にゃんこ大戦争 ネコ 特急。 最強キャラランキング28選

最強キャラランキング28選

にゃんこ大戦争 ネコ 特急

このページの目次 CLOSE• 最強ランキング第1位は文句なしの「皇獣ガオウダーク」 ランキング1位の理由 文句なしの一位は、皇獣ガオウダーク。 白い敵に超ダメージを与えることができ、射程も480あり、攻撃頻度、体力、共にすべてが高水準で優秀なキャラクター。 (更に白い敵の動きを一瞬止める能力付き) 最強ランキング一位の理由は、白い敵に対して唯一無二の強さを誇るから。 ダチョウ同好会やナカイくんを短時間で撃破することができ、にゃんこ塔30階のネコ仙人や40階のウララーとも相性がよく、狂乱・大狂乱シリーズのほとんどの敵にとって天敵ともいえるぐらい大活躍をしてくれる。 後にコラボガチャでビックリマンから伝説レアの「ブラックゼウス」が輩出されたが、低確率ながら毎月当てるチャンスがあるガオウダークの方が、現実味があり、運用にもクセがない。 また、ダークダルターニャも優秀で強く、白い敵をサクサク倒していくことができるが、射程の問題などで、生存率の観点でも、ガオウダークに軍配が上がる。 皇帝ガオウとタッグを組めば最強編成に ランキング第二位の皇獣ガオウと組めば最強タッグの完成です。 属性の持つ敵は、皇獣ガオウが対応し、白い敵はガオウダークが対応することで、簡単に負けることがないチームを組むことができます。 超固いバリア持ちや、超射程のBOSSキャラ、イノワールのような突破力高いキャラが相手でなければ、この組み合わせは無双状態といえるほど強力です。 皇獣ガオウダークLV50のステータス 体力 153,900 体力は高め。 優秀なアタッカーであるにもかかわらず高水準で優秀。 攻撃力 62,100 攻撃力も高め。 攻撃頻度も優秀なため、白い敵には超ダメージも組み合わさり大ダメージを与えることができる。 射程 480(範囲攻撃) 射程は優秀。 480あれば、たいていの敵は十分対応可能。 DPS 9,963 DPSも高い。 LV50にもなるとほぼ、1万DPSを実現。 速度 9 普通。 射程も長い為、ちょうどいい生存率を実現可能。 KB 4 優秀。 通常であれば、KB数が4であるため、同様のキャラよりも生存時間が長くなりやすい。 攻撃頻度F 187 (6. 23秒) 普通。 このぐらいの攻撃頻度で十分活躍できる。 攻撃発生F 38 (1. 27秒) 早め。 攻撃モーションに入れば、ほぼキャンセルされない。 再生産F 4746 (158. 20秒) 再生産は少し遅め。 1体でも十分活躍するため仕方ない。 コスト 6,000 高め。 それに見合ったパフォーマンスは実現してくれる。 【特性】• 特性 対 白い敵 超ダメージ(与ダメ x3)• 対 白い敵 100%の確率で30F動きを止める• 無効 (波動 ふっとばす) 第2位 属性を持つ敵にとって最強の汎用性「皇獣ガオウ」 堂々2位、皇獣ガオウが最強といわれる理由 続いて二位は、超ネコ祭で輩出される皇獣ガオウ。 こちらは属性をもつ敵にめっぽう強く、あらゆるステージで活躍する汎用性がある。 射程も470あり、攻撃頻度も優秀。 5%の確率で発動するクリティカルはおまけ程度の認識で構わないが、発動すれば、メタルサイクロンやメタルゴマさまも一撃で倒してしまうほどの破壊力を秘めています。 このキャラでないと攻略が出来ないというステージはないが、元々の高ステータスが属性を持つ敵にはめっぽう強い効果が発動するため、高体力・高DPSでバンバン打たれても、簡単には撃破されないぐらいの耐久度を誇る。 さすが、超ネコ祭の限定キャラということもあり、文句なしに強く、属性を持つ敵が混載すすステージにおいては、ガオウダークを上回る活躍と汎用性がみえるため、最強ランキング2位に君臨。 Wガオウはほんとに強い・・ ランキング1位でも書きましたが、Wガオウは本当に強いです。 この2体が揃うとこんなに戦力が安定するのかというほど、バランスが良いです。 クセのあるステージ以外では、この2体がいれば、大丈夫といえるステージが多いです。 皇獣ガオウ LV50のステータス 体力 102,600 体力は高め。 めっぽう強い能力が発動すれば、ガオウダーク以上の耐久性を誇る。 攻撃力 43,200 攻撃力は並みより少し上。 しかしながら、めっぽう強いが発動するため、どの属性の敵に対しても優秀に対応できる。 射程 470(範囲攻撃) 優秀。 ガオウダークより10少ないが、気にならない。 DPS 8,255 DPS高めで優秀。 速度 9 普通。 このぐらいの移動速度がちょうどよく活躍してくれる。 KB 4 優秀。 ただでさえ、生存時間は長いのに、KB数が4のため、混戦で押されて、粘って活躍してくれる。 攻撃頻度F 157 (5. 23秒) 早め。 このDPSとめっぽう強い特性で、これだけの頻度で攻撃できれば十分。 攻撃発生F 38 (1. 27秒) 攻撃発生も早め。 再生産F 4346 (144. 87秒) ガオウダークより少し早い。 大型キャラとしては平準。 コスト 6,000 コストは高めだが、コストパフォーマンス以上の活躍をしてくれる。 【特性】• 対 全ての敵(白 無 魔 使 除く) めっぽう強い(与ダメ x1. 5〜1. 5%の確率でクリティカル• 無効 (波動) 第3位 遠方範囲攻撃・抜群の安定感「メガロディーテ」 遠方範囲攻撃キャラにおいて文句なし エイリアンに対して超ダメージを与える能力を持つ遠方範囲攻撃キャラ。 エイリアンに対して有効なだけでなく、感知射程600の遠方範囲450〜850の超射程であるにも関わらずDPSが高く、どのステージにおいても汎用的に活躍が可能。 移動速度の7と遅めであり、KB数も多い為生存もしやすい。 メンバーに入れておくだけで、前線の敵を撃破している間に、後方の敵にもダメージを蓄積させておくことができる。 コストも良心的で扱いやすい。 おすすめ編成はカベキャラの量産との組み合わせ メガロディーテは、後方支援に特化しているため、射程450以内に近づかれると手も足も出ません。 そのため、カベキャラをふんだんに出撃させて、なるべく戦闘の前線は、メガロディーテよりかなり先の方に作る必要があります。 基本戦術ですが、とにかく壁を量産して、メガロディーテよりも遠くに敵を集めるのがおすすめの使用法です。 メガロディーテ LV50のステータス 体力 70,200 体力は遠距離型としては申し分ない。 これだけあれば、数回ノックバックする間に立て直すことができる。 攻撃力 64,800 攻撃力は優秀。 超遠方から、属性問わずこれだけのダメージを与えることができるのは素晴らしい。 射程 600(範囲攻撃) 「遠方範囲攻撃(450〜850)」 射程は優秀。 感知射程が600のため、非常に使いやすい水準でまとまっている。 DPS 5,415 DPSも優秀。 この射程でこのDPSがあれば十分。 速度 7 移動速度はやや遅め。 しかしながら、無理に相手に近づくリスクがないため、性能とあっている。 KB 4 KB数は多め。 生存率を高める上で優秀な数値と言える。 攻撃頻度F 359 (11. 97秒) 攻撃発生は遅め。 それでも十分強いため仕方がない。 攻撃発生F 122 (4. 07秒) 攻撃発生は少し遅め。 モーションに入ってからしばらくすると、相手に攻撃が届く。 再生産F 3946(131. 53秒) 再生産は普通。 長期戦になり2体目が出せると非常に心強い。 コスト 4,500 コストは良心的で出撃させやすい。 このキャラクターの優秀な点は、すぐれた再生産にあり、数を増やせば増やすほど、一気に敵に大ダメージを与えることができる。 再生産のスピードアップのにゃんコンボを活用すると、更に再生産速度は上がり、約2秒に1体ずつ出陣させることができる。 非常に優秀で最強キャラの評判も多いが、超極ムズステージや真レジェンドステージになってくると、数を増やしても火力不足を感じてくるようになってくる。 数年前であれば、文句なしの1位。 (もちろん今でも優秀なのは変わりません) おすすめのメンバー編成は、かさじぞうの量産 かさじぞうは一種類で十分強く、一種類量産が可能なステージであれば、バンバン量産することで、足し算形式で火力が増えていきます。 例えば、かじぞうが10体揃えば、一回の攻撃で10万ダメージをコンスタントに与える計算になります。 (対黒い敵であれば約40万ダメージ)他のキャラであれば10体溜めるのは現実的ではありませんが、かさじぞうは、再生産速度アップのにゃんコンボも活用すれば、約20秒あれば実現可能です。 この量産火力こそ、最強の名を欲しいままにした特徴でもあります。 かさじぞう LV50のステータス 体力 24,300 体力は普通。 このコストのキャラであれば平均の水準。 攻撃力 10,800 攻撃力は普通。 対黒、対天使であれば申し分ない火力となる。 射程320 射程は中距離。 射程負けしている敵は少ない為、あらゆる敵に対応することが可能。 DPS 3,306 DPSは並み。 速度 14 移動速度は少し早め。 量産しやすく、前線に到達しやすいため使いやすい。 KB 3 KB数は標準。 攻撃頻度F 98 (3. 27秒) 攻撃頻度は速め。 これに量産が加わると、火力をどんどん増すことができる。 攻撃発生F 19( 0. 63秒) 攻撃発生は速め。 再生産F 126 (4. 20秒) 再生産速度は速め、優秀。 にゃんコンボで研究力アップを活用すると、最短の2秒で生産し続けることができる。 コスト 750 コストは低め。 コストパフォーマンスも素晴らしい。 属性を持つ敵の動きを一瞬止めることができ、感知射程は450の遠方範囲(300〜700)の高ステータス。 更に、3連続攻撃を放つため、小刻みに相手の動きをとめることが出来るため、相手の勢いを効果的に奪うことができる。 DPSも妨害キャラの中では優秀で、中堅的なアタッカーの役割を果たすことができる、あらゆるステージにおいて効果的に活躍する。 他の動きを止める能力を組み合わせは相性がよくない アタッカー兼妨害役としてクロノストリガーですが、動きを止める妨害のキャラとは相性が良くありません。 