膿栓 洗浄。 膿栓除去格闘記

臭い玉(膿栓)が出来やすい人と出来にくい人の特徴を徹底調査!

膿栓 洗浄

扁桃専用洗浄管 扁桃専用ガラス吸引管 扁桃腺に白い臭いカス(膿栓)が溜まってとても困っている患者さんが、当院には遠方からも大勢いらっしゃいます。 この膿栓のために本人は咽喉の違和感やとても嫌な臭い(ドブや下水の臭い)に悩まされるのです。 口臭もするため、当然人前で話す事もはばかられるという事態になる場合もあるのです。 これは大変深刻な事態であり、何としても膿栓を取り除かなければなりません。 咽喉をパッと見ただけでは分からない場合も多く、そういう場合は前口蓋弓という手前の襞をめくってみなければ分からないのです。 治療は専用の洗浄管を使って扁桃腺の陰窩に管の先を突っ込んで水圧を掛けて洗い出すのです。 それでも不十分の時は専用のガラス製の扁桃洗浄装置で強い陰圧を掛けて吸い上げます。 多少の苦痛を伴いますが、膿栓がすっきり取れて違和感と臭いから解放されます。 このように膿栓は洗浄治療やガラス吸引治療で取り除いて治療を行いますが、これを繰り返してもすぐに膿栓が溜まって困るという患者様には、膿栓が溜まる陰窩を焼き潰す治療を行う場合があります。 これにより膿栓が溜まるスペースが大分小さくなり、あまり溜まらなくなることが期待できます。 しかし可能ならば入院して扁桃腺摘出術をするのがベストです。

