フライパン 高級。 おしゃれなデザインのフライパンのおすすめ12選。かわいい鉄フライパンからスタイリッシュなステンレスフライパンまで

【2020年】人気フライパンランキング!評判がいいIH・ガスのおすすめフライパン

フライパン 高級

鉄製フライパンは「手入れが面倒くさそう」いうイメージがあると思いますが、実はとても簡単です。 使用する初回のみ油ならしをしますが、あとは使用後すぐにお湯で洗うだけ。 これさえ守れれば、食材がくっつかず、不便なく調理することができます。 熱の伝導率がよく、均一に火が入るので強火で仕上げる料理、例えば野菜炒めなどがとても美味しく仕上がります。 一家に一つあると料理のレベルがアップすること間違いなしです。 鉄製フライパン の詳細 メーカー IEOKE 重量 1. 5kg 参考価格 2,880円(税込) 2.鉄フライパンの選び方 鉄フライパンを選ぶ際のポイントをお伝えします。 一般的な加工フライパンやステンレスフライパンと違う点もいくつかありますので、ぜひ購入前に確認してください。 取手 鉄フライパンには様々な種類の取手があります。 鉄素材のものは丈夫で長く使えますが、熱が伝わりやすく熱くなりやすいです。 取手が長いものや持ちやすいように加工されているものが良いでしょう。 木製や樹脂製のものだと、熱くならずに使えます。 その代わり、継ぎ目の部分が劣化しやすいので注意が必要です。 ステンレス製の取手は熱が伝わりにくいです。 ちゃあみー(倉田沙也加)さんコメント 鉄製のフライパンの多くは、取手までが鉄素材で一体型になっています。 耐久性に優れており、長く愛用できますが、取手まで熱くなると調理に支障が出る可能性があります。 熱伝導がどこまでの範囲で広がるのかを確認すると良いでしょう。 IH対応 家庭のキッチンがIHの場合は、IH対応の鉄フライパンを選んでください。 ガス火しか対応していないものもありますので注意が必要です。 また、鉄フライパンは使い始める前に「焼き込み」という作業をします。 これは、鉄フライパンがさびないようにされた表面のコーディングを落とすための作業です。 IHではこの作業ができませんので、焼き込み不要タイプが良いでしょう。 また、IHの場合ですと鉄フライパンに熱がうまく伝わらずムラが生じる場合もあります。 ちゃあみー(倉田沙也加)さんコメント 1857年にドイツで創業された老舗メーカー『ターク』の鉄フライパンです。 熱まわりがよく、蓄熱性に優れているので食材の旨味を引き出しながら、じっくり調理できます。 最初にしっかり油慣らしをしておけば、半永久的に使えます。 使用後のお手入れが簡単なのも嬉しいですね。 継ぎ目のない一体型の鉄フライパンです。 加熱すると取手が熱くなりますので必ずミトンやタオルを使用してください。 クラシックフライパン の詳細 メーカー ターク 重量 1. 3kg 参考価格 9,080円(税込) 鉄フライパンの売れ筋ランキングはこちら ご参考までに、鉄フライパンの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

次の

フライパンおすすめ人気ランキング30選!【焦げ付かない・長持ち!2020最新】

フライパン 高級

フライパンを選ぶ時のポイント• 値段・価格が自分の予算とあうか 編集部調べでは、コスパが良いフライパンが多いのは3,000〜4,000円の価格帯です。 この相場を基準に、自分の予算と合わせて選びましょう。 重さは扱いやすい範囲か 1,000g前後の重さのフライパンがもっとも多いです。 軽いほうが扱いやすいので、基準の重さに対して、軽いのか・重いのかチェックして選びましょう。 IHに対応しているか ガス(直火)専用のものは、IHで使用することができません。 「絶対にガスしか使わない!」という人以外は、IH対応のものを選べば、いざという時も買い替える必要がなくなりますよ。 