体温 の 単位。 体温の正常値ってどのくらい?35度や34度の時のリスクとは?平熱平均

体温

体温 の 単位

体温とは? 体温とは、文字どおり、体の温度のことを意味しています。 体の中心に近づくほど高くて、安定しています。 人の体は、場所によって温度が違います。 一方、中枢(核心)と呼ばれている体の内部の温度は、脳や心臓などの大切な臓器の働きを保つために安定しています。 この体の内部の温度を「中枢(核心)温」といい、これを測れば、安定した体温が得られます。 しかし、体の内部なので、日常的に測ることは困難です。 そこで、より体内の温度が反映され、体に負担をかけずに簡単に検温できる部位として、ワキ(腋窩)、口(舌下)、耳(耳内)、直腸などの場所が用いられています。 測定する部位ごとに検温に必要な時間や方法は異なり、得られる温度も異なります。 平熱も部位によって異なるため、それぞれの部位の平熱を知る必要があります。 正しい測り方って? ワキの温度は、そのままでは「体の表面の温度」ですが、しっかり閉じることで温まり、体の内部の温度が反映されます。 十分に温まったときの温度を平衡温(へいこうおん)といい、これを測るのが正しい検温です。 平衡温に達するには、ワキを閉じてから10分以上かかります。 10分以上必要なワキの検温。 でも、「予測式」ならはやく測れます。 水銀体温計(ガラス製体温計)は、温まると膨張する水銀の特性と、留点(りゅうてん)(上昇した水銀糸をそのまま留めておく構造で、毛細管孔の一部を極端に狭くし、水銀が冷えても水銀が下がるのを防ぎ、測った値を保持する)の構造を利用し、最高温度を測定するものです。 ただし、水銀体温計はガラスでできているために、割れて水銀やガラスが飛散する危険があるという欠点があります。 この欠点を解消した電子体温計は、先端のセンサーで温度を感知し、体温を測定するものです。 電子体温計には、「実測式」と「予測式」があります。 「実測式」は、水銀体温計と同様に、変化している温度がそのまま表示されるものです。 たとえば、2分でワキから取り出せば、2分間温めた最高温度が表示されるわけです。 テルモで実施した実験によれば、「実測式」で3分間検温した場合には0. 28〜0. 62度(平均0. 45度)、5分間検温した場合でも0. 13〜0. 33度(平均0. 23度)、それぞれ10分間、実測検温したときの値より低いという結果が得られています。 さらにバラツキ(分散)も大きく、短時間の検温では誤差が大きいことがわかります。 一方、「予測式」は、平衡温を短時間で予測・表示する方式です。 テルモの「予測式」体温計(平均90秒計)では、90秒(平均時間)で予測した値と、10分間、実測した値との誤差は、0. テルモで、検温時間の実態調査を行いました(1年以内に体温計を購入された方1,000名を対象に2008年実施)。 その結果、「予測式+実測式」体温計を購入された方(703名)については、ほとんど(99. 4%)の方が、予測検温終了のブザー音で測定を終了されていました。 平衡温に達する前に測定を中止する理由としては、検温中に「正しく測定中」「検温値が平衡温に近づいている」ことなどを表わすブザー音が、測定開始から数分後に鳴るため、これを測定終了の合図と誤解していることが考えられます。 予測式+実測式電子体温計のしくみ テルモの「予測式+実測式」体温計は、1,000例あまりの体温測定データを記憶したマイクロコンピューターを内蔵しています。 このマイコンが、体温の上昇を細かく分析/演算し、機種により、平均20秒、30秒、90秒(予測検温)で平衡温を予測します。 さらに、予測成立の電子音が鳴っても、そのまま測り続けると、自動的に「実測式」体温計に切り替わり、実測式で測定した体温の値を表示します。 ちなみに市場に出ている「予測式」体温計のうちでも、熱を感知する体温計先端のセンサー部の構造やマイコンにより、体温の上昇を分析/演算する方法などは、メーカー各社で異なっています。 また、電子体温計には、水洗いできるもの(防浸)と、できないもの(一部防浸)があります。 ワキでの検温法が、実際に正しく行われているか、テルモで実態調査を実施しました(体温計を1年以内に購入した方1,000名を対象に2008年実施)。 その結果、正しいとされる「斜め下」から体温計を入れる検温法をしていた人は、3割ほどでした。 体温計の検温法の違いによる体温値への影響は、例えば正しいとされる「斜め下」からと比べて、「真横」からでは約0. 平熱って何? 体温には、年齢による差があります。 また、乳幼児は熱産生が活発ですが、体温調節機能がまだ十分に発達していないため、熱放散がうまくゆかず、日常生活でも体温が高めの傾向があります。 さらに、体温は、熱が出る病気にかかっていなくても、運動、時間、気温、食事、睡眠、女性の性周期、感情などにより変動しています。 人には、朝・昼・夜と、24時間単位に体温が変化する体温リズム(概日リズム)があります。 さまざまな条件で変動する体温。 その平熱の範囲を知ること、時間を決めて平熱を把握することが、体調管理に大きく役立ちます。 日本人の体温の平均値は、36. 34度(ワキ下検温、10〜50歳の男女3,094名、検温時間30分)とされており、36. 6〜37. 2度の間に入る人が、全体の概ね68%を占めます。 一方、高齢者の体温は約0. 2度ほど低く、36. また、一般的に1日の体温リズム(概日リズム)による変化は、通常1度以内におさまります。 先に述べたように、測定部位、測定法によって、得られる温度は異なるため、平熱は常に、同じ測定部位、測定法によって測る必要があります。 このように、体温には個人差があり、一概に何度以上が発熱と決めることはできません。 それぞれの人が、元気なときの平熱と体温リズムによる変化の幅(日によって、または時間によっての差)を予め確認しておき、それ以上の温度上昇をもって、発熱と考えるべきでしょう。 平常時の体温より0. 5〜0. ちなみに感染症法では、37. 5度以上を発熱、38. 0度以上を高熱と分類しています。 参考文献• Kern und Schale in Warmehaushalt des Menschen, Naturwissenschaften. 1958;45:477-485. 1988;65:1840-1846.