その理由としては、連続攻撃で一瞬だけ動きを止める妨害を放つクロノストリガーですが、他のキャラが、停止時間が長い妨害を発動させたとしても、クロノストリガーの動きを止めるが発動されると、その妨害時間がキャンセルされて、一瞬止まったのちに動き初めてしまいます。 味方同士で、妨害を打ち消し合う結果になってしまうため、クロノストリガーと組み合わせる場合は、動きを遅くする妨害などで、妨害がかぶらないようにしていくのも運用のポイントです。 クロノストリガー LV50のステータス 体力 72,900 体力は普通。 これだけあれば十分生存し続けることができる。 攻撃力 56,430 攻撃力は普通。 ちょっとしたアタッカーの役割も果たせる。 射程 450(遠方範囲攻撃) 感知射程は450で、後方の700まで届くため優秀。 理想的な射程をもっている。 DPS 5,479 DPSは普通。 妨害と遠方範囲攻撃があるため、これだけあれば十分。 速度 8 速度は普通。 生存時間高める上では有効。 KB 3 KB数は普通。 ちょうどよい数値。 攻撃頻度F 309 (10. 30秒) 攻撃頻度は遅め。 しかしながら、連続攻撃で場持ちしているため、実際に数値程は遅く感じないケースが多い。 攻撃発生F 20 0. 67秒 攻撃発生は速め。 発動すると安心して、最後の3発目発動まで見ていられることが多い。 再生産F 3746 (124. 87秒) 再生産速度は普通。 このクラスのキャラであれば、妥当な数値。 コスト 4,050 コストは低め。 非常にコストパフォーマンスが良い。 【特性】• 遠方範囲攻撃(300〜700)• 無効 (止める) 第6位 高火力の波動を放つ「ネコベビーカーズ」 個人的には、ランキング1位にしたいぐらい唯一無二の存在が光るキャラ 第6位はネコベビーカーズ。 個人的な好みも反映されて高めにランクインしているかもしれませんが、うまく使いこなせば、あらゆるステージでここぞという時に活躍してくれます。 何といっても最大の魅力は、LV50で攻撃力94500を誇る波動を放つ点です(射程は532. また、赤ちゃんだからなのか、動きを止める妨害なのも魅力で、ヒカルやバクダン娘が出現するステージでも活躍してれます。 本能解放も実装されたため、純粋なステータスアップでも大きく活躍してくれます。 育てておきたいキャラです。 大狂乱のゴムネコとの組み合わせがおすすめ ネコベビーカーズの最大の魅力はなんといっても、高火力の波動攻撃。 攻撃頻度は遅い為、一度空振りすると、しばらくの間、ネコベビーカーズはサンドバック状態になってしまう可能性があります。 そこで相性が良いのが、移動速度が速く、ネコベビーカーズの前で敵を足止めしてくれる「大狂乱のゴムネコ」。 他のキャラだと、相手をノックバックさせてしまい、波動攻撃が空振りしてしまうリスクがありますが、大狂乱のゴムネコの攻撃力はスズメの涙程度のため、ノックバックさせることがほぼありません。 そのため、相手を足止めして、ネコベビーカーズの強烈な波動攻撃を当てるといった運用が可能です。 一発で戦闘を有利にする可能性がある破壊力を秘めているため、組み合わせとしては狙う価値ありです。 ネコベビーカーズ LV50のステータス 体力 167,400 体力は高め。 しかしながら、射程は短く、KB数は2のため過信は禁物。 射程 240(範囲攻撃) 射程は短め。 うまく運用できるかが、ネコベビーカーズを活かせるかどうかの分かれ目になる。 DPS 9,482 DPSは高め。 これに加えて波動がでるためたまらない。 速度 12 移動速度は普通。 KB 2 KB数は2。 賛否両論分かれるところだが、KB数が2のおかげである程度相手に攻撃に耐えながら、波動を放っている側面が多い。 攻撃頻度F 299( 9. 97秒) 攻撃頻度は遅め。 なんとか耐えて、少しでも多くの回数波動攻撃を当てていきたいところ。 攻撃発生F 60 (2. 00秒) 攻撃発生は速め。 最初に敵が射程圏内に入った時は、攻撃発生の時間のみでよいため、割と攻撃を当てやすい。 再生産F 1546( 51. 53秒) 再生産速度は少し早め。 しばらくしても、2体目を出せるチャンスがあり、このキャラ活用のポイントにもなるところ。 コスト 3,150 コストは良心的。 再生産しやすいところでおさまっている。 【特性】• 対 浮いてる敵 エイリアン 30%の確率でふっとばす• 100%の確率でLv2波動(射程 532. 無効 (止める) 第7位 殴り合いキャラ最強の「獄炎鬼にゃんま」 文句なしの殴り合いにおいて伝説レア級の最強キャラ 第7位も引き続き、超激ダイナマイツから鬼にゃんまがエントリー。 唯一無二の、超高DPSでLV50の時点で、単体攻撃10万を高頻度で繰り出すことができます。 ネックは、KB数が3回である点ですが、そこをみても、使用する機会は多いキャラクターではないかと思います。 さらに、攻撃力ダウン無効の能力もあるため、よっちゃんや般若我王戦でも有効です。 もともと優秀で人気のキャラクターでしたが、本能解放で最高の殴り合いキャラクターに強化され、体力低下時に、攻撃力アップの能力が発動。 最高まで本能を解放すると、能力発動時は30万ダメージを軽く超える単発攻撃を、数秒に一回放つことができるようになる。 (本能を解放すれば、ウララーも楽勝で撃破可能) 光るステージでは、無双状態になる超優秀な存在。 ネコエクスプレス(ネコ超特急)との組み合わせが最強である理由 獄炎鬼にゃんまの最大の魅力は超破壊力の単発攻撃。 わずか数秒で、体力100万越えの敵でさえもノックバックさせることができるぐらい強烈な破壊力を秘めています。 そんな鬼にゃんまにとってやっかいなのは、単体攻撃であるがゆえに、取り巻きが登場した際に、そちらの攻撃を分散されてしまうリスクです。 そこでおすすめなのが、ネコエクスプレス(ネコ超特急)、取り巻きが登場し、鬼にゃんまの攻撃を吸いそうな敵が現れたらすかさず生産し、ネコエクスプレスをぶつけます。 そうすることで、とりまきキャラは、ふっとぶか、そのまま消えていきます。 獄炎鬼にゃんまLV50のステータス 体力 105,300 体力は高め。 実際には、KB数が3のため、割と早くノックバックする印象を持つユーザーが多い。 攻撃力 101,250 攻撃力は超高い。 攻撃頻度が高いわりに、威力が半端なく、最強の殴り合いキャラの代名詞ともいえるステータス。 射程 180(単体攻撃) 射程は短め。 もう少しあればと思うが仕方がない。 DPS 44,669 DPSは超高い。 全キャラ中トップクラス。 速度 12 移動速度は並み。 KB 3 KB数は多め。 殴り合いキャラとしては致命的で、これがなければ、鬼にゃんまの評価はもっと高くてもよかった。 攻撃頻度F 68 (2. 27秒) 攻撃頻度は高い。 超優秀。 攻撃発生F 28 (0. 93秒) 攻撃発生も早い。 超優秀。 再生産F 856 (28. 53秒) 再生産も早めで、良心的。 コスト 3,000 コストも良心的。 更に本能解放でコストダウンが図れるため、使用頻度が高いプレイヤーは狙ってみるをおすすめ。 【特性】 攻撃力ダウン無効 第8位 量産型ゾンビ取り巻きキラー「さるかに合戦」 第8位は、ウルトラソウルズより、さるかに合戦がエントリー。 おすすめは、進化前の使用で、高い量産性でゾンビのとりまき処理に有効な働きをしてくれます。 かさじぞうほどの量産性はないものの、ゾンビ戦においては十分で、さるかに合戦がいるだけでヌルゲーしてしまうステージも多い。 しかしながら、真レジェンドになってくると、ゾンビ戦でも火力が少しずつきつくなってくると感じるかもしれません。 それでも、他に代用が効かない優秀な存在(ゾンビ戦の単発であれば、ネコいて座の方がダメージも大きく有効な場合が後半につれて増えてきます) さるかに合戦LV50のステータス 体力 18,360 体力は低め。 対ゾンビにおいてはめっぽう強いが発動するため、状況は改善する。 攻撃力 9,720 攻撃力も低め、しかしながら攻撃頻度は高い為、対ゾンビであれば、十分アタッカーとして活躍可能。 射程 300(範囲攻撃) 射程は中レベル。 ゾンビは長射程の敵がほとんどいないため十分活躍可能。 クマンケンに負けるが、墓手太郎に勝てる。 DPS 3,513 DPSは普通。 攻撃頻度の高さでカバー可能。 速度 12 移動速度は普通。 KB 4 KB数は多め、対ゾンビ戦においては、細かくノックバックする方が都合が良く。 最適な数値となっている。 攻撃頻度F 83 (2. 77秒) 攻撃頻度は高め。 対ゾンビ戦に適した数値となっている。 攻撃発生F 18 (0. 60秒) 攻撃発生は速い。 申し分ない。 再生産F 226 (7. 53秒) 再生産速度は、少し遅め。 再生産速度アップのコンボなどで対応していきたい。 コスト 780 コストは良心的。 金欠になりやすいゾンビステージにおいて有難いコストパフォーマンスとなっている。 【特性】• 対 天使 ゾンビ めっぽう強い(与ダメ x1. 5〜1. 対 ゾンビ ゾンビキラー(撃破時蘇生無効) 第9位 神速の特攻型キャラ「飛翔の武神 真田幸村」 イノワールさえも瞬殺可能な、超絶黒い敵キラー 第9位は、戦国武神バサラーズより真田幸村がランクイン。 黒い敵に対して超ダメージを与えることができる。 特徴的なのは、移動速度で、覚醒のネコムート並みの速攻でアタックが可能。 このキャラは、生存時間こそ長くありませんが、使い方次第で様々な形で応用が可能。 さらに本能解放を解放することで、体力低下で攻撃力アップが適用可能。 最高まで強化するといイノワールもタイマン撃破が可能となる。 数秒でイノワールを撃破する様子は爽快。 飛翔の武神 真田幸村LV50のステータス 体力 45,900 体力は低め。 覚醒のネコムートと比較すると高いが、速攻キャラであるため、生存しにくさは仕方がないところ。 攻撃力 66,825 攻撃力は高い。 ノックバックすると素早くカウンターを決めることができ、相手の体力を奪うことができる。 