次の

口臭の原因は喉から出る膿汁?対策法をご紹介

膿栓 洗浄

膿栓が取れるアルカリイオン水について 臭い玉「膿栓」は口臭の原因になるため一日も早く取り除きたいと思っていませんか。 しかし、「膿栓が上手く取れない」、「取ってもすぐにたまる」と困っている方が多いです。 その理由は、膿栓は扁桃の小さな穴の中にたまるため容易には取れないからです。 無理に膿栓を取ろうとすると、喉粘膜に炎症を起こすなどのリスクもあるのでおすすめではありません。 それに、膿栓を除去しても慢性的な扁桃炎があると、何度でも膿栓は出来ます。 耳鼻科での治療も大切ですが、臭い玉「膿栓」はうがいで取れます。 うがいにアルカリイオン水を使うと、膿栓が取れやすく、また毎日アルカリイオン水でうがいを行うことで、うがい薬よりも膿栓の予防効果が高まります。 それは、アルカリの作用に秘密があるからで、どのアルカリイオン水でうがいをしても良いという訳ではありません。 今回の記事は、膿栓を取ることができるアルカリイオン水の種類についてと、アルカリイオン水うがいの方法についてお伝えします。 是非ご参考にしてください。 この記事の目次• 膿栓はうがいで取る 口臭が気になる、喉の違和感がつらい。 そのため、膿栓を取りたいけれど取れないとお困りではないでしょうか。 簡単に膿栓が取れない理由についてご説明します。 >> 膿栓は、喉の扁桃腺にある「腺か」や「いんか」と呼ばれる小さな穴の中にたまります。 そのため、「見えないけれど臭い。 」など訴えられる人が多いのです。 そのような膿栓ですから、容易には取れません。 しかし、扁桃腺の穴に汚れがたまり膿栓が大きくなると、扁桃腺の表面に見えるようになります。 この時期になると食事や咳などで取れてしまいます。 臭い玉を告白した芸人は…ドランクドラゴンの鈴木拓、バナナマンの設楽、ロバートの秋山、宮川大輔、ほっしゃん、、、 引用: それでも、膿栓の粘着力が強くいつまでも残ると、喉の違和感が続きストレスがたまることでしょう。 そのような時には、小まめに「うがい」を行うことをおすすめします。 見えている膿栓のケースでは、うがいによって取れることがあります。 関連記事 膿栓をアルカリイオン水うがいで取る うがいは水でも構いませんが、アルカリイオン水を使う方が膿栓の除去が容易になります。 うがいの仕方 うがいが最も安全に膿栓(臭い玉)を取る方法であることは間違いなく、またそれだけではなく外から入ってくるウイルスや細菌などの異物を取り除く効果があります。 しかし意外と知られていないのが、「正しいうがいの仕方」。 「うがいなんて、なんとなく口に含んでガラガラしておけばいいのでは?」と考えている人が多いのですが、それは間違いです。 正しいうがいの仕方を確認しておきましょう。 アルカリイオン水を口に含み、唇を閉じて頬の筋肉を動かして、グチュグチュと口の中を洗って吐き出します。 これでまず、口の中の汚れを除去します。 いきなりうがいをすると、喉をさらに汚してしまうことになるからです。 口の中の洗浄ができれば、その後に喉うがいを行います。 うがいは「ガラガラ」とか「ア~」ではなく、「オ~」と発声します。 「オ~」と発声することで喉の奥まで水を含ませることができるのです。 正しくうがいをして、つねに口腔内を清潔に保ち、膿栓(臭い玉)を予防しましょう。 関連記事 うがいのコツ うがいをしたからといって、膿栓(臭い玉)は簡単に取れないことの方が多いです。 それは、膿栓(臭い玉)の一部が扁桃の穴の中に埋まっているからです。 また、人によっては、膿栓(臭い玉)が粘膜にしっかりと付着している場合もあります。 だから、うがいにはコツが必要です。 【うがいのコツ】• 水が扁桃に当たるように、首を傾けてガラガラとうがいを行う。 膿栓(臭い玉)ができやすい方の扁桃を集中的に当てる。 水を吐き出すときに、痰を切るように吐き出す。 うがいは、喉を傷めるまでし過ぎないこと。 関連記事 アルカリイオン水の効果 アルカリイオン水というと「重曹水」を連想するかもしれませんが、実際、重曹のpHはというと弱アルカリ。 