踊っ て みた 著作 権。 踊ってみたの著作権について教えてください。ボカロ以外の普通...

YoutubeのBGMの著作権について解説!おすすめのフリーBGMサイトも

踊っ て みた 著作 権

歌ってみた・演奏してみた動画はカバー曲を利用している YouTubeのおかげで、 作曲の必要もなく、ライブを開催する手間も資金も必要なく、 誰もが簡単に、自分の歌唱力や演奏力を世界に向けて発信できる今の時代。 歌ってみた、演奏してみた動画は、そう言った意味でこれからも人気は衰えないだろう。 そもそも「歌ってみた・演奏してみた」動画というのは、 既存の曲を歌ったり演奏したりしているわけだから、 当然、 著作権を有する楽曲を利用した動画ということになるね! ということは、広告収入は得られるんだろうか? というか、歌ってみた動画自体、違法アップロードではないのか? 気になる問題を解決していこう! YouTubeでカバー曲を使うという行為の著作権問題 JASRACと YoutubeはJASRACが管理する楽曲を利用する包括契約をしているんだ。 YouTubeにカバー曲をアップする場合でも、 JASRACに登録されている楽曲ならば 作詞者や作曲者を探す必要もなければ、個別交渉を行う必要もなく 楽曲を利用することができる。 ただし法律的に言うと細かく手順が必要になる場合がある。 というのは、使う音楽が CDなどで有償販売されている音源をそのまま使う場合などだ。 有償配布物は、 著作権隣接権や 原盤権といって音楽利用の著作権とは別の権利を有しているから、 本来有償で聞くことが出来るCDや購入ダウンロード音源を利用する場合、 その 原盤権を持っている者(多くはレコード会社など)に、許可を得なきゃいけない。 参考: こういった著作権隣接権や原盤権者の 許可を取っていない場合、 CD等に収録された カラオケバージョンを流しながら 「 歌ってみた」といったカバー曲を アップすることは 違法となりうる。 また、演奏の場合でも伴奏に利用することもできないんだよ。 こういった事を考えて、結論としては、 カバー曲(伴奏も自分、もしくは知人に演奏してもらう)か、 または上記のように 許可を取って有償配布物を利用しているのなら 歌ってみた動画は著作権的にも 問題がないというわけだ。 ちなみに カラオケで歌っている動画に関しては、 カラオケ店がJASRACに著作権使用料を支払っているため、合法扱いになるけど、 カラオケの映像とかカラオケの音源だけを撮影して投稿した場合は 著作権違反になる恐れがある。 では、使用許可を得たカバー曲を使い、自分で歌ってみた動画をアップして、 広告収入を得ることにあたってはどうだろうか? カバー曲を使用した動画で広告収入を得るということ YouTubeの広告収入は商用か私用か まず動画を投稿して広告収入を得るという事が、 商用なのか 私用なのかという部分を考える必要がある。 先ほど説明した著作権問題だけど、 本来、ただ単に個人レベルで使うだけの利用(非営利・お金を徴収しないなど)なら、 「 私的使用のための制限」といって本来は著作物のコピーなども違法にならない。 でも広告収入を得ようとする場合、色々な条件が加味されてくるし、解釈も複雑なんだ。 JASRACが「広告目的の動画」と考えているのは、 テレビで放送されているCMやCFのような動画を指すのが基本だ。 とはいえ、よほどの再生回数を稼ぐユーチューバの場合は マークされることは間違いないよね。 YouTubeで動画を収益受け取りの対象となるのは そしてYouTubeのガイドラインでは、このように記述されているよ。 曲のカバー演奏を収益受け取りの対象にできる場合もあります。 収益受け取りの対象にするには、 楽曲の配信者が Content ID システムを使用してその曲を申し立て、 収益受け取りの対象として選択している必要があります。 