以上のポイントに注目して選べば、失敗しないフライパン選びができますよ! モノシルおすすめのフライパンはこちら! フライパンのおすすめランキング作成の基準• 焦げ付かない・食材がくっつかないこと フライパンで最も重要なのは、食材が焦げ付かないように調理できることです。 食材がくっつかない素材・加工のフライパンを選びました。 コーティングが長持ちすること 多くのフライパンは、焦げつかないように表面にコーティング・加工がされています。 このコーティングが剥がれ(はがれ)づらい、長持ちするフライパンを選びました。 持ちやすい・重くないこと フライパンは金属でできているので、それなりに重さがあります。 IH・ガスの両方の熱源に対応していること IH・ガス両方の熱源に対応出来るフライパンが使いやすいです。 このランキングでは、両方に対応したフライパンのみを選びました。 価格が適切であること 購入の決め手として、価格は重要です。 相場である3,000円を中心に、コスパの良いフライパンを選びました。 サイズ(大きさ)が使い勝手の良いものであること 様々な料理の種類や量に対応できる、24〜26cmサイズがあるフライパンを選びました。 紹介するフライパンは、以上の基準をクリアしています。 耐久力が高く長持ちなので、性能と値段を考えると、コスパ最高のフライパンですね。 チタン粒子を使った特殊コーティングのため少し重めですが、その分とても丈夫です。 さらに底の部分が厚いので、熱が均等に伝わりやすく、保温力もバッチリですよ。 コーティングの剥がれにくさと、熱の伝わりやすさが両立したフライパンですね。 耐久力の高いステンレスと、軽さが特徴のアルミニウムを使うことで、軽いのに丈夫な仕上がりとなっています。 1位の『IHルビー・エクセレンス』に比べると、やや耐久性は弱いですが、値段の安さと軽さを重視するなら、こちらのフライパンをおすすめしますよ。 煮る・焼く・炒める・揚げるが全部できる、まさに万能のフライパンですね。 深さがあるので、料理時の油ハネや食材の飛び散りも心配ありません。 その他にも、フタがスタンド式だったり、便利な蒸気穴がついていたりと、料理好きにうれしいこだわりポイントが、たくさんあります。 1位:• 2位:• 3位: フライパン選びでとにかく失敗したくない人や、こだわりはないけど良いものが欲しい人は、この中から選べば間違いなしですよ! 価格重視!安いフライパンのおすすめランキング ここからは2,000円以下で買える、コスパの良いフライパンを紹介します。 フライパンは、買い替えを前提の消耗品です。 そのため、フライパン選びで 「とにかく安さ重視!」という人は多いです。 また、 「料理をする機会が少ないから、フライパンは安く済ませたい」という人も少なくありません。 ステンレスとアルミニウムを重ねた3層構造で、火が通りやすく保温性も高いですよ。 肉料理など"炒める・焼く"の料理が得意で、外はパリッと中はジューシーに仕上がります。 また、重厚感があってキレイなステンレス製なので、値段を感じさせない見た目です。 作った料理を、フライパンごと食卓に並べるとおしゃれになりますよ。 表面にコーティングがないので、焦げ付かせないために、食材を入れる前の温めや油の使用は欠かせません。 少し手入れが必要なものの、強い火力で料理を美味しく仕上げられる鉄製のフライパンですよ。 鉄製のフライパンにはコーティングがありません。 そのため、焦げ付かせないために、料理の前に油をなじませる必要があります。 しかし鉄製のフライパンは、焦げ付きが発生しても再生できるので、結果的に長く使えますよ! 高火力で、美味しい料理を作りたい人におすすめです。 とにかく安くて軽い、IH対応のフライパンですね。 フッ素コーティング(加工)がされていて、少量の油でも焦げ付きにくく、ストレスなく使えます。 