ワイルドワン渋谷本店 / SEX TOYS WILDONE 大人のおもちゃとアダルトグッズの通販・専門店

渋谷 アダルト グッズ

渋谷のMEGAドンキホーテがついにオープン!! 渋谷の メガドンキホーテがようやくオープンした。 開店した当日も夜まで待ちきれずに、会社の休み時間を利用して行ってみた。 オープン日って無性にわくわくするよね。 渋谷にはもともとドンキホーテがあったのだけれど、店内が微妙に狭くていつも混雑していた。 そのドンキがメガ進化して、文字通りメガドンキになったわけだけど、店内もかなり広くなっていた。 地下1階〜6階まであり、敷地面積は以前の店舗の3倍もあるらしい。 「MEGAドン・キホーテ」とはファミリー層をメインターゲットとし、食品や日用雑貨品などの生活必需品を強化した「生活密着型」の業態です。 そもそも メガドンキってなんだ?と思って調べてみたら上記のようなことらしい。 意味合い的にはイトーヨカドーとかイオンみたいな大型スーパー+ドンキってイメージかな? まあドンキはドンキだから入ってみると大した違いはないけどね!でもやっぱり新装開店ってテンションあがる。 以前の店舗だとレジも多くなかったので、会計で混雑していて買う気がなくなるときがあった。 メガドンキになってレジも多くなり、解消されているようでよかった。 店が大きくなって商品が増えたことよりも、道が広くなったここと、レジが多くなったことの方が、いつも利用している身としてはありがたい。 旧渋谷店の年商は約40億円で、渋谷本店の目標年商は100億円とした。 目標年商を達成するとドン・キホーテで売上No. 1の店舗となる。 ただ店舗が大きくなったわけじゃなくて、この移転にはかなり大きな期待があるようだ。 社員は胃が痛い思いだろうな… 一日目にして「LGBT用のトイレを設置した」と話題になっていたりもしたが、僕は行った後にこのニュースを知ったので、そのトイレを見ることはなかった。 ということでせっかく行ってきたので、各フロアを簡単に紹介してみる。 地下1階 (食品類) 地下1階は食品が中心に売られている。 今までの渋谷のドンキだと食品は少しだったけど、地下1階が丸々食品コーナーになっていた。 肉とか魚の生鮮食品も売っていて、これが「生活密着型」のメガドンキなのかと納得した。 おにぎりとかパンが安めに売っているのはありがたい!! 会社の近くに東急のデパ地下あるんだけど、ハンバーグ1個で1000円くらいするんだよ…安いのは正義!ありがてぇ… 1階 お土産、化粧品、イベントコーナー) 一回は化粧品やカラーコンタクト、それからお土産コーナーなんかもあって、 外国人観光客を狙い撃ちのフロアになっていた。 このお土産コーナーはメガドンキ入ってすぐ正面にある。 露骨に観光客を狙いに行くその姿勢がドンキホーテっぽくて好き。 