その曲が申し立てられていない場合は、 その曲の著作権所有者から書面による明示的な許可を得ていない限り、 動画を収益受け取りの対象とすることはできません。 商業音楽の録音(器楽曲やカラオケ音源など)が含まれる動画や アーティストによるライブ コンサート演奏の動画は、 収益受け取りプログラムの対象となりません。 詳しくは、方法についての記事をご覧ください。 出典: どういうことかというと、 投稿者が収益を受け取る設定にした動画が、YouTubeのデータベースにある場合、 動画管理ページに 「第三者のコンテンツに一致します。 収益を分配しますか?」 という旨のメッセージが表示される。 そこで、Content IDに申し立てをしてきた著作権保持者の確認をし、 それが間違っていない情報であれば「 分配」という形をとって 安心してカバー曲を、 権利者との収益対象動画として配信しておける、 という仕組みなんだ。 YouTubeの場合、JASRAC、または著作権保持者のうちYouTubeが定める条件を要する者が Content IDというデータベースシステムで、作品の利用を管理することができるんだ。 けれども当然、この Content IDに登録していない曲も沢山ある。 未登録の楽曲は、動画管理画面に 「第三者コンテンツに一致」というメッセージも出ないし、収益化も通ってしまう。 ただし、これは あくまでYouTubeのデータベース(Content ID に曲が無いから 照合できなかっただけで、投稿も収益もOKですよ、と許されたわけではない。 権利者との収益対象動画として設定できなかった場合は、 公式に許可を得られない限り、グレーゾーンともいえる。 権利者の申し立てにより、動画を 削除される可能性は十分にありうる。 音源丸上げ・無断転載のような悪質な行為ではないから、 逮捕されるまではいかないだろうけどね。 だから、他人の作った曲で、「歌ってみた」動画をアップするには、 なるべく、あらかじめ 権利者に許可をとっておくのがベストだろう。 連絡がつかず許可は取れないけど、どうしてもアップしたい…! というなら、アップ後に権利者から申し立てが来てたら、 おとなしく、すぐ削除を受け入れるようにすれば、大事には至らないだろう。 YouTubeに「歌ってみた」動画を収益対象でアップする注意点 CDジャケットやPV動画などは使ってはいけない カバー曲自体は使ってもいいんだけど、 その曲そのものの音源を使ってはいけないのと同じで、 例えば 楽曲のジャケット画像や、 コンサート映像、PV映像など、 肖像権を有するものを動画に含める事はNGだ! 判断対象というのは色々解釈は有るんだけど、 あくまで 歌ってみた(演奏してみた)本人が主役である動画であることが、 ポイントだと思えばいいね。 逆を言えば、歌っている投稿者本人とカラオケの映像とか、 歌っている投稿者本人とアーティストの映像(または画像)とか、 どちらが主役なのかわからないアングルになると、 著作権侵害(主に肖像権など)の侵害にあたる恐れがあるから、 映り込んでいるものには充分注意が必要だね! JASRACではない団体が虚偽の申し立てをして来る事がある 実は、 JASRAC以外の団体が、「自分たちが権利者である」と主張し、 権利侵害の申し立てをしてくることが実際にあったそうだ。 JASRAC管理楽曲や、フリーのBGM素材、 著作権切れのクラシック音楽等を使った動画をアップすると、 本当は権利を持ってないはずなのに、 権利侵害を主張する団体が現れた例がある。 参考: そのような虚偽のクレームの申し立てでおおごとになることはないけども、 申し立てが行われたなら収益化は一時停止されてしまう。 そのため、虚偽のクレームに対して「 異議申し立て」をする必要が生じる。 それには、 アップした曲がJASRAC管理楽曲であることを明記できる事が大事で、 「タイトル」「著作者」「アーティスト」「作品コード」等を示した上で、 演奏者・歌唱者が自分自身である事も明記して送信しよう。 編集後記.