射程 170(範囲攻撃) 射程は短め。 生産のタイミングをよく見極めたい。 DPS 14,633 DPSは高め。 対黒い敵であれば、本能解放でイノワールをタイマンで倒せるまでの破壊力を兼ね備える。 速度 75 超速い。 このキャラの大きな魅力であり、特徴の一つ。 KB 5 KB数は多め、ちょっとしたダメージでもノックバックしてカウンターが発動するのは有難い。 攻撃頻度F 137 (4. 57秒) 攻撃頻度は普通。 攻撃後約、5秒停止すると考えておいてよい。 攻撃発生F 1 (0. 03秒) 攻撃発生は速い。 突撃すれば、まず間違いなく攻撃を当てることができる。 再生産F 1546 (51. 53秒) 再生産速度は、やや早め。 他の超激レアに比べると、早めに2体目を生産することができる。 コスト 3,075 コストパフォーマンスは、相応。 対黒い敵で活用したい。 【特性】• 黒い敵に超ダメージを与える(3〜4倍) 第10位 安定の白い敵妨害キャラ「黒無垢のミタマダーク」 白い敵の妨害において、鈍足妨害が光る 第10位は、極ネコ祭から、黒無垢のミタマダークがノミネート。 通常、妨害することが難しい白い敵を100%の確率で動きを遅くすることができ、100%の確率で攻撃力をダウンさせることができ能力を持つ。 中距離戦で、白い敵の動きを100%の確率で安定して妨害できるキャラは他に存在しておらず、唯一無二役割を果たしてくれる。 長所でもあり、デメリットは、KB数の多さであり、対白い敵に対しては打たれ強いため、なかなか撃破されないが、KB数が15と多い為、ちょっとした攻撃でもノックバックしてしまい、イルカ娘やドリュウにはうまく近づけないケースが出てくる。 感知射程がもう少し長ければ、文句なしに強かった。 この2体が揃えば、白い敵は、動きが遅くなったり、一瞬止まったり、ノックバックしたりと、かなりの自由を奪いながら攻めていくことができる。 ミタマダークもDPSは高めのキャラのため、アタッカーとしても強烈なコンビ。 この2体がいれば、何体ダチョウがきても、狂乱のウシのラッシュがきても怖くない。 黒無垢のミタマダーク LV50のステータス 体力 70,875 体力は高め。 白い敵においては、打たれ強いも発動するため更に高体力になる。 また一長一短だが、イルカ娘に関しては、打たれ強いが発動しても、KB数が15のためノックバックすることも多々あるため注意が必要 攻撃力 43,200 攻撃力は高め。 攻撃頻度もそこそこあるため、十分火力を発揮することができる。 感知射程 375 「遠方範囲攻撃(250〜650)」 感知射程はやや短め。 もう少し長ければさらに評価が高かったが仕方がない。 DPS 8,583 DPSは高め、妨害と打たれ強いが目立つが、意外にもアタッカーとしての能力も高い。 速度 6 移動速度は遅め。 射程負けしていなければ、生存率を高めてくれる優秀な能力といえる。 KB 15 KB数は多い、生存率を高める優秀な能力だが、反面、射程負けしている遠方範囲攻撃の敵にはノックバックし続けて攻撃ができない状況に陥りやすい。 、 攻撃頻度F 151 (5. 03秒) 攻撃頻度は普通。 攻撃発生F 15 (0. 50秒) 攻撃発生は速め。 再生産F 4946 (164. 87秒) 再生産は遅め。 なかなか2体目を出すに至らないケースが多い。 コスト 5,250 コストは相応。 ばっちりハマるステージであれば、十分活躍してくれる。 【特性】• 対 白い敵 100%の確率で100F動きを遅くする• 対 白い敵 100%の確率で100F攻撃力50%に低下• 無効 (波動 ふっとばす 止める 遅くする 攻撃力低下 ) 第11位 ゾンビ混戦ステージにおいて最強の「超地底戦隊グランドン」Ver8. 4追加 一度手にすると手放せなくなる、ゾンビステージをヌルゲーにしてしまう対ゾンビ最強キャラ 第11位は、アイアンウォーズよりグランドンがランクイン。 対ゾンビ戦すべてにおいて優秀なキャラで、地中にもぐったゾンビが顔を出した瞬間に、バンバン消滅させていくことができる。 他のアイアンウォーズのキャラもゾンビ戦においては優秀だが、グランドンは別格で、一度使いだすと手放せなくなるぐらい抜きんでている。 にゃんこ大戦争を攻略する上で、有効なゾンビキラー持ちは必要で、可能であれば、グランドンを所持しておきたいところ。 対ゾンビ戦ランキングであれば、1位といっても言い過ぎではない。 超地底戦隊グランドンLV50のステータス 体力 135,000 体力は高い。 更にゾンビに対してはめっぽう強い能力が発動するため、十分一体で長時間ゾンビに対応できるステータスになっている。 攻撃力 62,370 攻撃力は普通。 連続攻撃であるため、アタッカーというよりは、ダメージ削り役兼、ゾンビの足止め役に徹するだけで十分存在感がある。 感知射程 425 「遠方範囲全方位攻撃(-675〜425)」 射程は優秀。 後方も-675まで攻撃が届くため、地面潜りで離れた敵にも攻撃可能。 またゾンビ属性以外の敵との混戦状態であっても、感知射程が425のため、不要に撃破されることが少ない。 DPS 9,546 DPSは高いが、全発当たった段階の数値である点を考慮しておいた方が良い。 速度 4 速度は遅い。 この移動速度の遅さが、自城近くでゾンビから守ってくれる要因となり心強い。 KB 5 KB数は多い。 多少前進してしまっても、ノックバックしながら後方に戻ることができるた有難い。 攻撃頻度F 196( 6. 53秒) 攻撃頻度は普通。 しかしながら、連続攻撃の時間が長いため、あまりまたずに次の攻撃が発生する印象がある。 攻撃発生F 59 (1. 97秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 5246 (174. 87秒) 再生産は遅めであるが、1体いるだけで十分活躍できるため申し分ない。 コスト 4,650 コストは良心的。 大型キャラでもおかしくないが、金欠になりやすいゾンビステージにおいて有難い性能となっている。 【特性】• 3連続攻撃 20,790 20,790 20,790(59F 75F 123F)• 対 ゾンビ めっぽう強い(与ダメ x1. 5〜1. 対 ゾンビ ゾンビキラー(撃破時蘇生無効) 第12位 通称コスモゲー多数の長射程キャラ「究極戦士コズミックコスモ」Ver7. 1追加 射程勝ちしていればコスモゲー多数 射程850から繰り出される長射程の攻撃力が魅力。 浮いている敵を100%の確率でふっとばすことができ、動きも約4秒止めることができる。 移動速度が速く、突っ込みやすい点がネックだが、それを加味しても、LV50で9万ダメージ近く与えることができる一撃は魅力。 射程負けしていなければ、コスモが無双するステージも少なくない。 所持しておきことで戦力の幅も広がる。 体力 43,200 体力は低め。 敵に突っ込んでいくと、案外早く撃破されてしまうため注意が必要。 攻撃力 90,450 DPSは高め。 これだけの長射程でありながら、LV50で約9万ダメージを与えることができるため、一発の威力が強烈で、ダメージ源としての役割も果たす。 射程 850(範囲攻撃) 射程は超長い。 優秀な数値であり、射程1〜850の間のすべての敵に攻撃を当てられるのは有難い。 メガロディーテとは違い、接近されても攻撃が当たるため、違った活躍をしてくれる。 DPS 4,377 DPSは普通。 これだけの長射程があるため、DPSとしては十分。 速度 54 移動速度は速い。 しかしながら、突っ込みやすさもあるため、攻撃待機中はにゃんこ砲を打ってしまうと、一気に相手に詰め寄ってしまうリスクがある。 KB 4 KB数は多いが、実際には、4回ノックバックする前に、被弾すると撃破されてしまうケースが多い。 攻撃頻度F 620 20. 67秒 攻撃頻度は超遅い。 攻撃発生F 321 (10. 70秒) 攻撃発生も超遅い。 全キャラ中最長の攻撃モーションが個性的。 にゃんこ砲を打つなら、このタイミングがおすすめ。 再生産F 3946 (131. 53秒) 再生産は普通。 コスト 5,850 コストは高め。 計画的な生産をお勧めする。 【特性】• 対 浮いてる敵 天使 100%の確率でふっとばす• 0追加 黒い敵と天使にうたれ強い能力を持つ(攻撃力ダウン無効)。 超体力を誇り、超激レアの中では体力はトップクラス。 ターゲットの敵に対しては、鉄壁を誇り、よほどのことがないかぎり、ガメレオンが撃破されることはない。 DPSも優秀で、射程も高体力向きの中射程。 ウルトラソウルズガチャのなかでも、当てておきたいキャラの一体。 体力 391,500 体力は超高い。 黒い敵と天使においては、不落といえるぐらいの耐久力を発揮する。 攻撃力 60,750 攻撃力は高め。 単発の攻撃力は普通レベルだが、攻撃頻度が高めのため、優秀である。 射程 380(範囲攻撃) 射程は中距離キャラとして優秀。 うまく、後方にいる味方の大型キャラを守ってくれる位置にあり絶妙。 DPS 9,158 DPSは高い。 速度 5 移動速度は遅い。 もう少し早くても良かった。 KB 3 KB数は並み。 あえて、KB数が2ぐらいでも面白かったのではないかと思う。 攻撃頻度F 199(6. 63秒) 攻撃頻度は速め。 攻撃発生F 60 (2. 00秒) 攻撃発生も早い。 再生産F 4946 (164. 87秒) 再生産時間は遅め。 これだけの高耐久を誇るため仕方ない部分もある。 コスト 4,875 コストは良心的。 生産しやすい。 また、20%の確率でクリティカルも発動するため、その際は、約40万ダメージを与えることになり、メタルな敵の中で最高の体力を誇るメタルサイクロンさえも一撃で沈めることができる。 後方から強烈な一撃を浴びせつづけることができ、遠方からの単発攻撃役としては最強。 メンバーに入れておくだけで、楽になるステージは非常に多い。 体力 32,400 体力は低め。 KB数も1のため、攻め込まれるとどうしようもない。 攻撃力 197,100 攻撃力は超高い。 これにクリティカルも加わる可能性があり、超優秀。 