案内板にイベントコーナーという表示もあって、このフロアのどこかでイベントも今後行われるようだ。 けっこうフロアに余裕ないように見えたけど、どこでやるのだろうか。 2階 お酒、食料品) 2階は食料品やお酒などのフロアなんだけど、お酒の種類が豊富だった。 焼酎、ワイン、日本酒、ビール…とそれぞれの銘柄も充実している。 こりゃ飲み会があるときの買い出しが楽でいいわ。 3階(化粧品、キャラクターグッズ、ペット用品) 4階(ブランド品、衣類品) (ポケモンの人形の中になぜかマリオがちょいちょい混ざる。 ドンキホーテらしい) 5階(大工用品、洗顔用品、アダルトグッズ) このメガドンキの真価が見られるのはこの5階。 このフロアには大工用品や洗顔用品もあるのですが、それよりもかなり力が入っているのが アダルトグッズ、そして特に TENGAだ。 なんとフルオープンで TENGAのコーナーがあるんですよ。 今まで僕がみたドンキホーテだと、隅っこの薄暗いカーテンの奥にしかなかったものが、日の目を浴びて大々的に売り出されているんですよ。 ここだけ壁も床も一面真っ赤で別世界に来た気分ですよ。 しかもレジ近くにあるという謎配置。 5Fをふらっと回っているとその真っ赤な異空間が必ず目に入るので驚くと思う。 急に出現するから確実に二度見する。 (ちなみにアダルトグッズコーナーもレジのすぐ近くにあります。 まじで謎の配置) 6階(電化製品、スマートフォン用品) (6階にはクーラーなどの大型家電もある) メガドンキを全フロア回ってみて 当たり前ですけど、ドンキホーテはドンキホーテであってそれ以上も以下もないと思う。 普通に行ったら「品揃えが多いなー」くらいの感想しか持てない。 新しい発見はTENGAのコーナーくらいだろう。 ただ冒頭でも軽く触れたようにいつも利用している身としては、レジ数やフロアの道の幅などが改善されているのでかなりうれしい。 あと食料品コーナーが拡大されたのが本当にありがたい。 渋谷って安い大型スーパーってないんですよね。 この店舗が目標としている売上を超えるのかどうかは知らないが、かなりの力の入れ具合というのは見て回るだけでもわかった。 (店員が尋常じゃないくらいの人数がいた) これから売上を伸ばすために、様々な施策がされ改善されていくと思うので、ちょいちょい行ってみてみたいと思う。 こういったスベリ気味なネタも徐々に改善されていくことだろう。 炊飯器に入れられているたかしくんの今後の活躍に大いに期待したい。 Twitterもやっています 都会から来た女の子がバスに乗ってたときの会話 「あの家かなり古いね」 「人住んでるのかな?」 「あそこまで行くと文化遺産だよね」 「網戸も開かなそうだよね」 「あっちもけっこうボロボロだねー!笑」 僕(やめてくれ、、、あれは俺の親戚の家だ、、、) — megaya megaya0403 その他のおすすめ記事 megaya0403.