次の

「平熱が低い」は何度から?体温を上げる生活習慣とは

体温 の 単位

1 どちらに傾くかの度合い。 自分のほうに有利になる度合い。 「対戦成績では 分が悪い」 2 利益の度合い。 「 分のいい商売」 3 平らなものの厚さの度合い。 「 分の厚い本」 4 音楽で、の長さを等分に分けること。 「四 分音符」 5 全体を10等分したもの。 10分の1相当の量。 「工事は九 分どおり完成した」「三 分咲きの桜」 6 単位の名。 ㋐割合・利率で、1割の10分の1。 全体の100分の1。 「打率二割三 分」 ㋑で、1寸の10分の1。 ㋒尺貫法で、1匁の10分の1。 ㋓温度で、1度の10分の1。 体温にいう。 「七度八 分の熱が出た」 ㋔江戸時代の通貨で、銭1文の10分の1、または金1両の4分の1。 ㋕足袋などの大きさで、1文 もん の10分の1。 「一〇文三 分」 1 分けられた部分。 分けまえ。 「これは私の 分です」 2 ある範囲の分量。 区別されたもの。 「あまった 分をわける」 3 その人の持っている身分や能力。 身の程。 「 分をわきまえる」「 分を守る」「 分に安んずる」「 分に過ぎる」 4 当然なすべきつとめ。 「学生は学問をその 分とする」「己 おのれ の 分を尽くす」 5 物事の状態・様子・程度。 「この 分なら計画の実行は大丈夫だ」 6 仮にそうであるとする状態。 「行く 分には差し支えあるまい」 7 しな。 ㋐それに相当するもの、それに見合うものの意を表す。 「増加 分」「苦労 分」「五日 分」 ㋑その身分に準じる意を表す。 「私の兄貴 分」 ㋒成分の意を表す。 「アルコール 分」 ㋓区切られた時間の意を表す。 別にする。 別々になる。 「・・・・・・・・/・・・・」 2 全体からわかれた一部。 全体を構成する一部。 「・・/・・・」 3 わかれ目。 時間の区切り。 「・・・」 4 各人にわけ与えられたもの。 性質・身分・責任など。 「・/・・・・・・・・・・」 5 物事の程度や状態。 「/・・・・・・」 6 見わける。 わかる。 「/」 〈フン〉 1 見わける。 わかる。 「」 2 重さ・時間などの単位。 「・・」 3 短い時間。 わずか。 「・」 〈ブ〉 1 物事の程度。 「」 2 割合・長さ・重さなどの単位。 「・」 [名のり]くまり・ちか・わか [難読] 元来は区分されていることを味する語であるが,そこから派生した,位,という意味がのと重なって江戸時代には一般化した。 〈分に過たる衣裳を是非に着よと言ものはなき事なり〉 石田梅岩《斉家論》 のごときが典型的なだが,さまざまな名辞と結びついて相似たニュアンスの中で使われた。 しかし,そのは微妙な含意をもつことになる。 〈それの四民士農工商とわかれ,各々其職分をつとめ,子孫業を継で其家をとゝのふ〉 三井高房《》 ,〈下に居て上をしのがず,他のあるを羨まず,簡略質素を守り,分際に安んじ〉 《》 ,〈を専にし,懈る事なく,万事其分限にすぐべからざる事〉 1711年 正徳1 の高札,《会友大旨》。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 【度量衡】より … [語義と出典] 度,量,衡の3文字は順に,長さ,体積,質量を意味し,同時にそれぞれをはかるための道具 ものさし,枡,はかり や基準を意味する。 なお衡と類縁の文字で権(けん)というのもあるが,これは,はかりそのものではなく,分銅のほうを指す。 これら4文字をさまざまに組み合わせた語が古くから用いられており,例えば度量という語は,人の心の広さを指すのに用いられ,また他方では度量衡,度量権衡などの語と同義的にも用いられて,〈長さ,面積,体積,質量をはかること,これらの量をはかるための道具や基準,また,それらにかかわる法律的,行政的な制度ないし公共的な協約〉を指すものと解されてきている。