射程 720(単体攻撃) 射程は超長い。 単体攻撃ではあるが、確実に一体ずつ仕留めていくことができるため、使い道は多い。 DPS 24,234 DPSは高い。 長射程でこれだけのDPSを誇っており優秀。 速度 4 移動速度は遅いが、生存時間を少しでも長くする上で、バランスの取れたステータスと言える。 KB1 KB数は、残念ながら1。 そこがにゃんこ大戦争の面白さでもある。 攻撃頻度F 244 8. 13秒 攻撃頻度は遅め。 しかしながら、それを遥かに上回る破壊力があり、遅さは感じない。 攻撃発生F 105 (3. 50秒 攻撃発生は普通。 攻撃発生モーションに入れば、強烈な一撃まであと少し。 再生産F 9746 (324. 87秒) 再生産は遅い。 2体目を出せるステージはそう多くはない。 コスト 4,500 コストは良心的。 ネコルガ族共通のコストで生産しやすい。 【特性】• 20%の確率でクリティカル 第15位 長射程からの鈍足妨害が魅力「アタタタアシラン」 射程1250の範囲攻撃で、広範囲にわたり敵の動きを遅くすることができる。 複数の敵によるラッシュが厳しいステージなどにおいて相性が良く、相手の動きを鈍くするだけで十分戦況を有利にすすめることができる。 体力 29,700 体力は低め、他のネコルガ族同様に攻め込まれるとあえなく撃破されてしまう。 攻撃力 8,990 攻撃力は低め。 あくまでも妨害要因と捉えるのがよい。 射程 1,250(範囲攻撃) 射程は、トップクラスに広い。 一気に広範囲の敵に妨害を浴びせることができる。 DPS 729 DPSは低い、アタッカーとしては期待しない方がよい。 速度 4 移動速度は遅め。 生存時間を確保する上では、最適な数値と言える。 KB 1 KB数は1、攻め込まれると撃破されてしまう。 攻撃頻度F 370 12. 33秒 攻撃頻度は遅い。 妨害能力は強力なため、仕方がない。 攻撃発生F 151(5. 03秒) 攻撃発生も遅め。 攻撃モーションが開始されてからの一発に期待したい。 再生産F 9746 (324. 87秒) 再生産時間は遅い、2体目を生産するのはあまり現実的でない。 コスト 4,500 コストはネコルガ族統一。 生産はしやすい数値となっている。 【特性】• 高体力なメタル戦において最強である理由は、クリティカル持ちのキャラなかでも高い攻撃力と高い攻撃頻度を誇る点と、再生産性速度が速い点。 メタルゴマサマなどに撃破された場合もリカバリーが効くため扱いやすい。 ネコパラディンLV50のステータス 体力 62,100 体力は普通。 攻撃力の高いメタルな敵と対峙するには、若干心もとない面もあり、長期生存は難しい。 攻撃力 10,800 攻撃力は高め。 高確率でクリティカルを発動できるキャラとしては、申し分ない破壊力を秘めている。 射程 245(範囲攻撃) 射程は優秀。 ほとんどのメタルな敵に射程勝ちしており、十分対応することができる。 DPS 2,160 DPSは低め。 しかしながら、メタルな敵専用と考えると、DPSとしては十分な数値である。 速度 7 移動速度は遅め。 一度撃破されると、前線に到達するまでのリカバリーが課題と言える。 KB 3 KB数は普通。 メタルな敵に差し込まれる場面などにおいては、有難いバランスの取れた数値と言える。 撃頻度F 150 5. 00秒 攻撃頻度は高め。 メタルな敵に対する破壊力でみれば十分な数値である。 攻撃発生F 31 (1. 03秒) 攻撃発生は速め。 再生産F 1446 48. 20秒 再生産も早め。 なるべく早めにリカバリーできるため有難い。 コスト 2,250 コストも良心的。 生産しやすい。 【特性】• 50%の確率でクリティカル• 無効 (ふっとばす) 第17位 赤い敵の動きを止める能力が光る「ネコアイスクリスタル」 対イノシャシ戦において文句なし最強の一体 赤い敵を100%の確率で停止できるネコアイスクリスタルがランクイン。 対イノシャシ戦においては無類の強さを誇り、混戦状態においても、このキャラを抑えられるというだけでも、存在意義は大きく有用。 イノシャシが複数攻めてきても、他のキャラのサポートがあれば十分抑えることができる。 ネコアイスクリスタル以上に、イノシャシと相性が良いキャラはいない。 意外にもDPSも高く、アタッカーとしても活躍する。 体力 54,000 体力はやや低め。 しかしながら、生産コストからみると妥当か、もしくは体力を高めとジャッジできなくもない。 攻撃力 48,600 攻撃力は高め。 意外にもDPSも高く、相手の体力を削っていくことができる。 射程 425(範囲攻撃) 射程は優秀。 短射程が多い、赤い敵においては、多少差し込まれても、先にこちらの妨害を当てることができる距離感がある。 DPS 7,967 DPSは高め。 このコストでLV50で8000近いDPSは優秀。 速度 8 移動速度は普通。 バランスの取れた数値。 KB 3 KB数も普通、能力にあった数値といえる。 攻撃頻度F 183 6. 10秒 攻撃発生は普通。 赤い敵に対しては、妨害時間も長い為、永久停止まではいかないが、十分な妨害を発揮することができる。 攻撃発生F 54 (1. 80秒) 攻撃発生は速い。 再生産F 1746 58. 20秒 再生産時間は短め。 二体生産すれば、ほとんどの赤い敵は完封することができる。 コスト 3,300 コストは良心的で、生産しやすい。 0追加 黒い敵全般にオールマイティーで対応することができ、とくにタッチャンが混載するステージにおいて無類の強さを誇る。 体力低下で攻撃力も上昇し、黒い敵にも打たれ強いため、対黒い敵戦であれば、能力が発動してからも、長期生存して前戦で活躍してくれる。 憤怒の武神・前田慶次LV50のステータス 体力 127,600 体力は高め。 対黒い敵においては、コストパフォーマンスに優れた高耐久を誇る。 攻撃力 28,600 攻撃力は普通。 攻撃頻度が高いため、十分相手の体力を削ることができる。 また、能力発動で、申し分ない火力となる。 射程 320(範囲攻撃) 射程は中距離。 タッチャンをかいくぐる適度な数値となっている。 DPS 7,800 DPSは高め、能力発動で更なる火力アップが可能。 速度 8 速度は普通。 ちょうどよい数値。 KB 2 KB数は2のため、殴り合いキャラとしてはちょうどよい数値となっている。 攻撃頻度F 110(3. 67秒) 攻撃頻度は高い。 攻撃発生F 11 (0. 37秒) 攻撃発生も早い。 こちらも優秀。 再生産F 2046 (68. 20秒) 再生産時間も速い。 戦力化しやすいく優秀。 コスト 3,585 コストも良心的で素晴らしい。 【特性】• 残り体力50%以下で攻撃力100%上昇• 無効 (波動) 第19位 教授キラーといえば・・「エヴァ改2号機コード777」Ver8. 5追加 対「教授」戦において無類の強さを誇る エヴァコラボガチャで輩出されるキャラクター。 このキャラの最大の魅力であり教授キラーと言われる理由は、感知射程400の遠方範囲攻撃と赤い敵超ダメージの組み合わせ。 赤い敵の中でも厄介な「教授」を速攻で撃破することができ、2〜3回攻撃が当たる頃には、教授はいなくなっている。 また、複数体登場した際に位置ずれがやっかいで生存してくる「カルピンチョ」もまとめて大ダメージを与えることができる。 後方にいる「ニャンダム」や「コニャンダム」も短時間で撃破可能。 「教授」をはじめとした、後方支援型の赤い敵と相性が良い一体。 「エヴァ改2号機コード777」LV50のステータス 体力 105,300 体力は高め。 エヴァシリーズは全体的に体力水準が高く素晴らしい。 攻撃力 59,400 攻撃力は普通。 対赤い敵に対しては、超ダメージが発動するため、素晴らしい火力を実現する。 感知射程 400 遠方範囲攻撃(200〜650) 射程は優秀。 赤い敵の教授や、コニャンダム、カルピンチョに安定して大ダメージを与えることができる貴重な存在。 DPS 7,215 DPSは高め。 赤い敵にはさらに優秀な数値となる。 速度 15 移動速度は速め。 前線において、突っ込み、後方の敵を攻撃してくれるため理にかなっている。 KB 3 KB数も理想的。 うまく生存しやすい数値となっている。 攻撃頻度F 247 8. 23秒 攻撃頻度は普通。 後方の敵に、攻撃できるキャラとしては優秀な数値といえる。 攻撃発生F 61 (2. 03秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 4246 (141. 53秒) 再生産時間はやや遅め。 少し時間がかかるため、生産タイミングは見極めたいところ。 コスト 4,500 コストは良心的。 【特性】• 残り体力33%以下で攻撃力100%上昇 第20位 中射程まで対応可能な波動ストッパー「エヴァ零号機&ネコ」Ver6. 10追加 射程350の中距離型であるにも関わらず、波動ストッパーの能力を持ち貴重なキャラクター。 伝説レアの「パンドラ」を除けば、このキャラが波動ストッパー持ちの中では、射程が最も長く、基本的に短射程が多い、波動を放つ敵キャラ戦においては、射程負けすることがないため、長期生存することができる。 他の、ネコマシンやねこタコつぼとは違い、前線で撃破されること前提ではないため、波動ステージを無効化してしまうぐらいのインパクトを持つ。 エヴァ零号機&ネコのLV50のステータス 体力 202,500 体力は高い。 波動ストッパーとしての役割も果たすため、これぐらい体力があると運用しやすい。 攻撃力 74,250 攻撃力も高め。 シールドのイメージがあるが、意外にも一回の攻撃力は高い。 射程 350(範囲攻撃) 射程は普通。 波動ストッパー持ちのため、これだけ長いだけでも十分活用できる。 DPS 7,628 DPSは普通。 速度 11 移動速度は普通。 意外だが、大きなシールドがある割には、初号機よりも移動速度は速い。 KB 2 KB数は2。 波動ストッパーキャラでありながら、KB2であるのは超優秀な数値。 攻撃頻度F 292 9. 