次の

【ここから著作権違反!】歌ってみたで使用していい音源、ダメな音源をわかりやすく解説!

踊っ て みた 著作 権

はじめに 一昨年(平成28年)、カラオケ歌唱動画をYouTubeに投稿した男性がカラオケメーカーから訴えられ、著作権法違反を理由に敗訴するという事件がありました。 今日はSNSでアウトの動画とセーフの動画の判断基準についてまとめてみました。 カラオケ歌唱動画をYouTubeに投稿した男性が著作権法違反で敗訴。 この事件は、第一興商のカラオケ音源(DAM音源)を用いて、Little Glee Monsterの「私らしく生きてみたい」をカラオケ歌唱し、その様子を撮影した動画データをYouTubeに投稿した男性が、第一興商から訴えられた事件です。 東京地裁は、この男性の行為は 第一興商がDAM音源について保有する著作隣接権を侵害するものであると認め、その動画をYouTubeのサイトから削除するだけでなく、 男性の保有するハードディスク等からも削除するよう命ずる厳しい判決を出しました。 実は、判決時には、この男性はYouTubeから問題の動画を削除していました。 しかし、この男性が動画の元データを持っていると、またYouTubeに動画を投稿する可能性がありますよね。 だから、元データについても削除するよう命じたわけです。 今回、この男性の行為は、 第一興商の持っている送信可能化権の侵害に当たると判断されました。 第一興商は楽曲の著作者(作曲者)から許諾を受けてカラオケ音源(=レコード)を作っています。 このため、第一興商はこの楽曲の著作者ではないものの、著作権法に言う「レコード製作者」に当たるのです。 レコード製作者には著作権ではなく、著作隣接権という権利が認められています。 その著作隣接権の中にはいくつかの権利があり、その一つの権利として送信可能化権が認められているのです(著作権法第96条の2)。 (送信可能化権) レコード製作者は、そのレコードを送信可能化する権利を専有する。 「送信可能化」とは、レコードの内容をいつでも送信できる状態にするという意味です。 YouTubeの動画はボタンをクリックすれば、いつでも再生(視聴者に送信)できる状態になっていますよね。 あれこそが「送信可能化」の状態です。 そして、「レコード製作者は 送信可能化権を専有 (=独占)する」とあるので、レコードを送信可能な状態にすることができるのは、レコード製作者か、その許諾を受けた人だけです。 それにも拘らず、訴えられた男性は、第一興商に無断で、 自分の歌とともに録音された第一興商のカラオケ音源 をYouTubeに投稿し、いつでも送信可能な状態にしてしまった。 だから、第一興商の持っている「送信可能化権」の侵害に当たると判断されたわけです。 (2)SNS上の「歌ってみた」「弾いてみた」「踊ってみた」アウトとセーフの判断基準 こんな判決が出てしまったので、YouTubeの「歌ってみた」「弾いてみた」「踊ってみた」のように、SNSに投稿する動画はどこまで許されるの?と気になる人もいるでしょう。 SNSでアウトの動画とセーフの動画を判断するため基準をいくつか挙げてみます。 その動画をSNSに投稿すれば、レコード製作者の持っている送信可能化権の侵害となります。 その動画にはレコード製作者の作った音源や映像も一緒に録音・録画されていますよね? その動画をSNSに投稿すれば、レコード製作者の作った音源や映像を送信可能化したことになるのです。 個人的な目的で撮った動画であろうが、1コーラスだけであろうが、BGMとして流していようが関係ありません。 レコード製作者の作った音源や映像をレコード製作者に無断で録音・録画し、それをSNSに投稿するのはレコード製作者の送信可能化権を侵害する行為であると心得ましょう。 