つみたて nisa 年末 調整。 投資初心者にも簡単でおススメできる「つみたてNISA」とは?

NISA(ニーサ)と税金控除の仕組みを解説。年末調整や確定申告は必要?

つみたて nisa 年末 調整

昨年は「 老後2000万円問題」も話題となり、資産運用を始めた方も多かったのではないでしょうか。 資産運用といえば、 NISA(ニーサ)や 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)が真っ先に利用されると思われますが、NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)を昨年から始めた場合、 確定申告や 年末調整は必要なのでしょうか? そろそろ確定申告の時期が近づいてきましたので、気になっている方も多いと思います。 そこで、今回はNISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)の年末調整や確定申告の必要性について解説したいと思います。 1.NISA(ニーサ)は年末調整や確定申告が必要? NISA(ニーサ)の場合は、年末調整や確定申告のどちらも行う必要はありません。 「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の全てで、年末調整や確定申告は不要です。 まず、NISAの投資資金は所得控除にはなりませんので、年末調整や確定申告の必要はありません。 NISA(ニーサ)で収益が出た場合はどうでしょうか? 株式や投資信託などの売却益や配当金・分配金には、通常20. 315%の税金がかかりますが、NISAの場合は非課税なので、確定申告する必要がありません。 つまり、NISA(ニーサ)に関しては一切の手続きなしで、非課税の恩恵を受けることができます。 ただし、 NISA(ニーサ)で損失が出た場合、他の課税口座の収益とは損益通算できないので、注意が必要です。 2.iDeCo(イデコ)は年末調整と確定申告のどちらが必要? NISA(ニーサ)の場合、年末調整と確定申告のどちらも不要でしたが、 iDeCo(イデコ)の場合は年末調整か確定申告のどちらかが必要となります。 iDeCo(イデコ)の場合は、自動的に節税メリットが受けられるわけではないので、注意が必要です。 スポンサーリンク 給与所得者(サラリーマン)の場合 給与所得者であるサラリーマンの方は、年末調整は必要ですが、確定申告の必要はありません。 国民年金基金連合会から、「 小規模企業共済等掛金払込証明書」が、10月末ごろに届きます。 「 小規模企業共済等掛金払込証明書」は、iDeCo(イデコ)の加入者が1年間トータルで払った掛け金(12月末までに払い込む予定額も含む)を証明する書類です。 勤務先から、配られる「 給与所得者の保険料控除申告書」という年末調整を行うための書類に「 小規模企業共済等掛金払込証明書」を添付して勤務先に提出し、年末調整でiDeCo(イデコ)の掛け金を所得から控除します。 「 生命保険料控除」と同様の手続きです。 年末調整を行うことによって、iDeCo(イデコ)の掛け金を拠出して節税できた分の税金(所得税)が還付されます。 フリーランスなどの自営業者の場合 一方、フリーランスなどの自営業者の方は、年末調整はなく、確定申告が必要なので、確定申告時にiDeCo(イデコ)の掛け金を所得から控除することになります。 3.給与所得者(サラリーマン)でもiDeCo(イデコ)の確定申告が必要となる場合とは? iDeCo(イデコ)に加入している給与所得者でも確定申告が必要な場合があります。 iDeCo(イデコ)は加入する時期によって、控除証明書が届く時期が遅くなる場合があります。 iDeCo(イデコ)に加入するのが11月以降だと控除証明書が届くのが遅く、年末調整に間に合いません。 その場合、確定申告して税金(所得税)を還付してもらうことになります。 実は、私がiDeCo(イデコ)に加入したのが11月だったのですが、12月に2ヶ月分の掛け金が口座から引き落とされて、控除証明書が届いたのが年を越した1月だったと記憶しています。 控除証明書が届いた時には年末調整が終わっていたので、自分で確定申告する必要がありました。 また、忘れていたなどの理由で年末調整でiDeCo(イデコ)掛け金の所得控除手続きができていない場合には、確定申告をする必要があります。 スポンサーリンク 4.確定申告の方法とは? 確定申告といういうと、税務署に行って確定申告用の書類をもらい、記入後に再度、税務署で並ぶイメージがないでしょうか。 そもそも、確定申告をしたことがなく、全く確定申告に対してイメージがない方もいらっしゃるでしょう。 サラリーマンの場合、確定申告をする機会が少ないため、非常に億劫に感じる方が多いと思います。 実は、私も上記のようなイメージを持っていました。 昔は記入例を見ながら、用紙に数字を書き込んでいたのですが、現在は国税庁のHP上で簡単に申告書が作成できます。 入力が誤っていれば、計算が合わないとエラーで表示してくれるので、非常に助かります。 また、e-taxなどの方法があり、税務署に行かなくても自宅から申告する方法があります。 リンク 私の場合は、e-taxは利用しませんでしたが、国税庁のHP上で申告用紙を作成、印刷して所轄の税務署に郵送しました。 申告書はパソコンだけでなく、スマホで作成することも可能です。 確定申告書作成時の必要書類とは? 確定申告書作成時の必要書類としては、 給与所得の源泉徴収票、 控除証明書、 マイナンバーカード(申請書)です。 上記の必要書類を準備して、下の動画の手順に従えば、パソコンかスマホで簡単に申告書が作成できます。 確定申告の期間(延長) なお、令和元年(2019年)分の確定申告の時期は、 2月17日(月)~3月16日(月)まででしたが、新型コロナウイルスの影響により、 令和2年(2020年)4月16日(木)まで延長されました。 参考: スポンサーリンク まとめ 上記の通り、NISA(ニーサ)とiDeCo(イデコ)では手続きの必要性が異なるので、注意が必要です。 どちらの制度も税制上の優遇措置がありますが、iDeCo(イデコ)は年末調整か確定申告をしないと、その恩恵を受けることはできません。 一方、NISA(ニーサ)の場合には、一切、手続きの必要がなく、非課税の恩恵を受けることができます。 両制度の違いについて、今回の記事で理解して頂ければと思います。 なお、NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)については下記のような記事も書いていますので、参考にして頂ければと思います。 fp-investor-info.