73秒 攻撃頻度は遅め。 しかしながら、縦としての役割が近い為、問題ない。 攻撃発生F 51 (1. 70秒) 攻撃発生は早い。 再生産F 5246(174. 87秒) 再生産時間は遅め。 2体目の生産現実的でない。 コスト 4,425 コストは良心的で生産しやすい。 【特性】• 浮いている敵・天使に超打たれ強い(4分の1位、5分の1)• 波動ストッパー 第21位 アンデットサイクロン戦最強の「超飛行戦艦ボルボンバー」Ver8. 4追加 アンデットサイクロン戦にめちゃ強い・・ 第21位は、ゾンビを100%の確率でふっとばすボルボンバーがランクイン。 厄介なゾンビ属性のサイクロンである「アンデッドサイクロン」は攻撃頻度が高く、ゾンビを100%ふっとばす能力を持つボルボンバー一体で完封が可能。 近づいて押し返すを繰り返し、安定して妨害することができる。 ゾンビ渦戦においては、他のアイアンウォーズを遥かにしのぎ、最強といっても過言ではない。 体力 113,400 体力は高め。 これだけあれば、ゾンビ戦においても生存しやすい。 攻撃力 48,600 攻撃力は普通。 体力を削る役割としても十分活躍可能。 射程 450(範囲攻撃) 射程は優秀。 ほとんどのゾンビ戦において射程負けがなく、応戦できる。 DPS 7,714 DPSは普通。 速度 10 移動速度は普通。 KB 7 KB数は多い。 対ゾンビにおいては、KBは多い方が適用しやすいため有難い。 攻撃頻度F 189 6. 30秒 攻撃頻度は普通。 これぐらいでも十分、ふっとばす妨害は有効に働く。 攻撃発生F 60 (2. 00秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 5546 (184. 87秒) 再生産時間は遅め。 アイアンウォーズは全体的に、再生産時間は遅い。 コスト 4,950 コストは並み。 【特性】 対 ゾンビ 100%の確率でふっとばす 対 ゾンビ ゾンビキラー(撃破時蘇生無効) 第22位 対エイリアン選において安定の高ステータス「武田信玄」 黒い敵とエイリアン戦において最強と言われる理由 黒い敵とエイリアンのみにしか攻撃できないが、ターゲットとさえ噛み合えば、無類の強さを誇る。 LV50で体力21万、攻撃力20万のステータスは、同じレベルで比較すると、同じく射程470の皇獣ガオウのめっぽう強い発動時と同等の体力で、攻撃力に関しては上回っている。 更に、本能解放で体力&攻撃力&コスト減を実施すると、ガオウ以上の活躍をしてくれるキャラへと変貌する。 体力 213,300 体力は超高い。 ターゲットさえあえば、申し分ないステータス。 攻撃力 204,255 破壊力も抜群。 他の超激レアの超ダメージに匹敵する威力を持つ。 射程 470(範囲攻撃) 射程は超優秀。 470あるため活躍しやすい。 DPS 26,642 DPSも超高め。 速度 7 移動速度は普通。 KB 2 KB数は、普通。 3でもよかった。 攻撃頻度F 230 7. 67秒 攻撃頻度は普通。 一回の破壊力が大きい為、この攻撃頻度で攻撃出来れば十分。 攻撃発生F 111(3. 70秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 4846 (161. 53秒) 再生産時間はやや遅め。 時間がかかるため二体目は期待しにくい。 コスト 5,985 コストは高め。 しかしながら、本能解放でコストダウンもできるため十分伸びしろがある。 【特性】• 対 黒い敵 エイリアン のみに攻撃 第23位 巨匠・アルパッカ・よっちゃん戦なら「嵐の精霊王エアフワンテ」で決まり! Ver8. 6追加 エアフワンが巨匠戦において抜群の安定感を発揮 エアフワンの特徴は、エイリアンに打たれ強い点と、ワープ無効、そして感知射程375の遠方範囲攻撃。 これらの能力がうまくマッチして、後方から高い攻撃頻度でワープを誘ってくる「巨匠」に対して無類の強さを誇る。 もともと攻撃力の高くない巨匠に対して、打たれ強いが発動するため、攻撃は屁でもなく、打ち合いになれば、エアフワンに軍配が上がる。 どんなに強力なキャラでも、ワープで後方に飛ばされては無力のため、エアフワンの存在は大きい。 体力 92,610 体力はやや高め。 対エイリアンにおいては、十分すぎる耐久力を誇る。 攻撃力 34,425 攻撃力は普通。 後方の敵に攻撃できるという面を考えれば、そこそこと言える。 感知射程 375 遠方範囲攻撃(275〜650) 射程はやや短め。 しかしながら、後方にも遠方範囲攻撃で届くため、対エイリアン戦においては、相手の攻撃を耐えながらも、後方の敵にダメージを蓄積させていくことできるため有難い。 DPS 7,324 DPSは普通。 速度 14 移動速度は、少し早め。 あまり気になるほどの早さではない。 KB 2 KB数は気持ち少な目。 3ぐらいあった方が、色んな面でチャンスがあったように思う。 攻撃頻度F 141 4. 70秒 攻撃頻度は高め。 火力があまり高くない分、ちょうどよい数値。 攻撃発生F 50 (1. 67秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 2646 (88. 20秒) 再生産時間はやや早め。 リカバリーが効く範囲であるため優秀。 コスト 3,930 コストは良心的で生産しやすい。 0追加 赤い敵と天使の動きを40%の確率で止めるピーチジャスティスがランクイン。 イノシャシ、般若我王に有効で、本能解放で停止時間アップも強化可能となり、更に評価が上がった。 体力 108,000 体力は普通。 少し高めというジャッジもあるが、相手に突っ込みやすいため、意外にも生存しにくい。 攻撃力 31,050 攻撃力は低め。 どちらかというと、高い攻撃頻度で、バンバン妨害を当てていく運用の方が現実的。 射程 435(範囲攻撃) 射程は長め。 ちょうどよい数値。 DPS 6,900 DPSは低め。 速度 48 移動速度は速い。 これが長所でもあり、短所。 突っ込みやすさの要因になる。 KB 4 KB数は多め、この数値により若干生存時間を伸ばしている。 攻撃頻度F 135 (4. 50秒) 攻撃頻度は高め。 攻撃発生F 36 1. 20秒 攻撃発生は遅め。 再生産F 1746 (58. 20秒) 再生産時間はやや早め。 二体揃えば、かなりの確率で赤い敵の動きは止め続けることができる。 コスト 3,600 良心的で生産しやすい。 【特性】• それが今回本能が解放されることで、第一形態と第二形態の特徴も解放することができ、40%の確率でエイリアンの動きを止めることができ、体力低下で、攻撃力上昇も付加され、100%生き残るを習得。 射程勝ちしていれば、もともと生存しやすい攻撃頻度のため、攻撃力情報とエイリアンめっぽう強いが発動すると約4倍ダメージを与えることが可能となる。 どれも突出した能力ではないが、もともとバランスの良かったキャラが、更に高水準でバランスが良くなった。 例えるならば、エイリアンの超ダメ並みの破壊力で、めっぽう強いの耐久力もあり、動きも止めて、100%生き残る。 そんなキャラは今のところ他には見当たらない。 さすがは天才少年アキラ。 インフェルノアキラ LV50のステータス 体力 81,000 体力は普通。 エイリアンに対しては、めっぽう強いが発動するため、優秀な数値となる。 攻撃力 40,500 攻撃力は普通。 本能解放で攻撃力上昇も加わると、めっぽう強いも相極まって、素晴らしい破壊力になる。 射程 430(範囲攻撃) 射程は優秀。 攻撃モーション的に無駄に相手に近づかない為生存しやすい。 DPS 7,739 DPSは普通。 速度 13 移動速度は普通。 KB 3 KB数も平均的。 撃頻度F 157 5. 23秒 攻撃頻度は高め。 攻撃発生F 108 (3. 60秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 4146(138. 20秒) 再生産時間は普通。 コスト 4,860 コストは出撃しやすい水準。 【特性】• 対 エイリアン めっぽう強い(与ダメ x1. 5〜1. 高頻度でこられの属性の敵を100%停止できる能力は貴重で、十分に相手の戦力をダウンさせることができる。 特定のステージで光る存在。 ポセイドラグーンLV50のステータス 体力 81,000 体力は普通。 コストの割にそこそこある。 攻撃力 67,500 攻撃力は普通。 射程 350(範囲攻撃) 射程は中距離。 ゾンビとメタル戦に限っていえば、これだけあれば十分活躍可能。 DPS 9,163 DPSは高め。 速度 30 移動速度は速い。 すぐに前線に到達することができる。 KB 5 KB数は多め。 生存時間を伸ばすにあたりちょうど良い数値になっている。 攻撃頻度F 221 7. 37秒 攻撃頻度は普通。 攻撃発生F 53 (1. 77秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 2546 84. 87秒 再生産時間は早め。 ある程度、活躍したのちに2体目の生産可能性がある。 コスト 3,900 コストは良心的。 【特性】• 対 ゾンビ ゾンビキラー(撃破時蘇生無効) 27位 にゃんこ塔39階において最強の存在感「召し猪のカイ」 カイが、にゃんこ塔39階で無双する理由 にゃんこ塔39階は、超遠方範囲攻撃のミーニャがBOSSで、ステージ中盤まで攻められると詰んでしまうステージ。 そのステージにおいて無類の強さを誇るのがカイ。 ふっとばし無効で、高体力のため、カイが一体いるだけで長時間、相手の進撃を食い止めることができる。 他のキャラでは、にゃんこ塔39階において長時間足止めは不可能で、このキャラがいるかいないかで、まったく別者の難易度のステージになってしまう。 他にも、浮いている敵に打たれ強い能力が光るステージは多く、宇宙編の浮いている神様相手に対しても、無類の強さを誇る。 体力 307,800 体力は超高い。 優秀な高級カベキャラ。 