大人 の ポテト サラダ。 ちょっと濃いめ、大人のポテトサラダレシピ。酒のつまみにぴったり

基本のポテトサラダのコツとレシピ/作り方:白ごはん.com

大人 の ポテト サラダ

芋の加熱は、皮ごと蒸したりゆでたりする方法もあります。 ただ、さらしや軍手も使って熱々の芋の皮をむくのも大変なので、 つぶしやすい大きさに切って、塩をきかせてゆでるのがやりやすくも美味しく仕上がると思います。 まず、じゃが芋は皮をむいて半分に切り(大きければさらに半分に切ってから) 1~2㎝幅を目安に切りましょう。 鍋にたっぷりの水と切った芋を入れ、そこに ティースプーン山盛り1杯分の塩(分量外)を加え、火にかけて水からゆでます。 ゆでるときに塩をきかせることで、 芋の甘みが引き立ち、水っぽさも感じにくくなります。 じゃが芋は大きめのものの中央までしっかり火が通っていることを確認し(串を刺したり食べてみたり)、ざる上げしてそのまま粗熱を取ります。 粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。 この2つの野菜の下ごしらえとして、「玉ねぎは辛みを抜き」「きゅうりは塩をしてしんなりさせたい」ので、 海水くらいの濃いめの塩水に氷を入れて冷やし、玉ねぎときゅうりの下ごしらえを同時に行うと便利です。 ボウルに 水300mlと塩小さじ2(分量外)を合わせ、そこに氷を軽くひとつかみ加えてください。 塩を溶かし混ぜてから、きゅうりと玉ねぎを10分ほど浸し、取り出すときは両手でしっかりと水気をしぼって準備完了です。 ハムは短冊形に切り、卵はを参考に10~12分くらいの固ゆでにして冷まし、殻をむいてから粗く包丁で刻みます。 なめらかな仕上がりにしたい場合はポテトマッシャーを使っても。 芋をつぶした後に味付けを行います。 まず、全体にしっかり混ぜ合わせたい 調味料(マヨネーズ大さじ3、こしょう、好みで粒マスタード)と切ったゆで卵を加えます。 全体を混ぜ終えたら、次に水気をしぼったきゅうりと玉ねぎ、ハムを加えます。 最後に味見をしてみて、 全体的に味が薄ければ『マヨネーズ』を足し入れ、コクはあるけど塩気だけが足りないときは『塩』を加え、味を調えたら出来上がりです。 冷蔵庫で3日ほど日持ちします(目安として)。 芋は皮ごとゆでる方がいい、さらに熱いうちにつぶした方がつぶしやすいし水気もさらに飛ぶ、といった考え方も…。 でも、適当な大きさに切ってから塩ゆでして、水につけることなく冷まして他の調味料と混ぜ合わせる、という工程は個人的に理にかなったものかなと思っています。 ゆでる時間が短いので、省エネなうえ塩気も適度に付いて水っぽさを感じたことはありません。 参考になりましたら。 器情報:藤井敬之さんの器.

次の

つくれぽ1000特集!ポテトサラダ人気レシピ【20選】|クックパッド殿堂入りレシピ集

大人 の ポテト サラダ

毎日頑張る家族や自分のための手作りお弁当は、元気をチャージできるメニューを選びたいもの。 コラム「」では、家族のために毎日お弁当を作っている料理家のお母さんに、お弁当作りのレシピやコツを教えてもらいます。 今回はお惣菜の定番、ポテトサラダ。 何度も作っているのに、何となく味が決まらない…。 そんなことはありませんか? ポテトサラダに大事なのは程よい酸味と甘み。 その味の決め手になる下味に、私は玉ねぎドレッシングを使います。 このドレッシングはこの下味以外にも色々なサラダにも合いますのでストックしておくと便利ですよ。 (私はよくタコのカルパッチョにもかけてます。 ) 今回は具材もたくさん入れて、ごちそうポテトサラダを作ってみました。 旬のそら豆、卵にベーコン、そしてブラックオリーブが効いている、ちょっぴり大人のポテトサラダです。 じゃがいもは洗ってから皮をむいて芽を取り除き、8つ割にして水にさらす。 鍋にかぶるぐらいの水を入れ、塩少々を振って茹でる。 そら豆はサヤから出して、黒い部分に切り込みを入れておく。 粗熱が取れたら薄皮をむく。 ベーコンは5mm幅の拍子切りにし、フライパンでこんがり焼いておく。 玉ねぎドレッシングを作る。 適当に切った玉ねぎ、酢、サラダオイル、塩を合わせ、ブレンダーやフードプロセッサーなどで滑らかになるまで撹拌する。 じゃがいもが茹で上がったら粗く潰し、熱いうちに玉ねぎドレッシング大さじ4を加え、和えておく。 冷めたら適当な大きさにカットしたゆで卵、ベーコン、そら豆、ブラックオリーブの輪切り、マヨネーズ、ガーリックパウダー少々を加え、さっくり和える。 仕上げにブラックペッパーをたっぷりかける。 サンドイッチにしても美味しいので、お弁当にもぴったり。 いろんな具材を試して、オリジナルのポテトサラダを作るのも楽しいですね。 野心を叶えたらハッシュタグでシェア! NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。 読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…! それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。 ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「」で教えてくださいね。

次の

つくれぽ1000特集!ポテトサラダ人気レシピ【20選】|クックパッド殿堂入りレシピ集

大人 の ポテト サラダ

毎日頑張る家族や自分のための手作りお弁当は、元気をチャージできるメニューを選びたいもの。 コラム「」では、家族のために毎日お弁当を作っている料理家のお母さんに、お弁当作りのレシピやコツを教えてもらいます。 今回はお惣菜の定番、ポテトサラダ。 何度も作っているのに、何となく味が決まらない…。 そんなことはありませんか? ポテトサラダに大事なのは程よい酸味と甘み。 その味の決め手になる下味に、私は玉ねぎドレッシングを使います。 このドレッシングはこの下味以外にも色々なサラダにも合いますのでストックしておくと便利ですよ。 (私はよくタコのカルパッチョにもかけてます。 ) 今回は具材もたくさん入れて、ごちそうポテトサラダを作ってみました。 旬のそら豆、卵にベーコン、そしてブラックオリーブが効いている、ちょっぴり大人のポテトサラダです。 じゃがいもは洗ってから皮をむいて芽を取り除き、8つ割にして水にさらす。 鍋にかぶるぐらいの水を入れ、塩少々を振って茹でる。 そら豆はサヤから出して、黒い部分に切り込みを入れておく。 粗熱が取れたら薄皮をむく。 ベーコンは5mm幅の拍子切りにし、フライパンでこんがり焼いておく。 玉ねぎドレッシングを作る。 適当に切った玉ねぎ、酢、サラダオイル、塩を合わせ、ブレンダーやフードプロセッサーなどで滑らかになるまで撹拌する。 じゃがいもが茹で上がったら粗く潰し、熱いうちに玉ねぎドレッシング大さじ4を加え、和えておく。 冷めたら適当な大きさにカットしたゆで卵、ベーコン、そら豆、ブラックオリーブの輪切り、マヨネーズ、ガーリックパウダー少々を加え、さっくり和える。 仕上げにブラックペッパーをたっぷりかける。 サンドイッチにしても美味しいので、お弁当にもぴったり。 いろんな具材を試して、オリジナルのポテトサラダを作るのも楽しいですね。 野心を叶えたらハッシュタグでシェア! NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。 読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…! それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。 ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「」で教えてくださいね。

次の