ただし、あまりコーティングの耐久力は高くありません。 長く使うために、強火は使わない、ものを入れずに火にかけない(空焚きをしない)などの点に気をつけましょう。 軽さはもちろん、耐久性の高さも自慢のフライパンですよ。 軽くて熱による変形にも強い、アルミダイキャスト(アルミダイカスト)という合金で作られています。 さらに、表面加工が摩擦に強いダイヤモンドコーティングなので、金属ヘラの使用も問題ないほど耐久性が高いです。 その他にも、フライパンの内側に、取っ手の接合部の飛び出しがなく洗いやすいなど… 使いやすいポイントが、つまっています! 強火は苦手なので、中火以下での使用限定となりますが、使いやすいフライパンを選ぶなら、おすすめですよ。 早く均一に火が通るので、料理が美味しく料理できますよ。 軽い素材を使っている分、へこみや変形に弱いのですが、落としたり強くぶつけたりしなければ、問題ありません! また、重さが伝わりづらいように取っ手が短く作られているのも特徴です。 手軽に使えることはもちろん、収納もしやすいですよ。 軽いフライパンを欲しい人や、収納しやすいフライパンが欲しい人におすすめです。 なんといっても軽さが特徴のフライパンですね。 軽さの理由は、素材とコーティングのそれぞれに、アルミダイキャストとヒスイセラミックという軽い素材を使っているからです。 また、アルミダイキャストは丈夫さ、ヒスイセラミックは耐熱性が高いという特徴があります。 そのため軽いだけでなく、変形しない丈夫さと、空焚きにも耐えられる耐久性をもったフライパンとなっていますよ。 丈夫さはもちろん、総合力の高さが特徴のフライパンですよ。 頑丈で焦げ付きにくいチタンコーティング、適温がわかる『お知らせマーク』などティファール独自の技術がつまっています。 唯一のネックは、1,000gを超える重さです。 炒めものなどで、フライパンを振って料理をすると、女性は腕に疲れを感じる重さですね。 ただし、丈夫で性能も高いので、少し重くても良いという人におすすめです。 エバークックというコンセプトのとおり、こびりつきにくく、耐久性の高いフライパンですね。 分厚いフッ素コーティングと、熱や塩分、摩擦に強いアルマイトコーティングという特殊加工で、油を使わなくても表面のツルツル状態が長く続きますよ。 メーカーも品質に自信を持っているので、フライパンではめずらしい『1年こびりつかない保証』がついています。 "ブルーダイヤモンドコーティング"という、金属ヘラの使用にも耐えられる頑丈な加工が使われています。 コーティングが剥げづらいので、長い間焦げ付かずに使えますよ。 ただし、中央の印字の部分が、時間とともに焦げ付きやすくなるマイナス点があります。 そのため、少量でもしっかり油を使うことをおすすめしますよ。 重さも703gと軽く、値段も2,000円ほどと安い点も魅力的です。 お得で丈夫なフライパンを選びたい人におすすめですね。 耐久力が高いテフロンプラチナ加工で、長く使えるフライパンですね。 外側は熱伝導率が高い小さい結晶、内側は保温性が高い大きな結晶で作られていて、熱が伝わりやすく、冷めづらいのが特徴ですよ。 IHの場合、熱伝導率が悪いフライパンだと、焼きムラが多く、美味しく作れないことがあるんです。 しかし、この北陸アルミのフライパンは、IHでも均一に熱がとおるので、美味しく仕上がります。 セラミックの特徴である"熱伝導の良さと遠赤外線効果"と、フッ素の特徴である"くっつきにくさ"が融合しています。 そのため、食材をこびりつかせず美味しく調理できるんです! 強火での料理は苦手ですが、中火でも十分おいしく仕上がりますよ。 魚や肉などの厚みのある料理を作ると、熱の伝わりやすさを実感できます。 また、重さが880gと軽いので、女性も扱いやすいのが嬉しいポイントです! 料理の仕上がりにこだわる女性に、特におすすめのフライパンですね。 