次の

SMルーム・SM設備が充実しているラブホテル一覧・関東編「45店舗掲載・東京/神奈川/千葉/埼玉/群馬/栃木」

渋谷 アダルト グッズ

ページの目次• バイブバーとは? バイブバーは、お酒を飲みながら、実物のバイブを触ってチェックしてみたり、口コミなどを語り合うことをコンセプトとした 女性のためのバーです。 運営会社がアダルトグッズを取り扱う会社なので、購入前に現物を触れられる場として、バーという形をとってるんですね。 あくまで、バイブが置いてること以外は、通常のバーと同じなので、公序良俗に違反する行為は禁止されています。 バイブバーの入場規制 バイブバーが成人であれば誰でも入れるわけでないです。 コンセプトが女性のためのバーなので、男性への入場規制は非常に厳しいです。 渋谷にあるバイブバー「THE VIBE BAR WILD ONE」 東京にバイブバーは現在1店舗しかなく、それがこのワイルドワンです。 運営は、ワイルドワンというアダルトグッズの販売会社がしているそうです。 店内には350本のバイブが並び、入り口やトイレの内装もかなりコッています。 数年前に上京した時からそんなAVのような場所に憧れていた。 果たしてどんな場所なのか?その料金は…? 疑問も妄想も膨らむばかり… 私が知っていた情報といえば、 男性のみの入場はNG ということ。 入場が許されるのは、カップルもしくは、女性。 アダルトグッズに囲まれたお店に一緒に行ってくれる彼女なんていない…。 2年間、私は「バイブバーにいきたい」というモンモンとした気持ちを抱えながら生きていたのだった。 バイブバーにいくきっかけ 私がバイブバーに行くきっかけは突然だった。 それは、友人の女Mからの連絡から始まった。 Mから「彼氏とセックスレス」と相談を受けたのだ。 その流れでバイブバーに行くことに。 (どんな流れだ) Mから「一緒に行こうよ!」とLINEがきた時、 「なんと…」と 興奮で震えた。 ついに長年夢見たバイブバーに行ける!!! 渋谷駅からバイブバーまでの道のり Mとバイブバーにいく約束をした私は念入りに調査をすることにした。 調べた結果、 渋谷こそがその地。 潜入当日、入社以来、最短で仕事を終わらせた私。 同僚の「デート?」という冷やかしをうけながら颯爽と退社。 Mとの待ち合わせ場所である、渋谷駅マークシティ下に向かった。 待ち合わせ場所に到着。 「ついたよ」と連絡が入り私がキョロキョロすると女性が手をふってむかってきた。 やっぱり、かわいい。 思わずテンションがあがる私。 「緊張するね〜」といったテンプレートのやり取りをすまし、本題のバイブバーに向かう。 マークシティ下を道玄坂方面に抜け、バイブバーを探す。 パチンコ屋rakuenの裏にバイブバーは存在するという噂だが…。 細い道で少々戸惑う…。 少し迷っていると、賑やかなビルの前にバイブバーの看板はあった いざバイブバーへ潜入 入り口の案内に従い階段を登る。 途中、このビルの賑わいの理由がわかる。 1階は入口、2階はチアガールバー、3階はバイブバー。 なんと狂乱のビルなんだ…。 インターフォンを押して、お客の確認をしてからでないと開かないドア。 「男性のみの入店はNGのため、一緒にいる女性のお顔も拝見していいでしょうか?」 ここにきて急に、恥じらいをみせるM。 入り口から離れて、わたしの様子を見ていたのだ。 そのため店員さんからは男性客のみに見えたようだ。 Mとの2名であることを確認してもらい、 「カップルでの入店であれば問題ありません。 事前会計。 「正直高いな…」と思いつつ、Mの手前わたしがお金を出す。 入り口で靴を袋にいれて管理するように言われる。 入って驚いた。 まず、入り口が女性器を彷彿とさせる形状! バイブの世界、深きこと穴のごとし…。 カウンターテーブルの上には、これでもかと言わんばかりの バイブ! バイブ!! バイブ!!! パロディー物なんかもあったり (進撃の巨人かな?w) トイレまで芸が細かいな…。 そんな我々をよそに、席に案内される…。 バイブが間接照明に照らされるソファー席。 ココがおしゃれな場所だと錯覚しそうになる…。 ドリンクも小洒落たラインナップ。 異様な店内だが、中にいると意外とすぐに慣れてくる。 なので、バイブに囲まれながらのデートでどぎまぎしつつ、Mと雑談をする。 いきなり下ネタをぶっかますこともできず、休みの日は何をしているのか?などとりとめもない会話に終始した。 店内の明らかにいやらしいものを想起させるオブジェを横目に見つつ、箸にも棒にもかからない会話を繰り広げる。 一番盛り上がったのは、店内にあるブツの話。 店内のバイブは気になるものがあれば、手に取れる。 (もちろん使用は禁止) Mの気になるバイブを手に取ってみることにした。 Mはバイブよりも電マ派のようだ…。 しかしバイブバーでは、実際に使った時のエピソードなどで盛り上がる。 男性や外人と下ネタで打ち解けたことはあったが、女性としょっぱなから下ネタで打ち解けると言うのは初めての経験だ。 そんな話をしていると60分があっという間にすぎてしまった。 退店の案内はされないため、長くいることも可能であろう。 バイブバーを出た我々は道玄坂を登っていく。 確認するまでもなくMも、そのつもりであることを感じる。 自然とホテル街に向かう流れになった。 SNSでもしばし話題に上がる バイブバー。 なんとなく距離を縮めきれないあの子との距離を縮めたい、そんな人の最終手段にどうだろうか? この記事を読んでいるあなたも、 実際にバイブバーへ行ってあの独特な世界を是非体験してほしい。

