タラ の アクアパッツァ。 10分でアクアパッツァ風パスタ。魚が食べたいときに助かるレシピ

鱈(タラ)とアサリのアクアパッツァの作り方

タラ の アクアパッツァ

玉ねぎはみじん切りにします。 ミニトマトはヘタをとって縦半分に切ります。 しめじは石づきを除いて手で裂きます。 タラは両面に塩こしょうを振っておきます。 アサリは洗って塩抜きをします。 フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、玉ねぎとしめじを炒めます。 しんなりしてきたら、端によせて、皮目からタラを真ん中において焼きます。 ボウルにAを加えて混ぜ合わせておきます。 焼き色がついたら、タラを裏返しアサリとミニトマトを入れ、5を加えて蓋をして10分ほど煮ていきます。 器に盛って三つ葉をのせてできあがりです。 まとめ タラはワンパターンなレシピが多いので、いつもと違った食べ方ができてとてもうれしいです。 しかも、簡単にできて食卓がおしゃれに見えるなんていいですよね。 白みそ仕立てでコクもうま味もあります。 和風で上品なアクアパッツァで心も体もあたたまりたいです。 魚介と白みそは相性抜群、タラのうま味と白みそのコクが合わさって、絶品アクアパッツァの完成です。 これからの時期、イベントやパーティーに大活躍すること間違いなしですね。

次の

LE CREUSET で作る『タラのアクアパッツァ』

タラ の アクアパッツァ

リンク 下ごしらえ🥗 1. あさりは 塩抜きをする。 タラに塩こしょうを振り下味をつける。 野菜は食べやすい大きさに切る。 フライパンは浅いので、ブロッコリーの茎は短めに切ることをオススメします。 にんにくは粗めのみじん切りにする。 作り方🥣 1. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ熱し、玉ねぎも加え中火でしんなりするまで炒める。 炒めた玉ねぎをフライパンの淵に円形に寄せて真ん中を空け、タラの切り身を並べる。 あさり、しめじ、ミニトマト、ブロッコリーもフライパンに並べ入れる。 白ワイン、オリーブオイル、ケイパーを入れ、ふたをして中火で15分ほど煮込む。 トッピングに輪切りのレモンをタラの上に置く🍋 作る時に具材を綺麗に並べて作れば、盛り付け不要でフライパンのままテーブルに出せます🥰 ホームパーティーやちょっとしたお祝い事の時の一品としてもオススメですので、ぜひ作ってみて下さいね💓.

次の

10分でアクアパッツァ風パスタ。魚が食べたいときに助かるレシピ

タラ の アクアパッツァ

日本の食卓の定番とも言える干物。 素材の旨みを凝縮し、保存性を高める干物は、海に囲まれた日本の伝統的な食文化として広く定着してきました。 奈良時代には宮廷へ献上され、江戸の庶民にも愛されてきた干物を、今あたらしくするとしたら? その一つの答えを見せてくれるのが、明治10年に神奈川県・真鶴で創業し、100年以上の歴史を持つ干物店〈魚伝〉の5代目店主 青木良磨さんと、ミシュランガイドと並ぶレストランガイド「ゴ・エ・ミヨ 東京・北陸・瀬戸内2018」で「期待の若手シェフ賞」にも選ばれた田村浩二さん。 おふたりが手がける「アタラシイヒモノ」はこだわりの魚介をフレンチの手法で大胆にアレンジした新感覚の干物です。 素材には、鮮度抜群の金目鯛を贅沢に使用。 特別な調味液に浸け込み、複数のハーブをまぶして丁寧に干し上げることで、豊かな旨みを引き出し、個性あふれる風味を実現しました。 シンプルに焼いて食べるだけでなく、アクアパッツァやスープなど、料理の素材としてもぜひ使っていただきたい一品。 とくに、干物ならではの深みのある味わいが染み出すアクアパッツァは、集いの日のおもてなしにもぴったりです。 アタラシイヒモノ 1枚• にんにく 1片(みじん切り)• サラダ油 適量• ミニトマト 5~6個• フライパンにサラダ油を熱し、にんにくを軽く炒めたら、ヒモノをのせて両面を丁寧に焼く• ミニトマトと野菜を入れて、ひたひたになるくらいの水(材料外)を加える。 蓋をして中火で10分〜15分煮込んだら出来上がり。 スープとからめればリゾットが出来上がりです。 【催物のご案内】 〈TIRPSE〉 田村浩二 シェフによるアタラシイヒモノ教室 「アタラシイヒモノ」を使ったアクアパッツァの作り方を、田村シェフから直接教えていただけます。 〈魚伝〉青木良磨さんもゲストとして登場します。 【商品の取扱いについて】 記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店=フレッシュマーケットにてお取扱いがございます。 商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

次の