この程度のアルカリでは、消臭効果はあるかもしれませんが、プラークなどの汚れを落とすのは困難です。 市販のアルカリイオン水のアルカリ度は… ・キリンアルカリイオン水…ph8. 8~9. 4(弱アルカリ) ・美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水…平均ph10. 5(強アルカリ) ・重曹…ph8. イソジンのうがい薬でも水と同じで膿栓(臭い玉)を取ることはできません。 このように言うと、「水(又はイソジン)でうがいした時に膿栓(臭い玉)が取れた。 」と仰る方がおられますが、この時の膿栓(臭い玉)は特にうがいをしなくても自然に取れる状態にあったと考えられます。 膿栓(臭い玉)と臭い粘液(膿汁のうじゅう)の二つを同時に取り除くことが大事です。 これを除去しない限り、膿栓(臭い玉)は何度でも出来、喉の違和感や口臭を改善することはできないからです。 効果的にうがいを行うには、アルカリイオン水がおすすめです。 膿栓(臭い玉)を効率よく対策する方法としては、アルカリイオン水でうがいを行なうことが有効です。 アルカリの作用でタンパク質からできている膿栓(臭い玉)や膿汁を粘膜からはがしやすくします。 次の3つの図は、アルカリイオン水でうがいを行うことで膿栓(臭い玉)が取れ、その後もうがいで洗浄すると膿栓ができないように予防できるということを表したイメージ図です。 扁桃腺に膿栓(臭い玉)ができています。 アルカリイオン水でうがいを行うと、膿栓(臭い玉)の表面が溶かされるので、粘膜から外れる。 その後もうがいを行うと、膿栓(臭い玉)ができなくなる。 水うがいで膿栓を取ることは難しいのですが、「アルカリイオン水」でうがいを行うと膿栓が良く取れます。 どうしてだと思いますか? 膿栓や粘液(膿汁)はたんぱく質からできているため、アルカリイオンの作用で膿栓の表面を溶かすからです。 だから、水うがいで取れなかった膿栓が、アルカリイオン水で取れるようになります。 それでは、美息美人でなくても、市販のアルカリイオン水でも同じ効果があるのでしょうか? 中性で生きる口内細菌は、強い酸性と強いアルカリでは死滅します。 ですから、美息美人のようにph(アルカリ度)が強くなければ効果は少ないのです。 引用: 関連記事 うがいで予防 アルカリイオン水で毎日うがいを行なうことで、膿栓(臭い玉)が取れやすくなります。 膿栓が扁桃のくぼみから出ていると、うがいをするだけで膿栓が取れることがありますが、おすすめはアルカリイオン水です。 うがいで喉(のど)がきれいになると、膿栓(臭い玉)と口臭を予防できます。 うがいの効果については、サラヤHPに載っていたのでご紹介します。 適度の刺激が粘液の分泌や血行を盛んにする• のどに潤いを与え、粘膜の働きが弱まるのを防ぐ• ホコリなどを粘液とともに上気道から洗い流す• 口腔粘膜への細菌の付着を抑え、定着しにくくする• セキを抑え、タンを除去します。 のどの痛みを抑える• 口臭の元になる汚れを除き、口臭の発生を防ぐ• (膿栓が)気になる人は、うがいでのどを清潔に保つことが一番です。 水かうがい薬で4回以上のうがいを1日3度ほどすれば、細菌の増殖は防げるはずです。 引用:かみむら耳鼻咽喉科 うがいをするだけでも膿栓の予防になるかもしれませんが、アルカリイオン水のうがいだと、より膿栓(臭い玉)を予防することができます。 アルカリには、たんぱく汚れを分解する働きがあるため、喉を清潔に保つことができるからです。 そのため、膿栓(臭い玉)と粘液(膿汁)できにくくなり、口臭の予防にもなるのです。 膿栓を取るアルカリイオン水とは 膿栓は、容易には取れないものだということが理解できたのではないでしょうか。 また、膿栓を除去しても、根本原因である扁桃炎などの鼻・喉の疾患を治療しないことには、口臭は改善できないのです。 ところが、アルカリイオン水でうがいを行うと膿栓が取れやすく、それだけではなく、膿栓の予防にもなります。 