レンコン に 穴 が ある 理由。 レンコンに穴があるのはなぜ?|レンコンとハスの関係は?

レンコンに穴があいている理由と穴の数

レンコン に 穴 が ある 理由

レンコンの穴はなぜ開いているの? レンコンの穴は空気の通り道だったりします。 これでは十分な説明ではないので、もう少し細かく言いますと、あの穴は「通導組織」と呼ばれているものです。 レンコンって蓮の根っこのことですが、地中深くに潜っているレンコンは空気にふれることができません。 酸素などが自力で供給できないわけです。 そこであの大きな穴が必要になるわけです。 光合成をすることで作り出された酸素がをあの穴を利用して根や茎に送り込む。 そういう役目があの穴にはあるというわけです。 ちなみに蓮の茎にも蓮根と同じような小さな穴が開いています。 正月にレンコンを食べる理由は穴にあった! 正月のおせち料理にレンコンって結構出てきます。 正月料理の殆どは縁起を担ぐのが目的ですのでレンコンも食べる理由があるわけです。 何だと思いますか? 穴が開いているところから将来が見通せるようにと願って食べるわけです。 穴が開いているから遠くを見ることが出来る。 それが未来を見通せるようにという願いに変わったわけですね。 しかし私は違う理由で覚えていました。 間違った解釈なのですが・・・。 「穴を覗くと明るい=明るい未来を願う」 みたいな感じで縁起を担ぐ食べ物だと思っていたのですが・・・私の解釈のほうがしっくりくるのは私だけなのでしょうが。 レンコンの穴の数は決まっているの?それともランダム? 「レンコンに穴がある理由はわかったけれど穴の数ってキチンと決まっているの?」 蓮根の穴はカニの足の数とかイカやタコの足の数のように決まってはいないようです。 品種ごとに違うのかと言われるとそういうわけではなく、同じ畑から採れたレンコンでも個体差があったりします。 Sponsored Link レンコンの穴に土が付着していたりするのは何で? たまにレンコンの穴の部分に土のような泥が付着しているものが売っていたりします。 泥付きの野菜と聞くと鮮度が良さそうでついつい手を出しそうになるますがよくよく考えてください。 レンコンの穴の部分って栽培中は土に面していますか?いませんよね? レンコンの穴の土は収穫時にレンコンが折れたりして泥水が穴の中に付着したものだったりします。 つまりは「泥がついている=新鮮」という図式は全く当てはまりません。 穴に土がついているレンコンは洗うのも大変ですし、土がついていないレンコンに比べて痛みやすいので出来るだけ避けるのが正解だったりします。 穴に土がついた蓮根の土の除去方法は? 水で洗い流してもなかなか綺麗にならない蓮根の穴ですがどういう方法が一番綺麗になるでしょうか?私がオススメする方法は2つあります。 綿棒を使って綺麗にする• 菜箸の先にキッチンペーパーを巻いて綺麗にする これらの方法で土は綺麗に取れると思います。 レンコンの穴が黒い。 これってカビなの? 「蓮根を買ってきたら穴が黒かった。 これってカビているの?」 野菜などを買ってきたら何か傷んでいそう。 食べたらお腹壊したりしそうで怖いけれど勿体無いと思う時って結構あると思います。 蓮根の穴が黒かったりするときもカビのような気がして食べたら健康に悪そうですよね?どう対処すればよいのでしょうか? レンコンの穴が黒い理由はレンコンの成分に理由があります。 タンニンという成分が硫化鉄と反応をしてしまうと黒くなってしまうようです。 なので殆どの場合はレンコンの穴が黒くても問題なく食べられるようですが、あまりに黒ずんでいるものはさすがに避けたほうがいいかもしれません。 ちなみにレンコンが黒ずむのを避ける方法は酢水に漬けておくとよいようです。

次の

レンコンに穴があるのはなぜ?|レンコンとハスの関係は?

