アイロン 比較。 比較表

比較表

アイロン 比較

うねりがないまっすぐなストレートヘアを作れるだけでなく、前髪を巻いたりワンカールを作ったりと、多彩なヘアアレンジができるストレートアイロン。 低価格で人気のサロニアから、家電メーカーとしておなじみのパナソニックまで幅広いメーカーから発売されているうえ、とにかく幅広い品揃えなので、一体どれが使いやすくてきれいに仕上がるのか、迷ってしまいますよね。 今回は Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位のストレートアイロン43商品を比較して、最もおすすめのストレートアイロンを決定したいと思います。 比較検証は以下の4点について行いました。 ストレートにするスピード• 仕上がり• 設定温度になる速さ• 使い勝手のよさ 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ストレートアイロンの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。 今回検証した商品• KINUJO|KINUJO W-worldwide model-• グランパーム|グランパーム アイロン• クレイツ|エスペシャルストレートII• オルゴ|ヴィーナスモイスト ストレートヘアアイロン• 小泉成器|イオンバランスストレートアイロン• クレイツ|ハイブリッドストレート• Areti|ストレート カール ヘアアイロン• BESTOPE|ヘアアイロン ストレート・カール両用 28mm• ローネジャパン|アゲツヤプロ -AgetuyaPRO-• パナソニック|ストレートアイロン ナノケア• クレイツ|エレメアストレート• オルゴ|ヴィーナス プロ仕様ストレートヘアアイロン• TESCOM|Nobby by TESCOM プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアーアイロン• TESCOM|マイナスイオン スチームヘアーアイロン• 小泉成器|マイナスイオンストレートアイロン• KIPOZI|ヘアアイロン2way• 小泉成器|ヴィダルサスーン ストレートアイロン VSI-1015• リュミエリーナ|ヘアビューロン 4D Plus ストレート• 三栄コーポレーション|ADVANCED 4PLATE SILK STRAIGHT IRON シルク ストレート アイロン• オルゴ|ヴィーナス プロ仕様2WAY ヘアアイロン• 丸隆|LAVIEL ストレートアイロン• Amavilla|ケアライズ AQUA PLATE WP ヘアアイロン• パナソニック|ストレートアイロン マルチ 2Way• モッズへア|MINUS ION STRAIGHT IRON マイナスイオンストレートアイロン• トリコインダストリーズ|アイビル FDストレートアイロン• テスコム|ione マイナスイオンヘアーアイロン• SALONMOON|ストレート ヘアアイロン ダブルイオン• 小泉成器|マイナスイオン2WAYアイロン• 小泉成器|ヴィダルサスーン マジックシャイン 超音波ミストアイロン• クレイツ|ホリスティック キュア ストレートアイロン• テスコム|naturam ストレートヘアーアイロン• 三栄コーポレーション|ADVANCED MINUS ION 2WAY IRON マイナスイオン 2ウェイアイロン• クレイツ|ハイブリッド2WAY• コンエアージャパン(同)|ベビリス プライマ3000• テスコム|naturam 2WAYヘアーアイロン• TESCOM|マイナスイオン 2WAYスチームヘアーアイロン• テスコム|ione マイナスイオン2WAY スチーム ヘアーアイロン 32mm• 小泉成器|ヴィダルサスーン 2WAYヘアアイロン 43商品もの製品のなかで堂々の第一位に輝いたのは、KINUJOのヘアアイロンでした!保湿力があるという独自のシルクプレートが使われているのが特徴で、 力を入れても止まらず髪の毛がなめらかに滑るので髪の毛を傷めずまっすぐにすることができます。 また、仕上がりの美しさは素晴らしく、 サラサラなのにツヤがあり、毛先までほどよくまとまったナチュラルな仕上がりは、検証中にスタッフ陣から感嘆の声が漏れるほど! ほどよく丸みを帯びたフォルムは カールアレンジもラクラクで、かつ海外でも使用できるので、対応地域なら世界中どこでも簡単にストレートヘアを作ることができますよ。 どのストレートアイロンがいいか悩んでいる、とにかくいいストレートアイロンが欲しい!という自分買い目的の方にはもちろん、プレゼントとしても自信をもっておすすめできるストレートアイロンです! 海外メーカーのヘアアイロンで、珍しいカラーリングが特徴的。 さらに、プレートがしっかり内側に入っていて安全なのにも関わらず上品なカールを作ることができますよ。 仕上がりもかなりきれいでまとまりのあるナチュラルなヘアスタイルが作れますが、クセが極端に強い箇所は伸ばしきるのにかなり時間がかかってしまうのが唯一の欠点。 使いやすく、立ち上がりスピードが速いものを探している人にはうってつけです! 細かな溝が刻まれたプレートが特徴で、 髪の毛の水分を必要以上に逃さずきれいな仕上がりにしてくれます。 片手で挟むだけで髪の毛にしっかりテンションを加えられるうえ、 滑りがいいプレートなので髪の毛に負担を与えずにスタイリングできます。 ほんのり丸みを帯びているので、カールアレンジも簡単! 設定温度に到達するまで45秒とかなりスピーディーだったうえ、到達するとライトが点灯するだけでなく音が鳴ってお知らせしてくれるのでささっと使いたいときにも便利です。 このアイロンが最も優れているのは、 ツヤツヤでサラサラ、かつまとまりある仕上がりになるのでかなりきれいです。 仕上がりと使いやすさにこだわる人に特におすすめです。 人気のベーシックタイプのSALONIAのヘアアイロンとは一線を画しているのがこちらの製品。 SALONIAにしては7000円台と高めの価格設定ですが、それでも安いと感じるほどの実力がありました。 まず特筆すべきなのは、 目に見えるほどパワフルで強烈なスチームです。 ボタンなどを押さなくても、髪を挟むだけでスチームが出てきて、クセが強い髪の毛でもあっという間にまっすぐにすることができます。 今回の検証では 1回でほとんどのうねりが解消され、毛先までまとまった柔らかな仕上がりになりました。 プレートの幅が15mmと、標準的なヘアアイロンのおおよそ半分程度。 短い髪の毛も逃さずキャッチし、根元からクセつけできるのでショートヘアの方でもスタイリングしやすいです。 このヘアアイロンの最大の特徴は短い髪の毛だけでなく ロングヘアでも素早くまっすぐにできること!しかし、片手でスタイリングすると力が入ったところ、入っていないところが顕著に現れてムラがある仕上がりになってしまうので、注意してください。 また、 160gとかなり軽く非常に使いやすいので、髪の毛が短い人だけでなく、朝のスタイリングを時短したいロングヘアの人にもおすすめできる製品です。 一見おもちゃのようにも見えるチープな外見ですが、見かけによらず十分な実力があります。 一番の特徴は他にはないほど 徹底した安全な設計で、本体を閉じるとプレートはまったくはみ出しておらず、最低限の注意を払えばヤケドの心配なく使うことができます。 そのため、 初めてヘアアイロンを使う小・中学生にも自信をもっておすすめできます。 毛先が パサついた仕上がりは残念ですが、うねりは解消できるので値段を考えれば十分。 カールアレンジができるアタッチメントもついているので、 マルチに活躍してくれること間違いなしです。