テレビの出演も多い料理人の服部幸應さんを、アドバイザーに迎えて製作したフライパンですよ。 "親子3代に受け継がれる品質"をモットーに作られているので、焦げ付かなさや丈夫さがダントツですね。 驚きの15年保証もついていて、まさに一生モノのフライパンですよ。 ただし、ステンレス製の丈夫な作りのため、一般的なフライパンの2倍の重さです。 腕の力に自信のない女性は、重さが問題ないか考えてから購入しましょう。 重さと値段の高さから、少し手を出しづらいフライパンです。 フッ素樹脂の中でも、最強のコーティングである "ノンスティック加工"のフライパンですね。 一般的なフッ素加工のものより、さらに焦げ付きにくく、水を流すだけで汚れをスルッと落とせます。 また、一般的なフッ素加工のフライパンと違って、強火での料理ができて、食器洗浄機にもかけられますよ! さらに取っ手にまでこだわっていて、人間工学に基づいた使いやすいデザインなので、握りやすく快適に料理ができます。 取り扱いサイズが28cmのものしかないのがネックですが、おしゃれさと性能を兼ね合わせた、コスパの良いフライパンを選ぶならおすすめです。 おしゃれさはもちろん、耐久性の高いチタンコーティングを使った頑丈さも特徴のフライパンですね。 20万回の対摩耗試験をクリアした丈夫さで、長く使えますよ。 底面は厚く、側面は薄くした作りで熱が均一に伝わるため、焼きムラがなく、料理が美味しく仕上がります。 また、チタンコーティングの製品は重いものが多い中で、このフライパンは1,000g以下の軽さなので、手軽に使えるんです。 なんといっても軽さが特徴のフライパンですね。 軽さの理由は、素材とコーティングのそれぞれに、アルミダイキャストとヒスイセラミックという軽い素材を使っているからです。 また、アルミダイキャストは丈夫さ、ヒスイセラミックは耐熱性が高いという特徴がありますよ。 そのため軽いだけでなく、変形しない丈夫さと、空焚きにも耐えられる耐久性をもったフライパンとなっています。 耐久力が高いテフロンプラチナ加工で、長く使えるフライパンですよ。 外側は熱伝導率が高い小さい結晶、内側は保温性が高い大きな結晶でできていて、熱が伝わりやすく、冷めやすいのが特徴ですね。 IHでは、熱伝導率が悪いフライパンの場合、焼きムラが多くなっていまいます。 しかし、この北陸アルミのフライパンは、IHでも均一に熱がとおるので、美味しくしあがりますよ。 "ブルーダイヤモンドコーティング"という、金属ヘラの使用にも耐えられる頑丈な加工が使われています。 コーティングが剥げづらいので、長い間焦げ付かずに使えますよ。 ただし、中央の印字の部分が、時間とともに焦げ付きやすくなるマイナス点があります。 そのため、少量でもしっかり油を使うことをおすすめしますよ。 重さも703gと軽く、値段も2,000円ほどと安い点も魅力的です。 お得で丈夫なフライパンを選びたい人におすすめですね。 サビに強いブルーテンパー材を使うことで、鉄の弱点である、サビやすさを解消したフライパンですよ。 "ファイバーライン加工"という、表面を凸凹にする加工方法によって、油がなじみやすく、焦げ付きやすさも解消しています。 鉄のフライパンは、サビや焦げ付きの心配から上級者向けのイメージが強いですが、柳宗理のフライパンなら初心者にもおすすめですよ! 良い点• 強火で調理することで、短時間で旨味を逃さず、美味しく仕上げられる• 手入れをすることで、長く使い続けられる• 焦げ付いても、再生させることが出来る• 鉄分が少しずつ溶け出すことで、鉄分を摂取できる 悪い点• 使い始める前に、「空焼き」をする必要がある• サビや焦げ付きを防ぐために、使うたびにケアが必要• 1,000g以上の重いものが多い 選び方のポイント• 重すぎるものは使いづらいので、1,000g前後(女性なら1,000g以下)の重さを選ぶ• 強火で使う場面が多いので、少し深さがあるものを選ぶ おすすめの人• 料理の美味しさにこだわりたい人• しっかりと手入れを続けられる人• ガスの調理台がある人 フライパン選びのポイントとして、素材の違いごとの特徴とおすすめのフライパンを紹介しました。 