次の

新宿のアダルトショップ全5店を徹底紹介!【2020年最新版】

渋谷 アダルト グッズ

渋谷のMEGAドンキホーテがついにオープン!! 渋谷の メガドンキホーテがようやくオープンした。 開店した当日も夜まで待ちきれずに、会社の休み時間を利用して行ってみた。 オープン日って無性にわくわくするよね。 渋谷にはもともとドンキホーテがあったのだけれど、店内が微妙に狭くていつも混雑していた。 そのドンキがメガ進化して、文字通りメガドンキになったわけだけど、店内もかなり広くなっていた。 地下1階〜6階まであり、敷地面積は以前の店舗の3倍もあるらしい。 「MEGAドン・キホーテ」とはファミリー層をメインターゲットとし、食品や日用雑貨品などの生活必需品を強化した「生活密着型」の業態です。 そもそも メガドンキってなんだ?と思って調べてみたら上記のようなことらしい。 意味合い的にはイトーヨカドーとかイオンみたいな大型スーパー+ドンキってイメージかな? まあドンキはドンキだから入ってみると大した違いはないけどね!でもやっぱり新装開店ってテンションあがる。 以前の店舗だとレジも多くなかったので、会計で混雑していて買う気がなくなるときがあった。 メガドンキになってレジも多くなり、解消されているようでよかった。 店が大きくなって商品が増えたことよりも、道が広くなったここと、レジが多くなったことの方が、いつも利用している身としてはありがたい。 旧渋谷店の年商は約40億円で、渋谷本店の目標年商は100億円とした。 目標年商を達成するとドン・キホーテで売上No. 1の店舗となる。 ただ店舗が大きくなったわけじゃなくて、この移転にはかなり大きな期待があるようだ。 社員は胃が痛い思いだろうな… 一日目にして「LGBT用のトイレを設置した」と話題になっていたりもしたが、僕は行った後にこのニュースを知ったので、そのトイレを見ることはなかった。 ということでせっかく行ってきたので、各フロアを簡単に紹介してみる。 地下1階 (食品類) 地下1階は食品が中心に売られている。 今までの渋谷のドンキだと食品は少しだったけど、地下1階が丸々食品コーナーになっていた。 肉とか魚の生鮮食品も売っていて、これが「生活密着型」のメガドンキなのかと納得した。 おにぎりとかパンが安めに売っているのはありがたい!! 会社の近くに東急のデパ地下あるんだけど、ハンバーグ1個で1000円くらいするんだよ…安いのは正義!ありがてぇ… 1階 お土産、化粧品、イベントコーナー) 一回は化粧品やカラーコンタクト、それからお土産コーナーなんかもあって、 外国人観光客を狙い撃ちのフロアになっていた。 このお土産コーナーはメガドンキ入ってすぐ正面にある。 露骨に観光客を狙いに行くその姿勢がドンキホーテっぽくて好き。 案内板にイベントコーナーという表示もあって、このフロアのどこかでイベントも今後行われるようだ。 けっこうフロアに余裕ないように見えたけど、どこでやるのだろうか。 2階 お酒、食料品) 2階は食料品やお酒などのフロアなんだけど、お酒の種類が豊富だった。 焼酎、ワイン、日本酒、ビール…とそれぞれの銘柄も充実している。 こりゃ飲み会があるときの買い出しが楽でいいわ。 3階(化粧品、キャラクターグッズ、ペット用品) 4階(ブランド品、衣類品) (ポケモンの人形の中になぜかマリオがちょいちょい混ざる。 ドンキホーテらしい) 5階(大工用品、洗顔用品、アダルトグッズ) このメガドンキの真価が見られるのはこの5階。 このフロアには大工用品や洗顔用品もあるのですが、それよりもかなり力が入っているのが アダルトグッズ、そして特に TENGAだ。 なんとフルオープンで TENGAのコーナーがあるんですよ。 今まで僕がみたドンキホーテだと、隅っこの薄暗いカーテンの奥にしかなかったものが、日の目を浴びて大々的に売り出されているんですよ。 ここだけ壁も床も一面真っ赤で別世界に来た気分ですよ。 しかもレジ近くにあるという謎配置。 5Fをふらっと回っているとその真っ赤な異空間が必ず目に入るので驚くと思う。 急に出現するから確実に二度見する。 (ちなみにアダルトグッズコーナーもレジのすぐ近くにあります。 まじで謎の配置) 6階(電化製品、スマートフォン用品) (6階にはクーラーなどの大型家電もある) メガドンキを全フロア回ってみて 当たり前ですけど、ドンキホーテはドンキホーテであってそれ以上も以下もないと思う。 普通に行ったら「品揃えが多いなー」くらいの感想しか持てない。 新しい発見はTENGAのコーナーくらいだろう。 ただ冒頭でも軽く触れたようにいつも利用している身としては、レジ数やフロアの道の幅などが改善されているのでかなりうれしい。 あと食料品コーナーが拡大されたのが本当にありがたい。 渋谷って安い大型スーパーってないんですよね。 この店舗が目標としている売上を超えるのかどうかは知らないが、かなりの力の入れ具合というのは見て回るだけでもわかった。 (店員が尋常じゃないくらいの人数がいた) これから売上を伸ばすために、様々な施策がされ改善されていくと思うので、ちょいちょい行ってみてみたいと思う。 こういったスベリ気味なネタも徐々に改善されていくことだろう。 炊飯器に入れられているたかしくんの今後の活躍に大いに期待したい。 Twitterもやっています 都会から来た女の子がバスに乗ってたときの会話 「あの家かなり古いね」 「人住んでるのかな?」 「あそこまで行くと文化遺産だよね」 「網戸も開かなそうだよね」 「あっちもけっこうボロボロだねー!笑」 僕(やめてくれ、、、あれは俺の親戚の家だ、、、) — megaya megaya0403 その他のおすすめ記事 megaya0403.

次の