その動画をSNSに投稿すれば、 著作権者の持っている公衆送信権の侵害となります。 著作権の中にもいくつかの権利があり、その一つの権利として公衆送信権という権利があります(著作権法 第23条第1項)。 (公衆送信権等) 著作者は、その著作物について、公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、 送信可能化を含む。 )を行う権利を専有する。 レコード製作者だけではなく、楽曲の著作権者も他人が自分の著作物を送信可能化する行為を禁止する権利を持っているということです。 レコード製作者の作った音源や映像を使わず、 アカペラで歌唱したり、弾き語りをした場合は、レコード製作者の持つ著作隣接権ではなく、著作権者が持つ著作権が問題になるということですね。 但し、レコード製作者の作った音源・映像を使わずに、かつ、既に著作権が切れている楽曲を歌唱・演奏している様子を撮影した動画はセーフです。 例えば、クラシック音楽やスタンダードナンバーのように、著作者の死後50年を経過し、既に著作権が切れている楽曲については、歌唱・演奏動画をSNSに投稿しても著作権(公衆送信権)の問題は生じません。 しかし、最近のヒット曲の歌唱動画などを適法に投稿する方法もあるんです。 a)レコード製作者の作った音源・映像を使った動画や、b)著作権のある楽曲を歌唱・演奏している動画であっても、 著作権者やレコード製作者の許諾を受けている動画はセーフなのです。 著作権者やレコード製作者に直接、許諾を求めるのは敷居が高いように思えるかもしれません。 しかし、一部のSNSは著作権者(またはその管理者)と楽曲の利用について包括的な許諾契約を結んでいます。 これらのSNSを使えば、レコード製作者の送信可能化権や著作権者の公衆送信権を気にすることなく、動画を投稿することができるケースもあるわけです。 また、レコード製作者(例えば、カラオケ会社)が、カラオケの歌唱動画を投稿することができるSNSを運営しているケースもあります。 これらのSNSを使えば、レコード制作者が作成したカラオケ音源・映像を流しながら歌唱している様子を撮影し、その動画を投稿してもセーフです。 ここで、注意しなければいけない点をいくつか挙げておきます。 まず、著作権管理団体と楽曲の利用許諾契約を結んでいないSNSもある点です。 代表的なものでは、 Facebook、Twitter、Instagram等は、現時点でJASRACと利用許諾契約を結んでいません。 例えば、Facebookに歌唱動画を投稿する行為は著作権の侵害になってしまうおそれがあるので注意が必要です。 また、著作権管理団体との利用許諾契約は、その著作権管理団体が管理している楽曲に限り有効だという点です。 全ての楽曲をJASRACが管理しているわけではありません。 たとえ、JASRACとYouTubeが楽曲の利用許諾契約を結んでいても、JASRACが管理していない楽曲については対象外です。 他の著作権管理団体(例えば、NexTone等)の管理楽曲や、その著作権管理団体とSNSとの利用許諾契約の内容も確認した方がよいでしょう。 まとめ SNSでアウトの動画とセーフの動画の判断基準、いかがでしたか? 「歌ってみた」「弾いてみた」の動画については、YouTubeやニコニコ動画などのJASRACと楽曲の利用許諾契約を結んでいるSNSに投稿するのが無難ですね。 「踊ってみた」の動画については、レコード製作者の音源を使って踊ることが多いので動画投稿はちょっと厳しいと思います。 自作の音源を用意しないと著作権侵害になってしまいますからね。 YouTubeでも音声トラックを強制的に削除された、無音の「踊ってみた」動画をよく見かけます…。