このアルカリイオン水について誤解されていることが多いようなので、詳しく説明させていただきます。 >> アルカリイオン水とは 「アルカリイオン水」という名称はアルカリ電解水の略称ですが、特にアルカリイオン整水器などを用いなくても、アルカリイオンが溶け込んだ水は作ることが可能です。 元々、アルカリイオン水という名称は、PH6. 0からPH8の中性より高いPHの水をいいますので、自然界にも存在しています。 一般的には、PH9. 0以上の水をアルカリイオン水と言うようです。 アルカリイオン水の働き アルカリイオン水には、H2Oから生じる水酸化イオン(OH- と水素ガス H2)を含んでいる 引用: 水酸化物イオン(OH-)の作用…界面活性力や表面張力の変化(浸透圧の低下) アルカリイオン水には界面活性力があるために、汚れを落としやすくする働きがあります。 また、浸透圧を低下させる作用によって、菌の水分を吸い出して衰弱させることができると言われています。 「キリンアルカリイオン水」のpHは、pH8. 8~9. 4です。 重曹水は飲料ではありませんが、うがいに使うと口臭予防に効果があると言われています。 この重曹水のPH値はPH8. 2(弱アルカリ)ですので、中性の水道水と大差がありません。 それどころか、キリンアルカリイオン水よりもかなり低いのです。 注意)PH値が1大きいと濃度は10倍増える。 PH値が2大きくなると、濃度は100倍になる。 関連記事 うがい用のアルカリイオン水 風邪予防のうがいに用いるのであれば、水道水でも十分かもしれません。 しかし、膿栓や膿汁の除去のために使用するには、PH10以上の強アルカリが必要になります。 電解水生成器でも強アルカリイオン水を作ることができますが、抗菌や洗浄作用が認められているホタテ貝焼成パウダーから作られるアルカリイオン水がおすすめです。 ホタテ貝の養殖が盛んな青森では、年間五万トンの貝殻が放棄される。 その有効利用研究を進める中で、粉砕し高温で焼成、酸化させてできたセラミックスが化学物質軽減分解機能や除菌、消臭など驚異的なパワーを有することを証明した。 引用:八戸工業大学(生物環境化学工学科) ホタテ貝殻の消臭・除菌力実証 参考 アルカリイオン水の長所• 器具を使用しないので 安全。 うがいをするだけなので、だれでも 簡単 にできる。 アルカリの作用で膿栓(臭い玉)がよく取れる。 膿栓(臭い玉)が取れた後も、 膿栓(のうせん)ができにくく、 口臭予防 になる。 無添加の自然のうがいなので、 安心 して使用できる。 場所を選ばず どこでも うがいができる。 うがいの他に 歯磨きにも使用できるので口腔全体を清潔にできる。 アルカリイオン水を使用するうがい方法を行なうことで、たとえ、膿栓(臭い玉)ができたとしても容易に除去できます。 そして、その後もずっと膿栓(臭い玉)を予防でき口臭の心配がなくなるので一度お試しになられてはいかがでしょう。 まとめ 安全に臭い玉(膿栓)を除去する方法としてのアルカリイオン水うがいについてご紹介しました。 臭い玉(膿栓)の取り方は、ネットでもたくさん紹介されていますが、ご自分で膿栓を取ろうとすると、喉を傷付けたり菌に感染するかもしれないのでおすすめできません。 耳鼻咽喉科に行っても、慢性扁桃炎による膿栓の場合には何度でもたまるからとか、特に問題がないという理由から膿栓を取り除かないことが多いようです。 そのような場合には、アルカリイオン水を使用してうがいを行うことをおすすめします。 うがいのタイミングが合えば膿栓が取れるかもしれません。 しかし、うがいの効果は、膿栓を取り除く以上に予防ができることにあります。 予防するには殺菌効果のあるうがい薬が良いかもしれませんが、ずっと使うわけにもいきません。 安心して膿栓除去と予防を期待するのでしたら口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」によるアルカリイオン水のうがいがおすすめです。 【参照リンク・参考文献】 日本口臭学会 口臭への対応と口臭治療の指針2014.