次の

NISA(ニーサ)・積立NISAの運用益に年末調整は必要?特定口座の源泉徴収についても解説

つみたて nisa 年末 調整

今日の授業はNISA口座を2つ以上持ちたい方に向けて• NISA口座の開設数について• 金融機関変更したい場合• NISA以外でも税制面で優遇される制度 これらを紹介していきます。 NISA口座の開設数について NISA口座は1人1口座までと決まっています。 (残念!!) 例えば、今年に楽天証券で開設したなら同年内にSBI証券で開くことはできません。 ただし、後で紹介しますが金融機関を変更することは可能です。 そうすることで、今年は楽天証券、来年はSBI証券、再来年は野村證券という感じで複数の証券会社でNISA口座を保有することは可能です。 なので、そういった意味ではNISA口座を複数持つことは可能です。 詳しくは下記の記事を参照ください。 ジュニアNISAの年間非課税枠は80万円、一般NISAは120万円なので、両親と子供2人いれば、世帯で見ると年間で400万円まで非課税枠があることになります。 ただし、気をつけて頂きたいのは、ジュニアNISAは親が運用することができますが、親のNISAは本人が運用する必要があるので、奥さんに黙って口座開設をして、旦那さんが勝手に運用するというのはNGです。 変更時には年内の利用歴がないこと• 変更期間が決まっている(変更したい年次の前年10月1日~翌年9月30日まで)• 非課税期間終了後に再度NISAで運用継続するロールオーバーができない• 既存のNISA口座内の株や投資信託は金融機関変更後のNISA口座に移管することはできない こうしたデメリットを承知の上で、金融機関を変更したい方は、これから変更期間について紹介していきます。 要するに、 変更期間内の年にNISAの利用があれば年内の変更はできないということになります。 (翌年に変更することは可能。 ) 具体的にどういう状況で、どのタイミングで変更手続きをすればいつから金融機関の変更ができるかを紹介すると下記になります。 最近話題のiDeCoとか、個人年金保険とかでも税制面でのメリットはありますよ! NISA以外でも税制面で優遇される制度 NISA以外にも資産運用の側面があり税制で優遇される制度として iDeCo(個人型確定拠出年金)や 個人年金保険などもあります。 それぞれの特徴を簡単に紹介していきます。 iDeCo(個人型確定拠出年金) 従来はiDeCo(個人型確定拠出年金)は個人事業主や企業年金等のないサラリーマンの方が主な対象者でしたが、2017年からより多くのサラリーマンや公務員、主婦(主夫)などに対象が拡大になり、NISAと同じく話題の制度の1つです。 主な運用商品は定期預金や投資信託になります。 税制面においてはNISA以上に優れていて、投資信託などの運用益が非課税になるのはNISAと同じですが、それに加えて掛けた金額が課税所得から差し引かれます。 通常、給与等の総支給額から配偶者控除、保険料控除、給与所得控除等の様々な控除を受けて、その金額に応じて所得税や住民税が発生します。 iDeCoで運用をすると、掛け金もこれらの控除と同様にして総支給額から差し引かれて所得税や住民税を抑えることができます。 そのため、iDeCoと言えど、定期預金の利率はほぼ0%ですが、掛け金が課税所得から控除されることを考えると普通に定期預金するよりも遥かにお得です。 例えば、住民税率10%、所得税率が10%の方が年間で20万円を掛けたとすれば、4万円分の節税が可能になります。 それらも含めて下記の記事で詳細を紹介していますので、ご興味のある方は参照ください。 NISAやiDeCoで行う投資信託は敷居が高く感じてしまう方もおられると思いますが、保険であれば比較的気軽にできるのではないでしょうか。 基本的に誰でも加入できますし、受取時の年齢が60歳以上などの特定の契約条件を満たしていれば、一般的な生命保険と同様に確定申告や年末調整で税金の還付を受けることが可能です。 上表の通り、掛け金に応じて、所得税や住民税の還付が受けられます。 例えば、住民税率10%、所得税率10%の方だと、最大で6,800円の還付を受けることができます。 投資信託などと異なり、特定の条件を除けば元本確保されるのも嬉しいポイントです。 NISA口座は1人1口座まで• 複数申し込んでも最初に受理された証券会社や銀行のみで口座開設される• NISA口座の金融機関の変更は可能である• iDeCoや個人年金保険といった税制面で優遇される制度もある 余剰金が沢山ある方で、NISA、iDeCo、個人年金保険を使ってもまだ余裕がある方は、世帯レベルで見て家族が同意の上、配偶者のiDeCoや子供のNISAを検討してみるのもアリだと思います。 (ジュニアNISAは親が運用することは可能ですが、配偶者に関しては本人が行う必要があります。 ) また、NISA口座を年内に複数保有することはできませんが、金融機関の変更をして楽天証券にすると楽天ポイントがたまりますし、そのポイントで投資信託が買えるので運用効率は上がると思います。 ただし、金融機関の変更をすることでロールオーバーができなくなり、NISAのメリットを最大限に活かすことができなくなる点は注意が必要です。 (つみたてNISAに関しては元々ロールオーバーができない制度なので、このデメリットは関係ないです。

