芸能今旬ナビ。 今旬ナビ

芸能ブログ 人気ブログランキングとブログ検索

芸能今旬ナビ

小栗旬、生活は落ち着いたが「米国にいる意味があるのか分からない状況」 俳優、小栗旬(37)が5日、歌舞伎俳優、尾上松也(35)が司会を務めるイープラス「Streaming+」オンライン番組「第2回歌舞伎家話」に、中村七之助(37)とともにリモートでゲスト出演した。 この日、3人と親交のある俳優、生田斗真(35)と女優の清野菜名(25)が結婚を発表。 尾上が「我々の仲間にもおめでたい話がついさっき発表になりましたね」と切り出すと、小栗は「びっくりしました」と話し、そろって「おめでとう」と祝福した。 ハリウッド進出のため昨夏に女優、山田優(35)と2人の子どもとともに米国へ移住した小栗。 冒頭、尾上から米国の様子を聞かれると「生活は落ち着いたが、米国にいる意味があるのか分からない状況になってしまった」と新型コロナウイルス感染拡大の問題に言及した。 「日本の芸能界にいると、俳優はテレビ、映画、舞台……と同じルートをずっと回っている感じがするんです。 最たるものがテレビ。 あらかじめ決まったドラマ枠があり、そこを埋めるために毎クール、似たようなドラマを制作、放送しています。 さらにその延長線上で、同じようなメンツで映画を作るようになって、映画とドラマの垣根がなくなってきた。 俳優はそういった映画とドラマに出ながら、たまに実力や箔をつけるために舞台に出るみたいなルートが決められてしまっている。 とりわけ若い俳優はそういう流れに乗るしかない。 ところが、これまで仕事の中心にあったテレビドラマ(地上波)に徐々に 配信ドラマがとって代わりはじめています」.

次の

サントリー、「ペプシネックス ゼロ」小栗旬出演TVCM「桃太郎」シリーズ第2弾とメイキングを公開

芸能今旬ナビ

小栗旬、生活は落ち着いたが「米国にいる意味があるのか分からない状況」 俳優、小栗旬(37)が5日、歌舞伎俳優、尾上松也(35)が司会を務めるイープラス「Streaming+」オンライン番組「第2回歌舞伎家話」に、中村七之助(37)とともにリモートでゲスト出演した。 この日、3人と親交のある俳優、生田斗真(35)と女優の清野菜名(25)が結婚を発表。 尾上が「我々の仲間にもおめでたい話がついさっき発表になりましたね」と切り出すと、小栗は「びっくりしました」と話し、そろって「おめでとう」と祝福した。 ハリウッド進出のため昨夏に女優、山田優(35)と2人の子どもとともに米国へ移住した小栗。 冒頭、尾上から米国の様子を聞かれると「生活は落ち着いたが、米国にいる意味があるのか分からない状況になってしまった」と新型コロナウイルス感染拡大の問題に言及した。 「日本の芸能界にいると、俳優はテレビ、映画、舞台……と同じルートをずっと回っている感じがするんです。 最たるものがテレビ。 あらかじめ決まったドラマ枠があり、そこを埋めるために毎クール、似たようなドラマを制作、放送しています。 さらにその延長線上で、同じようなメンツで映画を作るようになって、映画とドラマの垣根がなくなってきた。 俳優はそういった映画とドラマに出ながら、たまに実力や箔をつけるために舞台に出るみたいなルートが決められてしまっている。 とりわけ若い俳優はそういう流れに乗るしかない。 ところが、これまで仕事の中心にあったテレビドラマ(地上波)に徐々に 配信ドラマがとって代わりはじめています」.

次の

サントリー、「ペプシネックス ゼロ」小栗旬出演TVCM「桃太郎」シリーズ第2弾とメイキングを公開

芸能今旬ナビ

小栗旬、生活は落ち着いたが「米国にいる意味があるのか分からない状況」 俳優、小栗旬(37)が5日、歌舞伎俳優、尾上松也(35)が司会を務めるイープラス「Streaming+」オンライン番組「第2回歌舞伎家話」に、中村七之助(37)とともにリモートでゲスト出演した。 この日、3人と親交のある俳優、生田斗真(35)と女優の清野菜名(25)が結婚を発表。 尾上が「我々の仲間にもおめでたい話がついさっき発表になりましたね」と切り出すと、小栗は「びっくりしました」と話し、そろって「おめでとう」と祝福した。 ハリウッド進出のため昨夏に女優、山田優(35)と2人の子どもとともに米国へ移住した小栗。 冒頭、尾上から米国の様子を聞かれると「生活は落ち着いたが、米国にいる意味があるのか分からない状況になってしまった」と新型コロナウイルス感染拡大の問題に言及した。 「日本の芸能界にいると、俳優はテレビ、映画、舞台……と同じルートをずっと回っている感じがするんです。 最たるものがテレビ。 あらかじめ決まったドラマ枠があり、そこを埋めるために毎クール、似たようなドラマを制作、放送しています。 さらにその延長線上で、同じようなメンツで映画を作るようになって、映画とドラマの垣根がなくなってきた。 俳優はそういった映画とドラマに出ながら、たまに実力や箔をつけるために舞台に出るみたいなルートが決められてしまっている。 とりわけ若い俳優はそういう流れに乗るしかない。 ところが、これまで仕事の中心にあったテレビドラマ(地上波)に徐々に 配信ドラマがとって代わりはじめています」.

次の