攻撃力 188,730 攻撃力も超高い。 強烈な一撃をお見舞いすることができる。 射程 175(範囲攻撃) 射程は短め。 相手に密着できるぶん、有利な数値といえる。 DPS 17,974 DPSは高め。 一撃がヒットすると大ダメージを与えることができる。 速度 16 移動速度は割と早め。 相手に近づきやすく有難い。 KB 2 KB数は、2。 賛否両論があるが、ちょうどよい数値として戦略を考慮するのがポイント。 攻撃頻度F 315 10. 50秒 攻撃頻度は遅め。 しかしながら、一発が大きい為、待てる範囲である。 攻撃発生F 76 (2. 53秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 2146 (71. 53秒) 再生産時間は普通。 リカバリーできる範囲で次の一体が出撃可能。 コスト 3,990 コストは良心的。 【特性】• 100%の確率で1度だけ生き残る• 無効 (ふっとばす) 第28位 エイリアンの100%停止がイカす「天雷の精霊ピカボルト」 エイリアンを100%の確率で停止することができるピカボルトがランクイン。 第三形態に進化し、停止時間がアップすることで更に評価がアップした。 宇宙編や未来編において、エイリアンの群れを一気に停止させてしまう様子は爽快で、このキャラの存在の大きさを実感することができる。 体力 86,400 体力は普通。 コスト的にみると十分数値である。 攻撃力 54,000 攻撃力は普通。 アタッカー並みの攻撃が可能だが、妨害も優秀で使いやすい。 射程 370(範囲攻撃) 射程は中距離。 エイリアンに対して、100%妨害キャラのため、これだけ射程があるだけで十分。 DPS 9,050 DPSは高め。 速度 20 移動速度は早め。 前線に到達しやすい。 KB 3 KB数は普通。 攻撃頻度F 179 5. 97秒 攻撃頻度は早め。 エイリアンの妨害時間と大きな開きがないため、相手を効率よく動きを止めていくことができる。 攻撃発生F 60 (2. 00秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 2496(83. 20秒) 再生産時間は少し早め。 2体生産することができれば、エイリアンはほぼ完封可能。 コスト 3,825 コストは良心的で生産しやすい。 2追加 カオスムーンがワーストランキング1位である理由 100%相手の動きを遅くすることができる、カオスムーンがワーストランキング1位である理由は、本能解放が実装されても、大きな変化が望めなかったから。 100%妨害の能力は魅力的だが、攻撃頻度が遅く、妨害能力としてはおまけ程度としかいえない点があげられ、実際に使ってみても、使いづらい。 更なるアップデートに期待。 体力 75,600 体力は普通。 比較的生存はしやすい。 攻撃力 81,000 単発の火力は高め。 射程 455(範囲攻撃) 射程は優秀。 450を越える射程で有利に戦いをすすめることができる。 DPS 8,773 DPSは普通。 速度 7 移動速度は普通より少し遅め。 KB 4 KB数は多く、生存しやすい。 攻撃頻度F 277 9. 23秒 攻撃発生は遅め。 動きを遅くする妨害は100%発動するが、仮に発動しても、次の攻撃まで時間がかかるため、足止めが何だったのか分からないほど、妨害による恩恵を感じにくいステータスになっている。 攻撃発生F 98 3. 27秒 攻撃発生は少し遅め。 再生産F 4246 141. 53秒 再生産時間は少し遅め。 この一体で戦闘が劇的に有利になるとは考えにくく、申しすこし量産しやすければ評価が変わっていた。 コスト 4,800 コストは標準。 【特性】• 0追加 ネコクエストがワーストランキング2位にランクイン。 この順位である理由は、攻撃頻度も遅く、妨害能力も弱いため。 100%攻撃力ダウンの妨害を遠方範囲で繰り出してくれる能力は、本来であれば、有難い能力だが、前述した通り、攻撃頻度が遅い為、中途半端な妨害にしかならない。 他にも、クリティカル発動確率は、攻撃頻度が遅いにもかかわらず3%のため、まったく期待できない。 あらゆる面で中途半端で扱いにくい。 体力 56,700 体力は低い。 相手に攻め込まれると厳しい。 攻撃力 40,500 攻撃力は高くない。 攻撃頻度も遅く、素の火力も低い。 射程 350(範囲攻撃) 射程は短く、攻め込まれる混戦ステージでは弱い。 DPS 4,483 DPSも低め。 速度 15 移動速度は普通。 KB 3 KB数は、あまり大きな意味をなさず、攻め込まれると厳しい。 攻撃頻度F 271 9. 03秒 攻撃頻度は遅め。 攻撃力ダウンの妨害の有効時間を考えると、一時的なため、妨害の恩恵を受けにくい攻撃頻度である。 攻撃発生F 63 (2. 10秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 2146(71. 53秒) 再生産時間は、やや早め。 しかしながら、現時点ではこの一体が輝く可能性のあるステージはなく、そもそも出現させないことが多い。 コスト 3,450 コストは良心的。 【特性】• 3%の確率でクリティカル• 遠方範囲攻撃(200〜575) ワースト3位 亡者探偵ヴィグラー Ver7. 1追加 ワーストランキング3位は、亡者探偵ヴィグラーがランクイン。 2枠で研究力アップ中を発動する、再生産コンボは魅力だが、戦力としては、攻撃頻度も遅く、妨害も確率50%のため、発動しても戦局は大きく変われない。 100%波動は魅力的だが、もともとの火力は、攻撃頻度の割に高くないため、そこまで足しにならない。 戦力として扱いにくい。 亡者探偵ヴィグラーLV50のステータス 体力 75,600 体力は普通。 可もなく不可もない。 攻撃力 48,600 攻撃力は、そこまで高くない。 攻撃頻度も遅い為、敵にとって脅威となりにくい。 射程 360(範囲攻撃) 射程は中距離。 意外とこの射程の短さがネックとなり使いにくいステージも多く存在する。 DPS 4,658 DPSは低め。 他の超激レアと比較すると低い。 速度 15 移動速度は普通。 KB 6 KB数は多めだが、攻撃頻度と発生に時間がかかるため、ノックバック後のリカバリーが意外と難しい。 攻撃頻度F 313 10. 43秒 攻撃頻度は遅い。 妨害の確率も50%確定要素がなく、妨害しても動きをとめる時間が難しいため、総じて使いにくいキャラとなっている。 攻撃発生F 120(4. 00秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 2946 (98. 20秒) 再生産時間は短め。 しかしながら、二体いてもさほど脅威ではないため、使いにくさは変わらない。 コスト 4,410 コストは普通。 5) ワースト4位 覇龍皇帝ディオラムス Ver5. 9追加 ワーストランキング第四位は、ディオラムス。 全キャラ中トップクラスの体力を誇り、天使に対して強力な100%妨害を所持しているが、コストが高すぎて財布を圧迫するのと、移動速度が遅いため、なかなか全線に辿りつかず扱いにくい。 更には攻撃頻度も遅い為、使いにくさが際立っている。 ディオラムスLV50のステータス 体力 367,200 体力は超高い、全キャラトップクラスの体力。 攻撃力 94,500 攻撃力も高め。 射程 410(範囲攻撃) 射程も優秀。 射程外から相手を攻撃できる可能性を秘めている。 DPS 10,018 DPSも高い、この射程においては優秀な数値。 速度 4 移動速度は遅い。 前線になかなか到達できないため、高いコストを払えって出撃しても、長期戦ステージでないとなかなか輝くことが難しい。 KB 2 KB数は体力から考えると妥当。 攻撃頻度F 283 9. 43秒 攻撃頻度は遅め。 移動速度の遅さも加されて、敵に近づくまでも時間がかかり、近づいても攻撃に時間がかかるため、総じて扱いづらい。 攻撃発生F 104(3. 47秒) 攻撃発生は普通。 再生産F 4706(156. 87秒) 再生産時間はやや遅め。 コスト 6,600 コストは超高い。 全キャラ中トップクラスの高さ。 【特性】• 対 天使 100%の確率でふっとばす• 100%の確率でバリアブレイク• 無効 (遅くする) ワースト5位 邪眼竜の武神・伊達政宗 Ver5. 7追加 ワーストランキング第五位は、伊達政宗。 他のワーストランキングのキャラとは違い、移動速度も速く、DPSも高い。 それなのに、この順位である理由は、とにかく突っ込みやすく生存しにくいこと。 攻撃後に、じわじわと相手に近寄る可能性があり、地味に被弾して、長持ちしない。 せっかく生産しても、撃破されやすいため、扱いづらい。 体力 86,400 体力は普通。 攻撃力 35,100 攻撃力は普通。 射程 425 射程は普通。 DPS 9,841 DPSはやや高め。 速度 16 移動即は、並みより少し早い。 KB 3 KB数は3で平均的。 攻撃頻度F 107 3. 57秒 攻撃頻度は、高い。 このキャラの最大に短所は、じわじわ相手に詰め寄る性能になっている点。 使えば使うほど、長持ちのしにくさを実感する。 攻撃発生F 48 (1. 60秒) 攻撃発生は早いが、相手に近寄ってしまうリスクがある。 再生産F 3706 (123. 53秒) 再生産時間は普通。 この生存時間の低さからみると、申しすこし早くても良かった。 コスト 4,200 コストは普通。 この性能であれば、もう少し安くても良い。 【特性】• 対 赤い敵 黒い敵 40%の確率でふっとばす にゃんこ大戦争最強キャラまとめ いかがでしたか?にゃんこ大戦争には総勢数百体を超えるキャラクターが存在し、ここで紹介したランキング上位以外にも有効なキャラは多数存在しています。 また、ワースト5の超激レアであっても、戦力が整ってくるまでは、EX,、レア、激レアではまかなえない貴重な戦力になります。 ぜひとも、あなただだけのお気に入りのキャラを見つけて、独自メンバーを編成いただければ幸いです。 キャラクター検索.