汚れづらさや料理に必要な火力、重さによって、選ぶべきフライパンの素材が変わります。 素材名 おすすめの人 おすすめのフライパン ステンレス 手入れが簡単で、丈夫なフライパンが欲しい人 鉄 お手入れがしっかりできて、中華や炒めものなど火力の高い料理をする人 アルミニウム 軽さ重視で、パスタやリゾットなど水分の多い料理の機会が多い人 チタン 丈夫さ重視で、値段が高くても軽いものがいい人 銅 料理のできあがりにこだわりが強く、手入れをしっかりできる人 紹介した特徴を参考に、あなたの料理の傾向や、好みにあわせてフライパンを選んでくださいね! 2 加工(コーティング)方法からおすすめのフライパンを選ぶ 続いては、加工(コーティング)方法の違いから、おすすめのフライパンを選ぶ方法を紹介します。 加工方法の違いによって、焦げ付きにくさ・くっつきにくさが変わりますよ。 ここからは、4つの加工(コーティング方法)について特徴とおすすめのフライパンを紹介していきます。 自分にあったフライパンを選ぶため、それぞれの特徴をチェックしましょう! フライパン選びのポイントとして、加工(コーティング)方法ごとの特徴、おすすめのフライパンを紹介しました。 焦げ付きにくさや耐久性、値段によって選ぶべきフライパンが変わりますよ。 加工(コーティング名) おすすめの人 おすすめフライパン テフロン ・リーズナブルなフライパンが欲しい人 ・効果力や摩擦をさけて、正しい使い方を守れる人 ダイヤモンド ・安くてコーティングが長持ちするフライパンが欲しい人 ・フライパンの使い方や、洗い方が荒い人 マーブル ・安くてコーティングが長持ちするフライパンが欲しい人 ・フライパンの使い方や、洗い方が荒い人 セラミック ・見た目がおしゃれなフライパンが欲しい人 ・油をつかうことに抵抗感がない人 ・手入れのカンタンさを重視する人 あなたの料理の傾向や、買い替え頻度によって、お気に入りのフライパンを選んでくださいね! 3 形状からおすすめのフライパンを選ぶ 自分にあったフライパンの選び方、3つ目はフライパンの形から選ぶ方法を紹介します。 じつは、料理をするものによって、選ぶべきフライパンの形状は違うんです。 一般的な丸型のフライパン以外に、5種類のフライパンの形がありますよ。 フライパンの形別一覧• 深型フライパン• 仕切り付きフライパン• たまご焼き器• 餃子焼き器• 揚げ物用 自分にあったフライパンを選ぶために、それぞれの特徴をチェックしていきましょう! 形状1:深型フライパン 「フライパンは1つで済ませたいなぁ…」という人には、深型のフライパンがおすすめです。 1つあれば、焼く・炒める・煮る・揚げるなど、さまざまな料理方法ができますよ! その他にも、一度に多くの量をつくれたり、食材がこぼれづらかったりと、まさに「大は小をかねる」メリットがあります。 デメリットをあげると、浅いフライパンと比べると重くなるところです。 しかし、デメリットはこれだけしかないので、重さを気にしない人はぜひ使ってみてくださいね! 形状5:揚げ物用 唐揚げや天ぷらなど、揚げ物をつくるなら、揚げ物に向いたフライパンを使うのがおすすめです。 揚げ物に使えるフライパンを選ぶなら、次の3つの特徴に注意してフライパンを選びましょう。 1つ目の特徴は、十分な深さがあることです。 浅いフライパンでは、油がはねてヤケドの可能性が高くなるので、深さがあるものを選びましょう。 2つ目の特徴は、揚げ物を美味しく作るための保温力です。 アルミニウム合金のものや、銅、鉄製のものがおすすめですよ。 