次の

【2020年版】アイロンのおすすめランキング15選。種類ごとにピックアップ

アイロン 比較

出典: かけ面が特殊セラミックでできているのが特徴のシリーズです。 温度が上がるほど滑りがよくなり、アイロンがけがよりスムーズに行えます。 アイロンを立てた状態で使える「バーチカルスチーム」機能を搭載しているので、衣類スチーマーのような使い方もできます。 ティファールのアイロンの選び方 かけ面の素材をチェック アイロンのかけ心地は「かけ面の素材」によって異なります。 かけ面の素材は、「セラミック」や「チタン」、「フッ素」などでできています。 一番すべりが良いのはセラミックで、チタン、フッ素の順にすべりが良いと言われています。 ティファールのアイロンのかけ面はほとんどがセラミック製ですが、「フリームーブミニシリーズ」は、フッ素やチタンが使われているモデルもあります。 購入する前に確認してみてください。 スチームの量を確認する 大量のスチームが特徴のティファールですが、モデルによってスチームの量は異なります。 パワフルなスチームで生地をふっくらさせたい方や、脱臭・除菌も行いたい場合は、スチームの量が多いものを選ぶと良いでしょう。 ティファールのアイロンは最低でも1分間に40g噴射します。 コードの有無で選ぶ アイロン本体にコードがついていない「コードレス」の方が操作がしやすく、よりスピーティーにアイロンがけを行うことができます。 コードがあるタイプはコンセントから直接電源をとる分、全体的にパワフルです。 ティファールのアイロンは、コードレスでも大量のスチーム噴射によってパワフルさを保っていますが、アイロンのかけやすさよりもパワーを重視する方は、コードがあるタイプもおすすめです。 ティファールのアイロンのおすすめ9選 アルティメットシリーズ.