次の

カラオケ歌唱動画をYouTubeに投稿した男性が著作権法違反で敗訴。SNS上の「歌ってみた」「弾いてみた」「踊ってみた」アウトとセーフの判断基準

踊っ て みた 著作 権

YoutubeのBGMに関する著作権の基本! 「著作権」って聞くと怖いイメージがありますよね。 これからYouTubeに動画投稿を考えてる方にとってBGMの著作権問題は重要なテーマだと思います。 基本をしっかり押さえられる様に解説していきます。 YoutubeのBGMに関する著作権の基本|著作権の意味とは 著作権法は知的財産の一つです。 原作者の権利を守るためにできた法律です。 著作権のあるものには 「引用」という形をとることにより 許可を取らずに使用できるという事もあるのですが、 音楽に関しては「引用」は認められていません。 音楽の著作権は、複数の方が権利を持っている事が多く、 作詞者や作曲者、アーティスト、出版社など権利の管理が細分化されています。 YoutubeのBGMに関する著作権の基本|守らない場合のペナルティー 著作権を守らずに動画をアップしてしまった場合、 違法アップロードになってしまいます。 YouTube運営や著作者の方に見つかると、 動画の削除要請がきます。 要請に応じなかった場合は YouTubeのアカウント停止処分になる場合があります。 もしくは訴えられる可能性もあります。 法的処分になると懲役や罰金など刑罰の可能性も出てくるので注意が必要です。 最近は、YouTube運営が違法動画への対応が厳しくなってきていて、せっかく作った動画もBGMなどの著作権侵害で削除することになってしまいますので十分に注意するように気おつけましょう YouTubeのBGMに関する著作権の基本|使用可能なBGM 使用可能なBGMは当たり前ですが、 著作権がないBGMなら大丈夫です。 自作の音楽だったり、著作権フリーの楽曲なら使用可能です。 中には、著作権があっても使用できる場合もあります。 それは、著作権者に許可を貰えば使う事はできるのですが、個人で許可をもらうのは難しい所ですね。 それならば、フリーで商用利用も可能な素材を使用する方がいいです。 フリーであっても、よく調べてから使用する様にすることによって安心して使用することができるので大変でも確認は必ず行いましょう。 Youtube動画のBGMに使いたい曲がある場合は? 弾いてみた、踊ってみた系の動画の場合! 弾いてみた、踊ってみた系の動画の場合、ほとんどが有名な曲を使用する事になると思うのですが、安心してください。 YouTubeは 「JASRAC」という一般社団法人日本音楽著作権協会と包括利用許諾契約を結んでいます。 JASRACとは、作詞家、作曲家達の著作権を代理で管理してくれる団体で音楽を商用利用したい人達が作詞家、作曲者達に直接交渉しなくてもJASRACに相談する事により間に入ってくれて交渉できる所です。 YouTube運営がJASRACと契約している事により、 JASRACに登録されている一部の音楽は動画で使用しても大丈夫なのです。 その調べ方なのですが 「youtube jasrac 検索」と検索すると作品データベース検索サービスが出てくるのでそこで使いたい音楽を検索して配信の所に 「J」がついていれば使用可能です。 数多くの弾いてみた、踊ってみた系で使用されている音楽はYouTube運営が契約してくれているので安心して使用できるって事ですね。 自分が動画で使用する場合は、面倒でも確実に検索することをおすすめします。 ゲーム実況配信系の動画の場合! ゲームの中のBGMなども勿論著作権があります。 なので本来、無断でYouTubeに動画投稿するのは著作権違反になるのですが、YouTubeにおいてゲーム実況は人気のジャンルですね。 では、ゲーム実況を配信する事は大丈夫なのか?という事なんですが、これは グレーゾーンと言えます。 ゲームのメーカーによっては 配信を公認しているメーカーもあります。 例えば、任天堂は一部のゲームを配信する事を公式で許可しています。 他のメーカーでも許可している所は多くあるのですが、全てのゲームではないので注意が必要ですね。 ゲームによっては、一部のムービーは配信してはいけないパターンなどもあるので注意が必要です。 ゲームメーカーが動画配信を許可する利点は、宣伝効果です。 なので配信を許可していても、そのゲームに対して 悪いイメージが湧く様な動画配信ですと削除依頼や法的処置の可能性もありますので注意しましょう。 撮影動画の中に音楽が入っていた場合! 撮影中に偶然流れていた音楽が入ってしまう事ってあると思います。 その動画をYouTubeにあげる際は注意が必要です。 著作権がある音楽が入ってしまった場合は その曲を調べて確認しましょう。 JASRACなどに登録してある音楽でしたら大丈夫です。 音声を消して、フリーBGMを使うのも一つの手なのですが、できればYouTubeに投稿しようと思って撮影するのであれば、周りの音楽にも気お使って撮影するのがベストです。 著作権フリーのBGMがダウンロードできるサイト7選! 