次の

風雲にゃんこ塔 30階 攻略 にゃんこ大戦争|にゃんこ大戦争攻略ノート

にゃんこ大戦争 ネコ 特急

このページの目次 CLOSE• にゃんこ大戦争初心者向け:攻略の極意(1〜20選) まず始めに初心者向けの攻略の極意として20選を紹介します。 にゃんこ大戦争をはじめたばかりの方は、こちらをご覧ください。 攻略の極意1. 基本キャラの特徴を押さえる 基本キャラは全部で9種類。 日本編をクリアしていくことで手に入り、それぞれのキャラに個性があり使い分けができる。 まずは基本キャラを通じて、にゃんこ大戦争の基本の戦い方を身に付けるのが攻略の近道。 ネコ: 量産型の安価なキャラ 終盤まで使える。 壁戦法の習得する上で有効• タンクネコ: 高体力の壁役 終盤まで使える。 ネコと同様に壁戦法の習得において有効• バトルネコ: 赤い敵に対してめっぽう強い。 属性を持つ敵との戦い方に馴染むうえで、有効。 ネコノトリ: 射程は短いが破壊力抜群の攻撃を放つ。 複数の敵に攻撃する範囲攻撃の感覚を身に付ける上で有効。 ウシネコ: 移動速度が速く、攻撃頻度も高めのキャラクター。 こちらの、前線が崩れた際のリカバリーやメタルカバちゃんを手数で押し激は• キモネコ: 射程350の中距離から単発攻撃を繰り出すキャラクター。 ネコトカゲの壁戦法と同様に壁で守りながら射程外から敵を攻撃するのに適している。 ネコフィッシュ:体力も攻撃力も高めの、赤い敵にめっぽう強いキャラクター。 対赤い敵に対しては、巨神ネコ並みの強さを誇りコストパフォーマンスがよくなる。 ネコトカゲ: 射程400という長めの距離から威力の高い単発攻撃を放つ。 壁戦法との相性がよい。 巨神ネコ:超高体力&破壊力を持ち合わせたキャラ、混戦には弱いが、一対一のタイマンには強い 攻略の極意2. 毎日ログインする 毎日ログインすると、にゃんチケが必ず手に入ります。 これによって、毎日確実に、基本キャラやにゃんこ城など強化してきくことができ+1ずつ成長させることができます。 また、開催中のイベントによってはログインすると毎日ネコ缶をもらえることがあり、ネコ缶を貯めておくことも戦力アップには欠かせません。 休日などには、レアチケットをもらえることがあり、毎日欠かさずログインすることが大事です。 攻略の極意3. 日本編の最高のお宝をコンプリートする 日本編をクリアしていくと、最高のお宝を集めていくことができます。 各エリアごとに集まるとお宝は発動します。 日本編一章、二章、三章とすべてお宝を集めると基本的な強さが十分に整ってきます。 序盤はとにかく最高のお宝コンプリートを意識していくことをお勧めします。 以下は、お宝を集めることで得られる効果です。 にゃんこ大戦争「日本編」のお宝一覧• 九州の男らしさ: 戦闘中に働きネコのお金生産量が大幅アップ発動• 四国のうまいもん: 戦闘中の働きネコの財布容量が大幅アップ発動• 中国の伝統: 戦闘中にキャラクターの生産スピード短縮• 関西のノリ:ステージクリア時の経験値増加が発動• 北陸の豪邸: お城の体力が大幅アップ発動• 東海のがめつさ: 敵を倒すたびに得られるお金増加が発動• 甲信越の雪景色: キャラクターの体力超大幅アップは発動• 関東のカリスマ: キャラクターの攻撃力超大幅アップ発動• 東北の魂: にゃんこ砲の攻撃力アップ発動• 北海道のデカさ: にゃんこ砲のチャージスピードアップ• 南国の風: 統率力の最大値アップ 攻略の極意4. 壁キャラ」の出し方を習得する 低コストの「ネコ」や「タンクネコ」、EXキャラの「ネコフィーバー」を絶え間なく出すことで、日本編などの前半では敵の進撃を十分に押さえることができます。 まずは壁キャラを絶え間なく出すことで、敵を足止めできるやり方を覚えるのが基本動作です。 この出し方を覚えていれば、まずは基本の動きは習得したと捉えて問題ないです。 にゃんこ大戦争攻略の極意5. 「壁+トカゲ戦法」を取得する 壁の出し方を覚えたら、次に、壁を出しながらネコトカゲを出陣。 ネコトカゲは射程が400あり、前半出てくる敵の中ではパオンと同等。 それ以下の射程の敵の攻撃は届きません。 壁で足止めして、射程外から攻撃できるネコトカゲの数を増やす。 これを覚えることで、射程450のナマルケモルル、射程451の師匠が出てくるまでは十分攻略可能です。 攻略の極意6. ネコムートを活用する ネコムートは、射程450で射程内の範囲にいる敵に大ダメージを与えることができます。 攻撃頻度は非常に遅い 先ほどの壁戦法と同様に、ネコムートを守りながら、ネコムートの攻撃で敵を撃破していくというのが、レジェンドストーリー前半までの戦法です。 にゃんこ大戦争攻略の極意7. にゃんこ砲は攻撃力よりもチャージ速度重視 にゃんこ大戦争は始めたての頃は、にゃんこ砲の威力に感動を覚え、敵を一気に殲滅させてしまう必殺技のように感じると思います。 しかし、ゲームを進めているとすぐに、限界が訪れにゃんこ砲の火力不足を感じるようになります。 にゃんこ砲は当てることで、相手をノックバックさせることが基本の使い方です。 無闇ににゃんこ砲の攻撃力を上げてしまうと同時にチャージ速度を落としてしまうため、チャージ速度が最大化するように、にゃんこ砲の攻撃力は上げないことをお勧めします。 攻略の極意8. あともう一歩のところで負けてしまい思わず30ネコ缶を使ってコンティニューしたくなる気持ちもわかります。 しかし、よほどの事がない限りはぐっとこらえてネコ缶は貯めておくことをお勧めします。 その理由は1500ネコ缶を貯めて超激レアを集めていった方が後々の攻略スピードに大きな差が出るかです。 初めて狂乱ステージをプレイした時は、相手のレベルの高さに驚くこともあるかもしれませんが、基本的にはしっかり育てていけばコンティニュー無しでいけるステージしかありませんので、ぐっとこらえることをお勧めします。 攻略の極意9. 敵の属性を把握する 敵の属性には、• 浮いている敵• 赤い敵• 黒い敵• メタルな敵• エイリアン• ゾンビ• 古代種• 属性無し:白い敵 といった様々な属性の敵が存在しています。 基本的には相手の見た目で判別できます。 それぞれの属性に対応したキャラが存在していますので、相手の属性に合ったにゃんこを出撃させると攻略の糸口がみえてきます。 攻略の極意10. 動きを止める&遅くする妨害を活用する 妨害には、• 動きを止める• 動きを遅くする• 攻撃力ダウン がありますが、まず使い方を覚えたいのは、動きを止めると動きを遅くする妨害です。 動きを止めるは、文字どおり相手の動きが一定時間止まります。 その間は攻撃もしてきませんし、こちらもアタックし放題です。 やっかいな敵がいれば、動きを止める妨害はできないか、狙ってみるのもありです。 動きを遅くする妨害は、相手が超鈍足になります。 目視では分からないぐらい移動速度が遅くなりますが、じわじわ攻めてくるため注意が必要です。 また、動きは止まっているわけではないため、相手の射程内にいれば攻撃もしてきます。 いずれにしても相手の動きを妨害することで、難易度は変わります。 妨害の使い方も覚えておくことをお勧めします。 攻略の極意11. 統率力は優先的に上げていく 統率力とは、ステージをプレイする際に消費する数値のことを差します。 日本編のお宝や、にゃんこ城のカスタマイズでは優先的に統率力の狙っていくとよいです。 統率力が高ければ、ステージに何度も挑む事ができます。 戦闘回数を多くすることがお宝集めにも繋がるため優先順位的には統率力アップがポイントになります。 攻略の極意12. にゃんこ砲の攻撃力はレベル19でストップ にゃんこ砲の攻撃力は、最大でレベル30まであげる事が出来ますがレベルをあげる度に、チャージ速度が遅くなります。 攻撃力は最大レベルに上げても破壊力は微々たるもので、ノックバック用として捉えるのが自然です。 そのため、にゃんこ砲の攻撃力はレベル10+9にして、チャージ速度を最大化させた方が便利です。 攻略の極意13. ぶんぶん先生が来てもうろたえない 日本編第三章のBOSSぶんぶん先生ですが、初めて戦闘した際にあまりの突破力に驚いたプレイヤーも多かったのではないでしょうか。 ぶんぶん先生は絶え間なく壁キャラを4種〜5種出し続ければ押されることはなくなります。 ぶんぶん先生が出ても冷静に対応出来れば、まずは初心者レベル卒業です。 攻略の極意14. 射程450を越えるキャラを手にいれる ぶんぶん先生に対応できるようになったら、次は長射程の敵に対応も覚えておく必要があります。 ネコムートと同等の射程のナマルケモルル 射程450 や師匠 射程451 に対応するには、射程の長いキャラを手にいれておくと安定して攻略ができます。 EXキャラだと、第三形態のねこ囚人。 それ以外だと、激レアのネコオタクが射程が長く扱いやすいです。 超激レアであれば、射程450越えは数多くいます。 にゃんこ大戦争攻略の極意15. スニャイパーやネコボンを曜日イベントで貯める 毎週月曜日は、ネコボンがもらえ、毎週木曜日はスニャイパーが手にはいるイベントが開催されています。 ネコボンは初期の状態で、お財布のレベルをMAX8の状態からスタートすることができ、スニャイパーは敵を後方にノックバックさせる援護射撃が可能になります。 どちらのアイテムも苦戦したステージで使用すると楽にいける場合があります。 少しずつでも貯めておくことをお勧めします。 攻略の極意16. 土日イベントで経験値を貯める 毎週土日は、経験値が多くもらえるゲリラ経験値が開催されています。 主に黒い敵が出現するため、対黒い敵のキャラが揃ったらトライしてみるのもありです。 極意20で紹介する、ネコフラワーを第三ケイタイのネコボンバーにすれば、こちらのレベルがある程度低くても安定してクリアすることが可能になります。 攻略の極意17. レアチケットは極ネコ祭で使う 超激レアの輩出確率が高い、極ネコ祭りに集中することで効率よく超激レアを集めることができます。 通常は5%の確率で当たる超激レアも、極ネコ祭であれば、9%の確率で輩出されます。 このわずかな%の違いが、のちに超激レアの所持数に大きくかかわってきます。 