3つ目の特徴は、油との相性です。 フライパンの素材によっては、油の酸化が早くなってしまい、再利用ができなくなります。 節約のために油を再利用したい人は、ステンレスやアルミ合金製のものを選びましょう。 フライパン選びのポイントとして、フライパンの形状ごとの特徴とおすすめを紹介しました。 よく作る料理や、これから作りたいものによって選ぶべきフライパンが変わります。 あなたや料理を食べさせたい相手の好みに応じて、お気に入りのフライパンを選んでくださいね! 4 IH・ガスの熱源対応からおすすめのフライパンを選ぶ 自分にあったフライパンの選び方の4つ目、熱源への対応について紹介します。 フライパンを使うときの熱源には、IH・ガスの2タイプがあるんです。 そこで、IH対応のもの、ガス専用のものの特徴をそれぞれ見ていきましょう。 一方で、ガス専用のものは安くて軽いものが多いけど、IHでは使えません。 どちらも一長一短ありますが、引っ越しの可能性がある人や、特にこだわりがない人は、IH対応のフライパンをおすすめします。 熱源の違いに関係なく使えるので、もし引っ越しなどで熱源が変わっても対応できますよ。 これからフライパンを選ぶときには、熱源への対応もチェックして選んでくださいね。 IH・ガスの熱源対応からおすすめフライパンを選ぶポイント• IH・ガスの2タイプの熱源がある• IH対応のフライパンはガスでも使用できるが、高くて重いものが多い• ガス専用のフライパンは安く、軽いものが多いが、IHで使用できない• 両方の熱源に対応できるIH対応フライパンがおすすめ IH対応のフライパンについて、更にくわしく知りたい人は、こちらの記事もご覧くださいね。 5 サイズ・大きさからおすすめのフライパンを選ぶ ここでは、サイズ・大きさでフライパンを選ぶポイントを紹介します。 作りたい料理や、一度に作る量によって、選ぶべきフライパンのサイズ・大きさが変わりますよ。 上の表を参考に、自分にあったサイズ・大きさのフライパンを探してくださいね! サイズ・大きさからおすすめフライパンを選ぶポイント• 料理したいものや量で、選ぶべきフライパンのサイズが変わる• こだわりがなければ、一般的で万能な24〜26cmのものがおすすめ 6 取っ手のタイプからおすすめのフライパンを選ぶ 自分にあったフライパンの選び方、最後は取っ手のタイプから選ぶポイントについてです。 地味なポイントですが、長く使えるフライパンを選ぶなら、取っ手に注目するのが大切ですよ。 まず、フライパンの取っ手には次の4つのタイプがあります。 収納しやすい点はもちろん、取っ手が熱くならずに安全に使えます。 以前はティファール社だけが採用していた、取っ手の取れるタイプですが、現在は他のメーカー製のフライパンでも採用されていますよ。 デメリットで 「あやまって取っ手が取れる可能性がある」と書きましたが、しっかり取っ手を握っていれば、可能性は低いです。 ぜひ、取っ手にも注目して、フライパンを選んでみてくださいね。 取っ手のタイプからおすすめフライパンを選ぶポイント• フライパンの取っ手には4つの種類がある• 収納しやすさ、掃除のしやすさから、取っ手の取れるタイプがおすすめ まとめ:おすすめフライパンで料理をもっと快適にしよう! いかがでしたか? 目的別人気フライパンのおすすめランキングと、自分にあったフライパンを選ぶためのポイントを紹介してきました。 「ここまで読んだけど、どれにするか決められなかった…」 という人は、総合ランキングで1位の万能型フライパン『ティファール T-fal IHルビー・エクセレンス 取っ手つき 26cm』を試してみてください。 1つ家にあれば、どんな場面でも活躍してくれますよ! 良質なフライパンを手に入れて、食生活を充実させましょう!.

次の

アイランドキッチン映えするオシャレなフライパンが欲しい!一生モノ高級品は何が良い?