著作権フリーのBGMサイト|オーディオライブラリ まず初めに紹介するのは、YouTube公式からフリー素材としてある オーディオライブラリ。 BGM以外にも効果音などもあり、 YouTubeの動画に使用するのであれば誰でも使うことができます。 曲の数もものすごく多く、高品質な楽曲が定期的に追加されています。 BGM的にはには欧米風の素材が多いです。 著作権フリーのBGMサイト|魔王魂 次に紹介するのは、 魔王魂。 ロック系の素材が特徴的なフリー音楽素材サイトです。 「株式会社ジョーカーサウンズ」代表取締役のKOUICHIさんがメイン管理人のサイトです。 プロの作曲家としても活躍されている方ですね。 素材数は1000点以上あり、ロックやオーケストラ風、ゲーム音楽向きな楽曲が充実しています。 効果音や歌ものまでありご自身に合った音楽素材を選べます。 使用するにあたって、 クレジット表記が必要なのでYouTube動画の概要欄に必ず載せる様にしましょう。 著作権フリーのBGMサイト|甘茶の音楽工房 次に紹介するのは、 甘茶の音楽工房。 ファンタジー系の曲が特徴的な音楽サイトです。 管理人の甘茶さんが趣味で製作した音楽をフリー素材として無料で配布してくれているサイトです。 癒し系の曲から激しめの曲まで色々なジャンルがあります。 素材数は400点以上ありイメージから音楽素材を探すことができたりとご自身に合ったBGMが見つけやすいと思います。 実況やストーリーの演出に向いている曲が多いのでお探しの方は利用してみてはいかがでしょうか。 クレジット表記に関しては、 任意なのですができればクレジット表記する事をオススメします。 著作権フリーのBGMサイト| MusMus (ムズムズ) 次に紹介するのは、 MusMus(ムズムズ)。 シンプルな楽曲が多いのが特徴的な音楽サイトです。 watsonさんが個人で全て管理されているサイトです。 watsonさんは、 ゲームへの楽曲提供やボカロ曲作成などをやっている方です。 オーケストラ、ジャズ、ボサノバ、ジングルなど幅広くジャンルを取り扱っており、ラジオやゲームなどの用途に合わせて選べるので、素材選びに慣れてない方でも選びやすいサイトです。 使用するにあたって、 クレジット表記が必要なのでYouTube動画の概要欄に必ず載せる様にしましょう。 著作権フリーのBGMサイト|DOVA-SYNDROME 次に紹介するのは、 DOVA-SYNDROME。 多くの作曲者が音楽素材を提供しているサイトです。 管理人は稿屋さんで、WEB製作をされている方です。 多くの作曲者が登録していて、音楽素材も多く 6000以上の素材があります。 検索方法も充実していて、作曲者検索はもちろん、 音楽の長さ、使用楽器、リズム・曲調などから検索できるのでご自身に合った素材が見つけやすいです。 特に 音楽の長さ検索は、動画の尺によって探せるのでいいですね。 サイト構成が洗練されている事にも注目で楽曲を検索しやすいです。 さすがWEB製作をされている管理人さんですね。 クレジット表記は一部の素材は必要となってます。 作曲者が複数いるのでよく確認してから使用する様にしましょう。 著作権フリーのBGMサイト|Music-Note. jp 次に紹介するのは、 Music-Note. テンポがよく、爽やかな曲が多い印象のサイトです。 作曲担当者はエイジさん。 バンド経験を活かした楽曲を提供してくれています。 エイジさんの得意分野は映画サントラ風のダイナミックな曲調だそうです。 様々なジャンルのBGMがあり、効果音なども公開されています。 ボーカル素材からボーカロイド素材もあるので注目です。 クレジット表記に関しては、 任意なのですができればクレジット表記する事をオススメします。 著作権フリーのBGMサイト|PANICPUMPKIN 最後に紹介するのは、 PANICPUMOKIN。 ファミコン風の8bit音源中心のBGMサイトです。 管理人はみそかさん。 このサイトはサイト名(かぼちゃ)と管理人名(みそか=末日)にあやかり毎年10月31日だけ更新しているサイトです。 総曲数は224曲と他と比べると多くはないのですが、 他にはない独特なファミコン風の8bit音源のBGM素材があります。 主に ゲーム向けに作られており、RPG戦闘ボスやRPGお城などをテーマに様々なBGMがあるのも特徴的ですね。 コミカルな雰囲気を出したいときなども使えるので是非活用してみてください。 クレジット表記に関しては、任意なのですができればクレジット表記する事をオススメします。 著作権フリーのBGMを使ってYoutubeに動画を投稿しよう! YouTubeの動画にBGMをつけるのは必需と言っても過言ではありません。 だからこそ、それぞれのルールを理解して、安心なYouTubeライフを送っていただきたいと思います。 せっかく作った動画が著作権に引っかかって削除依頼など来てしまっては大変ですからね。 著作権フリーのBGMサイトをうまく活用してYouTubeに動画投稿していきましょう。

次の