ネコ缶に関しては、1500ネコ缶ためて、11連超激レア確定に使用することをおすすめします。 攻略の極意18. 超激レアキャラをコツコツ集めていく にゃんこ大戦争において、超激レアの所持数は攻略難易度に大きくかかわってきます。 コツコツ貯めていくことで、前半〜中盤においては苦戦することがほとんどなくなります。 極意17でお伝えしたように、レアチケットは極ネコ祭、ネコ缶は1500貯めて、11連確定と狙いを定めることで、効率よくメンバーの強化をすることができます。 攻略の極意19. 狂乱ステージを制覇 狂乱のネコ、狂乱のタンクを筆頭に取得することで戦力アップするにゃんこが勢ぞろい。 毎月挑戦するチャンスがあるため、味方キャラのレベルが20を越えだしたら挑戦してみるのもありです。 一見すると基本キャラに似ていますが、狂乱化することで、基本キャラにない能力を取得しています。 揃えることで戦力アップすること間違いなしです。 狂乱ステージをクリアすることで手に入るキャラ• 狂乱のネコ 狂乱化することで神速を体得• 狂乱のタンク 狂乱化することで神速を体得• 狂乱のバトル 狂乱化することで攻撃力がアップ• 狂乱のウシ 狂乱化することで神速を体得• 狂乱のUFO 狂乱化することで射程がアップ• 狂乱のキモネコ 狂乱化することで100%の確率で波動を放つ• 狂乱のクジラ 狂乱化することでコストパフォーマンスがアップ• 狂乱のドラゴン 狂乱化することでエフェクトが豪華に• 狂乱の巨神 狂乱化することで確率で波動を放つ 攻略の極意20. ネコフラワーをゲットして第3形態にする にゃんこの出撃画面で、ふすまを連続で開け続けていると「ねこフラワー」がゲットできます。 そして、「開眼のネコフラワー襲来!」をクリアし、ネコフラワーとにゃんこ扇風の合計レベルを20以上にするとネコボンバーに進化が可能です。 第三形態へ進化させることができるチャンスは、『毎月2日、22日の14:22〜14:24の2分間』だけですが、黒い敵を100%停止できる範囲攻撃は強力で、是非とも取得しておきたいにゃんこです。 レジェンドストーリー後半〜超極ムズ攻略へ向けて(極意21〜31) 続いて、中級者向けの攻略情報をお届けします。 にゃんこ大戦争21. 毎週のにゃんこミッションをクリアしてネコ缶を貯める レジェンドストーリーの中盤〜後半まで到達してくると統率力も高くなってきて、にゃんこミッションに挑戦できる余裕が出てきます。 ミッションのクリア条件はさほど難しくないため、毎週安定してネコ缶を30ゲットできるチャンスが生まれます。 毎週のにゃんこミッションを活用すれば、毎月安定して120〜150ネコ缶がゲットできるため、数ヶ月もすれば、大きくネコ缶を貯めていくことが可能となってきます。 攻略の極意22. 波動無効キャラを獲得する 波動攻撃がやっかいで苦手とするプレイヤーは多い。 波動無効能力持ちの超激レアや、波動ストッパー持ちのねこタコつぼ手にいれることで苦手意識は克服することができます。 その他、無課金で取得できるEXの波動無効キャラとして宮木武蔵。 そして、降臨ステージをクリアすることで得られる、ネコクリーナーなどがいます。 波動ステージは、カベキャラを活用した壁戦法が使えないため、殴り合い戦法もしくは、波動無効キャラを活用した戦略が必要になってきます。 攻略の極意23. 殴り合い戦法を習得する 殴り戦法とは、狂乱の巨神、ブラックウェーブが代表的で、低コストの壁キャラを量産するのではなく、狂乱のクジラやマキシマムファイター、ネコカンカン、鬼にゃんま、ネコベビーカーズなどの体力が高めで中コストのキャラをうまく生産しながら攻略していくステージをさします。 殴られること前提の攻略ですが、この戦闘方法を取得することで、1ページ目は、にゃんコンボ要因として活用したり、戦略の幅も広がってきます。 攻略の極意24. キャッツアイを投入するキャラを決める どのキャラにキャッツアイを投入するのが悩ましいところですが、基本はアタッカーや打たれ強い、めっぽう強いで活躍するキャラに使用していくと戦力アップにつなげやすいです。 お気に入りのキャラがいれば、キャッツアイを活用し、LV50まで強化することで、更に活躍してくれること間違いなしです。 攻略の極意25. NPポイントを有効利用する キャラのレベルが50近くまで育ってきたら、NP(にゃんこポイント)を活用して、本能解放で更なる強化を図る。 NPは限られているため、どのキャラに使用するか決めてから育てる必要があります。 NPを消費することで解放される本能にも、当たり外れがあるため、じっくり検討して運用していきたい。 攻略の極意26. 攻撃力の高いクリティカル要因を準備 ステージが後半に進むにつれて、メタルな敵であるにも関わらず、高体力の敵キャラが出現します。 ネコと宇宙や、ネコタイフーンの火力では追いつかないメタルな敵も出てくるため、比較的確率も高く、メタルな敵にクリティカルで大ダメージを与えられる、ネコパラディンかハヤブサを取得しておかないときついステージも出てきます。 攻略の極意27. 優秀なゾンビキラーを準備する 地中潜りを行い、蘇生してくるゾンビは、対策キャラがいないと、前線が分断されたり、気付けば自城を攻撃されたりと、やっかいです。 超激レアであれば、さるかに合戦がいれば安定しますが、確実に手に入るという面では、レアキャラの「ネコいて座」の本能を解放することで、ゾンビに超ダメージを与え、ゾンビキラーも備えるため、こちらを強化していくことでカバーしていくことができる。 単発の攻撃であれば、+値によっては、さるかに合戦よりもネコいて座に軍配が上がり、射程も390と勝っているため活躍の場も多い。 攻略の極意28. 優秀なバリアブレイク要因を確保する 自由のネコの100%バリアブレイク、ネコクラシックの範囲攻撃30%バリアブレイクでは追い付かなくなるステージがでてくる。 可能であれば、超激レア確定の11連ガチャを一度は引いて、エレメンタルピクシーズのいずれかのキャラを取得しておきたい。 攻略の極意29. 具体的には、ネコジュラザウルスの強化 メタルゴマさまを相手にしなければならない。 ねこラーメン道の強化 天使ブッダに押されないように。 にゃんこ大戦争攻略の極意30. 降臨・大狂乱ステージクリアで戦力強化 大狂乱ステージ、降臨ステージをクリアすることで、狂乱キャラを第三形態に進化させたり、特殊な能力を持つ激レアキャラを取得することができます。 レジェンドストーリー後半〜真レジェンドストーリーに進むにあたり、降臨・大狂乱ステージも攻略しておきたいところです。 大狂乱ステージで第三形態に進化可能になるるキャラ 大狂乱のネコモヒカン• 対 赤い敵 めっぽう強い(与ダメ x1. 5〜1. 攻撃力がアップ 大狂乱のネコライオン• 100%の確率でLv4波動(射程 932. 対 赤い敵 めっぽう強い(与ダメ x1. 5〜1. 2%の確率でクリティカル 大狂乱のネコキングドラゴン• 15%の確率でLv10波動(射程 2132. 対 赤い敵 黒い敵 天使 めっぽう強い(与ダメ x1. 5〜1. 移動速度 60• 撃破時お金x2 ネコリーガー• 35%の確率でバリアブレイク• 遠方範囲攻撃(425〜550) ネコクリーナー• 無効 (波動 ふっとばす 止める 遅くする 攻撃力低下 ワープ) ガラスネコ• 1回攻撃(攻撃後、砕ける)• 対 白い敵 100%の確率で250F動きを遅くする• 無効 (波動• ふっとばす 止める 遅くする 攻撃力低下 ワープ) 子連れにゃんこ• 対 白い敵 100%の確率でふっとばす• 対 白い敵 100%の確率で30F動きを止める• (ふっとばす 止める 遅くする 攻撃力低下 ワープ) 攻略の極意31. 苦手な敵を克服できるキャラを狙っていく 天使ブッタであれば、ガメレオン 天使に打たれ強く、攻撃ダウン無効。 アンデッドサイクロンにはボルボンバー 100%の確率でゾンビを吹き飛ばす というように、対策キャラがはっきりしているため、苦手な敵キャラがいる場合、それを補う戦力補給を考えていくことも必要となってくる。 キャラクター検索.

次の

【ネコカンカンの評価と使い方】にゃんこ大戦争の激レアの強さと育成法

にゃんこ大戦争 ネコ 特急

ケリ姫の評価 「ケリ姫」の評価を下記に記載します。 長所 「ケリ姫」の長所について解説します。 移動と攻撃の速度が速い 移動速度が35とそこそこ速いので切り込み役として期待が持てます。 射程に入れば即攻撃してくれますので出せば何かしら仕事をしてくれる可能性は高いです。 短所 「ケリ姫」の短所について解説します。 攻撃力が微妙 懐に潜り込んで攻撃するのが得意ですが肝心の火力が少し微妙。 レベル30でも6800しかないのでゲームが進んでくると物足りないと感じる事が多いでしょう。 攻撃が単体 「単体攻撃」なのでタイミングを調整しないと狙った敵に攻撃を当てることが難しいです。 敵の数が多いステージだと取り巻きに攻撃を吸われるのでそもそも出さない方が良い場面も。 総評 「地獄門」で入手できる 「ネコ特急」を一回り弱くしたようなキャラです。 ステータスは低いですが期間内にログインすれば手軽に入手できるのが強み。 「ネコ特急」と共存してもあまりデメリットにならないので枠が余れば両方とも編成に加えておくのも選択肢に入ります。 タイミングを見てボスにダメージを与えたり、城の体力を削るなりして奇襲するような感じで使用していきましょう。 有効的な使い方 運用していくにあたって適切と感じる使い方をご紹介します。 効率的に回すとなると速攻する事になりますので速度が速めのこのキャラとは相性が良いです。 攻撃の頻度は多くはないのでボスや敵城を狙いを定めてタイミングよく生産するようにしていきましょう。 03秒 生産速度 18. 20秒 おすすめにゃんコンボ 「ケリ姫」におすすめの 「にゃんコンボ」についてご紹介します。 初期の所持金が1000円となりますので戦闘が始まったら即座に 「ケリ姫」を出す事が可能。 他のキャラも場に出しやすくなりますので状況に応じて臨機応変に対応していきましょう。

次の