次の

体温

体温 の 単位

00 572. 00 573. 15 1031. 00 99. 00 240. 00 165. 00 290. 00 554. 00 563. 15 1013. 00 95. 70 232. 00 159. 75 280. 00 536. 00 553. 15 995. 00 92. 40 224. 00 154. 50 270. 00 518. 00 543. 15 977. 00 89. 10 216. 00 149. 25 260. 00 500. 00 533. 15 959. 00 85. 80 208. 00 144. 00 250. 00 482. 00 523. 15 941. 00 82. 50 200. 00 138. 75 240. 00 464. 00 513. 15 923. 00 79. 20 192. 00 133. 50 230. 00 446. 00 503. 15 905. 00 75. 90 184. 00 128. 25 220. 00 428. 00 493. 15 887. 00 72. 60 176. 00 123. 00 210. 00 410. 00 483. 15 869. 00 69. 30 168. 00 117. 75 200. 00 392. 00 473. 15 851. 00 66. 00 160. 00 112. 50 190. 00 374. 00 463. 15 833. 00 62. 70 152. 00 107. 25 180. 00 356. 00 453. 15 815. 00 59. 40 144. 00 102. 00 170. 00 338. 00 443. 15 797. 00 56. 10 136. 00 96. 75 160. 00 320. 00 433. 15 779. 00 52. 80 128. 00 91. 50 150. 00 302. 00 423. 15 761. 00 49. 50 120. 00 86. 25 140. 00 284. 00 413. 15 743. 00 46. 20 112. 00 81. 00 130. 00 266. 00 403. 15 725. 00 42. 90 104. 00 75. 75 120. 00 248. 00 393. 15 707. 00 39. 60 96. 00 70. 50 110. 00 230. 00 383. 15 689. 00 36. 30 88. 00 65. 25 100. 00 212. 00 373. 15 671. 67 0. 00 33. 00 80. 00 60. 00 90. 00 194. 00 363. 15 653. 67 15. 00 29. 70 72. 00 54. 75 80. 00 176. 00 353. 15 635. 67 30. 00 26. 40 64. 00 49. 50 70. 00 158. 00 343. 15 617. 67 45. 00 23. 10 56. 00 44. 25 60. 00 140. 00 333. 15 599. 67 60. 00 19. 80 48. 00 39. 00 50. 00 122. 00 323. 15 581. 67 75. 00 16. 50 40. 00 33. 75 40. 00 104. 00 313. 15 563. 67 90. 00 13. 20 32. 00 28. 50 30. 00 86. 00 303. 15 545. 67 105. 00 9. 90 24. 00 23. 25 20. 00 68. 00 293. 15 527. 67 120. 00 6. 60 16. 00 18. 00 10. 00 50. 00 283. 15 509. 67 135. 00 3. 30 8. 00 12. 75 0. 00 32. 00 273. 15 491. 67 150. 00 0. 00 0. 00 7. 00 14. 00 263. 15 473. 67 165. 00 2. 00 253. 15 455. 67 180. 00 243. 15 437. 67 195. 00 233. 15 419. 67 210. 00 223. 15 401. 67 225. 00 213. 15 383. 67 240. 00 203. 15 365. 67 255. 00 193. 15 347. 67 270. 00 183. 15 329. 67 285. 00 173. 15 311. 67 300. 00 163. 15 293. 67 315. 00 153. 15 275. 67 330. 00 143. 15 257. 67 345. 00 133. 15 239. 67 360. 00 123. 15 221. 67 375. 00 113. 15 203. 67 390. 00 103. 15 185. 67 405. 00 93. 15 167. 67 420. 00 83. 15 149. 67 435. 00 73. 15 131. 67 450. 00 63. 15 113. 67 465. 00 53. 15 95. 67 480. 00 43. 15 77. 67 495. 00 33. 15 59. 67 510. 00 23. 15 41. 67 525. 00 13. 15 23. 67 540. 00 3. 15 5. 67 555. 67 0. 00 0. 00 559. 67 0. 00 559. 78 0. 00 459. 67 176. 83 水の融点(下) 273. 15 0. 00 32. 00 491. 67 150. 00 0. 00 0. 00 7. 50 水の 273. 16 0. 01 32. 018 491. 688 149. 985 0. 0033 0. 008 7. 4 596 63 19 46 38 水の沸点(下) 373. 1339 99. 9839 [ ] 211. 97102 671. 64102 0. 00 33. 00 80. 00 60. "Although this record has gained general acceptance as the world's highest temperature recorded under standard conditions, the validity of the extreme has been.

次の