レンコン に 穴 が ある 理由

ボクの知っているレンコンは真っ白…お店に並ぶまでに苦労してきれいに掃除してくれたんだな…感謝だよ。 これは レンコンの穴が大きいことに由来する。 小さい頃メガネのように向こう側を見て遊んだことがある人も居るかもしれないが、レンコンはその通り、 「先の見通しがいい」ということで縁起物とされている。 実際にあの巨大な葉から葉柄を通過して、 茎・レンコン・根っこと繋がっているのだからすごい。 次の正月はレンコンの穴を透かして向こう側を見てみよう! 宝くじや先物取引で大当たりするかもしれない…? そうなんだ…今度レンコンの穴をしっかりチェックしておこうっと。 実はレンコンは 水中で横たわる向きが決まっていて、特別小さな穴を上に向けて横たわっているといわれている。 蓮の葉の 表面には小さな突起があり、さらに植物性のワックスが厚く覆っている。 このため、汚れははじかれて自然に流れ落ちる。 地下のレンコンまで空気を届けるためには、 葉の中央にある気孔に汚れが詰まると大変だ。 蓮はこれを防ぐために 強い自浄作用をもっているのである。 この自浄作用は 「ロータス効果」と呼ばれている。 ところ構わず汚しまくって帰宅する我が家の長男に、レンコンの爪の垢を煎じて飲ませてやりたい。

次の

レンコンに穴があいている理由と穴の数

レンコン に 穴 が ある 理由

blog46. fc2. com レンコンは漢字で蓮根と書くので、ハスの根と思っているかもしれませんが、実は ハスの地下茎が肥大したものです。 レンコンに穴があいている理由 植物の茎には、通常、道管と師管の2種類の通路が通っています。 道管は根から吸収した水分や肥料を運ぶための通路で、師管は葉で光合成によって作られた栄養分を運ぶための通路です。 これら道管と師管を合わせた組織を維管束といいます。 レンコンを輪切りにすると、大きな穴が幾つかあいていて、断面から細い糸のようなものが出ていますが、これはレンコンの道管です。 植物は動物と同じように呼吸をしていて、 レンコンの穴は葉で取り込まれた酸素を茎や根に送るための通気孔です。 レンコンの通気孔はなぜ大きい? レンコンの通気孔が大きいのは、ハスが泥沼で生息している水生植物だからです。 普通の植物では、地下茎や根は土の中にあり、土の中から酸素を取り込むことができますが、 レンコンがある 泥の中では土中より酸素の量が不足しているため、酸素を葉から運ぶ必要があるのです。 このため、レンコンの通気孔は大きく発達しているのです。 レンコン以外に通気孔が発達している植物にスギナがあります。 スギナは泥沼の中で育つわけではありませんが、地下深くまで地下茎を伸ばしていて、酸素が不足しがちになるので、スギナの地下茎にはレンコンのように大きな通気孔がたくさんあいているのです。 soka. へそのような部分にある小さな穴から、葉柄の中の細い通路を通り、口に届くのです。 その途中で、お酒にハスの葉の味や香りが混ざるので、ハス酒といわれます。 ハス酒が飲めるということは、ハスの葉から泥沼の中にあるレンコンまで、葉柄の中に空気が通る通路があることの証明になっているのです。 ハス酒を飲んでいる様子を横から見ると、象の鼻のような長い柄を通して、葉の表面に注がれたお酒が飲まれます。 長い柄をつけたハスの葉は、盃に見立てられ、 象鼻盃とよばれています。 大阪府の万博公園、京都府の三室戸寺、滋賀県の草津市立水生植物公園などのハスのある庭園などでは季節行事として象鼻盃を催しているところがあるようです。 fujitvkidsclub. jp ハスの葉は汚れない 葉の中央の穴にゴミなどが詰まっていては、空気が葉柄を通して水面下に送られません。 レンコンが泥水の中で生きていくためには、葉の表面はきれいでなければならないのです。 また、葉の汚れは葉で行われている光合成の障害になるので、葉はきれいでなければなりません。 ハスの葉の表面は撥水性(水をはじく性質)があり、水がついても決して濡れることがありません。 葉の表面についた水は表面張力によって丸まって水滴となり、泥や小さな虫や、その他のごみなどを絡め取りながら転がり落ちる自浄作用があります。 この現象が ロータス効果(ハスの葉効果)として知られています。 このようにハスにはロータス効果(ハスの葉効果)と呼ばれる仕組みが備わっていて、葉の表面が汚れないようになっているのです。 まとめ レンコンはハスの地下茎が肥大化したものです。 レンコンとハスの葉は葉柄という長い柄でつながっています。 植物は動物と同じように呼吸をして生きています。 レンコンは泥沼の中にあり、土中より酸素が少ない状況にあるため、葉から葉柄を通じて酸素を供給しています。 葉柄の内部は酸素が通る通路があり、この通路はレンコンの穴とつながっています。 レンコンの穴は酸素が通る通気孔なのです。 葉の汚れにより、葉からレンコンへの酸素の供給が妨げられないように、ハスの葉には、汚れないような仕組みが備わっています。

次の