次の

福岡市中央区で膿栓除去・膿栓吸引で治療する耳鼻咽喉科(病院)は?臭い玉を取ってくれる?

膿栓 洗浄

臭い玉(膿栓)って何? 臭い玉は膿栓とも呼ばれ、 喉の両脇にある扁桃(良く扁桃腺が赤くなるとか言いますがそこです)に出来る白い粒のようなものです。 その サイズは米粒ほどのものが多く、 飛び出した臭い玉(膿栓)を潰してニオイをかぐと硫黄をさらに臭くしたような強烈な臭いがします。 実は扁桃にはもともと多くの穴があって、カラダの中に入ってくる異物を捕まえる役割を果たしています。 一種の防衛反応でもあるわけですが、そこに溜まったものは ウイルスや細菌の死骸で扁桃を持っている人なら誰でも出来る可能性があるのが臭い玉(膿栓)なんです。 通常であれば、臭い玉(膿栓)はそれほど大きくならないうちに、咳や痰と一緒に排出されます。 ところが、口呼吸などで唾液の分泌が減少すると、ウイルスや細菌の死骸が溜まりやすくなって、臭い玉(膿栓)も大きくなってしまいます。 口臭ケアしてもまだ臭い! 自分の口臭を自覚しており、 口腔内のケア(歯周病や虫歯)や 胃腸の不調を改善するなど、口臭の原因となるものを予防しているにもかかわらず、臭いがする場合には、臭い玉(膿栓)を疑ってみましょう。 口臭の原因としては、上記に挙げたように、口腔内、体の内側(胃腸)などが考えられますが、実は、この記事で挙げている 臭い玉(膿栓)も口臭の原因の一つになります。 口臭のほとんどの原因は80~90%口腔内にあると言われています。 歯周病や虫歯は歯医者で治療することで改善できますし、舌苔(ぜったい)も喉の奥の方でなければ、舌ブラシなどを使うとケアすることができます。 ところが、この 臭い玉(膿栓)は、かなり喉の奥にありますから、通常の方法では取り除くことができません。 臭い玉(膿栓)はもともと外部からの細菌などの浸入を防ぐために出来るわけですが、もし体の中に飲み込んでしまっても害はありません。 ただ、臭い玉(膿栓)が溜まり続けると 慢性扁桃腺炎 になることがあるので注意が必要ですよ。 臭い玉の出来やすい人と出来にくい人の特徴とは ところで、人によって臭い玉(膿栓)の出来やすい人と出来にくい人がいるのでしょうか? そこで、臭い玉(膿栓)が出来やすい人と出来にくい人に差があるのか、その特徴の差をまとめてみたいと思います。 そうなると排出するよりも溜まっていくことになり臭い玉(膿栓)が出来やすくなります。 画期的な新時代の電動歯ブラシ登場。 基本的なことですが、常に 口の中を清潔にしている人は、臭い玉(膿栓)が出来にくくなります。 もう一つは、 口腔内の乾燥を予防する習慣のある人は、臭い玉(膿栓)が出来にくいですね。 ただし、もともと 扁桃腺の陰窩(いんか)と呼ばれるくぼみが先天的に大きな人は、どうしても臭い玉(膿栓)が出来やすくなってしまいます。 臭い玉(膿栓)が出来ていたらどうする? 鏡などを見たときに臭い玉(膿栓)が出来ていた場合、どのようにするのが良いのでしょうか? そして、臭い玉(膿栓)が出来にくいように予防するにはどうしたら良いのか?を紹介します。 1.すでに臭い玉が出来ている場合 臭い玉(膿栓)は 耳鼻咽喉科や口腔外科のある病院で取り除いて洗浄してもらうのが一番確実で安全です。 治療方法は 洗浄と吸引で取り除くことが一般的です。 ただし、臭い玉は自然に出来るものなので、対応してくれない耳鼻咽喉科もありますから受診の際には、 事前に臭い玉の洗浄・吸引をしてくれるのか確認しておきましょう。 洗浄・吸引することで、一時的に臭い玉(膿栓)はなくなりますが、耳垢などと同じで時間が経つとまた出来ることが多いので、洗浄と吸引を繰り返すことになります。 扁桃腺を除去するという方法もありますが、もともと自然に出来るものなので、手術までする人は少数派です。 2.臭い玉(膿栓)が出来にくいように予防する方法 臭い玉(膿栓)は自然に出来るものなので、耳鼻咽喉科で洗浄・吸引しても、時間とともに新しいものができてしまいます。 そのため、 臭い玉(膿栓)が出来ないように予防することが大切になってきます。 そこで、いくつか臭い玉(膿栓)を予防する方法を紹介します。 イソジンなどの うがい薬や殺菌力の強い 緑茶などを使ってうがいをするのも効果的です。 さらに可能であれば、 鼻うがい をするのがいいです。 鼻うがいはホコリやウイルスを洗い流すことが出来るのでより有効です。 口呼吸をしていると口の中が乾燥し、細菌が活発に増える環境を作ってしまい扁桃炎などを引き起こす確率が高まります。 とくに 睡眠時の口呼吸は健康に大きなダメージを与えます。 鼻呼吸できるような 鼻呼吸用テープなど薬局などで手軽に手に入りますから、試してみる価値はあると思いますよ。 細菌の増殖を抑制するためには、丁寧な歯磨きは必須です。 食べかすなどが残っていると、 歯周病や虫歯のリスクだけでなく、臭い玉(膿栓)が出来やすくなります。 日頃から食生活にも注意し、適度な運動をする。 また、なるべく ストレスを抱え込まないようにすることで、免疫力が高まります。 ところで、この臭い玉(膿栓)が気になったあなたが、ネットで情報を探しているとかならずといって 自分で取り除く方法が出てくると思います。 例えば、 綿棒・耳かきを使うとか、シャワーを使う、注射器スポイドを使うなど、多くの方法が出てきます。 でも、それは止めて下さいね。 喉の粘膜は 非常にデリケートです。 場合によっては喉に傷が付いてしまうかもしれませんので、おススメできません。 物理的に臭い玉(膿栓)をケアする! いかがでしたか? 臭い玉(膿栓)は誰にでも起こる可能性のあるものです。 出来ているからといって、すぐに危険があるわけではありません。 しかし、放置して臭い玉(膿栓)が大きくなったり、数が増えると 硫黄よりも酷い口臭を発することにもなりかねません。 そんな時に物理的に予防するために開発された 喉口臭専用スプレー「 ルブレン」 を使って、物理的に改善する方法もあります。 臭い玉(膿栓)を抱えたまま、いつ口臭に変わるのかビクビクして過ごすようにならないための方法としておススメですね。 私には2つのコンプレックスがありました。 一つは、少し前に加齢とともに歯が黄色くなってきて、笑った時に黄ばんだ歯が見えてしまうことです。 そしてもう一つも、何が原因かわかりませんが口臭がきつくなってきていました。 普通はなかなか指摘できない悩みですが、家族(妻と娘)から、歯の黄ばみと口臭を指摘されて困っていました。 そんな時に歯のホワイトニングと口臭予防のアイテムを使って、2つのコンプレックスから開放することができたんです。 今では妻からも「歯が白くなったね。 」と言われるようになり、会社でも以前は気になっていた口臭もなくなったので、自信を持って人と話ができるようになりました。 そんなコンプレックスを持った人の少しでもお役に立てればと、歯のホワイトニングと口臭についてのブログを書くことにしました。 興味がある人に見ていただけると嬉しいです。 アーカイブ アーカイブ Twitterもどうぞ.

次の