次の

「つみたてNISA」4つの落とし穴 「金融庁お墨付き」に飛びつく前に | マネーの達人

つみたて nisa 年末 調整

筆者もメインはFXですが、つみたてNISAで税金のかからない投資もしやっていますよ。 税金を支払うときに確定申告が必要 ではどのようなときに確定申告が必要なのかというと、「税金を支払う」か「税金を支払いすぎた」ときです。 所得税及び復興特別所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。 より つみたてNISAのようにそもそも非課税である場合には、確定申告は無縁です。 そういう意味でも、つみたてNISAは便利な制度ですよね。 初心者に間違えなくオススメしたい投資法ですね。 つみたてNISAで税金が発生するケース つみたてNISAでは得た利益が非課税です。 でも「年間40万円の非課税枠の中で」という制限があります。 なので、つみたてNISAで税金が発生するケースが下記の場合です。 自分の使っている証券会社・銀行で積立設定がどうなっているか?• 自分の投資しているファンドは分配金が配布されるか? 分配金なしのファンドであれば、年間40万円を超えることはないので、非課税のまま安心して投資できます。 積立NISAで確定申告不要のデメリット 積立NISAでは確定申告が不要なのですが、デメリットもあります。 結論だけ言うと、損失が出た場合です。 損益通算できない 積立NISAでは損益通算ができないです。 通常の投資であれば、自分が投資して損したときに損益通算を使うと、総所得から控除してもらえます。 わかりにくいので、図にしてみました。 投資をして損したときに損益通算をすれば、その分税金が戻ってきます。 でも積立NISAでは、損益通算が使えません。 損失を出したときには、単純に自分の手持ち金がマイナスになります。 これが積立NISAのデメリットになります。 繰越控除できない 積立NISAでは、繰越控除もできません。 通常の株式や投資信託の損失は、3年間繰り越して、各年分の投資で得た所得から控除できます。 また分かりづらいので図にしてみました。 長期的に述べていなかったら、今ごろスマホはないです…。 実際に1980年代のアメリカやメキシコのGDPを見てみると、伸び続けていますね。 なお日本は壊滅的に伸びていません。 結論としては、短期的な損失はスルーして、長い目で投資していきましょう。 積立NISAの非課税枠が年間40万円なので、年に4,000円ずつ貯まっていきます。 今からでもに変更することをオススメしますよ。

次の