フライパン 高級

あなたにおすすめのフライパンとは? フライパンを選んでいく際には、以下のようなポイントを意識して選ぶようにしましょう。 使われている素材• コーティング• サイズ・重量 主にこの3点が重要なポイントになります。 フライパンは、使われている素材やコーティングによって、使い勝手が大きく異なります。 また日々使っていく上では、サイズや重量も大切。 詳しいフライパンの選び方に関しては、「」を参考にしてください! 【2019年最新版】おすすめフライパンTOP10 それでは フライパンのおすすめランキングを紹介していきます。 IHルビー・エクセレンス セット9• 価格の目安:¥28,000~• 重さ:980g(26cmフライパン)• おすすめフライパンのランキング堂々1位は、そんなティファールから取っ手の取れるフライパン 「インジニオ・ネオ」です。 片手で簡単に取っ手を取り外すことができ、食卓にそのままお皿として、並べることができます。 また食事が終われば、 重ねて収納をすることができるため、人気が高くなっています! またコーティングを6層重ねた 「チタン・エクセレンス」コーティングにより、 耐久性が従来の3倍アップ。 「食材がこびりつかない」「金属へらが使用できる」などのメリットがあります。 その他にも、余熱の完了が一目でわかる 「お知らせマーク」も搭載。 ベストなタイミングで食材を投入することができ、より美味しく調理をすることができますよ! 耐久性や利便性、そして人気を兼ね備えたおすすめのフライパンになっています。 極ジャパン フライパン 28cm• 価格の目安:7,500円~• 重さ:1240g(28cm)• 一時期は品薄になり、入手困難になるほど人気を博した商品です。 「窒化処理」という特殊加工が施されており、通常の鉄フライパンと比較すると、 非常に錆びにくいというのが特徴です。 また鉄フライパン特有の「焼き込み」や「油返し」といった作業が必要なく、手軽に本格的なフライパンとして使用することができます。 特にチャーハンや肉料理などの「焼く」「炒める」などの調理方法に最適! 鉄フライパンが欲しいという方は、コチラがおすすめです! 製品詳細• センレンキャスト 20cm ガス火専用• 価格の目安:4,200円~• 重さ:約450g(20cm)• フライパン自体が非常に軽いので、女性でもフライパンを煽ることができます。 使い勝手に非常に優れたフライパンとして人気が高くなっています。 フライパンの内外面に独自のリップルウェーブ加工を施しているため、熱伝導性が高められ、食材に 熱が均一に伝わります。 またテフロン加工により、耐久性も抜群。 全16サイズの 豊富なバリエーションから、ご家庭に合ったものを選ぶことが可能になっています! 「ガス火専用」と「IH対応」の2タイプありますので、購入の際にはご注意ください。 製品詳細• ライズ ブルーダイヤモンドコート 26cm• 価格の目安:3,300円~• 重さ:約780g(26cm)• 通常のフッ素樹脂加工のフライパンは、コーティングが剥げやすいというデメリットがあります。 それを克服したのが、ダイヤモンドコートフライパンです。 耐久性に優れており、 長い期間にわたり焦げ付かず使用することができる点が魅力のフライパンです。 IH調理が可能で、サイズのバリエーションも豊富。 価格もリーズナブルなので、 初心者におすすめのフライパンです。 女性でも扱いやすい 軽さが特徴となっており、熱伝導に優れているだけでなく 遠赤外線効果もあるので美味しく調理することができます。 洗剤を使用する必要がない 手入れの簡単さも魅力、鉄フライパンなので不足しがちな 鉄分を補給することができるフライパンになっている万能型のフライパンとしてぜひおすすめしたい商品となっています。 高い品質の 本格派アルミフライパンとして人気が高い商品となっています。 ビタフロン加工によって 食材が焦げ付きにくいのが特徴となっており、調理に油を必要としないので ヘルシー&経済的なのが魅力のフライパンです。 手入れも簡単なので普段使いのフライパンとしてぜひおすすめしたい商品です。 通常のフッ素樹脂に、人工ダイヤモンドを細かく砕いて配合。 食材がこびりつきにくく、丈夫なのが特徴です。 そして、なんといっても価格の安さが魅力的。 鍋やエッグパン、ガラスふたなど計13点のセットでも約1万円で購入することができます。

次の