次の

パナソニックアイロンはなぜ国内で人気なのか?ティファールとの比較レビュー

アイロン 比較

<目次>• ドライアイロンかスチームアイロンか アイロンを選ぶポイントの第1段階として、ドライアイロンかスチームアイロンかという選択肢があります。 近年ではスチームアイロンが主流になり、ドライアイロンを発売していないメーカーもありますが、一般ユーザー向けのドライアイロンもまだ存在しています。 両者の違いは、「どのような作用で布のシワをのばすのか」という点です。 ドライアイロンは高温の熱と押さえる力によって布のシワをのばすもの。 軽く霧吹きで水分を吹きかけてから使用します。 力でシワをのばしていくので、毛織物のシワを伸ばしたり毛の向きを整えたりするのには向いていません。 一方スチームアイロンはその名の通り、スチームを大量に布に吹きかけることによってシワをのばしていくもの。 重さでシワをのばすドライアイロンとは違い、本体が軽めに出来ているものも多くあります。 大量のスチームが出るという効果から、シワだけでなく衣類についた臭いを消す、もしくは弱めるという用途で使うことも可能です。 ただし価格が安いものだとスチームが少量しか出てこない場合もあるため、スチーム量もチェックして購入することをおすすめします。 コードレスタイプかコード付きタイプか コードレスアイロンは電源コードがなく置き台で充電して使用し、コード付きアイロンは電源コードがあり常に通電している状態で使用するものを指します。 コードレスアイロンか、コードつきアイロンか、これは使い勝手に大きく違いが出てきますが、どちらが良い悪いではなく、自分の好みと何にアイロンをかけたいかによって選び方が変わってきます。 しかしコードレスであるがゆえに、数分に1度は充電台の上にアイロンを乗せ、充電しながら使うようになります。 そのため、大きな一枚布の様な場合は面倒に感じるかもしれません。 ただ、ワイシャツのように向きを変える度に台に置けば、その時に充電ができるためストレスを感じることは少ないでしょう。 その点、コードつきアイロンの場合は、常時通電しているのでアイロンとしてはいつでも使える状態です。 高温に保つことができるため、スチーム量が多いアイロンでも勢いが低下することなく使うことができます。 しかしコードがついている分、前後左右に動かしたり、細かい部分をかける場合などにコードが邪魔になる場合もあります。 コードレスタイプは充電台が置き場になり、熱いかけ面を下に向けて置けるので安全です。 使用後も蓋をすればすぐに片付けることもできます。 コードつきアイロンの場合は置き台がついていないため、使用時に置く場合かけ面が前面に出てしまいますが、アイロン台に置き台がついているものを使用すれば、かけ面を下に向けて置くことも可能です。 ガイドの場合、15年ほど同じコードレスアイロンを使っていたら、最後の方は充電しても1分も持たずに又充電しなければならない状態になっていました。 メーカーに問い合わせたところ、この場合、充電機能部分の交換で対応できなくもないが、新しく本体を購入するよりも価格が高くなってしまうという見積もりがでました。 これはもちろん15年も使用していたという状況の下で起こったことなので数年単位では考えられません。 しかし、コードありの場合では起こることはない症状であることも事実です。 置き型アイロンかハンディタイプアイロンか ニーズの多様性化により、最近ではハンディタイプのアイロンも人気があります。 衣類をハンガーにかけたまま使えるスチームタイプのハンディアイロンでは、かけ面についたブラシで擦ることでシワをのばすものと、スチーマーと呼ばれ、布から浮かせてスチームをあてることだけでシワをのばすタイプのものもあります。 また手のひらサイズのドライタイプのハンディアイロンも、旅行に行く人や一人暮らしの人などには人気があります。 どちらも置き型に比べると多少の力不足は感じられますが、手軽に使うことができるという点で人気があります。 アイロンの選び方その他のポイント 自分の用途からスチームかコードの有無により大まかなアイロンの希望が決まったら、あとは細かい機能の差に着目すると、より自分の好みにあったアイロンを選ぶことができるようになります。 例えば以下のような点が挙げられます。 アイロンのかけ面がチタンなどでコートされているもの。 一般的なフッ素コートのものよりも剥げづらく使用時の滑りもよい• スチーム孔の目詰まり防止、カルキが固まるのを防止する機能を備えているもの• アイロンかけ面が従来の一方が尖った形のものではなく、両方が尖った形状をしていてかけやすくなっているもの 【関連記事】•

次の